命の授業 | 東京わんにゃん保護っ子日記 都会の真中の小さなシェルターで暮らす家族になりたいシッポたち

東京わんにゃん保護っ子日記 都会の真中の小さなシェルターで暮らす家族になりたいシッポたち

東京で保健所や虐待現場などからレスキューされ、新しい家族を待っている保護っ子犬&猫たちの様子を発信しています。
ペットを家族に迎えようと考えてらっしゃる方は、是非覗いていらして下さい。
ご縁があれば嬉しいです

今日は都内の小学校での「命の授業」でした。




提携して活動させて頂いている災害救助犬の団体 #レスキュードッグ東京 さんと共に、葛飾区の小学校を訪問して、道徳の特別授業の一環として、殺処分される子達のお話を担当させて頂きました。



何が1番伝わるだろう...

悩みに悩んだ結果、結局、実際の保健所に引き出しに行った時の経験や、一緒にデモ犬として参加した大地のレスキューの時の経緯など、出来るだけ実際に自分がこの目で見て、聞いて、体験した事をお話させて頂き、間で動画「ある犬のおはなし」も見て頂き、最後は災害救助犬たちのデモ。


50分という短い時間の中に、ギュッと命の尊さを伝えるエッセンスが詰め込まれた、レスキュードッグ東京と東京わんにゃんシェルター&アダプション  のコラボ☺️


子供たちにうまく伝わっていると良いな。



自分的にはまだまだ至らない事が多くて65点くらい。


でも、子供たちとその保護者の皆さんに教育の現場から啓発していく事は念願の活動だったので本当に嬉しい。

そして野犬出身の保護っ子たちはとても頑張りました🐶



大地、ウォレス、マスオさん、

そして、先輩セラピードッグと災害救助犬たち

穂風、ライラ、ココア、クリーム、天使。

そして、そのハンドラーの皆さん、

みんな本当に素晴らしかった。

ご苦労さま☺️✨✨✨






沢山の子供達と先生が見守る中、初めて来た体育館で、しっかり集中して素晴らしいオビディエンスのデモをやり抜いてくれたね。



君たちを本当に誇りに思うよ。

更に更に...
一緒にトレーニングやハンドラーを務めてくれるボランティアの仲間たち、いつもありがとう‼️
そしてもちろん...
機会を下さった全ての関係者の皆さんに心から感謝です。



弱肉強食ではなく、
搾取でも競争でもなく
子供たちが大人になる過程の中で、命の重さを自然に自覚して弱者を強者が護る事が当たり前の世界になって欲しいと心から思います。


これからも、

ますます保護犬たちのトレーニング、頑張って行こう!

勇気をもらった1日でした。