コミットするって意味を、そもそも論として考察してみた!! | キンジの自分軸哲学

キンジの自分軸哲学

~自分軸を掘り下げて、リアリティに、付加価値にデザインする為のブログ~

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

〜にコミットするとか、

〜を達成する事を宣言するって事自体を、

コミットするとは言いますね。

 

 

 

まぁ、

要は、

 

「結果にコミットする。」からこそ、

 

その目標に向けて、体現化して行ったり、

その目標に向けて、歩みを進めて行けるもんではありますが・・・・・・、

そもそもとして、

 

一番確実な、信頼性が存在するコミットとは、

その目標でもあり、結果を達成した直後に、

コミットする事では無いでしょうか・・・・・・・??

 

 

 

要するに、

 

事後報告ってものが、

一番、信頼性が存在する、

コミットの仕方とは言えますが・・・・・・・、

 

これじゃあ、なんだか、

本末転倒でもありますね・・・・・・・(苦笑)。

 

 

 

だからこそ、

そもそもとして、

 

コミットってものをするに当たって、

どのようなスタンスでコミットするのが、

果たして、

 

正解になる、

コミットの仕方には、なって行くのでしょうか・・・・・・??

 

 

 

これまた、そもそもとして、

 

コミットするって事自体が、

ある意味、

 

リスクだけが存在している代物でもあり・・・・・・・、

 

本当の意味での、

自分自身が望んでいる事柄だけを、

コミットしたいって思うのも、

これまた、

 

人情ではあるでしょうし・・・・・・、

またまた、

そもそもとして・・・・・・・、

 

「何事も、やってみなければ自分事としては解らない。」

って問題も、存在している事でしょう。

 

 

 

まぁ、だけど、

 

自分自身の経験則に存在している事柄って言うのは、

勿論、

 

ある程度の、

成功する為の道筋でもあり、

 

またある程度の、

成功する見込みも、立つものと、

よく言われるものではあるのでしょうが・・・・・・・、

 

その論理ってものは、

結局は、

 

自分自身の、モチベーション管理ってものを、

案外、度外視した論理になっているって事も、

 

意外と、スコトーマ(盲点)になりガチな問題なのかも知れません・・・・・・・。

 

 

 

要するに、

 

人間、全く同じ事の繰り返しってものを、

続けて行けるものじゃあ無いって事を、

言っているのですが・・・・・・、

 

これにも、

 

事細かに言えば、

 

その行動でもあり、選択においての、

バランス配分のようなものが存在していまして・・・・・・・、

 

人間、全く同じ事を、繰り返して続けて行けるものじゃあありませんが、

だからと言っても、

 

全く違う事ばかりを、繰り返すって事自体にも、

リスクがより多く、かかってしまいガチだと言う事なのです・・・・・・・!!

 

 

 

即ち、

 

自分自身が、新鮮味を感じる違いってものに、

熟知する必要性があるとも言えるだろうし、

 

自分自身が、全くの新しい事柄の中にも、

応用・流用出来うる事柄を、

バランス良く踏まえていけうるか??

って問題にもなってくるものなのでしょうね。

 

 

 

そのバランス配分に熟知してこそ、

 

「事前にコミットする。」って事自体に、

 

ただ単に、

リスクがかかるだけじゃあ無くて、

 

ある種の、

天才性を発揮する事が、可能になるってもんでもあるのです・・・・・・・!!

 

 

 

まぁ、要は、

 

「自分自身が、諦めずに、行動を推し進めて行けるか??」

って問題に尽きるとは思うのですが・・・・・・、

その為には、

 

環境問題や、人の助け等、

あらゆる、外部の影響ってものが、

関わってくるものなのでしょうが・・・・・・・、

 

そのベースとなり、

一番の頼みとするところは、

結局は、

 

自分自身の行動でもあり、

細かいバランス配分と言う意味での、

企画力とはなってくるものなのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

要するに、

 

大枠的な行動ってものは、

結局は、

 

踏まえて行かなければならないような、

枠組みってものは、

勿論、

 

どんな目標を達成する為にも、

必須にはなってくるものなのでしょうが・・・・・・・、

如何せん、

 

そのような、一見、

外部からみて、客観的にみて、

肝に感じるような部分ってものは、

実は、

 

その当事者からすれば、

「どうでも良い。」部分である事も、

 

世の中には多々存在している事でしょうし、

 

大抵の、そのような、

外部からみて、客観的にみて、

肝に感じるような部分ってものは、

大概が、

 

構造でもあり、環境によって、

そもそも、

 

「そうそう忘れてしまわないだろう。」事柄に、

当てはまっているもんでもあるのです。

 

 

 

だからこそ、

 

その当事者としての、肝の部分ってものが、

より、大切にはなるでしょうし、

そもそもとして、

 

それは、

あなた個人としての、肝の部分って事にもなってくるだろうし、

それだけ突き詰めてしまうからこそ、

 

ある種の、

天才性となって行く代物でもあるって事なのです。

 

 

 

まぁ、

 

上記で、天才性・天才性とは言いましたが、

結局は、

 

天才性とは、

人に同じ理解を伝え難い事とも言えまして・・・・・・・、

 

そのロジックでもあり、

論理自体を、共有する事は出来ないけれども、

何故か、

 

その本人は達成出来うるって事ではあるのでしょうが。

 

 

 

まぁ、

 

先生としては、先生失格なのでしょうね・・・・・・(笑)。

 

 

 

けれども、

 

その天才性があれば、

人の奇をてらった、コミット自体がしやすくもあり、

 

そのコミットの達成率を持って、

人から信頼されやすくはなって行くのでしょうが。

 

 

 

まぁ、だからこそ、

 

天才性にすべきだろうし、

天才性としていきたいものではあるのでしょうが・・・・・(笑)。

 

 

 

その為には、

結局は、

 

試行錯誤の、

失敗経験を重ねる必要性があるのでしょうし、

 

その失敗経験を、

そもそもとして、

 

モチベート出来うるだけの、

リスクマネジメントってものも、

必須にはなってくるのでしょう・・・・・・・・。

 

 

 

それらを踏まえてこそ、

結局は、

 

コミットする事自体に、

価値ってものが、宿ってくるものでもありますが・・・・・・・、

まぁ、

 

コミットする事によって、

試行錯誤による、

失敗経験を積むって考え方も存在しているでしょうから、

尚更、

 

モチベーション管理の為の、

リスクマネジメントってものに、

徹底しながら、

 

小さな失敗を、数多く、

行動ベースとして、紡ぎ上げて行く事自体が、

大切にはなってくるのでしょうね・・・・・(^^)

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・・・。

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村