12月214日(水)に東京都心会『企業防衛Challenge50表彰の会』をあみ達 屋形船「ゴジラ」において開催し、保険指導強化期間の表彰が行われ、会員、スタッフ総勢90名が参加しました。

 今回の招待基準はトータル保障を推進することが求められ、昨年よりもハードルが高く設定されていました。その条件を見事にクリアされ、目を見張る実績を残した会員、スタッフ多数が参加しました。

山下明宏会長、尾藤清隆委員長からの挨拶に始まり、活動の成果を讃え合い、今後の活動に弾みをつけることができました。

 

中締め挨拶は大石尚彦担当副会長、そして筒木勝顧問による万歳三唱で閉会しました。

 

※企業防衛とは、関与先企業ごとに標準保障額と呼ばれる必要な保障額を算定し、適正な生命保険への加入を指導し、関与先企業の経営者、家族、従業員をリスクから守り、経営者に安心して事業に専念いただくための活動です。

 

 

かわら版はこちら

http://www.tokyo-toshinkai.jp/free3 (第2HP)