東京蓋散歩 ~マンホール巡り~

東京蓋散歩 ~マンホール巡り~

マンホールや消火栓などの蓋、特に地味蓋を中心に観察しながら歩きまわります。タイトルとは裏腹に都外出没頻度も高いです。


テーマ:

続きです。

 

初めて見た「土溜り 都市下水」。雨水桝のことでしょうか。伊東市で見た「土」と書かれた蓋もこれと同じかもしれません。 伊東市の「土」蓋の記事は→コチラ

 

味のある銘板

 

道ゆく人恙なきや かと思うのですが、「恙」ではないです。異体字でしょうか?

 

矢印の方向とは逆向きに読みます。「制水弇」

 

レール達

 

地下道の銘板も素敵です。

 

街道を歩く人かと思ったら大工さんのようでした。

 

静岡市の下水道紋章は「市」の周りに「下水」

 

街道歩きを盛り上げるキャラクター達

 

「プハー」既に完歩いしている人もいます。

 

まだお昼前です。先に進みます。

 

採水口壁

 

萌え点付きの「土」

 

すり減り具合がいい感じの右書き「止水栓」

 

木造建築 現役で使われているようでした。

 

象の串かつ。共食い看板。

 

この人たちは鳥をどうしようというのでしょうか?

 

量水器を眺めながらいよいよ静岡市の中心部へ。

 

街・建物写真 ブログランキングへ

 


テーマ:

東海道蓋散歩 前回中途半端に終わった狐ヶ崎駅から再開です。

 

張り切って出かけましょう。宗教不問!

 

どうもどうも。

 

前回の記事では赤とか青とかに塗られていましたがこれは無着色。

「静清工水」

これもつい撮ってしまう煙草屋さん。「おくりものに」

 

ほくろの付いた制水弁。旧清水市を歩いています。

 

ほくろなしもありました。

 

是より草薙大明神 此の奥草薙大明神 

 

「雑がみ」 ミックスペーパーよりはわかりやすい?

 

シャッターアート

 

従業員を奴隷化するブラック企業?

 

東京から越境蓋

 

これも?と思いましたが、合併後の静岡の下水道紋章ですね。

 

これは結構最近できた消火栓蓋。ロープやAEDを担いでいるところが珍しい。

 

結構立派な東海道記念碑。線路で分断され、区画整理で姿を消した道の墓標のようです。

 

というわけで線路を渡ります。

跨線橋から柱上変圧器のアップ。

鉄趣味はありませんがちょっと楽しい。

 

線路の反対側に続きます。

 

街・建物写真 ブログランキングへ


テーマ:

続きです。

 

もしかしたら東京以外では初めて見た旧内務省の境界石。

 

鏡のような清水市役所二十周年記念「興津町役場跡」碑。合併二十周年記念「清水市庁舎跡」などという碑は将来立つのでしょうか?

 

そんな清水市時代のサッカー蓋。

 

異体JIS地紋(解説はこちら)のこの下水蓋もかなり好きな蓋です。

 

本日二枚目の右書き消火栓。

 

大型の一枚もの電電公社角蓋。サイズは測っていません。

 

つい撮ってしまう測量士さんが描かれた水準点の蓋。

 

さて、蓋以外にも。。。

 

良さげな建物。

 

戦時中の燃料として刈り取られた松原。当時と同じような労働力徴用、金属供出などが行われている東京オリンピックでも同じようなことが起きるのでしょうか?

 

河童

 

かっぱ

 

カッパ

 

クジラ

 

野良煉瓦の刻印 CWR-6 新しいものでしょうか?

 

是より志ミづ(しみづ)道? 是ですか?ミですか?左面はもっと読めない。

 

リッキー ワリコー 金融商品だったのでしょうけれどよく分かりません。今でもあるのかな?

 

今回の街道歩きは富士山に始まり富士山に終わります。

 

久能寺観音道の道標で力尽きました。

 

ずいぶん中途半端なところを終点にしてしまったのですが次の駅までは持ちそうになくここで終わりです。

 

この後の道のりの記事がたまっていますので早めに続きを書きたいです。

 

街・建物写真 ブログランキングへ


テーマ:

1年以上前に歩いたのに前回の記事以降すっかり続きを記事化するのを忘れていた東海道蓋散歩シリーズ。再会します。前のこと過ぎて記憶がかなり消えていますが写真を頼りに。。。

(注:例によって写真の順番は必ずしも街道歩きで出会った順番ではありません。)

 

まずはこのエビに再会です。商店街はにぎわっていて写せません。

 

ずいぶん凝った造りの掲示板。

 

なんとなく沖縄っぽい蓋がありました。中央のマークはメーカーロゴでしょうか?

 

由比町章はこれ。相当カッコいいです。

 

「区」の字の右下の傾きがいい感じ。いかにも急傾斜地っぽい。

 

富士山をちらちらと振り返りつつ歩きます。

 

富士山の方も覗いています。 チラッ m/・・\m

 

全く何を撮りたかったのか不明な写真。

 

今となっては黄色いモラル看板の背後の物件が気になります。

 

ちょっと街道風味

 

道路の下から見上げることを趣味にしている人もいるようです。

遠くにキリンさんの群れ(ここ、東海道から逸れてしまった箇所だったかも???)

 

たまに出会う「日本防蝕」

 

 

工業水道 赤と青

 

工業水道の紋章ではなく県章バージョンの東駿工水 赤と青

 

ガスMG

 

色がついていないとごちゃごちゃしすぎてわかりにくい旧清水市のデザイン蓋。

 

豪華すぎる県営住宅の銘板「興津団地」。団地クラスターの目にはどのように映るのだろうか?

 

骨董蓋 右書き消火栓 枠がきれいです。

 

同じような色合いですが六角枠の制水弁と仕切弁

 

路面の切れ込みは蝶番のある形になっているのに蓋はそうでもない。不思議な組み合わせ。

 

後篇に続きます。

 

街・建物写真 ブログランキングへ


テーマ:

例によって訪問からはずいぶん日数が過ぎたのですが完全に忘れてしまう前に...

 

何度目かの尾道訪問です。(前回の訪問記事はコチラ 水道 下水道

 

暗渠でしょうか? 蓋は単なる鉄板のようですが縁石があります。

 

海風が心地よいといいたいところですがもわっと暑かったはず。

 

海沿いだけあってこんな風な蓋も。鉄に厳しい土地です。そこを耐え抜いた骨董蓋がいくつかあるのも尾道の魅力でしょうか?

 

右から塗源 (渡)邊商店 塗料屋さんだったのでしょうか? あるいは塗装業者?

大和湯

 

中国銀行尾道支店

 

尾道商業會議所 所が異体字

 

旧住友銀行尾道支店 明治37年(1904年)築

 

旧尾道銀行本店

 

今回の目的はこれ。日本一古い説のあるマンホール系鉄蓋のひとつです。不思議な紋章が四隅についています。

 

付近には古そうな量水器の蓋もありました。

 

路地には共同井戸も。「亀齢水」

SUN TIGER PUMP MADE IN JAPAN

 

かまど?

 

一家団らん明るい家庭

 

この蓋も年代物のようです。私設っぽいですが。

 

その他もろもろ

 

 

地面から生えている送水口の跡もあるという尾道、また来ます。

 

街・建物写真 ブログランキングへ

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス