シュールの意味と使い方を知って、上手く表現しよう!! | キンジの自分軸哲学
新型コロナウイルスに関する情報について

キンジの自分軸哲学

~自分軸を掘り下げて、リアリティに、付加価値にデザインする為のブログ~

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

※この記事は、2018/1/13の記事のリライトとなっております。

 

 

シュールに表現すると言いますと、

物事に、安易な答えを出さない為には、

必須となってくる表現方法とも言いますし・・・・・・、

 

また、

 

何でもかんでも、安易に答えらしきものを、

具体化する事には、

何かと、執着が生まれるものではある事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

と言うのも、

 

世の中、出たとこ勝負をかける際(大抵の物事の、スタート地点とも言える。)には、

 

大抵の場合、

安易な答えを出す事や、

もしくは、

 

安易な答えだと、人から判断される場合において、

 

色々と、

 

本来なら、

背負わなくても良い責任を、背負わざるを得なくなる場面も、

多々存在している事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

勿論、

だからと言っても、

 

責任問題を、全て放棄する事自体が、

 

情報過多な現代においては、

無理ゲーな部類には、入ってくるものでしょうから・・・・・・、

 

何かしらの責任ってものを、

自覚的に背負う事自体が、

 

結果的には、

 

自分自身で責任を選ぶ事によって、

 

逆に、

 

無責任でいれる領域ってものを、

作り出す事にも、当てはまってくるものでしょうし、

 

そもそもとして、

 

自分自身の肉体自体、この世に一つだけのものでもありますから・・・・・・、

 

それを踏まえた上での、

 

責任の選択ってものを、

行動でもあり、アウトプットによって、

行うのが、望ましいものでもありますが・・・・・、

 

勿論、

それらを踏まえた上であれば、

 

言語化ってものが必要となるものでもあり、

その言語化と、行動と、自分自身の在り方によって、

 

責任を選択する事が、望ましいものとはなってくるものでしょう・・・・・・!!

 

 

 

・・・・・となると、

結局は、

 

シュールな表現方法とか、

シュールな解釈方法等に、

長けてくる必要性が出てくるってもんではある事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

要するに、

 

結果的、もしくは、

 

肉体的、在り方的に言えば、

 

全ての責任放棄なんて、

到底出来っこ無いものではありますから・・・・・、

 

それらを踏まえた上で、

 

責任を選択する、もしくは、

責任を放棄するって事が、

 

何よりも、

「自分自身の納得を得る。」為には、

必須となってくるのです・・・・・・・!!

 

 

 

勿論、

 

「自分自身の納得を得る。」為には、

 

人との関係性をも考慮して、

責任問題に取り掛かっていく事は、

言うまでも無い事ではあるのでしょうが・・・・・・・、

 

意外にも、

 

人からの納得を得る事自体は、

容易く済んだ時に限って・・・・・・・、

 

自分自身の納得を得る敷居が高いケースって言うのも、

 

世の中には存在しているって事でもありますし・・・・・・、

 

また逆に言えば、

 

人の納得って問題自体が結局は、

 

その人自身の問題でもありますから、

 

自分自身の納得を得る問題に、

フルコミットして、問題無しとも言えますし、

 

だからと言っても、

 

その、

自分自身の納得に、

同意を求めてはいけないってのもまた、

 

何かと、

 

この世の中の原理原則のような気がしてならない、

今日この頃ではありますね・・・・・・・(笑)。

 

 

 

まぁ、

 

自分自身が納得出来うれば、

万事OKではあるのですが・・・・・・・、

 

出来うれば、

 

そのプロセスにおいて、

人との関係性が出来上がっていけば、

これ幸いかなと。

 

 

 

って事が、

結局は、

 

構造的に見た、シュールな表現方法でもあり、

構造的に見た、シュールな解釈となるのだろうと、

僕自身は、思う次第ではありますが・・・・・・・、

 

だからこそ、

 

調和の関係性に落ち着く事自体は、

 

自分自身と人との間に、

違いってものは存在しないのでしょうが・・・・・・、

 

その意図でもあり、

納得の正解の形には、

勿論、

 

近い形ってものは、無数に存在していても、

大差でもあり、格差が存在していて、

当たり前なものでもありますから・・・・・・、

 

尚更、

 

そこの価値観の擦り合わせを、

討論する事自体が、

「終わりの無い戦争。」を行う事と、

同義でもありますから・・・・・・・、

 

そこにはお互いが、

 

世界観でもあり、ゲーム性を考慮する必要性があると同時に、

 

自分自身の納得を得る為の、

型でもあり、場ってものを保持していて、

 

一人前の大人とは、

言えてしまうものでしょうし・・・・・・、

 

それらを前提として、

 

コミュニケーションでもあり、人付き合いをしていくのもまた、

当たり前な感覚ではあるのでしょうね・・・・・・!!

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に、掘り下げておいた記事は下記から・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村