10月14(金)TKC東京本社3F研修室において、「FX2活用セミナー」を開催し、21名が参加しました。

 

 当会では重点事項推進のために「FX2推進特別委員会」、「経営改善事業推進特別委員会」、「会員導入特別委員会」の3つの特別委員会を設置し、選択と集中の会務運営を展開しております。

 

 今回は、FX2推進特別委員会(委員長:大石尚彦会員)第2部会(部会長:増山充会員)の第3弾企画として、FX2シリーズ活用法をテーマにTKC東・東京会の岸田亜矢子氏を講師にお招きし、「FX自計化を軌道に乗せるには」と題して、セミナーを開催しました。会員及び事務所スタッフ21名が参加し関与先への業績管理指導方法と経営計画策定支援方法を学びました。

 

※1:KFS(読み:ケーエフエス)
関与先企業の「黒字決算」と「適正申告」を支援するためのツールです
1.「K」:継続MASシステムで、「経営計画」の作成を支援します。(経営助言ツール)
2.「F」:FX2自計化システムで、「黒字決算」の実現を支援します。(業績管理ツール)
3.「S」:税理士法第33条の2に基づく書面添付で、「適正申告」の履行を支援します。
※2:巡回監査
「巡回監査とは、関与先企業等を毎月及び期末決算時に巡回し、会計資料並びに会計記録の適法性、正確性及び適時性を確保するため、会計事実の真実性、実在性、完全網羅性を確かめ、かつ指導することである。巡回監査においては、経営方針の健全性の吟味に努めるものとする。
巡回監査は、毎月行う月次巡回監査と期末決算時に行う決算巡回監査とに分けられる。」と定義しています。

 

 

かわら版はこちら

http://www.tkc.jp/tokyo-toshin/activity/seminar/2016131 (第1HP)

http://www.tokyo-toshinkai.jp/free5 (第2HP)