【恋愛美人考察記録】佐藤えり

【恋愛美人考察記録】佐藤えり

おブスになる恋愛はもう卒業!素敵な恋愛で美人を目指そう!



テーマ:
過去記事再アップです。
 
 
先日、夫の古くからの知り合いで
 
 
夫婦でお世話になっている経営者の方とお食事に行ってきました!
 
 
 
その方は、まさしく、
 
 
 
THE社長!
 
THE俺様!!
 
THEワンマン!!!(笑)
 
 
な方で、カリスマ性抜群。
 
 
20代から会社を興して、失敗もあったけど、いわゆる成功者。
 
 
 
 
私たち夫婦はその方のことを、
 
 
なるべくして、社長になったような人。社長しか似合わないもん。」
 
 
と漠然と思っていたんです。
 
 
 
 
で、そのことをその方に伝えると、若干キレ気味に(笑)
 
 
 
「そんなことない!!!」
 
 
 
言われてしまい、続けて
 
 
 
「本当はNo.2くらいのポジションのほうがラクだし、自分にはその方があっていると思っている。もともと社長が向いてるなど思っていない。」と。
 
 
 
私たちはビックリしてしまいました。
 
 
 
あんなにカリスマ性があるように見える人でも、きっと私たちの想像以上の努力の上で、理想の自分を目指した結果が今なんだな、と。
 
 
 
 
{BD5E18FF-2094-420C-A557-5BF45208A7F6}

 
 
 
それで思い出したんだけど、不倫やセカンドに甘んじてしまう女性って、
 
 
「自分には不倫が向いてるの」
 
「私っていつもセカンドなの」
 
 
 
って言いがちなんだけど、
 
 
 
自分で勝手に諦めて断定しちゃうのはもったいない!!!
 
 
 
何が向いてるか、向いてないかなんて、自分ですらよく掴めていないもの。
 
 
本当はそんなもの、あってないような、ものなのかもしれないですね!
 
 
どんな恋愛をするかは自分で選べる!


LINE@登録してねキラキラ

友だち追加

 

Twitterフォローしてねキラキラ

image

 

 
 
 

テーマ:
恋愛人生において


「別れる理由が納得できない」というときがあると思いますが


男性が言う「別れる理由」はだいたいはウソなので


納得できなくて当然です。




そのウソは、一度は好きになった女性を傷つけない為の彼なりの優しさ。


もしも「別れたい」と言われたら、潔く身を引きましょう。

 



お付き合いは、両者が合意してはじめて成立しますが


別れとは、片方が別れたいと思ったら、その時点ですでに成立しません。




そのかわり、別れが綺麗であればあるほど


男性の中にあなたは残ります。



もしもその後、彼とばったり会ったとき


彼が後悔するくらいイイ女になって見返してやりましょうよ!!



↓次の恋も絶対見つかる!

Twitterフォローしてねキラキラ

image

 

LINE@登録してねキラキラ

友だち追加



テーマ:
「愛されたいなら、まずは相手に与えよう」


というのはよく聞きますが


それは自分が満たされていなければできません。




自分で自分を幸せにできなければ

誰かを幸せにはできないのです。




わたしも尊敬する方に教わったことですが



自分で自分を幸せにするには



①嫌なことを我慢しないこと
自分を適当に扱う人と会わない
嫌いな人の機嫌をわざわざ取らない


②身体をいたわること
不調のサインを見逃さない
マッサージやエステなどに頼る


③選りすぐりに囲まれる
適当に決めた服を買わない
身の回りのものは徹底してお気に入りを選ぶ



などなど…自分がご機嫌になることに徹底しましょう。





そもそも幸せって、「これがあるから幸せっ」「結婚したから幸せっ」っていうような持続性のあるものではなくて、



「お気に入りのマグカップでココアをゆっくり飲む瞬間」、「お風呂に好みの入浴剤を入れてハァ〜っと浸かる瞬間」みたいに瞬間的なもの。



そんな瞬間に敏感になって、まずは自分を幸せにしてあげましょう!



↓関連記事

Twitterフォローしてねキラキラ

image

 

LINE@登録してねキラキラ

友だち追加


テーマ:

それは


自分の良いところも悪いところも全て受け入れること。


{935101EF-06AE-4452-BA7E-FF22940E7E5F}


意外とみんな(私も)


自分の短所を直すことや


苦手を克服すること


悪いところを隠すこと


に注力しがち。




それは、


社会にうまく順応することや


社会で自立するためには


必要かもしれませんが



運命の人を見つけて幸せに生きていきたいと思っている女性にとっては


本当に必要なことなのでしょうか??



家事が苦手なら

得意な優しい人を見つければいいし


お喋りや人付き合いが苦手なら

リードしてくれる世話好きを見つければいいし


働くのが嫌い、稼ぐのが苦手なら

得意な人を見つければいい。



そんな人いくらでもいる。



じゃあどうやってそういう人を見つければいいかというと


やっぱり自分の良いところと悪いところを、もう諦めて(笑)受け入れて、


隠さずどんどんそういう自分を出していくしかない。怖いし、傷つくこともあるかもしれないけど。



{8367E97E-F994-4A36-ADA2-7437CFE04DDE}




例えば私も(婚活の例えじゃないけど)


「はあ、もっと面白い文章が書けたらなー」

とか

「もっと頭の良さそうでわかりやすい文章かけたらなー」


とか、いつも思ってしまう。


でも、「今のままそれがいい!」と言ってくれている運命の読者様が一定数いてくれる。僭越ながら。


それって自分を隠していたら出会えなかった方達。




だからもう諦めて(笑)自分を出していくしかない。自分を隠してばっかりだと、運命の人はなかなか見つからないよ!



↓関連記事

Twitterフォローしてねキラキラ

image

 

LINE@登録してねキラキラ

友だち追加


テーマ:
断言。


サプライズやりすぎ女子は


モテぬ。



(ご…ごめんなさい…笑)


{097D0CF1-3EA5-4E0F-B6E4-9C0296A03C21}


いや、わたしも小さなサプライズは


4年に一回オリンピックくらいの頻度でやりますよ。


彼のお誕生日に、好きな食べ物をこっそり


レストランにオーダーしておく…みたいなのとか。




でも、サプライズ大好き女子の、本気のサプライズって


「さあ!今から出かけるよ!どこに行くでしょうかー秘密です!私が運転するのでこの車に乗ってー!さあ!到着しましたー!実はディズニーシーでしたー!チケットは用意してあります!しかもミラコスタ宿泊プラン付き!さあ!レストランではサプライズケーキも!!さあ!喜んで!さあ!喜んだ顔を見せてー!!さあ!!これがサプライズ!!さあ!!お前もプロポーズの時はこれくらいのことやれよな☆」



感が否めない…。


相手に喜んでほしいっていう気持ちがあることはわかるのですが


それなら、レストランでプレゼント渡すとか


お家で手作り料理を作ってあげるとか


そのくらいでいい。いや、そのくらいがいい。



サプライズって受けるほうも面倒だったりします。


結局男性が喜ぶポイントを外してしまっている、というか。




そして更に、


人って尽くしすぎると、結局見返りの心が自分に芽生えてしまうんですよね。



結論として、サプライズってあまり男性は


喜ばないよ、ということです。


サプライズはほどほどに。




↓オトコ心関連記事です。アメトピに掲載して頂きましたー!


Twitterフォローしてねキラキラ

image

 

LINE@登録してねキラキラ

友だち追加

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス