11月7日(月)より、新宿税務署を皮切りに平成28年度「税務署との意見交換会」を開始いたしました。

 

 TKC東京都心会では、毎年、税務署意見交換会を実施しております。今年度は、平成28年9月27日に東京国税局長を当会会長の山下明宏と書面添付推進委員長の重田正人が表敬訪問し、新宿税務署を皮切りに、当会エリア内10税務署への訪問活動を開始いたしました。

 

 平成28年11月7日(月)16:00より、長谷部啓新宿税務署長の他、副署長3名、総務課長、総務課課長補佐の計6名の幹部の皆様と意見交換をさせていただきました。

 

【ご説明内容】
1.当会活動状況について
2.当会の書面添付(※)(法人税、所得税、消費税)実践状況について
3.当会の電子申告実践状況について
4.相続税書面添付の取り組みについて

 

※書面添付制度とは、税理士法第33条の2(計算事項、審査事項等を記載した書面)を言い、税理士法第1条における独立した公正な立場において納税義務の適正な実現を図るという税理士の公共的使命を実務面で具現化した制度です。

 

 

かわら版はこちら

http://www.tkc.jp/tokyo-toshin/activity/event/2016141 (第1HP)

http://www.tokyo-toshinkai.jp/free5 (第2HP)