ボスケッタ [白金台] | 東京+α美食☆探検記
2008年06月01日(日)

ボスケッタ [白金台]

テーマ:白金・高輪 Shirokane

Boschetta

Boschetta

ボスケッタ


住所:東京都都港区白金台5-13-9
電話:03-5798-2442
営業時間:11:30-14:00(L.O)/18:00-21:30(L.O)
[土・日・祝]18:00-21:00(L.O)
定休日:不定休(6月は毎週月曜)


ランキング
ナイフとフォークレストラン・飲食店ランキングは↓↓↓こちら↓↓↓



三軒茶屋「グッチーナ」、麻布十番「リストランテ・キオラ 」で

シェフをされていた鵜野秀樹氏がこちらでシェフをしていると

聞いて行きたかったお店。


CASTELLO DEL TERRICCIOワインワイン会に参加ラブラブ

セラーマスター兼白ワインのエノロジストのジョヴァンニ・パッソーニ氏や

輸出担当の綺麗な女性も来日。

帰りに一緒に写真も撮ってもらいましたチョキ

Boschetta

Castello del Terriccio

カステロ・デル・テリッチョ

南トスカーナ地方の沿岸地区で有名なマレンマに1700haの土地を所有。

歴史は中世にまで遡ることができる。

質を追求するワイン造りを始めたのは1980年代以降のこと。

1993年にリリースしたルピカイアが、ガンベロ・ソッソ誌でいきなり、

最高評価であるトレ・ビッキエリを受賞したことを初めとして、

その後数々の賞を受賞した。


Boschetta

アミューズ

モルタデッラのサラダ仕立てのクロスティーニ


Boschetta

Blanc de Blancs Grand Cru NV / Pertois Moriset

ブラン・ド・ブラン グラン・レゼルヴ / ペルトワ・モリゼ


生産地:フランス>シャンパーニュ地方>コート・デ・ブラン地区>メニル・シュール・オジェ村

生産者:Pertois Moriset ペルトワ・モリゼ(レコルタン・マニピュラン)

葡萄品種:シャルドネ100%

ヴィンテージ:NV

所有畑:18ha
平均樹齢:30歳
植樹密度:7500本/ha


メモメモ

Pertois Moriset ペルトワ・モリゼ

1951年にクラマン出身のイヴ・ペルトワ氏と、メニル出身のジャナン・モリゼ女史が結婚することにより設立。

イヴ氏は1994年に引退し、1953年生まれの息子、ドミニク氏に引き継がれた。


Boschetta

プロシュートコットのパンナコッタ マスクメロンのソース

味わいはまさに生ハムハム&メロンメロンそのもの。

ちょっとびっくりしちゃいました!!


Boschetta
もちもちのパンポンデケージョ


Boschetta

バルサミコで煮こんだ穴子のテッリーネ

カポナータを詰めた花ズッキーニの蒸し物

一番好みラブラブだったお料理。

お皿も涼しげで綺麗キラキラ


Boschetta

Con Vento 2006 / Castello del Terriccio

コン・ヴェント / カステロ・デル・テリッチョ


生産地:イタリア>トスカーナ州

ヴィノ・ダ・ターヴォラ・ビアンコ

生産者:Castello del Terriccio カステロ・デル・テリッチョ

葡萄品種:ソーヴィニヨン・ブラン100%

畑:標高50mの南から南西向き斜面。石灰石の混ざった粘土土壌。

  温暖な地中海(ティレニア海)からの気候が、

  ぶどうの育成期間を通して全体的に広がり、

  ぶどうの育成に最適な気候環境を創り出す。

  全て手摘みで収穫され、畑で厳しくぶどうの房を選定している。

植樹密度:5,500本/ha

仕立て:ギョイヨ

収穫:手摘み 収穫期は8/26~9月まで

醗酵:除梗後、ぶどうの真を維持するため、易しく丁寧にプレス。

    温度調整されたステンレス・タンクにて16℃で醗酵

熟成:アルコール醗酵後、シュール・リーの状態で頻繁にバトナージュを行いながら6週間熟成。

その後、6ヶ月間ステンレス・タンク内で熟成。乳酸醗酵は行われない。

瓶詰め:2007年5月に瓶詰め

アルコール:13%

総酸度:5.60度

生産量:2006年 26,000本

エノロジスト:ジョヴァンニ・パッソーニ

価格:4,500円



Boschetta

地鶏のラグー・トマトソースのキターラ ペコリーノトスカーナ風味

キターラの食感大好き恋の矢


Boschetta

断面の四角い伝統的な手打ちパスタを作る、キターラという道具を

説明してくれる鵜野シェフ。


Boschetta

Capannino 2004 / Castello del Terriccio

カッパニーニョ / カステロ・デル・テリッチョ


生産地:イタリア>トスカーナ州

I.G.T:トスカーナ ロッソ

生産者:Castello del Terriccio カステロ・デル・テリッチョ

葡萄品種:サンジョヴェーゼ100%

畑:標高100mの南から南西向き斜面。1988年に植樹。

  温暖な地中海(ティレニア海)からの気候が、

  ぶどうの育成期間を通して全体的に広がり、

  ぶどうの育成に最適な気候環境を創り出す。

  全て手摘みで収穫され、畑で厳しくぶどうの房を選定している。

植樹密度:5,500本/ha

仕立て:コルドン

収穫:手摘み 収穫期は9/16~9/27まで

果実中糖分:250g/L

醗酵:ステンレス・タンクにて30℃で16日間

熟成:ステンレス・タンクにて6ヶ月熟成

アルコール:13度

総酸度:5.50度

生産量:2004年 60,000本

エノロジスト:カルロ・フェリーニ

価格:3,300円



Boschetta

仏産キノコとフォアグラのラヴィオリ・春トリュフ添え

Boschetta

Tassinaia 2003 / Castello del Terriccio

タッシナイア / カステロ・デル・テリッチョ


生産地:イタリア>トスカーナ州

I.G.T:トスカーナ ロッソ

生産者:Castello del Terriccio カステロ・デル・テリッチョ

葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニョン 1/3 メルロー 1/3 サンジョヴェーゼ・グロッソ 1/3


畑:標高100mの南から南西向き斜面。石灰石の混ざった粘土土壌。

  1986年に植樹。

  温暖な地中海(ティレニア海)からの気候が、

  ぶどうの育成期間を通して全体的に広がり、

  ぶどうの育成に最適な気候環境を創り出す。

  全て手摘みで収穫され、畑で厳しくぶどうの房を選定している。

植樹密度:5,500本/ha

仕立て:コルドン

収穫:手摘み

    2003年-メルロ=9/9~、カベルネ・ソーヴィニヨン=9/15~

    サンジョヴェーゼ=9/18~

醗酵:除梗の後、ぶどうの真を維持するため、易しく丁寧にクラッシュ。

    温度調整されたステンレス・タンクで30℃で(メルロ18日間、カベルネ・ソーヴィニョン16日間、サンジョヴェーゼ15日間)醗酵。

    アルコール発酵後、澱引きをして、小樽に入れられ、週に約1回の割合でバトナージュを行う。

    澱引きはシーズンが変わるたびに行われる。

熟成:新樽とフランス産旧樽で14ヶ月熟成。

瓶詰め:フィルタレーションを行わず、瓶詰め。

アルコール:2003年 14%

総酸度:2003年 5.20度

生産量:2003年 100,000本

エノロジスト:カルロ・フェリーニ

価格:7,800円



メモメモ

タッシナイア

「砂利の土壌」という名前。

畑の成分がトスカーナ特有の石ころの多いガレストロ。


Boschetta

山形牛のタリアータと2種のアスパラのソテー添え赤ワインソース

ちょうどいい脂加減の牛肉うしでワインワインがさらに進むよラブラブ!


Boschetta

Lupicaia 2003 / Castello del Terriccio
ルピカイア / カステロ・デル・テリッチョ


生産地:イタリア>トスカーナ州

I.G.T:トスカーナ ロッソ

生産者:Castello del Terriccio カステロ・デル・テリッチョ

葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニョン85% メルロー10% プチ・ヴェルド5%


畑:標高80mの南から南西向き斜面。石灰石の混ざった粘土土壌。

  1988年に植樹。このカンティーナで最高のテロワール。

  温暖な地中海(ティレニア海)からの気候が、

  ぶどうの育成期間を通して全体的に広がり、

  ぶどうの育成に最適な気候環境を創り出す。

  全て手摘みで収穫され、畑で厳しくぶどうの房を選定している。

初ヴィンテージ:1993年

植樹密度:5,500本/ha

仕立て:コルドン

収穫:手摘み

    2003年-メルロ=9/2~、カベルネ・ソーヴィニヨン=9/18~

醗酵:除梗の後、ぶどうの真を維持するため、易しく丁寧にクラッシュ。

    31-32℃で、メルロ18日間、カベルネ・ソーヴィニョン21日間、

    温度調整されたステンレス・タンクでアルコール醗酵。

    アルコール発酵後、引き続き約1ヶ月間乳酸醗酵。

    その後、澱引きをして、小樽に入れられ、週に約1回の割合でバトナージュを行う。

    澱引きはシーズンが変わるたびに行われる。

熟成:フランス・アリエ産、トロンセ産の新樽で18ヶ月。

瓶詰め:フィルタレーションを行わず、瓶詰め。

アルコール:2003年 14%

総酸度:2003年 5.10度

生産量:2003年 28,000本

エノロジスト:カルロ・フェリーニ

価格:21,000円


メモメモ

ルピカイア

「狼のいる棲みか」と名づけられている。

ローマ時代に狼がいたと言われておる5.1haの小さな畑で、1989年にカベルネ・ソーヴィニヨン(90%)、メルロ(10%)が植えられた。ワインの香りの中にも特徴として現れているユーカリに囲まれた畑で小石と砂の土壌。


カメラ写真なし 撮る前にお持ち帰りされてしまったあせる


Castello del Terriccio 2005

カステロ・デル・テリッチョ


生産地:イタリア>トスカーナ州

I.G.T:トスカーナ ロッソ

生産者:Castello del Terriccio カステロ・デル・テリッチョ

葡萄品種:シラー50% プチ・ヴェルド25% ムールヴェートル25%

初出荷:2000年


今回予定になかったにも関わらず、少しだけ頂きました。

ルピカイヤに比べて、エレガントで丸みを帯びたものを造りたかったらしい。


メモメモ

Castello del Terriccio カステロ・デル・テリッチョ

カンティーナと同名である"カステロ・デル・テリッチョ"は、

最後にカンティーナのポートフォリオに加わった。

シラーとムールヴェートルは、ロッシ氏が南フランス海岸線沿いで出会ったとても有名な栽培家から、接木を譲り受け、1998年に持ち帰ったもの。

Boschetta

沖縄のパッションフルーツのセミフレード
さっぱりとした酸味でさわやか音譜

Boschetta

どれにしようかな音譜と悩んじゃうべーっだ!



初めてのルピカイアでした。

もっと行く前にワイン勉強していけばよかったかなー。

ワインもグラスが少なくなったら、すぐ追加してくれるという太っ腹DASH!

おかげでナイフとフォークお料理もワインワインも美味しく頂いちゃいました音譜


また、普通のときに行ってみたいな。


でも、やっぱりそのあとも飲みに行っちゃたけどあせる



Boschetta

Nuits St Georges 1er Cru Clos des Porrets St Georges 1988 / Henri Gouge

ニュイ・サン・ジョルジュ クロ・デ・ポレ・サン・ジョルジュ / アンリ・グージュ

生産地:フランス>ブルゴーニュ地方>コート・ド・ニュイ地区>ニュイ・サン・ジョルジュ>クロ・デ・ポレ・サン・ジョルジュ(モノポール)

生産者:Henri Gouge アンリ・グージュ

葡萄品種:Pinot Noir100%

ヴィンテージ:1988年


メモメモ

Henri Gouge アンリ・グージュ

創始者アンリ氏はブルゴーニュのドメーヌワインの立役者。

20世紀初期、ネゴシアンによって名前を偽ったブルゴーニュワインが出回っていたのを危惧して1929年、ブルゴーニュワインの品質を守る組織を結成し、この地でもっとも早く自家元詰を実現した。

瓶詰機がない時代のこと、一樽ごとに手で瓶に流し込み、

1本ずつ手でコルク栓をした。

アンリ氏への地元のヴィニュロンたちの信頼は絶対的なものであり、

ニュイ・サンジョルジュの組合長から始まり、

1946年にはコート・ドールの組合長に就任。




YUMOさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス