供血と動物福祉 | 東京わんにゃん保護っ子日記 都会の真中の小さなシェルターで暮らす家族になりたいシッポたち

東京わんにゃん保護っ子日記 都会の真中の小さなシェルターで暮らす家族になりたいシッポたち

東京で保健所や虐待現場などからレスキューされ、新しい家族を待っている保護っ子犬&猫たちの様子を発信しています。
ペットを家族に迎えようと考えてらっしゃる方は、是非覗いていらして下さい。
ご縁があれば嬉しいです


この活動を始めて間がない頃、


先輩ボランティアさんが、

「いつもTNRなどでお世話になっている病院に、時々レバーを差し入れているんだ」

という話を聞いて、

その時に私は初めて動物病院で飼われている

沢山の動物たちの意味を知りました。

もう10年以上前の事です。


いつも忙しくて

必死に患者さんを助けようとする病院ほど、

供血動物として

動物病院で飼われている犬猫たちの動物福祉が

置き去りにされる、というのは残念な事です。


これを知った当時、

生涯を温かなリビングで過ごしたり、

飼い主さんと

一緒のベッドで甘えることのないであろう、

その子達が不憫でなりませんでした。


最近は都心部ではさすがに

「供血」

のためだけに飼育されている動物は減って来て、

患者さん(=私たち)の飼い犬猫や保護犬、

保護猫に供血支援の要請が入る事が増えてきました。


すると

今度は供血という行為其の物に対する、

獣医師さんの考え方が、個人差がとても大きくて、

取り分け、供血してくれる動物たちへの

福祉の意識に違いがある実体にも気付きました。

同時にその供血を下さる動物たちの

飼い主さん、保護主さんは、

どのくらい自分の飼い犬猫たちの健康(供血を一度提供した後、

また次に協力するまで、どのくらいの期間を空ける必要があるのか?など)

を自覚して行なっているのだろうか...?

実はかなり曖昧なのではないか?

と感じるようになっていた昨今でした。



そこに登場した、このニュースです‼️


なんと!

人工血液😳

あるんですね、こういうものが💧


びっくりしました。

でも、既に臨床段階に来ており、

欧米では先行して

医療現場を支える技術のひとつとなっているとのこと。

この技術は本当に画期的だと思います。



誰にも負担をかけずに

他者の命も救っていく。

守っていく。


どの子も同じ命です。


この技術が、

ひとりっ子で飼育されている純血種の小型犬と、

お山で保護された大きめの雑種の子

どちらの命の尊厳も、

彼らの動物福祉も

同等に扱ってもらえる助けになるなら、

素晴らしいことではないでしょうか。


https://www.oxycarrier.com





☆☆下記の保護っ子たちの新しい家族を募集しています。☆☆


是非ご検討下さい‼️



チャコ♀  と ラテ♂  年齢3ヶ月






お散歩とっても上手なチャーリー君  4歳半くらい

身体は19kgと大きめですが、落ち着いていて、穏やかな良い子です。




黒犬のマナちゃん。運動神経バツグン。

1歳を過ぎてお姉ちゃんになっても、まだまだお転婆娘です。本当は甘えんぼさんです。