平成27年11月17日(火)に新宿マインズタワーにおいて、11月度支部例会を開催しました。

 冒頭、橋本徳行支部長より税務署意見交換会進捗状況とニューメンバーズフォーラム開催報告がありました。中野税務署意見交換会では、税務署長からの提案を受け、TKC全国会で早速書籍『相続税の申告と書面添付』をまとめたことを高く評価いただいたとの報告がなされました。また、支部会員へ新入会員が増えてくるので支援要請がありました。

 研修会では、日本政策金融公庫新宿支店国民生活事業融資第3課長の及川圭吾氏より「経営改善事業」に係る特別貸付について、また当会経営改善事業推進特別委員会部会長(7000プロジェクトサブリーダー)であり、副会長の太田勝久会員より申請書の作成、金融機関との交渉等に関する研修が行われました。来年の3月に向けて、活動の強化が確認され、研修後には取り組みについて、活発な質疑応答が行われました。

 委員会報告では、山本雄一企業防衛制度推進委員長(渋谷目黒支部)及び山田勝巳支部委員より、第2次キャンペーン進捗状況の説明がありました。また、重田正人書面添付制度推進委員長より今後の研修会案内等がなされました。


かわら版はこちら

http://www.tkc.jp/tokyo-toshin/activity/seminar/024128  (第1HP)

http://www.tokyo-toshinkai.jp/pc/free3.html  (第2HP)



橋本徳行支部長