東京リペアのブログ
Amebaでブログを始めよう!

フローリング補修

フローリングの補修事例をご紹介します。


玄関付近の床の変色です。

経験されている方も多いかと思いますが、典型的な一例です。

フローリング材はゴムと愛称が悪く、例えば自転車のタイヤや冷蔵庫の

脚など、ゴムの材質が長期に渡り接触し続けると、科学反応を起こし変色

します。接触部に水分が加わると、その反応速度が増します。


いたずらや盗難防止の為、お部屋に自転車を置いている方は多いと思います。

気をつけて下さい。水分を含んだタイヤが長い時間フローリングに接すると、

必ずご覧の様な変色が発生します。



東京リペアのブログ


木目描画に依る補修で対応しました。
東京リペアのブログ

建具傷補修

間仕切り建具の傷補修です。


黒い筋状の傷が確認できます。



東京リペアのブログ


下写真が傷の近景です。

表面の化粧材が削れています。


東京リペアのブログ

硬化樹脂にて表面を平坦化した後、吹き付けに依る

部分的なタッチアップ処理にて補修しました。


東京リペアのブログ

実物を見ても補修跡は全く分かりません。


今回の事例と同様の規模であれば、例えば

『全面塗装』や『ダイノックシート貼り』よりもコストを抑えられ

ますが、かなりの熟練を要する補修方法です。

塗膜防水

マンション最上階のバルコニーです。


東京リペアのブログ


竣工当時から勾配がうまくとれていなかったとの事。

降雨時にスムーズに排水せず、水溜りが出来てしまう状態でした。



東京リペアのブログ


東京リペアのブログ


下の写真は改修前の排水口付近です。

雨が止んで間もなくの撮影でしたが、周囲に

水溜りがあるにも関わらず排水口付近は既に

乾きはじめていました。明らかに勾配不良です。
東京リペアのブログ



最大で100ミリまで床レベルを上げて勾配を確保。

通気緩衝用シートを張り付けた後、

ウレタンゴム系防水材を塗りつけて仕上げました。

東京リペアのブログ


下地の水分を脱気筒(下写真の銀色の部分)から排出することで、

塗膜のフクレや剥離を防止できます。

メンテナンス工事に抜群の効果を発揮する複合防水です。

東京リペアのブログ


東京リペアのブログ

勾配も確保し、降雨時の水溜りも解消しました。

ユニットバス

ユニットバスの壁面パネルの補修です。

経年で下地が露出するほど傷んでいます。


東京リペアのブログ

壁全面にパネルを上貼りし現状回復します。

隙間はコーキングで防水処理をします。


東京リペアのブログ

水栓や鏡も交換し新品同様に再生しました。

女性限定

ワンルームの古いアパートです。


全面カーペットをフローリングに変更、水廻りにはテラコッタ調のCFを貼りました。


オーナー様のご要望で木枠塗装はピンクで仕上げました。


女性限定のお部屋になるそうです。



INTERIORのブログ










































INTERIORのブログ