2月2日(金)明治記念館において、平成30年政策発表、特別セミナー、新春賀詞交歓会を開催しました。

 

 政策発表では、大石尚彦会長より、1月19日に開催されたTKC全国会政策発表における坂本孝司会長の「TKC全国会の運動方針」、さらに「平成30年の活動ポイント」を解説し、さらに本年の当会の具体的な施策の説明がなされました。

 

 続いて、当会重点施策に集中するためにFX2推進特別委員会、会員導入特別委員会、中小企業支援委員会の活動方針及び計画等の確認について、さらに平成29年度税務署との意見交換会完了報告がなされ、書面添付推進活動の重要性を確認いたしました。また、平成29年度末を控え、関与先の資金需要が高まることから、提携金融機関から最新情報をご説明いただきました。

 

 今回は特別セミナーとして、共同通信社経済部金融庁キャップの橋本卓典氏から「捨てられる銀行と生き残る銀行」というテーマでご講演いただきました。

 

 「新春賀詞交歓会」では、平成29年度巡回監査士及び巡回監査士補試験合格者表彰にはじまり、会員、提携・協定企業、提携金融機関等の多くの皆様にご出席賜り盛大な賀詞交歓会となりました。

 

 

 

 

 

HPはこちら

http://www.tkc.jp/tokyo-toshin/activity/event/2018039 (第1HP)

http://www.tokyo-toshinkai.jp/free23 (第2HP)