自動ブレーキも踏み間違い防止装置も標準装備にしてください。 | shinkenのブログ

shinkenのブログ

河内長野と林間田園都市で小学校、中学校、高校、大学、専門学校の受験指導をしています。


テーマ:

今日もご訪問頂きありがとうございます。

 

先日来、高齢者の運転について

色々取りざたされています。

 

自分自身も決して若くないですから、

いずれ行く道です。

 

75歳以上の運転免許に制限を付ける、

ある都市は、踏み間違い防止装置の取り付けに対し、

高齢者に補助金を出す。

 

そういう話が出ています。

いいと思います。

悲しい事故で命を奪われるのは本当につらいですから。

 

でも、違います。ダメなんです、それでは。

娘の命を奪い、幼い子供たちのママがいなくなった。

 

ブレーキを踏んだ、自分は踏んだ・・・

最後までそういい続けた加害者は40歳代の男性です。

カーステレオをいじっていた。ガードレールに接触して慌ててブレーキを踏んだ。

 

踏んだのは、アクセルです。

 

その方にも3人の小さいお子さんがいる、

事故の時も自分の子供を助手席に乗せてた。

お子さんはすべてを目撃しているんです。

 

自動ブレーキか、踏み間違い防止装置がついていれば、

娘は今も元気にしているはずでした。

 

全車両、標準装備。

自動ブレーキも踏み間違い防止装置もすでに開発されています。

世界に誇る日本の技術もあります。

どうしてつけないのでしょうか。

 

どうか、どうか、全車両に標準装備してください。

年齢は関係ありません。

だれにも起こる可能性があるんです。

 

都市部、地方、日本の行政に格差があってはならない問題です。

いのちに格差はありません。

いのちを守るための装置がなぜ後回しになるんでしょう。

早く、早く動いてほしいと願っています。