テーマ:
26日は中央本線へ。狙いはEF64 39牽引のロンチキ工臨とEF64 1019牽引の臨貨。貨物は全てEH200と化した中央線だけに単機牽引とはいえEF64原色牽引の列車が2本も撮れるのは収穫が大きいと写るのか撮影者の数が尋常ではない。
結果的に撮影したのは上野原駅至近の踏切からだが、当初の予定はここだった。駅から山の尾根道沿いに歩き続け、到着して一息入れていたら地主から過去にトラブルがあった場所のようで立ち去って欲しいとのこと。まだ通過時間まで余裕があったので駅に戻り定番で撮影する顛末に至った。
予定していた場所だとカマ+13両がぴったりと収まる場所だけに目を付けていたのだが、今後この場所で撮影することは自粛したい。実に往復1時間の無駄足だった。

踏切脇のフェンスに寄って撮影すれば編成は収まる。後から来た立場でありながらこのアングルが確保できたのは嬉しい。

2014/7/26 上野原 485系改造小山車6B『宴』 回9552M
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:155mm 絞り:F5 ISO感度:100 撮影時刻:8:28


2014/7/26 上野原 1155豊田車3B+3B[トタM6編成+トタM**編成] 1456M
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:155mm 絞り:F5 ISO感度:100 撮影時刻:8:46

4m
2014/7/26 上野原 E351系松本車4B+8B[モトS21編成+モトM**編成] 特急「スーパーあずさ」4号 4M
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:155mm 絞り:F5 ISO感度:100 撮影時刻:8:53


2014/7/26 上野原 EF64 39+ロンチキ13B[A編成] 工9476レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:155mm 絞り:F5 ISO感度:100 撮影時刻:9:02


2014/7/26 上野原 211系長野車6B[ナノN601編成] 424M
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:155mm 絞り:F5 ISO感度:100 撮影時刻:9:13

6m
2014/7/26 上野原 E351系松本車4B+8B[モトS21編成+モトM**編成] 特急「スーパーあずさ」6号 6M
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:155mm 絞り:F5 ISO感度:100 撮影時刻:9:53


2014/7/26 上野原 EF64 1019+コキ13B 8090レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:155mm 絞り:F5 ISO感度:100 撮影時刻:10:00

211系も本格運用を始め、115系もそろそろ窮地に立たされてきたか。E351系も転用車として他路線に転属していく話もあるので良い記録になった。

ここで関東鉄道に転戦。青春18切符を使用しているため出来る限りJR線で移動したい。そでもしなければ1日(回)分の元値が取れない。
結果、南流山~守谷間と守谷~下館間は私鉄を利用してしまったが元値は取れた。

関東鉄道ではキハ101+キハ102の併結運転を撮影する。両車ともHMを掲出しているが、個人的な持論をいうとこのスタンスで運転するならばHMは無くてもよかったような気がする。
三妻で降り、三妻~中妻間にできた陸橋へ向かう。ここに橋が架けられたのは最近のようで、ちょうど線路脇の雑草が育ち始める時期だったのでありがたい。

2014/7/26 中妻~三妻 関鉄キハ5002 5087レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:70mm 絞り:F4.8 ISO感度:100 撮影時刻:14:17


2014/7/26 中妻~三妻 関鉄キハ102+キハ101 臨客305レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:70mm 絞り:F4.8 ISO感度:100 撮影時刻:14:26

本番の臨客305レは直前になって踏切へ来た撮影者が1人いたが、上野原で無駄足を歩かされたため場所こそ違えど気力半減。注意しに行く気も起こらずそのまま撮影に踏み切った。他人事とはいえ、側面に日が回らない場所で撮影して満足なのだろうか。
移動する最中、車窓から沿線を見ているとどこも雑草が伸び放題だったので同じ陸橋から場所を変えずに復路を撮影。

2014/7/26 三妻~中妻 関鉄キハ2204 3118レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:27mm 絞り:F4.8 ISO感度:100 撮影時刻:14:48


2014/7/26 三妻~中妻 関鉄キハ2202 5097レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/1000秒 焦点距離:27mm 絞り:F4.8 ISO感度:160 撮影時刻:15:13 ※後打ち撮影


2014/7/26 三妻~中妻 関鉄キハ101+キハ102 臨客310レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/1000秒 焦点距離:27mm 絞り:F4.8 ISO感度:160 撮影時刻:15:16

どちらかと言うとこっちの方がアングル的にもスッキリしている。下館で折り返してきて首都圏色が先頭に立っているがHMがやはり・・・。それを目立たせない為にもちょっと暗めに撮影した。

下館へ出て宇都宮線経由で帰宅。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
20日は朝から千葉方面へ。総武本線市川~佐倉間の開業120周年を記念して24系青森車6Bを使用した団体列車が運転されるのでこれが目的。
客車の送り込みから撮影する予定だったため、前夜は千葉県柏市に前泊。この回送は自宅から始発でも間に合わない。
この翌日から世間は学生の夏休み期間が始まるので宿泊料は割高。直前の予約と言うこともこれに拍車を掛けてしまった。

朝は4:00起床で馬橋へ向かう。通称“馬橋陸橋”で撮影する。本来、この回送列車は松戸~金町の中川築堤で撮影する予定だったが、この場所は暴風柵設置工事が進んでいることを前日のうちに確認していた。運転から数日経った今でもネットにこの場所で撮影した画像を見ないので恐らく撮れなくなってしまったのだろう。

到着すると先客3名。その後に追っかけが数名。高崎線内で撮影していれば追っかけが利くスジなのだろう。更に言えば早朝で街中も車が少ないから追っかけるにはちょうどいい条件。
まずEH200のコキ貨物がやってきた。

2014/7/20 南流山~馬橋 EH200-15+コキ13B 88レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/250秒 焦点距離:165mm 絞り:F5 ISO感度:800 撮影時刻:5:46

このスジもEH化されて久しい。EF64重連の頃は撮影した経験がない。逆の89レ・2459レは何度も撮影しているが。
20分後に1098レがやってくる。

2014/7/20 南流山~馬橋 EF64 1049+コキ17B 1098レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/350秒 焦点距離:165mm 絞り:F5 ISO感度:500 撮影時刻:6:08
編成が長い。アングルに入るかギリギリで、一か八かで撮影してみたら編成は収まってくれていた。
広島更新・・・モドキの1049号機。真正面から見ると通常の新更新色と大差ないが、引き気味で撮ればはっきりと特徴が分かる。このスジは3月まで山貨経由だったものを武蔵野経由に移管したもの。
この後ももう1本貨物が来る予定だったが東海道方面で輸送障害があったのか来なかった。そして本番の送り込み回送の時間に。

2014/7/20 南流山~馬橋 EF64 1001+24系青森車6B 回9433レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/350秒 焦点距離:195mm 絞り:F5.3 ISO感度:640 撮影時刻:6:32
一旦日が昇るにつれて露出が回復を見せたが厚い雲が掛かったのか再び感度を上げて撮影した。ここは個人的に好みのアングルだが、ベストポジションが少ないこと。更にはあまり機材を広げすぎると通行人の邪魔になることなどで最近は敬遠していた。
それでもこの短絡線を行く24系というのも中々見慣れない。良い記録になった。

馬橋駅前で朝食とし西船橋経由で千葉へ向かう。総武本線へ入り四街道で下車。到着したのは通過2時間前。
こんなに時間を持て余すならば一度新小岩に立ち寄って入換を見学してもよかったが、この日は全行程で脚立を持参していたので気乗りしなかった。
本を読んだりしながら時間を潰す。本線だけあって列車本数も多く練習には困らない。ありきたりな被写体を量産撮影した。

2014/7/20 四街道~物井 DE10 1751+24系青森車6B+EF64 1001 9335レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/500秒 焦点距離:145mm 絞り:F5 ISO感度:160 撮影時刻:11:27

新小岩からはDE10が先頭に立つ。新小岩まで牽引してきたEF64 1001は後ろにぶら下げられた状態。線路間の雑草が多く苦慮したがアングルは好み。
これ1本を待っていたらもう昼間。ちょっと早いが昼食を取り、一駅隣のモノサクへ向かう。
モノサクと一口に言っても上り列車を撮影する場合いくつか点在している。ただ、自分が選択した場所は駅から程近く電車移動でも利便性がある場所だけあって最も混雑していた。行程の中で脚立持参が功をなした。
待っている間は晴れていたが次第に薄雲がかかり始め直前の特急はマンダラ状態。そして本番は?

2014/7/20 佐倉~物井 EF64 1001+24系青森車6B 回9340レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:75mm 絞り:F4.8 ISO感度:320 撮影時刻:13:27

こうなることは想定していたが、やはり晴れて欲しかった。元々予報では雨だったので降らないでくれただけでもありがたく感じなければならないのかもしれない。
以降はここで遭遇したNさんと共に小岩へ向かう。新小岩で折り返した団臨は金町方から単機で送り込まれたEF81 138が連結され新金線経由で下っていく。
この新金線経由で客扱い中のブルトレが下るという点に注目。なかなかこうした光景は目にできないので今回の主目的のひとつとしていた。
前走りでやってきたEF65単機。平日ならば荷が付く1094レ。

2014/7/20 新小岩(信)~金町 EF65 2064単機 1094レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/500秒 焦点距離:40mm 絞り:F4.8 ISO感度:125 撮影時刻:15:27

なかなか晴れない。遠く西側の空は晴れているようだがすぐ上空の雲は厚い。ここでも晴れないまま本番。

2014/7/20 新小岩(信)~金町 EF81 138+24系青森車6B 「千葉青森」号 9416レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/350秒 焦点距離:40mm 絞り:F4.8 ISO感度:200 撮影時刻:15:59

新中川を行くブルトレ、キタ――(゜∀゜)――!!! 新金線らしいハイラストポイントで撮影できたのでまずは満足。
モノサクの時にも同じことを言っているが、晴れればなぁ・・・。側面順光だけで充分だったのに。
鉄橋脇の建物の管理者に撮影料を払えば屋上から撮影できたようだが、切り位置の関係で客車が目立ちにくくなりそうだったので新中川に架かる奥戸新橋から撮影。
このアングルで脚立は使わないのでフェンス越しに撮影するNさんに貸し出し。

一日中脚立を持ち歩いたのでクタクタ。雷鳴もゴロゴロ響き始めていたので撤収。何処へも立ち寄ることなく帰宅した。
その選択肢は正解で、帰宅後30分もしないうちに外は落雷を伴った大雨。自宅も数分間停電があった。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
7/12は大井川鉄道へ行ってきた。この日から週末・盆連休を中心にC11 227をトーマス仕様にデコレーションした「きかんしゃトーマス」号が走るのでそれが目当て。

台風一過で中部から関東にかけて晴れ。梅雨時の貴重な晴れ間ということで足を運んだ。
行きは横浜から東海道本線で金谷まで出て大井川鉄道へ乗換。相変わらず列車の本数が少なく運賃が高い。1駅区間進むごとに運賃が嵩上げされる。終点の千頭から1駅手前の崎平まで乗車したが往復で3,000円超。

駅から歩いて定番ポイントまで移動。時期のせいもあるのか茶畑を囲むように鉄パイプが組み立てられていて思い描いていた望遠で切り取る構図は不可能。(言葉では言い表しにくいが現地にいた方なら分かるかと)
電車内からかなりのハイアングルで撮影している方がいるな~と思っていたらSさん。また静岡県内でお会いしてしまった。

まずは前走りの急行。これは多客輸送のために設定された臨時スジで元近鉄車でやってきた。蛇足だが、特急仕様の形式だが普段は普通列車で運用されている。いわゆる“遜色急行”

2014/7/12 青部~崎平 大鉄16000系2B 臨時急行
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/500秒 焦点距離:50mm 絞り:F4.8 ISO感度:160 撮影時刻:10:57

お会いしたSさんを含め周囲の方と談笑して1時間経過。

2014/7/12 青部~崎平 C11 227+旧形客車7B+E501“いぶき” 急行「きかんしゃトーマス」 1003レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/500秒 焦点距離:50mm 絞り:F4.8 ISO感度:200 撮影時刻:11:45

これが撮りたかった。話で聞いた時は基本的にキャラ物に興味の無いので行く気はあまり起こらなかったが、動画サイトやニュースで見るにつれ一度は撮りたいと感じるようになってきたのが遠因。
ここまで忠実に再現されるとは知らず、客車も明るく以外にもしっくりと感じる被写体だ。
やや愚痴になるが足回りに掛かる下草はあえて刈らなかった。と、言うのも今年の1月にこの周辺の地主と撮影者で悶着があったようなので目立った行動は控えたかったから。通過直前に土地を荒らさないようにしてくれと軽トラから箱乗りしながら一声かけられたので今回も地主はかなりピリピリしている様子だった。

ちょっと場所を移動。この後にもSLが続いてやってくる。続いてと言っても普電1本を挟むが。

2014/7/12 青部~崎平 C56 44+旧形客車7B+E103 急行「かわね路」 101レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/250秒 焦点距離:180mm 絞り:F5.3 ISO感度:200 撮影時刻:13:04

これは通常の急行「かわね路」スジに宛がわれた101レ。このスジは今月2日に大和田で撮影しているが、その当日は客車が短く4Bだった。それが今回は7B。「きかんしゃトーマス」号人気に伴い乗りきれなかった乗客を救済するための措置か有効長ギリギリの長編成。力行区間ではないので煙は出さないが良い被写体だ。

一旦駅を通り過ぎて千頭~崎平の第4橋梁まで移動。ここで大井川を渡る線形だが、先に撮影した場所も大井川を渡っている。この短区間で同じ川を2度も越えるように川の湾曲が著しく激しい。

ここで先に下っていた「きかんしゃトーマス」号が折り返してくる時間。

2014/7/12 千頭~崎平 C11 227+旧形客車7B+E501“いぶき” 急行「きかんしゃトーマス」 1004レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/500秒 焦点距離:58mm 絞り:F4.8 ISO感度:200 撮影時刻:14:16

順光サイドで撮るとケーブルがトーマスの顔に掛かるので逆光側から。ちょうど空も曇り始めてきたので迷い無く選択。
ちなみに、期待はしていなかったが最後まで入りきらなかった。人によってはその方がいいという考えもあるだろう。

この後は抜里のインカーブまで移動して「かわね路」復路も狙う予定だったが雲が取れそうに無いので帰路に就いた。熱中症気味で頭がクラクラしていたのも理由の一つ。
静岡市街地に入ると晴れたり曇ったりを繰り返していてもしかしたらという考えも沸いたが翌日は仕事。背に腹は返られない。

新幹線で一気に新横浜まで出て帰宅。余談だが初めてN700A系に乗車できた。当然だが、新車だけに車内設備は充実している。居住性も良く、長距離移動には欠かせないだろう。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
前日に引き続きこの日も活動した。E3系が改造のためJ-trec入場することに伴う甲種を撮影する。秋田新幹線「こまち」から退役した編成が今回同様に甲種扱いでJ-Trecへ入場されるのはこれで4本目。
既に入場している3本とも撮影する予定だったが天候が悪かったり都合がつかなかったりとなかなか機会が無かった。話によると今回が最後だとも聞かれたのでちょうどよかった。

新幹線で新潟まで行き、まずは羽越線へ。ここで2003Mを撮影する。特急「いなほ」で運用されている485系は現在2往復で、うち1本がこれ。
順当通りでは国鉄色のK1編成が充てられるはずだが、ここ数日間ずっと上沼垂で差し替えられている。

着いて間もなく上り接近。正体は2006Mで、こちらはE653系。ついでに言ってしまうと今月12日で「いなほ」に使用される全形式がE653系に統一される予定。(7/7現在)

2014/7/3 佐々木~西新発田 E653系新潟車7B[ニイU102編成] 特急「いなほ」6号 2006M
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:180mm 絞り:F5.3 ISO感度:100 撮影時刻:10:44 ※後打ち

新崎あたりで交換してきたのか次いでやってきた下りは貨物。日本縦貫の貨物と聞けば20B単位の長編成を思い出すが、この851レは新潟タ~酒田の区間列車なので編成は12Bとやや短め。

2014/7/3 佐々木~西新発田 EF81 718+コキ12B 851レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/500秒 焦点距離:155mm 絞り:F5 ISO感度:100 撮影時刻:11:05

薄雲を噛んでいるが晴れれば相当気持ちのいいバリ順だろう。
10分ほど待っていよいよ2003M。

2014/7/3 佐々木~西新発田 485系新潟車6B[ニイR22編成] 特急「いなほ」3号 2003M
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/500秒 焦点距離:180mm 絞り:F5.3 ISO感度:100 撮影時刻:11:17

やっぱり差し替えられたか。ある掲示板を見ているとこの翌日、更に翌々日も前運用でK1編成またはT18編成が使用されても差し替えられているという。
ダイヤ改正ではない期日に運用変更をかけると煩雑になるのであえて閉じ込め運用でループさせているのだろうか。
R編成はしばらく残るとはいえ、こちらも「いなほ」運用からは離脱するので記録としては価値のあるものとなった。前面LEDも愛称表示までしっかり写ってくれたし。

移動する電車はどこも学生だらけ。期末試験の時期だから午後は授業が無いのだろう。それにも拘らず新潟~新津間の移動電は2B。相当な混み具合いだった。
新潟経由で新津まで移動し阿賀野川の鉄橋を目指す。
その移動手段として駅に併設された観光案内所でレンタサイクルを借りた。なんと嬉しい事に無料だった。鉄道移動組みとしてはこうした取り組みは本当に重宝する。
途中で昼食を摂り阿賀野川に到着。建設当時は日本一の威容を誇っていただけあって相当長い。

まずは反対側から下りキハがやってきた。

2014/7/3 京ヶ瀬~新津 キハ110形新津車2B 129D
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/500秒 焦点距離:102mm 絞り:F4.8 ISO感度:160 撮影時刻:14:24

このキハと甲種は隣の京ヶ瀬で交換するらしい。すると続々と追いかけ組みが到着。皆して間島~村上の三面川で撮影していたらしい。今回はスジが若干早めのようでここに到着した皆さんはギリギリ。
自分はここだけで撮影すると決めていたので余裕でベストポジションを確保していた。そして本番。

2014/7/3 京ヶ瀬~新津 EF510-511+新幹線E3系6B[R26編成] 9560レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/500秒 焦点距離:102mm 絞り:F4.8 ISO感度:160 撮影時刻:14:44

晴れると面しか回らないのでちょうどいい光線だった。
牽引は元東日本で所有していた511号機。またやらせ運用かと思いもしたが、500番台は相当な数が譲渡されたので意図的な運用ではなさそう。
で、後打ち。

(撮影データ省略)

同じ露出のまま撮影したので完全に白が飛んでいる。ピン範囲も狭いし。。
レンタサイクルのお陰で予想外に早く新津まで戻れたので追いかけも可能だったが、撮る場所へ移動するまでが大変なので直帰。
EH200区間でも撮影したかったが、この場所で思い通りの結果を得られたので潔く退却することにした。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
この日は休み。静岡までやってきた。
目的は午後に現地を通過する自衛隊機材輸送列車だが、それまでは暇。午前中は大井川鉄道へ足を運んだ。
一般客用に設定されたスジは新金谷を昼過ぎに出る101レ(通常の「かわね路」スジ)だが、この日はC11をトーマス仕様にし、更には客車までも海外仕様の塗装にしたお披露目列車も運転されたらしい。情報収集不足でこれらは後で知った話。(汗)

そんな列車が走るとは露知らず大和田に着いたのは通過40分前。最近知った集落を見下ろす俯瞰ポイントで待つ。結構有名な場所らしいが。
前走りの電で自分が到着したので練習電はなし。いきなり本番。

2014/7/2 福用~大和田 C56 44+旧形客車4B+E102 急行「かわね路」 101レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/500秒 焦点距離:55mm 絞り:F4.8 ISO感度:100 撮影時刻:12:16

湿度が高い夏だから白煙は出ず。言うところの“スカ”状態。機関士は手を振っていたが駅進入前の下り勾配なので力行する必要は無いのだろう。通過合図の汽笛もなかったし。
平日で集客率も悪いのか客車は4Bという寂しさ。

ここで律儀に金谷方面へ戻る上り列車まで待っていると自衛隊輸送にはまず間に合わないのでタクシーで市街地へ出た。今年3月初旬まではこの時間帯にも上りの設定があったものの、経費削減からなる電車本数減便で運転本数を減らしてしまった。
ここは大井川鉄道系列の大鉄タクシーを利用。電車移動では700円以内で済む行路だがタクシーでは4500円。撮らしてもらっている以上、少しでも鉄道会社に金を落としたいと考えたのだがちょっと割高になってしまった。正直、財布にとっては痛手。

毎回訪れる場所でないだけに所々迷いながらも到着。見覚えのある顔があると思いきやSさんだった。
Sさんは午前9:00過ぎから待機しているだけあって定番ポイントを死守していたが、自分はとてもじゃないが入れるポジションがない。なので1段下から。

2014/7/2 金谷~島田 EF65 2076+チキ12B 9862レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/500秒 焦点距離:75mm 絞り:F4.8 ISO感度:125 撮影時刻:14:05

面は潰れているが良い光線。過去に何度か撮影している列車とはいえやはり物々しい光景。
この場所を通過している段階では所定の8862レと同じスジだったが、静岡貨物以降は若干変わったようで所定は西湘貨物と相模貨物で停がある所を真鶴に集約していた。
元々追いかけるつもりは無く、静岡で昼食を摂ってから帰るつもりだった。しかし、真鶴の停車シーンを見ると撮影したくなり根府川で途中下車。駅外から被りつきアングルで狙う。

前走りの1050レ。

2014/7/2 根府川 EF210-153+コキ**B 1050レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/350秒 焦点距離:180mm 絞り:F5.3 ISO感度:500 撮影時刻:17:25

これで編成が収まることは確認したのでアングルは変えず待機。

2014/7/2 根府川 EF65 2076+チキ12B 9862レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/350秒 焦点距離:180mm 絞り:F5.3 ISO感度:500 撮影時刻:17:42

既に光線はないがこの時期だからこそ撮影できた。
ちなみに、根府川~早川の石橋鉄橋まで追いかけた方々は裏被りされたとのこと。

とりあえず予想外に追いかけができたことは棚ボタだった。電車を乗り継いで帰宅。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
6/27、この日は休み。横浜線で使用されてきた205系の配給列車を撮影しに行く。
今回は長野へ向けた廃回ではなく海外輸出のための譲渡であるため経路が根本的に異なる他、大船発車が日の出直後なので場所が限られる。
まずは山手貨物線で撮影する。大塚~巣鴨のアウトカーブポイントへやってきた。晴れたり曇ったり安定しない天気。
1本前にE257系の回送がやってきたが5Bであるためあまり作図の参考にはならず、本番を迎えた。

2014/6/27 大塚~巣鴨 EF64 1032+205系鎌倉車8B[クラH9編成] 配9793レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/500秒 焦点距離:165mm 絞り:F5 ISO感度:100 撮影時刻:6:37

ちょっと左右カツカツだがバリ順キタ――(゜∀゜)――!!
ただ、本当にカツカツ過ぎ。後で2Lプリントで印刷注文したところ左右の余白がギリギリだった。ここでは前にこの時この時にお会いした方に再会。追いかける自分に対しこれから仕事と言うその方。と、ここでお別れ。本当に僅かな邂逅だった。平日だから仕事の人は多いことか。

大宮から新幹線で一気に新潟方面へ抜けて岩原Ω大カーブまでやってきた。
時間的にも余裕がありすぎ。着いて1時間以上も暇だった。あとから2名やってきた他は誰も来ず、自分を含めて計3名で撮影。

2014/6/27 越後中里~岩原スキー場前 EF64 1032+205系鎌倉車8B[クラH9編成] 配9793レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/500秒 焦点距離:38mm 絞り:F5.6 ISO感度:200 撮影時刻:11:06

バリ順っぽく見えるかもしれないが薄雲を噛んでいる。ISO=200だがここで100で撮影していたらちょっと暗すぎた。
この時間にスジが設定されていると鉄道移動組としては非常に有り難く、岩原スキー場前12:00過ぎの上りで撤収できる。
ダラダラと普電で上っていくと倉賀野で千葉方面へ向かうタンカーにEF65 2121が充当されている事を確認。たまにはこうした不通の列車を撮影してみたいことで魔が差し、千葉方面を経由。
編成もそこそこなので晴れれば西船橋で降りて沿線のポイントへ出向く予定だったが曇っている。しかも、時折パラパラと雨が降ってくるので駅撮りにした。
普電の205系も最近になってLED行先方向器を装備した編成も出てきた。そうと分かると従来の幕式が貴重に感じてきてしまう。無論、かねてよりこの路線へ足繁く通っているのでそれ相応に記録しているのだが。

2014/6/27 船橋法典 205系京葉車8B[ケヨM28編成] 1523E
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/350秒 焦点距離:110mm 絞り:F4.8 ISO感度:800 撮影時刻:16:36


2014/6/27 船橋法典 205系京葉車8B[ケヨM21編成] 1579E
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/350秒 焦点距離:145mm 絞り:F5 ISO感度:640 撮影時刻:17:00

後になってアングルをちょっと変えて望遠気味で撮影。もうちょっと左右の余白を削ってもよかったか。
駅ということで私用のついでに撮影する方が多いのかそこそこの集客。計7名で本番を迎えた。

2014/6/27 船橋法典 EF65 2121+タキ14B 8876レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/350秒 焦点距離:145mm 絞り:F5 ISO感度:640 撮影時刻:17:16

バルブを除き駅撮りをしたのはいつ以来か。
西船橋経由で帰宅。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
21日は休み。この日は午前3時に起床。自転車で山手貨物線を走るEF66 0番台の貨物を撮影するためにこの10分後には家を出た。
自宅から目的の場所まで自転車で片道1時間。中原街道で五反田方面へ出るルートを取ったが途中の洗足池手前の坂道が非常に辛かった。(下りこんだ最低地点に交差点があるのだが、その信号に引っかかってしまうと余力を使えないため再加速することになるから特に)

通過30分前に到着。自転車移動ではおそらく今までの中で一番の遠出。このまま都道に沿って渋谷方面へ行けば例の「シブエビ陸橋」もすぐ。ここならば20B全てが収まりそうだが。
日が昇り始め山電の始発が動き出すが山貨側には列車は来ない。従って練習電はない。いきなり本番。

2014/6 21 五反田~目黒 EF66 52+コキ20B 4083レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/125 焦点距離:165mm 絞り:F5 ISO感度:640 撮影時刻:5:00

密かな念願だった山貨のEF66キタ!
かつて、この時間の山貨は数多くの貨物がラッシュのごとく行き来していたが今や日の長い季節でも撮影できる列車はこれのみ。踵を返すように来た道を戻る。この頃には周囲はすっかり明るくなっていた。
途中、街道沿いのファミレスで朝食とし帰宅。
朝8時には自宅に戻り、以降は非鉄となった。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
6/14は日光へ。個人的なことだがこの近辺に来るのは小学校の修学旅行以来。13年ぶりか。その当時は横浜から集約臨で向かった。ちなみに165系。
今回は北千住から東武の快速で向かった。登山ブームの最中、車内はハイキングへ向かうと思われる乗客でかなり混み合っていた。都心から電車1本。しかも特急料金不要の快速列車なので当たり前と言えばその通りだが。

下今市で下車し定番の北原通路踏切へ。到着が遅かった分ローアンで屈ませてもらう以外場所が無くこのアングルに。
遠くから声を掛けられ誰かと振り返ればNさんだった。こんな所でお会いする事になろうとは。。(声を掛けてもらいながらあまりお話できず申し訳ないです。)

2014/6/14 今市~日光 DD51 888+キハ48形小牛田車『びゅーコースター風っこ』2B+DD51 897 「風っこ日光」1号 9801レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:65mm 絞り:F4.8 ISO感度:160 撮影時刻:11:51

通り雨に見舞われながらも通過時には晴れてくれた。ただ、時間的にも正午前となれば太陽が高く上り過ぎ。側面もこれでは日の回りが薄い。
これ以降はここで撮影すると更に日の回りが悪くなる。下野大沢~文挟であれば順光だが、前日のうちにGoogle mapで撮影場所の広さを確認してみたところキャパが狭いので断念。
移動して到着する頃には通過まで30分前後の時間しか見込めないので脚立でもなければ後ろから高さで抜く事は不可能だろう。何せこの場所でこれだけ集まっているところを見ると尚もそう思う。

そうした判断からここに通過まで2時間居続ける。205系普電を撮影しながら時間を潰す。ちょうど湘南色と日光線専用色の2パターンを撮影できた。

2014/6/14 日光~今市 205系小山車4B[ヤマY6編成] 842M
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:122mm 絞り:F4.8 ISO感度:160 撮影時刻:12:07


2014/6/14 日光~今市 205系小山車4B[ヤマY5編成] 844M
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/500秒 焦点距離:116mm 絞り:F4.8 ISO感度:200 撮影時刻:13:10

205系4Bの長さはDD51×2B(前後)+風っこ2Bと同じ。と、言うわけでピントを微調整した以外はアングルを殆ど変えずそのまま撮影。

2014/6/14 今市~日光 DD51 897+キハ48形小牛田車『びゅーコースター風っこ』2B+DD51 888 「風っこ日光」2号 9802レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/500秒 焦点距離:116mm 絞り:F4.8 ISO感度:250 撮影時刻:13:58

この頃になると太陽は雲の中へ。晴れても逆光なわけだが・・・(汗)。
これでこの日の撮影は終了。と、最寄の東武鉄道上今市へ向かう道の途中でこんな物体を発見。

(撮影データ省略)

かつて緩急車として全国区で見られたヨ8000形の廃車体。民家の物置代わりにされていたのだが、物置にするのであれば普通はワムが通例。ヨは珍しい。
こんな所で油を売っていたら東武日光方面へ向かう下り列車にギリギリになってしまった。東武日光へ下っても結局東京方面へ向かう上り列車はこの折り返しとなるのでちょうどいい時間つぶし。

せっかくなので一旦駅を出てJRの日光駅を訪れてみた。
まずは駅舎全景。正確には改札口のみとも言えるところだが。

(撮影データ省略)

正面から・・・。

(撮影データ)

駅係員に尋ねたところ2階の貴賓室も一般公開しているというので見学。路線や駅の歴史とそれに伴う資料が展示されていたができるだけ自然なアングルで撮影してみた。
なんだかドラマのセットのような造り。



(撮影データ)

あれこれ見て回ったところでちょうど上り列車の発車に近づいてきたので東武日光へ戻り区間快速で帰宅。撮影した列車はJR関連でありながら移動手段は全て私鉄という流れの一日だった。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
6/10は新潟へ。8日同様、前泊ではなく自宅から直接ここ、東光寺へ。ただし、長岡までは新幹線移動。
ちょうど団臨扱いで運転される「トワイライトエクスプレス」と新津配給が同じ日に運転されたため移動に踏み切った。
ちなみに、「カシオペア」が青森に帰ってくる9日、青森の天気は曇り。前日まで降水確率は70%となっていながら当日になって30%に下がった。予めこうなると分かっていれば移動したかもしれないがわざわざ雨が降る事が確実といえる確立の中、距離移動する気が起こらず津軽線内での撮影は叶わなかった。
梅雨時だけに予報はころころ変わり宛にならない。

東光寺から徒歩圏内の直線区間に機材をセット。115系普電をやりすごしてすぐに本番となった。まずは「トワイライトエクスプレス」。

2014/6/10 東光寺~帯織 EF81 44+24系宮原車10B 9008レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:70mm 絞り:F4.8 ISO感度:125 撮影時刻:9:09

時間的に面までは日が回らないが廃止確定と公示された列車を1人ゆっくりと撮影できた。こうしたムードで撮影できるのもあとどれくらいなのだろうか。
すぐ反対側から見慣れたライトが見え、単なるEH200かと思いきやこれだった。

2014/6/10 帯織~東光寺 EF510-502+コキ16B 4095レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:44mm 絞り:F4.8 ISO感度:100 撮影時刻:9:16

田端から転属した通称“青510”キタ!手持ちだがこのアングルで撮れば順光。この502号機は東日本時代に撮影している。
続いて上り方面に2082レが接近。こちらはEH200牽引。3月の改正前に来ればEF81だったが。

2014/6/10 東光寺~帯織 EH200-11+コキ16B 2082レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:65mm 絞り:F4.8 ISO感度:125 撮影時刻:9:25

「トワイライト」の時間に合わせ撮影者は離れた場所に1名やってきた他、自分の立ち位置には全く撮影者が来ないので機材ごと一旦線路側へポジションを移す。
目的はこれ。

2014/6/10 帯織~東光寺 485系新潟車6B[ニイT13編成] 特急「北越」2号 1052M
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:165mm 絞り:F5 ISO感度:100 撮影時刻:9:40

国鉄色ではないがT編成の「北越」2号。
ちなみに、新潟車の中で国鉄色を纏っていたK2編成が廃車された関係で新潟車の国鉄色編成はK1・T18の2本。確率的に撮影できるチャンスが減った。

再び先ほどのポジションに戻り撮影開始。下り方面へ向かう510貨物がやってきたので振り返って撮影。今度はノーマルな0番台。

2014/6/10 帯織~東光寺 EF510-10+コキ18B 4093レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:46mm 絞り:F4.8 ISO感度:125 撮影時刻:9:47

そして新津配給の時間がやってきた。今回はH012編成。H015編成まで新津で製造する予定と聞いているので当初の予定では残り3本がこの形態で配給されるわけか。

2014/6/10 東光寺~帯織 EF64 1032+E233系鎌倉車8B[クラH012編成] 配9772レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:70mm 絞り:F4.8 ISO感度:125 撮影時刻:10:00

田んぼの中を行く横浜線仕様E233系。ここで一度撮影したかっただけに満足。ただ、この画像では目立っていないが画像右端、農家の方なのか通行人が被っている(汗)。
線路に平行している道は農道なのでこちらから忠告する事はできず半ば諦めていたが、撮ってみると思っていたほど目立たず。2L版プリントすればトリミングで切り落とされる位置だし。

新津配給の続行で現れた怪しい単機。何かの送り込みだろうか。。。と、帰宅してから調べてみた所、前日に直江津方面へチキ工臨が運転されていたためその返却らしい。

2014/6/10 東光寺~帯織 EF64 1051 単****レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:65mm 絞り:F4.8 ISO感度:125 撮影時刻:10:10

そして帰り際に撮影した本日2本目の青510。この503号機もかつて東日本時代でも撮影していた。

2014/6/10 東光寺~帯織 EF510-503+コキ20B 4070レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:65mm 絞り:F4.8 ISO感度:125 撮影時刻:10:40

2時間ほど滞在したがここはこの季節、午前中はバリ順にはならないらしい。
「カシオペアクルーズ」が帰ってくるので大宮経由で移動。この時点でこの列車の正確なスジを知らなかったため大宮~宇都宮間は新幹線移動した。
その新幹線移動の甲斐あってか、たまたま運転されていた北海道からのタキ回送と通称“黒磯訓練”に間に合ってしまった。

2014/6/10 蒲須坂~氏家 EF65 2093+タキ25B 9710レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/500秒 焦点距離:44mm 絞り:F4.8 ISO感度:160 撮影時刻:14:30


2014/6/10 蒲須坂~氏家 EF81 80+24系尾久車6B 試9502レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:58mm 絞り:F4.8 ISO感度:200 撮影時刻:14:46

1時間ほどのんびりと過ごし「カシオペアクルーズ」の時間。

2014/6/10 蒲須坂~氏家 EF81 81+E26系尾久車12B 「カシオペアトレインクルーズ」 9012レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:55mm 絞り:F4.8 ISO感度:250 撮影時刻:15:52

区間で矢板~蒲須坂の定番は有名所だけに激パだったそうだがここはがら空き。終始ゆっくり撮影できた。
ピーカンではないがやんわりとした淡い光線が注ぎ自然な仕上がりになってくれてなにより。

乗換無しの湘南新宿ラインで横浜まで出て帰宅。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
前記事で概括だけ伝えているが7日~10日にかけての北海道遠征計画は大雨で白紙に戻したため4連休となったうち8日は進路転換して関西へ向かった。目的は大阪から米原経由で琵琶湖を一周する「サロンカーなにわ」の団臨。
「サロンカーなにわ」を撮影するのはこの時以来となる。これは広島DCで週1回の割合で呉線へ多客臨として入線したもの。

7日に明けで帰宅し計画を立て、8日は始発・・・ではない。新幹線の時間に合わせて家を出たので6:00頃に出発。
「ひかり」で米原まで行き、1駅隣の坂田で下車。駅前の陸橋から見下ろすアングルで撮影。
当初の予定では長浜方へ向かうと見つかる定番の直線で撮影する予定だったところを変更。と、言うのも理由は晴れてきたからである。

まずはSL「北びわこ」。ちょうどこれと運転日が重なったので北陸本線内で撮影することを決めた。このSLを蹴って「なにわ」1本に絞り光線を重視する人たちは能登川近辺に集結していたらしいが。

2014/6/8 米原~坂田 C56 160+12系宮原車5B SL「北びわこ」 9241レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:50mm 絞り:F4.8 ISO感度:200 撮影時刻:10:13

本来ならばこのアングルのまま待つ予定だったが、先客として待機していた方と時刻表を見ているとどうもこの地点で上り普電と被る恐れがある。そう思うと気になり始め反対側に移動した。
こちらでは逆光になってしまうが、ここまで来て被られるのはちょっと痛手。更にこじ付け背景の家並みも考えてこちらにした。
アングル調整中にちょうどいい被写体が。

2014/6/8 米原~坂田 EF65 1132 単****レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:48mm 絞り:F4.8 ISO感度:200 撮影時刻:10:41

先に撮影したSL「北びわこ」を引き上げ回送するための電機送り込み。形式こそ違うがパン抜きの参考にさせてもらう。
更に前走で「しらさぎ」。

2014/6/8 米原~坂田 681系金沢車8B 特急「しらさぎ」5号 5M
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:48mm 絞り:F4.8 ISO感度:200 撮影時刻:10:58

今回、「なにわ」は7Bでフル編成。ちょうどカマ込みで8Bなのでこれもちょうどいい。そのアングルを保ちつつ本番。

2014/6/8 米原~坂田 EF81 108+14系『サロンカーなにわ』宮原車7B 9125レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:50mm 絞り:F4.8 ISO感度:250 撮影時刻:11:10

現地で知り合った人の話では一旦山科で乗り換えて小野へ向かえば比良山系バックのワニオノでも撮影可能だという。当初の予定では復路を名神クロスで撮影予定だった所だが、湖西線内で撮影できるのならば嬉しい話。
坂田から小野までは琵琶湖が無ければ直線距離で相当近い。車があれば考えなくも無い琵琶湖横断ルートだが今回は自分と現地で知り合った2名は電車移動ということで同行をお願いしてしまった。

この日は大阪行き「トワイライトエクスプレス」も2時間近く遅れていた。このままの遅れを持ったままで上ってくると敦賀で「なにわ」のスジに乗りそう。移動する車中、当初は予定していなかった木ノ本で「なにわ」が停車していると聞いていたのでその推測は当たっていた。
一時は「なにわ」の牽引機が壊れたのでないかという話も聞こえたがそうではなかったようで何より。

小野から3人でやや急ぎ目に撮影地を目指す。ここ、ワニオノは結構有名撮影地だが訪れるのは今回が2度目。一度目はこの時。青春18切符で日本海側から神戸方面まで列島縦断したときである。
当然、今回が2度目であるため「日本海」「きたぐに」といった長距離夜行を順光で撮影できたことはない。

到着して10分後、「トワイライトエクスプレス」がやってきた。

2014/6/8 和邇~小野 EF81 1130+24系宮原車10B 寝台特急「トワイライトエクスプレス」 8002レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/500秒 焦点距離:55mm 絞り:F4.8 ISO感度:200 撮影時刻:13:40

1スパン奥で切っていれば問題無かったが普電と裏被りしてしまった。湖西線は北陸本線に比べて列車本数が多い分、こうした被りの確立は高い。
次に本来の目的である「なにわ」。

2014/6/8 和邇~小野 EF81 108+14系『サロンカーなにわ』宮原車7B 回9516レ
本体:Nikon D80 シャッター速度:1/750秒 焦点距離:58mm 絞り:F4.8 ISO感度:250 撮影時刻:14:08

非常にゆっくりとした速度でやってきたので軽く撮影会状態。秒間3コマのD80でも所定の切り位置でレリーズを押してから3コマもファインダーに収まった。

これでこの日の撮影は終了。日帰りの関西遠征は幕を閉じた。
京都から「ひかり」で帰宅。日曜日夕方ということもあって車内はやや混み合っていた。窓側の席が取れたからよかったものの指定席に投じることも考えるほどの混雑率だった。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。