10月17日(月)スクワール麹町において、東京税理士会認定研修 「税理士の賠償責任が日常化する危機の到来」を開催しました。

 

 TKC東京5会(東・東京会、東京都心会、東京中央会、城北東京会、西東京山梨会)では、東京税理士会より認定をいただき、年間11回の研修会の開催を予定しております。(本研修は西東京山梨会が担当)

 

 平成28年度第4回目の研修を鳥飼総合弁護士事務所代表弁護士の鳥飼重和先生を講師にお迎えし、「税税理士の賠償責任が日常化する危機の到来」と題して開催し、113名(当会は25名参加)の税理士が参加しました。

 

 

かわら版はこちら

http://www.tkc.jp/tokyo-toshin/activity/seminar/2016133 (第1HP)

http://www.tokyo-toshinkai.jp/free5 (第2HP)