ない、ない!ない!

テーマ:

お金が無い!
これはいつものことですが。
今月、特に無いですね。理由は簡単。交通費使いすぎですよ、実際。給料日には返っては来るのですが、それまで持つのか?
「お金が無い」は毎度の口癖です。「お金がある」ときは「お金、あるよ~ん」などと言う事はありません。だから専らお金が無い時に「金、無いんだよー」です。ま、お金がある時などここ数年、まずありえないことですが。
お金が無いなら無いなりに何とかなるものでして。これを節制と言うのかどうかはともかくとして、私の場合「有ったらあるなりに使ってしま」い、「ないなら無いなりに節約主義」になる。
「有る時に少しでも貯めておけばいいものを」と10人中10人がこう言います。ごもっとも。しかしここだけ「宵越しの金はモタネェ」などと昔の江戸っ子の如くカッコつけたくなりw現に今はカッコつけなくったって「宵越しの金はねぇよ」なので「もたねぇ」とかいうレベルではありません

時間が無い!
これもこの時期、いつもの風物詩。もし休みが欲しければ無理やりにでも「○日と○日は休むんで!」と言い続けなければいけません。
いや、休みとかじゃなく、普段の生活ルーチンの中ですら時間が少ない。もしかしてこれは年を取ったからなのか?
そういえば以前、時間が無い、ということを題材にしてショートストーリーを書いたことがあったな。まだ読んだことがない方は是非とも。

昨日の帰りが午後8時過ぎだったために、家の中でやらなきゃいけないことが今日まで押されてしまいまして。
「洗濯!洗濯しないと死んじゃうw」な状態でした。帰って来てシャワーを浴びても着替えの下着がゼロ(笑)これにゃあまいったね。帰って来てからすぐに洗濯機を回す羽目に。近くのコインランドリーで乾燥させてからシャワーを浴びるという順番になりました。
「ゴハン!ご飯を食べないと死んじゃうw」あ、これはごもっともな話。これまた昨日からの流れで、ご飯を炊いていなかった。なので本日は現場の仕出し弁当をチョイス。当然、帰って来てからのご飯は無し。仕方ないから新装開店の「松屋」で焼肉定食を所望するも。以前と勝手が違うために、昔の松屋から見て魅力が半減。あの店舗はもしかして「実験店舗」なのかもしれませんがね。何も千川駅店でやらなくてもいいのに…。

閑話休題:
「紙データを片付けているヒマが無い!」という切実なる事実もあります。
現在断捨離実行中。なのはいいのですが、この師走にすることなのだろうかと志半ばで疑問発生。「他にやることが沢山あるのに、家に帰って来てすぐにパソコンに向かって雑誌や書籍のスキャンを毎日やっている時間がもったいないと思いませんか」ともう一人の自分が言い始めた。
う~ん。この回答は保留にしよう。とにかく紙ゴミを早く少なくしたいだけなんだ!
自分に毎日言い聞かせながら、パソコンの前に座ってます。

日用消耗品が無い!
そら使ってると無くなりますわね。
消耗品でたっぷりあるのはトイレットペーパー位なモノw

割り箸が無い、中性洗剤が無い、DVD生媒体が無い、DVDケースが無い、ゴミ袋が無い、単3電池が無い。冷蔵庫の中はスカスカな状態になりつつある。

ナイナイ尽くしになりそうな。
先ほどシャワーを浴びて気づきましたが「あ、シャンプーが無い」「コンディショナーも…ボトルが軽い」とな。
困るんですよ、売ってるところが限られてるのでそこまで買いに行かなければならない。
「たっさん、そういう決まったものの購入ってアマゾンとか通販使えばいいじゃないですか」とは後輩の模範回答。
実際そうかもしれないが、私はスーパーやショッピングセンターとかに行って買うのが好きなんですよ、昭和の男だから。
しかも通販ってオーダーしてから待たなければならないでしょ?あれ、イヤですw
単に見解の相違・趣味の違いとでもいうのでしょうかね。
買い物はドライになりきれないふがいなさを充満しつつ物品の宝庫「ドンキホーテ」に赴くのが好きなだけです。
それでも日用消耗品や食品が欠品だらけです。

やりたいことが今年も終わってない!
言うなれば、パソコンのハードディスクの整理。
データが増えるのは楽しいですが(ほんとか?)整理しなければ「どこに何が入っているのか」いちいちそのフォルダーの中味を見なければわからんようでは「データベースアドミニストレーター」の名が泣く。もうちょっとデータベースを駆使してうまく片付けないと、来年もまた「ディスクの肥やし」を増加させていくに決まってる。
そんなことを、もう10年も言い続けている。ヒトノコトハワラエネェ
やりたいことや忘れずにしとこうと思ったことは、付箋紙に書いてデスクの横に張っておきます。そうすればパッと見「ああ、やらなきゃな」と思うのですが。
それがどんどん増えたらどうなると思います?ただの見栄えの悪いいたずら書きにしか見えませんw

ああ、こうやって今年も終盤に近付いていくのか。
そしてまた反省をするのか…「今年も達成できませんでした」と。

死ぬまでには終わらせたい「断捨離」

 

AD