1月12日(金)ホテルセンチュリーサザンタワー小田急ホテルにおいて、TKC東京都心会新宿支部例会・新年会を開催しました。

 

 冒頭、梅本昇支部長より開会挨拶があり、その後委員会報告、提携・協定企業報告が行われました。委員会報告では、FX2推進特別委員会、経営改善事業推進特別委員会、会員導入特別委員会の活動進捗状況の他、各委員会の重点活動項目について進捗状況等の報告がなされました。また、大石尚彦会長より、「TKCモニタリング情報サービスの普及」、「書面添付促進」、「早期経営改善計画策定支援業務の促進」、「中小会計要領の普及」の積極的な取り組みが呼びかけられました。

 

 研修会では、ドリームサポート社労士法人の安中繁氏による「顧問先に労基署がやってきたらどうする?」と題した研修会を実施しました。

 

 研修会後の新年会では、参加者は交流を深めました。

 

 

HPはこちら

http://www.tkc.jp/tokyo-toshin/activity/seminar/2018032 (第1HP)

http://www.tokyo-toshinkai.jp/free23 (第2HP)