”商品としての 命” | 東京わんにゃん保護っ子日記 都会の真中の小さなシェルターで暮らす家族になりたいシッポたち

東京わんにゃん保護っ子日記 都会の真中の小さなシェルターで暮らす家族になりたいシッポたち

東京で保健所や虐待現場などからレスキューされ、新しい家族を待っている保護っ子犬&猫たちの様子を発信しています。
ペットを家族に迎えようと考えてらっしゃる方は、是非覗いていらして下さい。
ご縁があれば嬉しいです

買う人がいる限り
繁殖屋もいなくなりません。

こんな奇形の子が生まれてしまう背景は
繁殖屋(パピーミル)による無理な大量繁殖です。

命を
商品するか、しないか、

それは消費者が決める事が出来るんです。