キンジの自分軸哲学

キンジの自分軸哲学

~自分軸を掘り下げて、リアリティに、付加価値にデザインする為のブログ~

あなたは『自分軸』を磨いていますか?



それは『他人軸』じゃないですか??




どうも金山徳允(カナヤマ トクノブ)ことキンジです(^^)




『成幸者』とは、


まず『自分』


それから『他人』


それから『社会』を、


幸せに、豊かにする人達です。





このブログでは、その考えにのっとって、


まず最初の、


『自分』を満たす為に、

『自分軸』にフォーカスを当てて行きます。


私キンジの、

『自分軸=すばらしいと思った価値観』に沿って、

気付いた事、腑に落ちた事を中心に、ロジカルに発信して行きます。


自己啓発的な内容、

スピリチュアル的な内容も、

『自分軸』に沿って、リアリティ臨場感を出して発信して行きます。


また、


私の考えをまとめて、

『オリジナル』なコンテンツとして行きます。


自分自身の実体験を伴った気付きを、

ロジカルに発信して、

その文脈=コンテキストに存在する、抽象度の高い概念を表現します。



そのような、

『自分軸』の大元になるようなものを研究しつつ、

このブログを通じて、

価値観が近い仲間、

私に共感してくれる仲間を集めて、

お互いシェアしつつ、人生を楽しく豊かにして行きます。





なぁなぁの付き合いじゃなく、腐れ縁でもなく、


『自分軸』に沿った同志になりませんか?





あなたの気軽なコメント、

共感メッセージ、

気付きを得たコメントをお待ちしてしています(^^)





 

 

どもども。

 

お尻の別の穴の自然的治療の為、

自宅療養中の、キンジです。

 

 

ずいぶん、治ってきているとは思うのですが・・・・・・、

如何せん、

液漏れ(塗り薬)が治るまでは、

激しい運動や、遠出が出来ない状態ではありますね・・・・・・・(^^;)

 

 

 

まぁ、

 

後一週間程見て、

 

盆過ぎくらいには、普通に、

外出等も、出来るようにはなるだろう・・・・・と、

個人的には思う次第ではありますが。

 

 

 

あ、さてさて、

 

個人的な体調の報告はこの辺で終わりにするとして、

 

早速、今回のお題目に、

進んで行きましょう・・・・・・・!!

 

 

 

鏡の法則ってものが、

存在していて、

ある意味、

 

人類みな、お互いさまなんだから、

同じ人間同志として、

 

人を鏡のように扱って、

自分自身の行動の、軌道修正したり、

もしくは、

 

同じように、

自分自身を鏡のように扱わせることによって、

人をある意味、

コントロールして行こうって企みもまた、

 

この世の中の、人間関係の構造的には、

多々、

存在しているものではあることでしょう・・・・・・!!

 

 

 

まぁ、

だからと言っても、

 

人をコントロールするってこと自体は、

ある種の、

 

その本人の、承認欲求や、制御欲求ってものが、

関わってくるものでもあり、

ただ単純に、

 

「人をコントロールする。」って言う、

言葉の響きだけを捉えて、

 

「けしからん奴だ。」とか、

「何様のつもり。」とか、

 

反射的に、拒絶するだけでも、能が無いとは、

言えてしまうものではあることでしょう・・・・・・・・。

 

 

 

要するに、

そのような、

所謂、

 

「綺麗事。」だけじゃあ、

 

自分自身の第一責任でもある、

 

自分自身の、人生の主導権でもあり、

方向性の舵取りってものを、

 

現実的に、行って行く事が、困難になってしまうって事ではありますね〜。

 

 

だからこそ、

 

「人をコントロールする。」前提でもある、

 

鏡の法則、即ち、

 

科学的に言えば、

脳のミラーニューロンの機能性を、活用して行く必要性ってものが、

ある意味、

 

誰しもに、必要不可欠とはなって行くものではあるのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

が、

だからこそ、

 

「人をコントロールする。」って事だけに、

意識のフォーカスを向ける事だけじゃあ、

全然、足らなくて、

 

「人をコントロールする。」その先の、

周り回って循環した上での、

 

「自分自身をコントロールする。」ってところに、

意識のフォーカスを向ける事が、

大切な要素となるでしょうし・・・・・・、

 

それくらいは、構造的に把握して、俯瞰した視点を持っておかないと、

そもそもとして、

 

人を、より良くコントロールしたつもりが、

周り回って、

 

自己嫌悪の元になってしまったり、

 

それが元で、

そもそもとして、

 

今までのやり方自体を、全否定してしまい、

逆に、

 

生き方自体に、自信を失う事により、

 

果てしない、

「自分探し。」と言う名の、

新しいものに飛びつくだけの悪習慣に、

身を蝕まれる可能性も、出てきてしまうって事でもあるのですよ・・・・・・(苦笑)。

 

 

 

 

まぁ、だからと言っても、

決して、

 

新しいもの好きだからと言っても、

その全てを否定する気は、無いのですが・・・・・・、

 

そのような人達の、

個人的見解としては、

 

話に統合性が、全く無いばかりか、

 

困ればすぐに、

新しいものに逃げる習性を持っているし、

それが鼻につくとも言えるものではある事でしょう・・・・・・・・!!

※あくまでも、個人的見解です。

 

 

 

 

まぁ、そう思ってしまう経験でもあり、

習性を持っている僕だからこそ、

 

逃げでは無く、攻めの姿勢での、

新しいチャレンジを、追求していきたいと、

思っている次第でもありますし、

 

その為には、

逆に、

 

今までのスタイルでもあり、やり方の方を、

掘り下げる事によって、

 

新しい切り口でもあり、新しい概念理解を得る事によって、

 

微差の変化を生み出す事による、

 

全体としての、

新鮮味ってものを、日々、

追求していきたいって思う次第ではありますね・・・・・・!!

 

 

 

要するに、

ハッキリと言ってしまえば、

ただ単に、

 

「初めて行う事。」として、

新しい経験を積むって事には、

勿論、

 

失敗経験とか、修羅場の経験の蓄積と言う意味では、

意味合いでもあり、意義が存在する事は、

 

ある意味、誰しもが、

自身の経験により、理解可能ではあるでしょうが・・・・・・・、

これもまた、誰しもが、

 

そのような経験ってものは、

避けれるに越した事は無いって事も、

理解出来うるでしょうし、

 

もっと言えば、

 

ハッキリと、目に観えた失敗でもあり、修羅場を回避出来たとしても、

 

そのようなものは、

必ずしも、何処かで、

遭遇してしまうものでもあり、

だからが故に、

 

そこにフォーカスを当てて、思い煩う事自体が逆に、

精神的エネルギーを、無駄に消費してしまう事にもなり、

 

全体像としての、経験の、

「自分がどれだけ出来たか??」と言う意味での、

精度としては、

 

自分自身の納得を得る事自体が、

難しくなりガチだと言う、

事実の事を、申している訳ではありますが・・・・・・・・。

 

 

 

 

まぁ、

 

上記の事は、結局は、

「自問自答。」でもあり、

 

僕自身のある意味、

 

妄想も混ざった上での、

世界観でもあり、ゲーム性の問題とはなってくるものではあるのでしょう・・・・・・・・・。

 

 

 

 

が、

だからこそ、

 

そこに、モチベーションが存在するし、

そこに、モチベーションの元を置くからこそ、

 

人生の主導権を握って、方向性の舵取りをすると言う、

セルフマネジメントが出来うるものでもあり、

また、

 

そのアウトプットの種類によって、

 

「どれだけのエネルギー負荷がかかってくるか??」って事も、

 

経験則により、

大体、無理が無いレベルってものも、

把握出来ているだろうから・・・・・・、

それによって、

 

大まかな、

エネルギー負荷の度合いによって、

日々の生活でもあり、仕事でもあり、趣味趣向の、

ルーティーンってものも、

セルフマネジメントして行く事が、

可能になるでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

まぁ、

 

そこは、毎回、完璧とは行かないものでしょうし・・・・・・(苦笑)、

及第点(7〜8割)程度、出来うれば、

上出来でしょうし、

 

後の3〜2割は、それこそ、

 

実験の割合でもありますし、

新しいチャレンジを、試す割合ではあるのでしょうし、

そこで、

 

応用性・流用性に優れた、

新たな切り口でもあり、概念理解が起れば、

それだけで、

 

生活全体に、新鮮味が出来上がり、

 

文字通り、

「自分自身の世界観が、一新される。」事には、

なってくるものなのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

 

・・・・・・っと言う風に、

 

ここまで各自で展開していってこそ、

鏡の法則ってものが、役に立つものとはなるのでしょうね。

 

 

 

だからこそ、

 

安易に表面だけを真似した風を装って、

鏡とかのたまうのは、

 

自分も人も同等に、

ゴミであり、愚鈍と、

「在り方。」的に宣言しているようなもんではありますね・・・・・・・(笑)。

 

 

 

 

まぁ、

 

それも笑えたら良いでしょうし、

決して、

 

その機能性が、無駄ばかりとは決めつけてしまいませんが・・・・・・(^^)

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

お尻のデキモノ(粉瘤)をとる為に、

緊急手術&緊急入院していた、

キンジです。

 

 

お陰様で、デキモノは取れたのですが・・・・・・、

なんやかんや、

お尻に、別の穴が開いた状態ではあります・・・・・・。

 

 

 

まぁ、

誰が聞きたいのかは、意味不明ではありますが・・・・・(苦笑)、

 

なんやかんや、

一週間程、

人生初体験の、

手術&入院を体験してまいりました

 

 

 

その感想としては、

 

「手術ってものは、自分から受けに行くものでは無い。」に、

尽きるとは思う次第ではありますし、

 

局部麻酔ではあった訳ではありますが・・・・・・・、

 

「麻酔やらなんやら、下手したら、麻酔で殺さねかねない。」とも、

個人的には思った訳ではありますが・・・・・・(笑)、

 

入院生活自体は、

 

前向きな思いで、すごす事が出来たなぁと、

今振り返って見て、思う次第ではありますね・・・・・・。

※ちなみに、コロナの検査も入院の為に受けて、陰性でした。

 

 

まぁ、

とは言いましても、まだ、

 

左側のお尻には、穴が開いている状態でもありまして、

後は、

 

自宅で薬を塗りつつも、

自然完治を目指す状態でもありまして、

完治=元の状態に戻るまでは、

もうちょい時間が必要な状態ではありますが・・・・・・、

これも下手をすると、

 

「なんで自分から手術なんて受けたんだろう・・・・・。」

って思うくらいには、

 

手術と治療自体には、

勿論、

 

マイナスを取り除くと言う意味での、

意味合いは感じていても

何かしらの、

 

プラスに繋がる意味合いってものを、

見出し難く感じているものでもあり・・・・・・・、

結局は、

 

そのプラスの要素を決定づけて行けるのは、

自分自身の、自発的な行動によって、

言語化が為されるものでもあり、

 

どちらかと言えば、

 

受け身に徹する事になる、

手術とか、治療そのものには、

あまり、

 

時間とお金を費やす意味合いってものを、

見出し難いと、

個人的には、思う次第ではありますね・・・・・・・。

 

 

 

まぁ、だからこそ、

 

緊急入院とか、緊急手術ってもの自体が、

人様には、迷惑がかかるものだとは、

頭では理解出来ても、

 

自分的には、

一番、しっくりくるものだと思うのです。

 

 

 

また、それでこそ、

大層に言えば、

 

人生でもあり、生活自体に、

何かしらの、目指す方向性となりうる、

プラスの意味合いの見出す事も可能となるだろうし、

またそれが、

 

例え、

 

ゲーム性のようなものに過ぎなかったとしても、

自分自身の感覚知的にも、確かに、

行動そのものが、プラスの要素に繋がって行くような・・・・・、

 

頭でっかちになるんじゃあ無くて、

行動=プラスとなりうる、

意味付けが、為されて行く代物でもあるって事なのでしょうね・・・・・・!!

 

 

 

そこから、今回のお題目に繋げて、

言える事って言うのは、

 

結局は、

 

勧善懲悪ってものは、

それだけ、

 

複合的な機能性が、絡み合ってくるだけに、

「安易に、他人軸の元によって、決定付けるものでは無い。」

って事でもあるのです・・・・・・・!!

 

 

 

要するに、

 

例え、客観的に見て、

どう見ても、勧善懲悪に見える物事であったとしても、

 

「それが、自分自身の正義と=か??」

 

って問題は、また、別問題だと言いたい訳でもありますし・・・・・・、

 

ある意味、

そこまで、

 

「自分自身を、過信しない。」って事でもありますし、

過信しないからこそ、

 

いきなり、

正義を語るのでは無く、

 

正義と言う、

誰しもを、巻き込みかねない問題意識であるからこそ、

0→1で、正義を語る。

 

 

 

要するに、

 

いきなり、100を押し付けるのでは無く、

 

0→1の積み重ねにおいて、

正義と言う、一塊りの全体像でもあり、

一塊りの条件ってものを、

明確化して行こうって算段であるって事なのですよ・・・・・・・!!

 

 

 

そのプロセスにおいて、

本当の意味での、

 

人との共有が為された、正義ってものが、

出来上がるものでもありまして、

 

正義って概念は、

決して、

 

ポジショントークによって、

出来上がるもんじゃあ無いって思う次第でもありますし、

結局は、

 

それぞれが、思い描いても良いものである反面、

 

それぞれの行動によって、

思い描く必要性があるものだと、

強く、思う次第ではありますね・・・・・・!!

 

 

 

まぁ、なんやかんやと、

より良いポジションにいる方の方が、

何かと、

 

実務でもあり、行動の選択肢が幅広くとれる為、

「正義」と認定されやすいって事は、

勿論、ありますが、

 

それでも言えるのは、

 

ポジションによって、

行動に制限がかかってしまうって事も、

世の中には、多々存在する事でしょうし・・・・・、

逆に言えば、

 

何かしら、具体的過ぎるポジションに、

ついている方の方が、

 

その正義を、他人から決めつけられ易いって事もまた、

世の中には、多々、存在する事ではあるのでしょう。

 

 

 

だからこそ、

ある意味、

 

自分自身で、その、

 

他人から貼られたレッテルでもあり、

ポジションってものを、

剥がしてしまう事も、

 

行動によって、実力を発揮する為には、

必要となるものでしょうし・・・・・・、

 

その実力ってものは、

結局は、

 

機能的な価値をベースとして、

 

上記であげた、

自分自身の正義の、

そのシチュエーション・シチュエーションに応じた、

カスタマイズでもあり、

 

行動としての、形付けってものが、

必要不可欠ではあるだろうし、

 

行動として、形付けるからこそ、

その正義に、力ってものが、

宿って行くものとは、なって行くのでしょうね・・・・・・・(^^)

 

 

 

またそれでこそ、

 

自分自身の勧善懲悪が、

行動によって完成する事を、意味しますが、

だからと言っても、

 

それは行動ベースであるだけに、

 

その後の関連性は出来上がって行っても、

その後の未来を、完全に、

決定付けるものでは無いって事自体もまた、

 

人として、

 

この世を、行動ベースでより良く生きて行く為にはまた、

都合が良いものとは、なり得るのでは無いでしょうか・・・・・・・??

 

 

 

要するに、

 

その正義は、自分自身で作り上げたものでもあり、

だからが故に、

 

ひっくり返すにも、

そのひっくり返すだけの、

 

自分自身を納得させるだけの対価が、

そこには必要となるものだろうし、

それを考慮すれば、

 

あまり、

無闇にひっくり返そうとは思わないだろうし・・・・・・(笑)、

逆に、

 

ひっくり返す為には、

 

それだけの「やりがい。」ってものも、

そこには不可欠になるものだって事なのです・・・・・・・!!

 

 

 

まぁ、結局は、

 

自問自答でもあり、一人相撲だと、

こじ付けてしまえば言える人もいるのでしょうが・・・・・・・(苦笑)、

 

それでも、

 

人を巻き込むものでもあり、

人を巻き込んだ上での、

 

その、因果応報を持って、

自分自身に、変化でもあり、進化を定着して行く循環とは、

なって行くものではあるのでしょうね・・・・・・(^^)

 

 

 

まぁ、

 

己を知って、納得を得る術を知るって事が、

全てではあるのでしょうが・・・・・・・、

 

行動ベースでもあり、

機能性を考慮しますと、

どう考えても、

 

人に何かしらを提供するって行為が、必須にもなってくるだろうから、

 

他人や世界が、存在していて当たり前だからこそ、

自分自身の責任に、フォーカスを集中させる習慣ってものが、

大切な要素ではあるのでしょうね・・・・・・(^^)

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

そもそもとして、

何かを決断するって事は、

行動を始める事でもあり、もしくは、

 

何かを諦める時にも、

 

決断ってものは、必要不可欠とはなるものでしょう・・・・・・・。

 

 

 

が、

何かを始めるに当たっても、

何かを諦めるにも当たっても、

 

我々は、何かと、

執着が付き纏ってくるものでもあり、

だからが故に、

 

行動を始めたにも関わらずにも、

また、別の方向性を、

模索してしまうもんでもあり、

 

何かを諦めると決めたにも関わらずにも、

不意に、その諦めた物事が、

頭によぎって、自分自身のフォーカスを、

奪ってしまう習性ってものも、

 

誰しもが、多い少ないかはともかくとして・・・・・・、

持ち合わせているもんではある事でしょう。

 

 

 

だからが故に、

 

ストーリーとして、

物事を組み立てて行く必要性があるとは言えますが・・・・・・、

だからが故に、

 

その執着=雑念ってものをコントロールする、

・・・・・・って言うよりかは、

 

その執着でもあり、雑念ってものを、

飼い慣らすとも言えるだろうし・・・・・・・・、

 

その執着でもあり、雑念ってものに、

飼い慣らされるとも言えるもんではありますね・・・・・・・(笑)。

 

 

 

要するに、

だからが故に、

 

決して、全くの0になる事が無い、

その執着でもあり、雑念ってものを、

 

自分自身が望む目標とまでは言いませんが、

 

自分自身が望む、方向性に向かって、

ストーリーテリングして行く事が、重要になるって事ではあるのです・・・・・・!!

 

 

 

即ち、

 

その執着でもあり、雑念ってもの自体も、

実は、

 

当たり前に、自分自身が望む方向性に向かって、

行動を推し進める、もしくは、

 

行動計画として、行動をする基準となりうる、

ゲーム性でもあり、システムとして行く上では、

必須の要素となりえるものでもあり、

だからが故に、

 

自分自身の天才性を発揮する、

もしくは、

 

自分自身の天才性を絞り出した上で、

 

自分ならではの行動を、

推し進めて行けるようになれるってもんだと、

言う事なのですよ・・・・・・!!

 

 

 

要するに、

 

別に、一人きりで、

行動を推し進める必要性なんて無くても、

結局は、

 

自分自身の、自発的なプランに沿って、

行動を推し進める事によって、

 

セルフエフィカシー(自己効力感)を、

遺憾なく発揮する事が、可能になってくるだろうし、

また結局は、

 

それによって、

行動による、機能的価値をベースとした上での、

ストーリー性でもあり、ゲーム性を、

紡ぎ上げる事が可能になるって事でもあるのです。

 

 

 

また、

それって言うのも・・・・・・・、

 

ストーリー性とか、ゲーム性ってものは、

勿論、

 

結果的には、出来上がるものではありますが・・・・・・、

 

それよりも大切でもあり、

力強い存在となり得るのは、

 

機能性でもあり、システム性であるとも言える事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

が、ここでもまた、

問題となってくるのは・・・・・・・、

 

外部の環境でもあり、機械でもあり、

道具を主体とした機能性ってものは、

結局は、

 

人にシェアしやすいものともなり、

勿論、

 

それ自体には価値ってものが存在していたとしても、

 

自分自身、独自の強みとか、

自分自身、独自のビジネスとするには、

 

いささか、頼りないものとはなるって事ではあるのです・・・・・・・。

 

 

 

 

要するに、

 

人にとって代られるのが、

当たり前なものでもあり、

 

人って言うよりも、

AIと自動化によって、とって代られるのもまた、

当たり前な機能的価値ではあるって事なのですよ・・・・・・。

 

 

 

だからが故に、

 

機能的価値とは言いますが・・・・・・・、

 

人としての、

自分自身の肉体を通した、機能的価値ってものが、

大事になるのです。

 

 

 

でも勿論、

そのような、

 

自分自身の肉体を通した、機能的価値とは言いますが・・・・・・、

何も、

 

「外部の機能性を、全て排除せよ。」

 

って事では無いのは、

 

勿論、理解可能な事ではある事でしょう。

 

 

 

外部の機能性を、自分でこそ、自分ならではで、組み合わせる、

もしくは、

 

最適化の為に、

外部の機能性を、選別して使うって事も、

考えられる事ではある事でしょう。

 

 

 

そのようにして、

 

自分自身の、肉体的な機能性を持ってして、

 

他の外部の機能性にも、

応用・流用出来うる形が、望ましいものではありますし、

 

その応用・流用を持ってして、

初めて、

 

自分自身、独自のストーリー性でもあり、

自分自身、独自のゲーム性でもあり、アート性ってものが、

出来上がるものだとは、言えてしまう事でしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

勿論、それは、

 

自分自身と同じく、

行動を共にしている人には、

ある程度の、理解の共有が為されるものではあるのでしょうが・・・・・・・・・、

だからと言っても、

 

全ての行動ってものを、

共有している人ってものは、

 

結局は、存在しない事にはなる事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

だからこそ、

 

その共有を図る為でもあり、

自分自身の、肉体を持っての、

機能性でもあり、システムってものを、

定着して行く為にも、

 

その応用・流用した履歴的なものを、

概念として、システムとして、

まとめて行く必要性もあるって事なのです。

 

 

 

勿論、

その詳細ってものは、

結局は、

 

自分自身にしか理解不可能なものなのかも知れませんが・・・・・、

だからと言っても、

 

その概念でもあり、システム自体には、

それが行動ベースであれば、

何かしら、

 

人に良い循環的機能的価値を、

もたらすものではある事でしょう。

 

 

・・・・・・っと、

僕自身は信じていますね・・・・・・・(笑)。

 

 

 

要するに、

結局は、

 

決断力ってもの自体は、

行動すれば済むものなのかもしれませんが、

だからと言っても、

 

その行動ってものは、

単発ばかりじゃあ無い事でしょうし、

むしろ、

 

ストーリー性でもあり、ゲーム性でもあり、

段取り的に、続いて行くような行動となってこそ、

 

決断に重みでもあり、意味合いってものが、

初めて、出てくるものではある事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

だからこそ、

 

自分自身の肉体的機能性を持ってして、

概念でもあり、システムってものを、

 

例え、単発的な行動だったとしても繋げる、

要するに、

 

応用・流用を模索して行くって事が、

大事な事にはなってくるのでしょう。

 

 

 

それが結果的には、

 

ストーリー性となり、ゲーム性となり、

アート性となって行くのでしょうから。

 

 

 

まぁ、

だからと言っても、

 

ゴール自体は、ボカしたままなのかも知れませんが、

少なくとも、

 

方向性が定まる事によって、

その応用・流用を持ってして、

ストーリー性でもあり、ゲーム性を繋げるつもりが、

結果的には、

 

より、幅広い選択肢を得て、

自分自身の展開力ってものが、

増して行く事にはなって行くのでしょうが・・・・・・・、

 

真のゴール自体は、見えないですが、

 

ゴールは結局は、

一つとなるものでしょうし、

 

全てが終わってからじゃあ無いと、

それがゴールとは言えないものでしょうから、

尚更、

 

「それでいい。」のではあるのでしょうね・・・・・・・(^^)

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・。

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

〜にコミットするとか、

〜を達成する事を宣言するって事自体を、

コミットするとは言いますね。

 

 

 

まぁ、

要は、

 

「結果にコミットする。」からこそ、

 

その目標に向けて、体現化して行ったり、

その目標に向けて、歩みを進めて行けるもんではありますが・・・・・・、

そもそもとして、

 

一番確実な、信頼性が存在するコミットとは、

その目標でもあり、結果を達成した直後に、

コミットする事では無いでしょうか・・・・・・・??

 

 

 

要するに、

 

事後報告ってものが、

一番、信頼性が存在する、

コミットの仕方とは言えますが・・・・・・・、

 

これじゃあ、なんだか、

本末転倒でもありますね・・・・・・・(苦笑)。

 

 

 

だからこそ、

そもそもとして、

 

コミットってものをするに当たって、

どのようなスタンスでコミットするのが、

果たして、

 

正解になる、

コミットの仕方には、なって行くのでしょうか・・・・・・??

 

 

 

これまた、そもそもとして、

 

コミットするって事自体が、

ある意味、

 

リスクだけが存在している代物でもあり・・・・・・・、

 

本当の意味での、

自分自身が望んでいる事柄だけを、

コミットしたいって思うのも、

これまた、

 

人情ではあるでしょうし・・・・・・、

またまた、

そもそもとして・・・・・・・、

 

「何事も、やってみなければ自分事としては解らない。」

って問題も、存在している事でしょう。

 

 

 

まぁ、だけど、

 

自分自身の経験則に存在している事柄って言うのは、

勿論、

 

ある程度の、

成功する為の道筋でもあり、

 

またある程度の、

成功する見込みも、立つものと、

よく言われるものではあるのでしょうが・・・・・・・、

 

その論理ってものは、

結局は、

 

自分自身の、モチベーション管理ってものを、

案外、度外視した論理になっているって事も、

 

意外と、スコトーマ(盲点)になりガチな問題なのかも知れません・・・・・・・。

 

 

 

要するに、

 

人間、全く同じ事の繰り返しってものを、

続けて行けるものじゃあ無いって事を、

言っているのですが・・・・・・、

 

これにも、

 

事細かに言えば、

 

その行動でもあり、選択においての、

バランス配分のようなものが存在していまして・・・・・・・、

 

人間、全く同じ事を、繰り返して続けて行けるものじゃあありませんが、

だからと言っても、

 

全く違う事ばかりを、繰り返すって事自体にも、

リスクがより多く、かかってしまいガチだと言う事なのです・・・・・・・!!

 

 

 

即ち、

 

自分自身が、新鮮味を感じる違いってものに、

熟知する必要性があるとも言えるだろうし、

 

自分自身が、全くの新しい事柄の中にも、

応用・流用出来うる事柄を、

バランス良く踏まえていけうるか??

って問題にもなってくるものなのでしょうね。

 

 

 

そのバランス配分に熟知してこそ、

 

「事前にコミットする。」って事自体に、

 

ただ単に、

リスクがかかるだけじゃあ無くて、

 

ある種の、

天才性を発揮する事が、可能になるってもんでもあるのです・・・・・・・!!

 

 

 

まぁ、要は、

 

「自分自身が、諦めずに、行動を推し進めて行けるか??」

って問題に尽きるとは思うのですが・・・・・・、

その為には、

 

環境問題や、人の助け等、

あらゆる、外部の影響ってものが、

関わってくるものなのでしょうが・・・・・・・、

 

そのベースとなり、

一番の頼みとするところは、

結局は、

 

自分自身の行動でもあり、

細かいバランス配分と言う意味での、

企画力とはなってくるものなのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

要するに、

 

大枠的な行動ってものは、

結局は、

 

踏まえて行かなければならないような、

枠組みってものは、

勿論、

 

どんな目標を達成する為にも、

必須にはなってくるものなのでしょうが・・・・・・・、

如何せん、

 

そのような、一見、

外部からみて、客観的にみて、

肝に感じるような部分ってものは、

実は、

 

その当事者からすれば、

「どうでも良い。」部分である事も、

 

世の中には多々存在している事でしょうし、

 

大抵の、そのような、

外部からみて、客観的にみて、

肝に感じるような部分ってものは、

大概が、

 

構造でもあり、環境によって、

そもそも、

 

「そうそう忘れてしまわないだろう。」事柄に、

当てはまっているもんでもあるのです。

 

 

 

だからこそ、

 

その当事者としての、肝の部分ってものが、

より、大切にはなるでしょうし、

そもそもとして、

 

それは、

あなた個人としての、肝の部分って事にもなってくるだろうし、

それだけ突き詰めてしまうからこそ、

 

ある種の、

天才性となって行く代物でもあるって事なのです。

 

 

 

まぁ、

 

上記で、天才性・天才性とは言いましたが、

結局は、

 

天才性とは、

人に同じ理解を伝え難い事とも言えまして・・・・・・・、

 

そのロジックでもあり、

論理自体を、共有する事は出来ないけれども、

何故か、

 

その本人は達成出来うるって事ではあるのでしょうが。

 

 

 

まぁ、

 

先生としては、先生失格なのでしょうね・・・・・・(笑)。

 

 

 

けれども、

 

その天才性があれば、

人の奇をてらった、コミット自体がしやすくもあり、

 

そのコミットの達成率を持って、

人から信頼されやすくはなって行くのでしょうが。

 

 

 

まぁ、だからこそ、

 

天才性にすべきだろうし、

天才性としていきたいものではあるのでしょうが・・・・・(笑)。

 

 

 

その為には、

結局は、

 

試行錯誤の、

失敗経験を重ねる必要性があるのでしょうし、

 

その失敗経験を、

そもそもとして、

 

モチベート出来うるだけの、

リスクマネジメントってものも、

必須にはなってくるのでしょう・・・・・・・・。

 

 

 

それらを踏まえてこそ、

結局は、

 

コミットする事自体に、

価値ってものが、宿ってくるものでもありますが・・・・・・・、

まぁ、

 

コミットする事によって、

試行錯誤による、

失敗経験を積むって考え方も存在しているでしょうから、

尚更、

 

モチベーション管理の為の、

リスクマネジメントってものに、

徹底しながら、

 

小さな失敗を、数多く、

行動ベースとして、紡ぎ上げて行く事自体が、

大切にはなってくるのでしょうね・・・・・(^^)

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・・・。

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

当たり前の事ではあるのですが・・・・・・、

何かを経験した上での情報ってものと、

ただの話のネタに過ぎない情報ってものには、

大差があってしかるべきものではあるのですが、

そもそもとして、

 

その情報に対する、情報弱者ばかりを、

集めた状態でもあり、

そのような場においては、

上記の判断ってものが、

 

凡人には出来ないものでもあり・・・・・・、

 

もっと言えば、

大衆化でもあり、

所謂、

「群れてしまう。」事により、

我々は、

 

その判断ってものが、一層、

つきづらくなってしまうものではありますね・・・・・・・(^^;)

 

 

 

だからといっても、

そのような判断ってものは、

 

声を大にして、叫べば叫ぶほど、

どんどん陳腐化して行く代物でもありますから・・・・・・・、

尚更、

 

その判断ってものは、

各々、

個人個人に任される傾向がある方が、

より、健全的な場であるとも言えますし、

だからこそ、

 

その全体的に、共有するべき情報ってものは、

あまり、

 

差し支えが無い情報が相応しくなるものでもあり、

もっと言えば、

 

「禁止事項の共有。」ってところに、

落ち着いてしまうのが、

 

世の中の、コミュニティの常とはなっている事でしょう。

 

 

勿論、

そのような、

 

「禁止事項の共有。」ってものは、

当たり前に、必要にはなってくるものなのでしょうが・・・・・・、

だからといっても、

その手段としては、

 

ただ単に、口酸っぱく、

 

「〜してはいけない。」

もしくは、

「〜はダメだ。」だけを連呼するだけじゃあ、

能が無いとは言えませんか・・・・・??

 

 

 

要するに、

 

自分自身が当たり前に、

その禁止事項を破らない在り方ってものを、

キチンと、

 

言動を持って、人々に示す必要性があるとも言えるだろうし、

だからこそ、

 

その為の、実務とか、ルーティーンってものが、

必須にはなってくるでしょう・・・・・・って事でもあるのです。

 

 

 

また、

だからが故に、

 

本当の意味での、

経験則に則った情報ってものに、

特秘性をもたらす事が可能になり、

それによって、

 

大衆とか、群れた状態での、

ハッキリ言って、

 

「ど〜でも良い人々。」として、対峙するのでは無く、

 

キチンと、

個人個人として、

人々を、そのコミュニティに貢献度合いによって、

選別する事も、可能になるでしょう・・・・・って事でもあるのですよ。

 

 

 

勿論、

その選別ってものは、

 

自分自身、個人の好き嫌いで選んではいけないものではあるのでしょうが・・・・・・・、

 

 

まぁ、

個人からの見解にはなりますので、

 

そこには、

個人の好き嫌いが、必ず反映されてしまうものだと言う事は、

 

予め、

断っておいた方が良いかも知れませんね・・・・・・(苦笑)。

 

 

 

ま、

そのような個人の見解ってものも、

結局は、

 

役割分担の個人個人の、

好き嫌いが入り乱れる事によって、

 

外から見れば、

決して、好き嫌いだけで選んでいる訳じゃあ無いと言う風な、

 

体裁も整える事が、可能にはなるものではある事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

要するに、

 

情報社会だからこそ、

 

ただ単に、

話のネタに過ぎない情報と、

経験則に則った情報の区別ってものを、

より、

 

個人個人が、行って行く必要性があるとも言えますし、

だからこそ、

 

ただ単に、

一括りの情報として見れば、

 

安易に、

無下に扱いがちな、

経験則に則った情報ってものを、

 

自分自身で、

護る配慮が必須だと言えますし、

 

それって言うのは、

結局は、

 

情報の受取り手にこそ、配慮が必要とも言えるのですが・・・・・・、

結局は、

 

発信側からこそ、配慮して行く事によって、

その配慮が省エネとなって行く事により、

 

「当たり前。」として、

大切な情報を保護する精神でもあり、

習慣が出来上がって行くものとも言えるのでしょうね。

 

 

 

 

また、だからこそ、

 

経験科学のスタイルってものが、

発信側に必要となって行くものでしょうし、

 

そのスタイルってものは、

勿論、

 

「大切な情報を、惜しげもなく公開せよ。」ってものじゃあ無いって事は、

まぁ、

 

「当たり前。」な事でしょうね・・・・・・(笑)。

 

 

 

その為にこそ、

 

ある種のゲーム性でもあり、

ある種のアート性ってものが、

必要となるものだろうし、

 

その為にこそ、

 

言葉の抽象度を高める必要性があるとも言えるだろうし、

 

言葉の応用・流用でもある、

語彙力ってものも、必要にはなってきますが・・・・・・、

 

どちらかと言えば、

 

語彙力って言うよりかは・・・・・・・、

 

抽象度を高めた表現に長ける、

もしくは、

 

概念として、簡略化して言語化するって事や、

 

例え話として、抽象化するって事もまた、

大事な表現方法とはなる事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

勿論、

 

例え話ってものにもまた、

 

その個人個人によって、

しっくりくる例えや、

しっくりこない例えってものが、

存在しているのでしょうが・・・・・・・、

 

だからと言っても、

 

自分自身にとって、

しっくりこない例えを使用する事には、

そもそもとして、

 

その人物が、その情報を提供する意味や、意義ってものが、

薄れて行ってしまうものでもあり・・・・・・、

だからが故に、

 

そのしっくり加減を追求する為にも、

ゲーム性やアート性ってものが必須にはなってくるものでもあり、

 

その為の、

インプットってものを、怠ってはいけないものでもあるのでしょうね。

 

 

 

まぁ、簡単に言えば、

 

「好きな事をする習慣。」とか、

「新しい事にチャレンジする習慣。」とも言えるのでしょうが、

 

特に、

 

「好きな事。」なら、

僕自身に言われるまでも無く、

続けているが故に、

「好き。」なのでしょうが・・・・・・・、

逆に、

 

「好きな事。」ってものが、

無い人って言うのは、特に、

 

「新しい事にチャレンジする習慣。」ってものに、

 

お金や時間を、

ある程度かけて行くマネジメントが、必須にはなってくるのでしょう。

 

 

 

それって言うのも、

結局は、

 

本当の意味での、

「上手く行った事。」ってものには、

 

それを蔑ろにしない為にも、

情報の保護が必要にはなるのが、

「当たり前。」だとしても、

そもそもとして、

 

「好きな事。」とか、

「新しいチャレンジ。」ってものは、

 

失敗自体が、客観的に見て、

「美味しい。」って事もありますし、

 

その、日々の小さな失敗ってものが、

結果的に、

 

その人の魅力となって行くのでしょうし、

勿論、

 

「大失敗。」ばかりを繰り返していると、

段々と、

 

痛々しいオーラを纏ってしまうかも知れませんし(笑)、

そもそもとして、

 

そんな行動は、習慣としては、

定着しないでしょうが、

 

リスクマネジメントした上での、

「小さな失敗。」ってものは、

 

繰り返せば繰り返す程、

その人自身の、味となって行くものだろうし、

 

その味を持って、

自分自身の、経験科学のスタイルとして行くって事が、

大事な事ではあるのでしょうね・・・・・・・(^^)

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

理想の人間関係や、

理想の人との関わり方って言うのを、

所謂、

 

概念化してしまったものって言うのが、

「相互依存。」と呼ばれるものではある事でしょう。

 

 

 

それって言うのも、

結局は、

 

人は何かにすがってしまいガチになる存在でもあり、

特に、

 

それが特定の個人であればあるほど、

依存してしまいガチでもあるって事なのです。

 

 

 

「依存の何が弊害になるか??」と問われれば、

 

他とはちょっと違った系統の、

新しいチャレンジをしていき辛いとも言えますし、

 

まぁ、

 

その依存している人って言うのが、

新しもの好きな人であれば、

上記の弊害が、弊害とはならないとも言える事も無いのでしょうが・・・・・・・、

 

その依存による行動と、

自分自身の、

「在りたい自分。」ってものに、

ズレが大きくなければ問題は無いのでしょうが、

 

そこにズレが生じて行く事によって、

段々と、我々は、

 

群れているはずなのに、

「孤独感」を抱えてしまうと言う風な、

 

一種の、

アイデンティティー欠如による、

ジレンマを抱えてしまいガチでもあるって事なのです・・・・・・・。

 

 

 

だからこそ、

 

依存する人が存在していても、

キチンと、

 

「個人からの見解を大切にする。」って試みを、

 

誰しもが、

自分自身で、自己責任として、

行って行く必要性もあるとは言えるのです。

 

 

 

まぁ、勿論、

その為には、

 

一種の、見た目からの孤立とか、

個人からの行動ってものが、

大切になるとは言えますが・・・・・・・・、

 

ここで注意も必要となるのは、

 

孤立とか、個人単位での、

弱点となるのは、

 

何よりも、

心の充実度ってものにはなってくるものではあるでしょう。

 

 

 

だからこそ、

ただ単に、

 

「面倒くさい。」ってだけで、

人との交流を回避するだけじゃあ、

 

心の充実度が低くなった隙に、

何かのセールスに、飛びついてしまいやすくなってしまうものでもあり・・・・・、

だからこそ、

 

一人からでも行えるような、

行動ベースにおいて、

自分軸と言う風な、

 

その行動そのものに、

「やりがい」とか、

「充実感」とか、「楽しさ」を伴うものが、

必要となってくるだろうし、

 

だからこそ、

 

孤立した場合においても、

その応用・流用において、

自分自身の、心のマネジメントを行う事が、

可能になって行くものだと言う事なのです。

 

 

 

また、

 

自己犠牲って概念ってものがあるのですが・・・・・・、

自己犠牲ってものは、

言わずとも知れた、

 

「自分自身を犠牲にする。」って概念でもあり、

 

所謂、

零戦の特攻イメージでもあるのですが・・・・・・、

 

何か、

大義の為に、

自分自身の命でさえも、犠牲とするのを、

省みない精神ではありますね・・・・・・??

 

 

 

 

これ自体は、確かに、

尊い精神ではありますが・・・・・・、

少なくとも、

 

その大義ってものは、

「自分自身で選んだ大義であるか??」って事が、

重要な要素にもなってくるだろうし、

 

その大義ってものを、

「自分自身で、掘り下げて言語化しているか??」って事もまた、

とても大切な要素とは、なってくるものなのでしょう・・・・・・!!

 

 

 

要するに、

 

大義ってものは、

自分の為からで構わないものでもあるでしょうし、

 

要は、

「自分だけで終わらさない。」って事が、大事になるでしょうし、

 

だからが故に、

 

自己犠牲とは、なっていかない代物となり得るものでもあるのです・・・・・・!!

 

 

 

だけど、

勿論、

 

最初の段階において、

自分の為で、個人から初めて行くと、

それは大義たり得ないものにはなって行くものではある事でしょう。

 

 

 

だからが故に、

 

キチンと、大義たり得るまで、

抽象度レベルを高めて行く試みが必要となり、

 

その言動を持って、

応用・流用の試みにおいて、

人の為、社会の為、世界の為となして行くって事が、

大切とはなりますが・・・・・・・、

 

社会はともかくとしても、

 

世界ってものは、

個人の主観から見れば、

「思い込み。」によって出来上がっている、

ある種の、

 

脳が描いて行く幻想でもありますから・・・・・・、

尚更、

 

物事の意味付けを、自分自身で、自分自身の表現で定義してみたり、

自分自身の、物事をみて行くフィルターってものを、

自分軸の言動を持ってして、

自分にとって、都合の良い解釈にして行く試みってものも、

大切な要素となり、

勿論、

 

それそのまんまでは、

個人からだけの見解に過ぎないものでしょうから・・・・・、

 

三密ではありませんが、

ある種の、

 

自分軸の棲み分けでもあり、封印ってものもまた、

必要不可欠なものには、なって行くものではある事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

要するに、

 

自分の為に、

自分軸として、

 

人の為、

 

むしろ、社会や世界のために、

棲み分けでもあり、封印を行うって事ではあります。

 

 

 

何故ならば、

自分軸ってものは、

結局は、

 

「思い込み。」の押し付け合いの世界観でもありますから・・・・・・、

 

そこだけでやりとりをすれば、

それは、決して、

 

分かりやすく戦い合わないとしても、

その本質的には、戦いでもあり、

戦争であるだろうって見解でもあるからなのです・・・・・。

 

 

 

だからこそ、

 

その自分軸の、

言動の抽象度レベルを高める試みを、

止めてはいけないとも言えるのでしょうし、

 

自分軸を持っていないって認識している人にも、

ある種の注意が必要であるとも言えるのです。

 

 

 

何故ならば、

 

自分軸って概念自体が、

もう既に、

 

ある種の普遍性に近いような、

応用・流用性を持っているとも言えますし、

 

ある人から見れば、

自称無い人の中にも、

 

当たり前に、自分軸が見えるとも言えますし・・・・・・・、

 

まぁ、結局は、

 

言動を持って、体現して行くものでもあるのですから、

 

誰しもの、

「今こここの瞬間から。」創造して行く事が出来得るものとも言えるのでしょうが、

 

だからこそ、

 

その体現してきた履歴って言うよりは・・・・・・・、

体現してきた過去ってものが、

 

例え、

「今こここの瞬間から。」、

よ〜いドンで始めたとしても、

既に、

 

アドバンテージが出来上がっているものだとも、

定義出来てしまえるのです・・・・・・!!

 

 

 

まぁ、

結局は、

 

どんどんになって行くとも言えるだろうし、

どんどん、省エネになって行くとも言えるのでしょうし、

 

依存でもあり、犠牲から始めたとしても、

 

自分の為からでもあり、

自分軸からとして、

再スタートすれば良いとも言えますし、

 

それは、

いつから初めても、決して遅くは無いでしょうし、

 

その試み自体が、

相互依存の為とはなって行くものなのでしょう。

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は下記から・・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

 

かの、

アップル社を創業した、

スティーブジョブスの名言に、

「点と点が必ず繋がって、線となる。」と言う風な、

名言がありますね。

 

 

これは、

所謂、

 

スティーブジョブス氏が、

文字のデザインに、学生時代興味を持って、のめりこんで勉強していたって事が、

 

別に狙った訳でも無く、

 

その後の、

macの開発に、自然と繋がりが出来、役に立った、

もしくは、

 

自然と、macの中核を担う存在となって行ったと・・・・・・、

 

かいつまんで説明してみれば、

そう言う事にはなりますが、

 

これを、

僕自身の知識と経験則に沿って、考察してみたのが、

今回のお題目ではありますね。

 

 

 

要するに、

 

知識や経験ってものは、

 

勿論、

 

同じ分野でもあり、

同じ専門性の中であれば、

そこに、繋がりが存在している事自体、

当たり前な事ではありますし・・・・・・、

 

逆に、言えば、

 

そのような知識や経験ってものは、

あまり、

 

その分野でもあり、専門性の枠組みから出てしまえば、

他に流用・応用出来得る代物では無いって事が、

 

現実には、多々存在する事でしょう・・・・・・・・。

 

 

 

だからが故に、

 

もっと、応用性・流用性があるような事柄の、

知識や経験ってものを、

ある意味、

 

誰しもが求めてやまない側面もありつつも・・・・・、

 

これも逆に言えば、

 

同じような事柄に、飽き飽きしている人に取っては、

 

新しい知識や経験ってものを、

求めてやまない側面もありつつも・・・・・・・、

 

中々に、悩ましい問題ではあるって事なのです。

 

 

 

また、もっと言えば、

 

応用性・流用性を超えた、

普遍性ってものを、

何かと、

 

我々は求めてしまう側面もありますが・・・・・・、

 

その普遍性ってものは、

結局は、

 

個人個人のフィルターを通した、

主観的な世界観の上での普遍性であるとも言えますし・・・・・、

 

だからこそ、

 

ある人にとって、普遍性が存在しているかの如く見えているものが、

また別のある人にとっては、

その例外となる項目が、目についてくるものでもありますから・・・・・・・、

 

あまり、

 

普遍的とか本質的な事柄って言うのは、

概念としては表現しても、

 

具体的な項目に、落とし込むべきものではなかろうって算段でもあるのです。

 

 

 

要するに、

 

応用性・流用性を求める事自体は、

 

自分自身の成長を感じたり、

そこにある種のゲーム性を見出したりして、

 

自分自身の行動そのものの、モチベーションとはしていけるであろうし、

追求すれば良い代物ではありますが・・・・・・、

 

それは決して、

 

万能なものと定義するには、いささか、

気が早いものでもありますし、

 

結局は、

 

万能なものとして、思考停止する、

もしくは、

 

万能なものとして、試行錯誤の追求を止める事自体が、

 

それそのものの、

 

行動に付随する、モチベーションを、

削いでしまう側面も、

無きにしも非ずだと言う事なのです。

 

 

 

まぁ、だからと言っても、

 

便宜的に、暫定的に、

 

「一旦、答えとする。」

 

って企み自体を、頭から否定する訳じゃあありませんし、

 

要するに、

 

「一旦、答えとする。」と事によって、

 

その分野でもあり、

その専門性に関する追求の手を緩めてしまう事で、

 

それ以外の分野でもあり、

それ以外の専門性に、

 

新たに挑戦していける、スペースが出来上がるとは言いますが・・・・・・、

 

ただ単に、スペースが存在しているだけでは、

逆に、

 

また1からのスタートを切る事と同義にもなり、

 

新たな習慣としてのチャレンジとしては、

リスク管理の難易度が、高まってしまう側面も、

存在するって事なのです・・・・・・。

 

 

 

だからこそ、

 

「一旦、答えとした。」項目を、

 

応用・流用出来得る分野でもあり、

 

応用・流用出来得る専門性にこそ、

 

ある意味、

 

1からでは無く、0からスタートを切るって事が、

何かと、

 

行動そのものの、モチベーション管理としては、

最適でもあり、

 

ただ単に、

 

本当の意味での、点に過ぎない経験を、

無駄に積み重ねるよりかは、

幾らかでも、

 

点と点が繋がって、線となりうるチャレンジを、

紡ぎ上げていけるのでは無いのでしょうか・・・・・・・??

 

 

 

要するに、

そこには、勿論、

 

何かしらの利点が、存在していた方が、

 

何かと、初めて行う為には、

相応しいものではありますが・・・・・・・、

実は、

 

一見、何の利点も見出し難いような事柄でもあり、

尚且つ、

 

「なんか知らんけど楽しい。」とか、

 

「謎の充実感が存在する。」事柄の方が、

実は、

 

個人の見解からみれば、

 

万能性とまでは言いませんが、

 

応用・流用の幅が、広くとれてしまう側面も、

決して、否定でき得る事ではありません・・・・・・・!!

 

 

 

要するに、

 

知識や経験=点は、

感情=楽しさや充実感で繋がり、

線=自分軸となるって事なのです。

 

 

 

まぁ、だからと言っても、

 

その感情自体には、注意も必要となるでしょうし、

 

飽きや倦怠感と言ったような感情で繋がって、

線となってしまうのは、

 

決して、自分軸とは定義しない方が、

身の為でしょうし・・・・・・、

 

その為にも、

 

「一旦、答えとする。」って事も、

必要にはなってくるものでしょうし、

 

そう言った場合においては、

 

自分自身が素直に、

行動自体を楽しめる事や、充実出来得る事柄を、

 

決して、

 

新しいものに求めるんじゃあ無くて、

自分自身の過去の経験を掘り下げる事によって、

再確認する、

もしくは、

 

過去の経験を噛み砕く事によって、

抽出するって企みが、必須にもなってくるものでしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

まぁ、それの媒介として、

新しい事にチャレンジするって言うのが、

 

我々、大人には、

必要にもなってくるだろうし、

 

「自分探し。」をするのでは無く、

「自分の掘り下げ。」を追求する事を、

推奨する次第でもありまして、

 

それが結果的には、

 

これまでの、知識と経験自体を、

無駄とするんじゃあ無く、

活用しながらも、

 

日々の変化を活用して、

自分の失敗と成功を、両方噛み締めて、

 

自分自身の、納得を得ながらも、

周りを過度に振り回す事無く、

人生を謳歌して行く術とは、なって行くものではあるのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は下記から・・・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

昨今のコロナによる自粛により、

大人も子供も含めて、

より一層、

 

独学ってものが、大事になる時代にはなってきましたね。

 

 

まぁ、

 

それが良いか悪いかは、

とりあえず、横においておいたとしても、

 

何かと、

 

独学ってものは、大切な要素ではあります。

 

 

 

何故ならば、

 

子供は学校で習えば良いとしても・・・・・、

 

我々、大人にとっては、

独学する以外に、

 

基本的な、

読み書きってもののレベルを、高めて行く手段が無いとも言えますし、

 

独学する事によって、

 

文章でもあり、言語の、

抽象度レベルを、高めて行く事が、

可能になってくるものでもある事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

また、

そう言うのも、

 

我々大人にとっては、

その文章でもあり、言語化の抽象度レベルってものが、

 

そのまんま、

 

意識のレベルとも、リンクしてくるものでもあるでしょうし・・・・・・、

意識のレベル=マインドセットのレベルとも言えるだろうし、

意識のレベル=自分自身の世界観とも言えるだろうし、

 

また、

 

意識のレベル=どのような関係性を持って、

人々と接するか??って事にも、

当てはまってくるのでしょうね。

 

 

 

それって言うのも、

結局は、

 

人間関係ってものが、何かと、

 

人生の幸福度に関係してくる、

 

誰しもにとっての、

大きな課題ではあるでしょうし・・・・・・、

 

まぁ、だからと言っても、

 

「誰とでも仲良くしよう。」とは、

小学生の子供には言っても、

 

我々、大人にとっては、それは、

 

目指すべき在り方では無いとは、

想う次第ではありますね・・・・・・・。

 

 

 

何故ならば、

 

そもそもとして、

 

資本主義的な、社会構造的に言っても、

この世の中は、

 

「競争社会。」でもありますから・・・・・・・、

 

その各々の、

立場や立ち位置によって、

 

「誰とでも仲良くする。」って事自体が、

逆に、

 

自分自身を押し殺さざるを得ない状況を、

呼び込んでしまいガチでもあると言う事なのです。

 

 

 

それを踏まえてみても、

 

自分軸ってものを持って、

 

行動習慣的に、

自分自身のアイデンティティを活かす術を持って、

 

何かと、

それ以外の環境や、人々に対応する、

 

即ち、

 

自分自身の役割や、立ち位置ってものを、

臨機応変に、想像して、創造する必要性も、

 

何かと必要になってくるもんでもあるって事なのです。

 

 

 

だからこそ、

 

その自分軸ってものに、相応しいものは、

 

「一人からでも出来る行動習慣。」には、

なってくるのでしょうが・・・・・、

 

それにはまた、

 

それそのまんまだけで、完結してしまうようなものでは無くて、

 

それを、

あらゆる要素にて、応用・流用出来うる事が、

望ましいものではありますが・・・・・・、

 

一番最初の、

自分軸を創造する為の行動の、選択基準としては、

あまり、

 

そこまで考慮する必要性すらなく、

 

ただ単に、

 

「楽しい。」とか、

「充実感がある。」って行動にこそ、

 

その行動を延命する努力とか、

その行動の発展性を考慮する努力ってものが、

必要になってくるのでしょうね・・・・・・・。

 

 

 

要するに、

 

それこそが、独学に当てはまってくるのでしょうが・・・・・・、

だからと言っても、

 

全てを全て、

自分自身だけで行う必要性なんて無くて、

 

最初の段階にては、

 

誰かに習ったり、

誰かの真似をする事から初めてしまえば良い代物ではあるのでしょうが・・・・・・・、

 

その向かうべき先は、

結局は、

 

上記であげたような、

その応用性でもあり、流用性を、広げて行く努力でもあり、

 

それ自体の楽しさでもあり、

充実感ってものを、

 

「如何に持続させれるか??」って事が、

命題になってくるものでもあるのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

また、それって言うのも、

結局は、

 

自分自身の楽しさや、充実感ってものは、

人にはキッチリ伝わるものではあるのでしょうが・・・・・・、

 

その同じ行動習慣が、

 

他の人にも同じように、

楽しさや、充実感を、引き出す行動になるか??と言われれば、

 

甚だ疑問が残るものでもあり・・・・・・、

だからが故に、

 

安易に、一緒に始めるって事自体が、

悪く言えば、

 

自分自身の楽しさや、充実感を、

損なうケースも、

厳密に言えば、多々出てくるものだと言う事なのです・・・・・・・!!

 

 

 

だからこそ、

ある意味、

 

自分軸と言う名の、戦争でもあるって事なのです。

 

 

 

まぁ、

 

実際に、ドンぱちやる訳ではありませんが・・・・・・・、

 

それくらいの想いを持って、

棲み分けて、保護する心構えも必要だと言う事なのです。

 

 

 

ま、結局は、

それによって、初めて、

 

まず自分でもあり、それから社会もしくは、他人を満たす事が可能な、

在り方を体現して行くって事ではあるのですが・・・・・・、

 

だからこそ、

 

まず自分だけで終わる事ばかりしている訳にもいかず、

 

生活循環を持ってして、

その応用性でもあり、流用性を、

日々、磨いて行く事も、大切な要素になるだろうし、

 

 

まぁ、当たり前なのかも知れませんが、

 

「自分の事は、出来るだけ自分でする。」

 

それによって、

 

余裕が出来上がった範囲で、

人に提供する姿勢を築く事が大事で、

 

その姿勢が、

長期的視野を持った、

自分軸として、成り立って行くものではあるのでしょうね。

 

 

 

要するに、

 

「まず、人の為。」って言うのは、

どうもしっくり来ない訳でもありまして・・・・・・・・、

 

「まず、自分の為。」で初めて、

それの抽象度レベルを高める事によって、

 

「何かお役に立てればこれ幸い。」とは想う次第でもありますが・・・・・・、

 

それが難しいケースの場合においては、

 

自分の為だけの行動ってものも、

別に否定する訳じゃあありませんし、

 

自分の為だけで初めても、

それを言語化する事が可能であれば、

 

何かと、

 

人にシェアする事で、

何かしらの価値提供には、なって行くのでは無いでしょうか??

 

 

要するに、

結局は、

 

独学に一番必要となるのは、

読み書きだと言う事でしょうし、

むしろ、

 

「何を独学するか??」って問題よりも、

 

それによって、

読み書きのレベルを高めるって事が、

大切な要素にはなってくるのでしょうね・・・・・・。

 

 

 

結果的には、

 

人との関係性の構築、

もしくは、

 

自分自身の世界観を、紡ぎ上げて行くスキルも伸ばされる事にも、

なって行くものなのでしょう・・・・・・!!

 

 

 

そのレベルが高くなっていけば、

 

「まず自分。」とか、

「自分だけの為。」が、

 

自分だけで完結しないようには、

なっていかざるを得ないって事なのでしょうね。

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・。

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

マクロとミクロを知る事って大切な事ではあるでしょう。

 

 

が、ここで言うマクロとミクロって言うのは、

勿論、

 

僕自身、その専門家ではありませんし、

 

そもそもとして、

 

小難しい数式が得意な訳でもありませんから、

 

そもそもとして、

 

個人的視点、もしくは、

個人的視野を創造する上での、

マクロとミクロを差し表して行きます。

 

 

 

またそもそもとして、

 

「何故、マクロとミクロの視点を知る事が大切になるか??」

 

と、問われれば、

 

それがあなた自身の、常識でもあり、

 

所謂、

 

普通って状態でもあり、

判断を創造するからだとは、言える事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

それらを踏まえた上で、

さらに言いますが、

 

厳密的なマクロな視点、

もしくは、

 

徹底的なミクロな視点ってものは、

 

そもそもとして、

 

現時点では、定義仕様が無いとも言えるだろうし・・・・・、

 

また、

 

全てが終わった後で、結果を踏まえて、

そのマクロでもあり、ミクロの成否が問われるとも言えますし、

 

そのマクロでもあり、ミクロの意味が、

定義出来られるものであるとも言える事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

だからこそ、

 

その便宜的に暫定されたマクロでもあり、

便宜的に暫定されたミクロってものは、

 

あくまでも、

 

未来の可能性を決定付けて行くだけのものでもあり、

 

それ自体が、

未来予測となるものでは、

決してあり得ないと言う事なのです。

 

 

 

でも逆に言えば、

 

だからこそ、

 

個人的視点においては、

都合が良いものだとも言えるだろうし、

 

未来の可能性を決定付けていけるだけの、

マクロとミクロってものが、存在していれば、

 

その可能性に向かって、行動を推し進めて行く事自体が、

 

少なくとも、

 

その個人にとっては、

 

先行きを、必ずしも予測出来うる訳が無い、

未来に進んでいく為の道標となり、

 

不確定な未来に対する、

少なくとも、

 

自分自身の確定事項とは、為していけるものだと言う事なのです・・・・・・・!!

 

 

 

要するに、

だからこそ、

 

マクロとミクロってものを、

自分自身で定義する必要性があるとは言えるのでしょうが・・・・・・・、

 

 

これまたそもそもとして、

 

マクロ視点ってものは、

結局は、

 

その専門家で無い限りは、

 

いや、

 

その専門家であったとしても、

 

他人任せな部分や、環境任せな部分が、多分を占めてくるものでもあり、

 

だからこそ、

 

インプットする情報を制限する、

 

もしくは、

 

選別して行く事が大事になるとは言えるのでしょうが・・・・・・、

 

その舵取りでもあり、その選別の価値観を、決定付けて行くのは、

 

結局のところ、

 

自分自身の出来うる範囲内での行動を踏まえた上での、

ミクロな視点となってくるのでは無いでしょうか・・・・・・・??

 

 

 

要するに、

 

簡単に言えば、

 

「結局は解らない事だらけ。」と、

 

突き詰めてしまえば、

言えてしまうのかも知れませんが・・・・・・・、

 

その無知なだけの状態ってものが、

何かと、

 

情報を鵜呑みにして、

自分自身の判断基準が、欠如してしまう状態を、

作り出してしまうとも言えますし、

 

解らないでも、解らないなりに、

 

自分自身、個人単位からなら、

 

確定事項でもあり、

 

「在りたい在り方。」ってものを、

 

出せる部分だけでも、

保持したい部分だけであったとしても、

ミクロからなら、出して行く事も、

可能になってくるのでは無いでしょうか・・・・・・・??

 

 

またまた、

 

ミクロであり、

微差の領域を担うものであればあるほど、

 

その確定事項ってものは、

 

幅広い対応力でもあり、

幅広い応用力を発揮出来うるとも言えるだろうし、

 

まぁ、

 

実は、

 

客観的に見れば、

 

そこには、あまり、

意味も意義も存在しないようにも見えるものなのでしょうが・・・・・・・・、

 

こと、

個人視点から言えば、

 

そこには、

意味も意義も結果的に出来上がって行くようにも見え、

 

結果的に、

 

判断基準や価値観さえも、

そこから創造されて行っているようにも見えると言う風な・・・・・・・、

 

 

結局は、

 

自分と他人の視点によって、

「大いなる違い。」が生じる・・・・・・・、

って言えば、言い過ぎなのでしょうか・・・・・・??(笑)

 

 

要するに、

そのくらい、

 

自分が定義出来うる範囲でもあり、

自分自身が応用・流用出来うる範囲での、ミクロな視点には、

 

可能性が含まれているものだと言いたいのですが・・・・・、

 

だからと言っても、

 

そのミクロが生かされる為にも、

 

マクロでもあり、

人や環境頼りの情報ってものが、

必須にはなるとは言えるのでしょうが・・・・・・、

 

そもそもとして、

 

人や環境を度外視する事自体が、

五体満足な人としては、

「あり得ない。」話でもありますから、

 

結局は、

 

ミクロが大事になると言う事ではありますね・・・・・・(笑)。

 

 

 

まぁ、

だからと言っても、

 

付き合う人や、身を置く環境を、

情報ベースとして選別する、

 

もしくは、

 

付き合う人や、身を置く環境を、

そのミクロ視点をベースとした、

価値基準で選ぶと言うよりは・・・・・・、

 

その価値基準で、

立ち位置や役割を決めて行くって事が、

大切にはなってくるのでしょう・・・・・・!!

 

 

 

好き嫌いで選んで行く訳ではありませんが、

 

結果的には、

 

結局、選別した体になってしまうのもまた、

仕方が無いのでしょうし・・・・・・、

 

それは結局は、

 

自分自身の言動を持って、行われているものではありますから、

「自己責任。」として、

問題無しなのでしょうし、

 

それこそが、

 

僕自身、個人単位での、

常識とか、普通って事に、

当てはまってくるものなのでしょう。

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・。

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

自己投資の意味を考察するとは言っても・・・・・・、

 

厳密に言えば、

 

自己投資と言えば、

資産になる=お金が増えるものの事を、

差し表して、自己投資とは言えるものでしょう・・・・・・・。

 

 

 

が、

だからと言っても、

 

我々は、日々成長して行く前提の存在でもありまして、

 

だからこそ、

逆に言えば、

 

日々の成長を、実感しない事には、

中々と、充実感や、楽しさってものも、感じとる事が出来ないだろうし、

 

もっと言えば、

 

たとえ、

 

お金や時間を使ったとしても、

日々の成長を、感じる事によって、

 

充実した生活を送ることが可能になると同時に、

 

健全的な、未来の展望を、描いて行く事も、可能になるでしょう・・・・・・

って事でもあるのです・・・・・・!!

 

 

 

だからこそ、

 

対価を払ってでも、

自己投資する必要性があるとも言えるのでしょうが・・・・・・・・、

 

これもまた、

そもそも論としては、

 

成長=楽しさ、充実感ってものは、

自分が意識していようがいまいが、リンクしているものでもあり、

 

そこには、

 

言語化さえしていけば、

必ず、何かしらの意味とか、

価値観ってものが、存在するとも、言えてしまう事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

要するに、

 

楽しさとか、充実感ってものの、

根源的な部分には、

 

何かしらの、意味や、意義や、価値観ってものが、

存在する訳ではありますが・・・・・・、

 

だからが故に、

 

その人々によって、

 

その枠組みの定義の仕方も、違う場合もあるでしょうし、

 

まぁ、

 

同じ場合も勿論、あるものなのでしょうが、

 

その行動スタンスまで突き詰めて見れば、

「人によって違う。」とは、

言い切れてしまうものでは無いでしょうか・・・・・・??

 

 

 

要するに、

 

逆に言えば、

 

同じ表現の場合においては、

その行動スタンスは、

 

全くの別物と、見なして良い代物となるだろうし、

 

同じように見えて、また違う表現方法をとっている際には、

 

その行動スタンスには、

似通った部分が、多くをしめる可能性が出てくるって事なのです。

 

 

 

だからこそ、

 

「まずは言葉から。」とは言いますが・・・・・・、

 

言葉からだからこそ、

また違った表現方法でもあり、

また違った分野にて、

 

自分自身と、本質的に近い存在を追い求める事が、

 

そのまんまの自分自身と、

合う人を見つける為の、術とはなるものなのでしょうが・・・・・・、

 

上記で言った通り、

 

我々は、

日々成長が無い事には、

充実した生活を、送って行く事が、難しい存在ではあります。

 

 

 

だからが故に、

 

同じ表現でありながらも、

また違った行動スタンスを持つ方って言うのも、

 

何かしら、

 

自分自身の行動スタンスを、

変化・進化させて行く為には、

事欠かない存在とはなるでしょうから、

 

結果的には、

 

自分軸として、

自己成長、もしくは、

趣味趣向としての、楽しさ、充実感を求めて、

日々、行動して行く事には、なってくるのでしょう・・・・・・!!

 

 

 

それらを踏まえて見ても、

やっぱり、

 

お金が増えると言うだけの、資産ってものには、

あまり、魅力を感じないどころか・・・・・・・、

 

結局は、

 

資産投資とか言っても、

 

知識や経験が無い、素人には、

難しい代物でもあるでしょうから、

 

結果的に、

 

プロ任せになってしまったり、

ほとんど、ギャンブル感覚に陥ってしまったりするものでもあるでしょうし、

 

だからこそ、

 

上記のような資産投資であっても、

ビジネスであっても、

生活水準を高める行為であったとしても、

 

その全てに必要不可欠となるのは、

 

「自己成長=楽しさ、充実感が、その行為自体に伴っているか??」

 

って部分にはなるでしょうが・・・・・・、

 

まぁ、結果的には、

 

その収入と支出と、

上記で言った、

 

自分軸としての、

成長=楽しさ、充実感の兼ね合い、

 

もしくは、

 

せめぎ合いの中での、

心のバランスの取り方とは、

なって行くものなのでしょうね・・・・・・・。

 

 

 

まぁ、ぶっちゃけ、

 

儲かるかどうかは、

やってみないと解らない部分が多いものでしょうが、

 

楽しめるかどうか??は、

 

ある程度、

 

予測可能にはなってくるだろうし、

 

そこに、

 

自分自身が、思いもしなかった、

自己成長を実感する事が可能になれば、

 

より一層、

 

楽しめたり、充実できる事は、

間違いが無いでしょうが・・・・・・、

 

だからと言っても、

 

お金稼ぎだけで見れば、

 

「我慢が必要。」になってくるのもまた、

「間違いは無い。」でしょうから、

 

尚更、

 

趣味趣向は棲み分けた上で、

バランス配分の、自己マネジメントを行う事を、推奨する次第ではあるって事ですね・・・・・・!!

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・・。

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村