ビジネスマン・ビジネスウーマンを応援する3分でわかるビジネス通信

働くビジネスマン・ビジネスウーマン、サラリーマンを
を応援します。
3分でわかるビジネス通信をお届けします。


テーマ:
こんにちは、墨田区菊川の印刷屋やっちゃんです。

『ひとつのきっかけでビジネスが生まれ変わる』

売り上げが伸びずに悩んでいた会社が
ちょっとしたことで
急激に売り上げを伸ばすことはあります。

あるカメラ店もその1つでした。

カメラ店とは、つまりカメラ専門店。

家電量販店のようにパソコンやテレビなど
色々な商品を販売するのではなく、
”カメラのみ”販売しているお店ということです。

「カメラしか扱ってないお店にお客さんが来るの?」

と思うかもしれません。

街中でもたまにカメラ専門店を見かけ
ますが、確かにそれほど繁盛している
お店はあまり見ないでしょう。

しかし、このカメラ店は違いました。

北関東甲信越地方で
カメラ売上15年連続売上No.1 を
誇るお店です。

そのお店とは、「サトーカメラ」

もちろん最初からこのような売り上げを
達成できていたわけではありません。

このカメラ店の近くにはコジマ電気、ヤマダ電機、
ケーズデンキなど、ライバル店が多く、
当時は家電量販店に負けじと

「こんなに安いですよ。ポイントがこれだけ貯まりますよ」

と価格競争をしていたそうです。

しかし、家電量販店と安さで勝負しても
規模が違うので、太刀打ちできません。

結果、売り上げは伸びず悩んでいました。

そんなとき、サトーカメラは価格競争をやめ、
お店のコンセプトを変えました。

すると、
他店を圧倒するようになったのです。

では、どうやって売り上げを増やしていったのか?

「お客さんはなぜカメラ店に来るのか?」

この質問にビジネスの秘密が隠されていました。

”なぜお客さんはカメラ店に来るのか”

この問いに、
「カメラが欲しいからに決まってるじゃないですか」

と考えるかもしれませんが、実はそうではありません。

このカメラ屋の経営者、佐藤氏は次のように
語ります。

「我々が売っているものはカメラではない。
写真を通して、お客様の思い出を残すという、
量販店では手に入らないものを提供しています」

”お客さんが本当に欲しいものはカメラではない”

そのことに気付き、価格競争をやめたのです。

私たちが普段お店に行った時、

「これがおすすめです」

と店員さんに商品をすすめられますよね。

それは電気製品に限ったことではなく、
どのお店に行っても同じように
商品をすすめられることが多いでしょう。

しかし、サトーカメラは違いました。

「何を撮るんですか?」

と声をかけています。

つまり、お客さんが”本当に”求めていることを聞く。

そのためにソファーを置き、お客さんに座ってもらい
ながら話をするそうです。

「そんなことをしたら時間かかって効率が悪いですよ」

そう、確かに効率は悪いです。

でも、
このカメラ店は効率を求めないのです。

”超非効率”な長時間接客を続け、
「お客さんが求めていること」
を聞くことを大切にしています。

その結果、
他の大手量販店に値段を調べに行った
お客さんの7割の人は

「やっぱりあんたのとこで買うわ」

と購入してくれるそうです。

そして、
購入してくれたお客さんの8割は
リピーターになってくれる。

こうして、北関東甲信越地方で
”カメラ売上15年連続売上No.1” を
誇るお店になっていったのです。

価格競争に巻き込まれてしまうと、
多くの場合勝てません。

そして、利益が少ないので売り上げも
増えません。

「こんなに一生懸命働いているのに
なんで収入は増えないんだろう」

と悩んでしまうでしょう。

そうではなく、
「価値をあげること」

あなたの提供するものの価値を
高めていけば、ライバルは自然と
減っていきます。

価格を下げることは誰でもできますが、
価値を高めることは誰にでもできる
ことではありません。

「お客さんのことを理解している人」

あなたはどれくらいお客さんを理解
できているでしょうか。

もしも理解できているのであれば、
もっとあなたの提供しているものの
価値を高めてください。

まだお客さんを理解できていないので
あれば、お客さんの声に耳を
傾けてください。

あなたのビジネスを大きく変える
きっかけになるかもしれません。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

●お知らせ●
世界で1つだけの高彩度オリジナルエコファイルはこちらから
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、墨田区菊川の印刷屋やっちゃんです。

もしもあなたがアパートやマンション暮らしを
したことがあるならわかると思いますが、

部屋を探す条件として、多くの人は
駅から近いことを重要視します。

「徒歩10分以内が絶対条件です」

そう考える人も少なくないでしょう。

いや、
「徒歩5分以内」
と考える人だっているくらいです。

そんな中、

”駅から徒歩20分のマンション”

がありました。

特に家賃が安いわけでもないのに
駅から20分も歩かされるマンション。

あなただったら、そのマンションに住みますか?

「いやです。歩きたくないですから」
「安くないなら他のを探しますよ」

という意見が多いでしょう。当たり前の意見だと思います。

ところが、

このマンションは25部屋あるのですが、
すべて埋まっており、”満室”状態。

それどころか2日に1回は

「空いてませんか?」

と問い合わせがあるほどの人気物件に
なっています。

それには理由がありました。

実はこのマンション

「ダイエットをしたい女性」

をターゲットにしているのです。

ダイエットをしたい女性を応援する
というコンセプトで企画されたマンションで、
家賃設定が少し変わっています。

体重1キロにつき1000円の計算で
1カ月の家賃を決め、

3カ月に一度体重測定を行い、入居時からの体重の
増減に応じ、翌月からの家賃が変動するというもの。

簡単に言うと、

「痩せれば家賃が安くなる」

だからこそダイエットをしなきゃと
やる気を起こさせるのです。

そして、そんな女性にとっては、
徒歩20分は苦になりません。

このマンションを運営している会社は

「徒歩20分は痩せるにはかなりいい距離」

とむしろダイエットに最適の距離だと
言っています。

「ここなら痩せられる気がする」

そのように感じる女性が増え、
このマンションはいつも満室の状態です。

さらに、

このマンションは
エステティックサロンと提携した
サービスを提供しています。

マンションの住居人は
エステティックサロンのコースを
安く受けることができ、

エステティシャンがマンションに訪問し、
無料で痩せるためのアドバイスまで
してくれるのです。

つまり、
”コラボ”しているのです。

このマンションの住人は”美意識”の
高い人の集まりなので、
エステにも興味があるでしょう。

エステサロンのお客さんになる
可能性が高い人たちです。

マンション運営側としては、
色々なサービスを提供し、価値をあげることで
住人が増えて嬉しい、

住人は安くエステを受けることができ、
サポートまでしてくれ、やせることができて嬉しい、

エステサロンはお客さんが増えて嬉しい、

みんなが喜ぶようなシステムを
作っています。

これこそが成功の秘訣です。

話を戻しますが、

徒歩20分のマンションというのは
一般的に見て、多くの人に嫌われる物件です。

ところが、

「20分歩いても苦に感じない人はどんな人か?」
「歩くのが好きな人はどんな人か?」

このように考えることによって
弱点だったものが
”強み”に変わることもあります。

発想をほんの少し変えるだけで、
あなたのビジネスが変わります。

参考になれば幸いです。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

●お知らせ●
世界で1つだけの高彩度オリジナルエコファイルはこちらから
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、墨田区菊川の印刷屋やっちゃんです。

ひとつ質問があるのですが、

あなたは最近どんな人と連絡をとっていますか?

電話やメール、手紙でもいいのですが、
最近よく連絡をとる人はどんな人ですか?

この質問に

「家族や友人ですね」
「会社の同僚が多いです」
「同業の仲間たちとよく連絡をとります」

という答えが返ってくる中で、
ある歯科医はこう答えました。

「患者さんですね」

この歯科医が言う
”患者さんとよく連絡をとる”
というのは、

予約の確認のために連絡をとる
という意味ではありません。

「入れ歯ができました」

という事務連絡のことを
言っているわけでもありません。

その歯科医は、
治療の終わった患者さんによく連絡をとると
言います。

「治療が終わってすぐに連絡をし、
その1週間後にも電話をかけ、
1ヶ月後にもう一度電話をかけている」

治療が終わったら、当たり前ですが、
お客さんと連絡をとる必要はなくなります。

実際のところ、
治療が終わってから歯科医の人から電話を
もらった経験はあまりないと思います。

それでもその歯科医は少なくとも3回は
治療後に連絡をすると言います。

治療後2~3日後と1週間後の電話は
痛みは完全に治ったか
という電話。

1ヶ月後の電話は
再発、痛み、炎症など問題はないか
という電話。

このような電話をかけてくる歯科医は
いません。

すると、強く印象に残ります。

この電話をもらった人の多くは
この歯科医のことを友人や家族に紹介して
います。

結果、この歯科医の評判は一気にあがりました。

つまり、
「お客さんとの関係を深める」

同じような事例をもうひとつ。

あるコールセンターでは、
あまり売り上げが伸びず、ある改革を
しました。

「お客さんから普段の生活の悩みを
相談されるようになる」

という意識で電話を受けるように
したのです。

その会社が提供している商品の
相談ではなく、
友だちにするような相談を受ける
ような仲になれ、ということです。

そして、その意識で電話を受けるように
なってから、売り上げの
0がひとつ増えたという事例があります。

0がひとつ増えるというのは、
1千万円から1億円
あるいは、1億円から10億円
という意味です。

「お客さんとの関係を深める」

お店に来てくれたら終わり
商品を買ってくれて終わり
依頼された仕事を済ませたら終わり

これでは売り上げを半減させています。

あなたの売り上げはもっと伸ばすことが
できるのです。

それには、もっとお客さんとの
関係を親密にすること。

これだけでも売り上げは増えます。
1度お試しください。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

●お知らせ●
世界で1つだけの高彩度オリジナルエコファイルはこちらから
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。