10月13日(火)企業防衛マスターズ会を開催し、

31名の会員が参加しました。

 企業防衛マスターズ会は、企業防衛(※)保有高

50億以上の会員で構成し、関与先の完全防衛に

向けた「企業防衛加入関与先企業30万社」目標

達成に向け、マスターズ会員事務所がより一層

活動を強化するために会員同士が情報を共有し、

密接な連携を目的とした会として発足しました。


 研修では、森脇仁子代表幹事より現在実施中の

企業防衛制度第2次キャンペーンにおいて、マス

ターズ会員に対して期間中の推進強化の呼びか

けがありました。山本雄一委員長からは当会企業

防衛推進状況についての報告及び、保有30億以

上の会員へのマスターズ該当宣言についての説

明がありました。


 懇親会では、新たにマスターズ会員となった

山本滋雄会員、山下明宏会員の挨拶、チャレンジ

マスターズ会員からはマスターズ会員該当に向けた

力強い決意表明がありました。その後、各マスターズ

会員によるテーブルスピーチではキャンペーン活動

への意気込みの発表があり、大いに盛り上がりまし

た。


※企業防衛とは関与先企業ごとに標準保障額と呼ばれる

必要な保障額を算定し、適正な生命保険への加入を指導

し、関与先企業の経営者、家族、従業員をリスクから守り、

経営者に安心して事業に専念いただくための活動です。


http://www.tkc.jp/tokyo-toshin/activity/seminar/023891 (第1HP)

http://www.tokyo-toshinkai.jp/pc/free3.html (第2HP)