プロポーズだって手段を選んでなんかいられない | 【恋愛美人考察記録】佐藤えり

【恋愛美人考察記録】佐藤えり

おブスになる恋愛はもう卒業!素敵な恋愛で美人を目指そう!


テーマ:
先日夫が、仕事仲間のひとりの男性を家につれてきて飲み会を開いた。
 
 
その男性は、32歳、税理士、法人勤め、役職付き、高身長、真面目そうな眼鏡(←え)!!!
 
 
という、婚活市場価値絶対高め男子!
 
 
うーん、是非とも、私の友達に紹介させてほしい!!!!
 
 
と思ったのだが、残念!!既に彼女がいて婚約中らしい。
 
 
ただ、その彼いわく
 
 
「知らない間に親に会うことになってて、気づいたら婚約してたんです。」
 
 
 
とのこと。(爆笑!)
 
 
{D5EE33DB-7120-41D0-AFEB-0D27AC199893}

 
どんな手を使っても結婚を掴み取る、という彼女の気概が感じられますね。最近こんな話、よく聞きます。
 
 
欲しいものの前で、手段、方法、どっちから先か?、どっちがプロポーズするか?なんてもはや今時ナンセンス!
 
 
欲しいものは、自分から掴みにいかなくちゃ!となぜだかわたしも清々しい気持ちになったのでした。
 
 
 
↓関連記事もどうぞ

 
 

LINE@登録してねキラキラ

友だち追加

 

Twitterフォローしてねキラキラ

image

 

佐藤えりさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス