優勝は予想通り照ノ富士が7度目で締めた。

決定戦さえならなかった。

昨年まで平幕優勝が続いていたが、それらは横綱らが休場している場所が多かった。

そんな場所は地位から考えれば大関陣が締めて然るべきだが、なかなかそうはいかないのが現実だ。

今場所の大関陣の姿が全てであった。

 

今急がなければならないのは次の横綱である。

勿論強い大関が先であるが、その先に横綱がある。

 

今の若手の中から1~2年位で大関そして横綱へとかけ上がる力士が早く出てきてほしい。

そういう意味では先場所優勝の若隆景が一番手であろう。

今年残り3場所、7月、9月、11月あるので順調にいけば可能と思う。

 

昔は4横綱や4大関時代などは常であった。

つい数年前は白鵬、日馬富士、鶴竜、そして琴欧州、稀勢の里、琴奨菊、豪栄道などもいた。

横綱はモンゴル出身者が締め日本人横綱は72代稀勢の里が10年振りに誕生したが短命に終わった。

 

今は過渡期と思うが、やはり日本人力士が中心となって強くならなければ発展は将来性はないと思う。

 

幸い、コロナ禍は減少傾向にあり、協会も巡業や出稽古なども検討中と聞く。

あらゆる手段を講じて欲しい!!

 

 

ついに今日は千秋楽。

3敗で照ノ富と隆の勝が並んだ。4敗は大栄翔と佐田の海。

照ノ富士は御嶽海と対戦だが九分九厘有利と思う。

隆の勝は佐田の海と対戦だが五分。

出来れば3敗同士の決定戦を見たい。

がやはり照ノ富士が有利が有利だろう。

さて、今場所も大関陣が不調で既に正代と御嶽海が負け越し。

そして貴景勝は今日の千秋楽に正代と対戦し勝てば勝ち越しとなる。

 

なかなか若手の成長が遅い。

期待した若隆景は二桁に届かないが何とか来場所に繋げそうだ。

その他の豊昇龍、琴ノ若、霧馬山、王鵬、若元春、一山本などが

切磋琢磨中だが今年残り3場所、誰が抜け出すか?

 

コロナ禍で2年余り、厳しい相撲界だがそろそろ巡業も解禁になりそうだ。そして出稽古も解禁になればこれら若手らは一気に強くなるだろう!

期待したい!!

ところで、元大関朝乃山の謹慎が明ける。

いよいよ7月場所から出場解禁となり、三段目から再出場となる。

怪我ではないので心さえ強くもてば1年ほどで幕内復帰となりそうだ。

現大関陣に期待が持てない中、大いに期待する!

負け越しの危機が迫る大関陣、先ずは正代と御嶽海戦。

正代が勝つと予想したが御嶽海の勝ちで何とか勝ち越しの期待を残した。

正代は先場所の再現ならず負け越しが決定。

来場所はカド番だが優勝する気で奮起して欲しい!!

 

単独で優勝争いをする隆の勝は意識し出して硬くなり立ち合いに失敗して若隆景に負け。

 

その隆の勝の援護をしたい同部屋の貴景勝は照ノ富士によく健闘したが負け。

6勝7敗となり今日、御嶽海と対戦するが負けた方が負け越しとなる厳しい組み合わせとなった。

 

3敗を守って優勝戦線のトップに並んだ照ノ富士はさすがに横綱だ。

苦しい体調の中、遂に千秋楽結びの一番まで優勝決定を持ち越させた。

 

さすがである!!

 

35歳佐田の海にも大きな期待!!

 

後2日間、全力士が熱戦を!!