平成27年10月16日(金)に、中野サンプラザセンターにおいて、平成27年度企業防衛(※)「監査担当者特別研修会」を開催し、136名の会員・職員が参加しました。



 研修会では、TKC静岡会稲葉会計事務所の望月剛氏をお招きし、「ご本人の闘病経験」と「経験を踏まえて改めて認識した企業防衛の必要性」についてご講演いただきました。1万人に1人(まさに万が一)しか罹患しない難病との闘病を通じてのお話であり、「3大疾病罹時」の備えの重要性について参加者一同認識を新たにしました。



 研修会後はTKC東京都心会恒例の「ボウリング大会」を開催。ボールに企業防衛への熱い想いを込め!目指すはパーフェクト(完全防衛)!を合言葉に全員でボウリングに臨みました。団体戦では、第一次保険指導強化期間の勢いそのままに「新日本筒木チーム」が優勝。

優勝者のスピーチでは「第二次保険指導強化期間」での大幅達成を参加者全員を前に誓い合いました。



※企業防衛とは関与先企業ごとに標準保障額と呼ばれる必要な保障額を算定し、適正な生命保険への加入を指導し、関与先企業の経営者、家族、従業員をリスクから守り、経営者に安心て事業に専念いただくための活動です。




http://www.tkc.jp/tokyo-toshin/activity/seminar/023915  (第1HP)

http://www.tokyo-toshinkai.jp/pc/free3.html (第2HP)