キンジの自分軸哲学

キンジの自分軸哲学

~自分軸を掘り下げて、リアリティに、付加価値にデザインする為のブログ~

あなたは『自分軸』を磨いていますか?



それは『他人軸』じゃないですか??




どうも金山徳允(カナヤマ トクノブ)ことキンジです(^^)




『成幸者』とは、


まず『自分』


それから『他人』


それから『社会』を、


幸せに、豊かにする人達です。





このブログでは、その考えにのっとって、


まず最初の、


『自分』を満たす為に、

『自分軸』にフォーカスを当てて行きます。


私キンジの、

『自分軸=すばらしいと思った価値観』に沿って、

気付いた事、腑に落ちた事を中心に、ロジカルに発信して行きます。


自己啓発的な内容、

スピリチュアル的な内容も、

『自分軸』に沿って、リアリティ臨場感を出して発信して行きます。


また、


私の考えをまとめて、

『オリジナル』なコンテンツとして行きます。


自分自身の実体験を伴った気付きを、

ロジカルに発信して、

その文脈=コンテキストに存在する、抽象度の高い概念を表現します。



そのような、

『自分軸』の大元になるようなものを研究しつつ、

このブログを通じて、

価値観が近い仲間、

私に共感してくれる仲間を集めて、

お互いシェアしつつ、人生を楽しく豊かにして行きます。





なぁなぁの付き合いじゃなく、腐れ縁でもなく、


『自分軸』に沿った同志になりませんか?





あなたの気軽なコメント、

共感メッセージ、

気付きを得たコメントをお待ちしてしています(^^)





 

 

どもども。

 

自宅のルーターがぶっ壊れて、

2〜3日ネットが繋がらなかった、

キンジです。

 

かれこれ、17年くらい持ったので、充分役割はこなしてくれましたが・・・・・(笑)

 

 

※この記事は、2017/12/19の記事のリライトとなっております。

 

 

 

パラダイムシフトって聞くと、

一種の、魅惑の響きがある言葉ではありますね・・・・・(笑)。

 

 

 

まぁだからこそ、

 

パラダイムシフトって聞くと、

ちょっと警戒してかかった方が良いだろうし、

 

だからが故に、

疑いを持ってかかった方が良い言葉とはなってくるものでしょう・・・・・・!!

 

 

 

・・・・・って言うのも、

 

自分軸を持っている前提で言いますと、

答えは自分自身の内に存在するのもまた、

前提にくる事ではありますから・・・・・、

 

その答えを、人から提示される場合には、

充分、注意してかかっておいて、

 

ほぼほぼ、間違いが無いと、

僕自身は思う次第だからではありますね・・・・・。

 

 

 

要するに、

 

パラダイムシフトと、

言葉とか、概念で言うのは、簡単ではありますが、

 

本当の意味での、

在り方としての、パラダイムシフトってものが体現出来るのであれば、

 

別にそこには、

 

パラダイムシフトという言葉でもあり、

概念自体も、

実は、必要無い部類には入ってくるだろうし・・・・・・、

 

自分自身の内観にて、享受できうれば、

良い代物になってくるだろうってものでしょうし・・・・・、

 

もっと言えば、

 

自分自身で誠実に、

そのパラダイムシフトを、大切に扱う為には、

 

オイソレと、

解りやすい、単純な言語化は、なさない方が何かと、

 

そのパラダイムシフトを、

人生の軸として、

何よりも自分自身が、大事に扱わざるを得なくなるって事も、

理解可能なのでは無いでしょうか・・・・・・??

 

 

 

それらを踏まえた上でさらに、

 

あえて、言語化してみると言う企みもまた、

そのパラダイムシフトを、

大切に扱う行為となるだろうし・・・・・、

 

その為には、

 

構造的に、深堀していけるような、

展開力や、語彙力(ごいりょく)ってものも、

必要となるものだろうし・・・・・・、

 

その為には、

 

そのパラダイムシフトが起こった分野を把握して、

自分なりに展開していける事は、勿論必要なのでしょうが・・・・・・、

 

そこだけで満足するのでは無く、

 

別の分野にて、応用・流用する企みが、

必要となると同時に、

その先の理解度でもあり、

その先に続く、ゲーム性を展開していく為にも、

必須の項目とはなってくるものではあるのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

要するに、

 

意識の進化と言うと、

少し、大層には聞こえるかも知れませんが・・・・・、

 

言語化してみると結果的には、

 

そうとしか、言いようが無い経験ってものが、

何かと、人生には起こるものではあるでしょう・・・・・・。

 

 

 

その経験は、

 

所謂、

 

その経験以前の前提では、

決して、たどり着く事が無かった経験でもあるでしょうし・・・・・、

 

もしかしたら、

 

避けては通れなかった経験なのかも知れません・・・・・・!!

 

 

 

だからこそ、

 

前向きに、

 

右肩上がりに、

 

人生のステージを、死ぬまで駆け上がっていく前提でありますと、

 

そのパラダイムシフトにおいて、

それ以前の、過去の経験自体の、捉え方に変化が起こると言う、

メカニズムとはなってくるだろうし・・・・・、

 

もっと言えば、

 

そのパラダイムシフトにおいて、

0ラインでもあり、スタート地点でもあり、

リセットボタンが再定義される事により、

 

それ以前の経験自体は、

意識的に使う事自体が、あまり必要とされない事にはなるでしょうが・・・・・、

 

 

まぁ、

 

結果的には、無かった事には出来ないでしょうから(笑)、

 

その応用でもあり、流用性を、

活用する流れとはなっていくのでしょうし、

 

になってくればまた、

 

0からスタートする、リセットボタンを押して、

何度でも、再スタートすれば良いのでしょうね・・・・・(笑)。

 

 

 

 

まぁ、それでも言えるのは、

 

自分の主観的に言えば、

0からスタートの繰り返しには見えるのでしょうが・・・・・・、

 

結果的には、

 

その0に、積み上がっていくものが出てくるだろうし、

その積み上がりを実感する事自体が、

「自分自身の成長。」を感じる事となり、

 

結果的に、

 

自分自身の納得を得やすくなり、

チャレンジ出来うる事でもあり、

こなせる事柄が、幅広く、深くなる事になっていくのでしょうが・・・・・。

 

 

 

結局は、

 

満足はいらないだろうし、

 

もっと言えば、

 

他の分野にて、

そのパラダイムシフトが起こった分野の、

応用・流用を、実践しない事=自己満足して、悦に入っている状態とは、

言えてしまうのでしょうね・・・・・・(^^;)

 

 

 

まぁだからと言っても、

 

そのパラダイムシフトが起こった分野自体を、

捨てろって事じゃあ、無いとは思う次第ですが・・・・・・・。

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・。

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

※この記事は、2017/12/13の記事のリライトとなっております。

 

 

何事も、初心が大事とは言いますが・・・・・・、

だからが故に、

原点回帰、すなわち、

「初心が大事。」だとは言いたいのですが・・・・・、

 

それって言うのも結局は、

 

真新しい事を始めるだけのケースの場合において、

 

そのほとんどの場合において、

今まで経験した事がある事と、大差無い現実を経験してしまう、

我々の特性から来ているものではある事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

だからが故に、

 

本当の意味での、

「新しい経験値」を増やす為には、

微差の領域に踏み込んでいく必要性があるのだと言えるのです。

 

 

 

まただからこそ、

 

原点回帰でもあり、

「初心忘れるべからず。」って事に、

当てはまってくるものではあるのでしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

要するに、

 

初心でもあり、原点ってものには、

無限の可能性が存在するが故に、

 

自分自身のフォームとなりうるような・・・・・・、

自分自身の初心でもあり、原点ってものを、

 

どんな所からでも、

掘り下げて、引き出して来てから、

 

本当の意味での、

 

「真新しい経験値。」を蓄えていく事が、

 

何かと、

 

自分自身の成長でもあり、未来の展望を展開していく為にも、

必要となると同時に、

 

何よりも、

 

自分自身を楽しませながら、充実して、

前に突き進む為の、方法論ともなっていく事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

が、

だからと言っても、

 

世の中の構造的に、

 

決まり事や、ルールと言ったようなものが、

必ず存在している事を忘れてしまっては、

 

タダの無法者扱いされてしまうだろうし・・・・・・、

 

下手をすれば、

犯罪に手を染めてしまう事にも、なりかねません・・・・・・。

 

 

 

だからこそ、

 

自分自身の経験の中でも特に、

上手く行った経験ってものが、大切な要素となると同時に、

 

逆に言えば、

 

主観的には、

「上手く行った。」認識自体は、

存在していなかったとしても・・・・・・、

 

決まり事を守った、もしくは、

ルールを守った経験値の方にこそ、

 

実は、

 

その経験値自体に、伸び代が存在するどころか・・・・・・・、

もっと言えば、

 

「伸び代しか存在しない。」経験となってくるものなのかもしれませんね・・・・・・(^^)

 

 

 

まぁ、

 

上記の伸び代ってものは、

あくまでも、

 

主観的な、楽しさや、充実感や、

はたまた、

 

それらを踏まえて、乗り越えた先の、

未来視点の展望なのかも知れませんが・・・・・。

 

 

 

要するに、

 

微差には大差が含まれているものであるが故に、

 

変に、違いを出そうと試みても、

 

内実的には、

今までの経験と、ほとんど一緒になる場合があるものだと言う事です。

 

 

 

また、

微差とは言いますが・・・・・・・、

 

決して、

 

細かい事だけを、フォーカスし続けた所で・・・・・、

 

結果的には、

 

ひとまとまりの、全体性を見渡した末の、

微差の部分でもあり、細部の部分において、

「神が宿る。」=真新しい経験と再構築される訳でもあり、

 

決して、

 

細かい拘りだけを、行動基準にするだけじゃあ、

出来上がる、ひとまとまりの全体像ってものも、

誰にも伝わらない代物になりガチだろうし・・・・・、

 

もっと言えば、

 

自分自身でさえも、その全体像ってものを、

認識不可能な状態に、陥る可能性もありますので・・・・・・、

 

その微差でもあり、細部の違いをもたらすのは、

自分自身の在り方の違いによって、

もたらすのが正解ともなるのでしょうが・・・・・・・、

 

それって言うのも結局は、

 

新しい経験値による、

応用性・流用性の部分であるか、もしくは、

 

自分自身の肉体改造の結果によって、

もたらされるものではあるのでしょうね・・・・・・(^^)

 

 

 

また上記で、

 

肉体改造とは言いましたが・・・・・・、

 

その方法論ってものも、

多岐にわたるものでもありますし、

 

単純に、筋トレとかエクササイズをこなす事もそうなのでしょうが、

それだけじゃあ無くて、

 

自分自身の日用品を変化させるとか、

普段の食事に拘りを持って、変化させるとか、

仕事や家事に、筋トレやエクササイズ感覚で勤しみながら、

ゲーム性を紡ぎ上げるとかも、

 

厳密に言えば、

 

自分自身の肉体改造の一環とも言えるだろうし・・・・・・、

 

まぁ結局は、

 

自分磨き全般に、含まれてくるものとはなってくるのでしょうね・・・・・・。

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・。

 

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

※この記事は、2017/12/06の記事のリライトとなっております。

 

 

自己愛性パーソナリティ障害と言いますと・・・・・、

何だか、難しい障害を持っているような言葉の響きではありますが、

 

簡単にいうと、

KYが顕著な人の事や、

または、

エコ贔屓される事を、こよなく愛する人達の事を、

差し表すものでもあるでしょうし・・・・・・(苦笑)、

 

もしくはその逆に、

 

エコ贔屓する事自体を、脅迫観念のように感じてしまう人達でもあるのでしょう・・・・!!

 

 

 

 

まぁそれって言うのは、

結局は、

 

環境的・関係性的な、

外部からの影響によるものが、多くをしめるものではあるのでしょうが・・・・・、

 

その外部からの影響の結果、

 

自己犠牲の元に、行動基準を決定しざるを得ないような、

「在り方」に、自分自身が陥ってしまっているって事でもあるのでしょうね・・・・・・(^^;)

 

 

 

ま、だからといっても、

 

決して、

 

外部からの影響を、完全無視する事なんて出来ないだろうし、

その外部からの影響を、

どれだけ、

 

「自分を大切にする、行動基準を踏まえながら、乗りこなして行けるか??」

って事や、

 

どれだけ、

 

「自分を大切にする、行動基準ってものの、応用・流用性のパターンの引き出しを持っているか??」

って事が、大事になるのでもありますが・・・・・、

 

これまた単純に、

 

何にでも応用・流用可能と言う風な、

普遍性があればあるほど、

 

逆に、

 

自己愛を見失いガチになってしまうのもまた、

我々の特性では無いでしょうか・・・・・・??

 

 

 

だからが故に、

 

型ってものや、フォームってものが、

大切にはなってくるのでしょうし・・・・・・、

 

もっと言えば、

 

その型やフォームってものの、

構築の仕方や、再現の仕方ってプロセスの内に、

その人らしさってものが、体現されるものではある事でしょうが・・・・・・、

 

そもそもとして、

 

同じような背格好の人達で集まって、

みんなで同じような役割を担ってしまうと、

 

そこには、

 

らしさってものが、存在する事自体が、

アリエナイものでもありますし・・・・・・(笑)、

 

またもしくは、

 

らしさが存在する事自体が、

KY認定されるような、危険性の高い環境にもなってきますから、

 

尚更我々は、

 

人として、

AIや機械的な自動化との、

アイデンティティの戦いでもあり、もっと言えば、

 

「自分の人生を生きる。」と言う、戦争において、

 

自分が出来うる、ミクロの領域からこそ、

 

自分らしさってものを、

混ぜ合わせる事に、長けて行く必要性もあると同時に、

 

そのようにして、

 

型やフォームってものを、構築する術を、

鍛える事が、大事にはなってくるのでしょうし・・・・・・、

 

それは結局は、

 

自分自身の肉体を通して、

型やフォームが構築されるものでもあるでしょうから、

 

そのベースでもある肉体を、

鍛えておいたり、メンテナンスするって事は、

当たり前に必要となるどころか・・・・・、

 

結果的に、

 

上記の事柄を、

こなして行く為の、エネルギー効率が良くなる事を、差し表すでしょうから、

「やらなきゃ損。」ってレベルにはなってくるでしょうが・・・・・・、

 

だからが故に、

 

その方法論ってものにも、

自分らしさと言うよりは・・・・・、

それ自体を楽しめる要素ってものが、必要となるでしょうから、

 

そこにも、

 

ゲーム性ってものがあると、尚、

継続して続けやすいってものではあるでしょうね・・・・・(^^)

 

 

 

 

要するに、

 

無理をするのも、

「自分で決める。」のが大事でしょうし、

 

まあ、基本的には、

 

無理なく、心の充実感と応相談して・・・・・・(笑)、

その負荷度を、決定して行けば良い代物でもあるって事なのでしょうね・・・・・。

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は下記から・・・・・・。

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

※この記事は、2017/11/30の記事のリライトとなっております。

 

 

応援したくなる人とか、応援される人って言うのは、

何よりも、

 

自分がありきでの話ではありますし、

その前提が外れた場合においては、

 

その応援には、

何の意味合いも存在しないどころか・・・・・、

 

縁起的な循環から観て、

マイナスの影響力を発揮してしまわざるをえないとまで、

考慮しておいた方が良い事でしょう・・・・・・。

 

 

 

要するに、

無邪気に、「あなたの為。」なんて、

とてもとても・・・・・、

 

口が裂けても言えないくらいの考慮をしてやっと、

良い循環を起こせるものだと、

思っていても良いくらいでもあるのです・・・・・・!!

 

 

 

だからこそ、

 

手放しで応援するんじゃあ無くて、

「当事者意識」で、在り方として応援するって事になってくるものだろうし・・・・・・、

 

手放しでの応援ってものとは、

距離感を置いて、付き合えるものでもありますし、

それを差して、

 

「生暖かく見守る。」って在り方には、

なってくるものではあるのでしょう・・・・・・。

 

 

まぁ、だからと言っても、

 

「生暖かく見守る。」事自体が、

決して、ズルいだけじゃあ無くて、

 

「当事者意識」になれないからこそ、

「生暖かく見守る。」事によって、

 

少なくとも、

 

マイナスの循環を、巻き起こしていく事自体を、

回避したり、軽減することが可能になるって言う風な、

プラスの意味合いも、出てくるもんではありますね・・・・・・(^^)

 

 

 

それって言うのも、

結局は、

 

自分自身が、応援出来る対象に、

フルコミットする為にこそ、

 

それ以外の相手に対して、

「生暖かく見守る。」って事には、

なってくるのでしょうが・・・・・・、

 

まぁ結局は、

 

その自分自身が、応援出来る対象に、

フルコミットするって在り方自体が、

自分軸での行動を、習慣として続けて行くのと同時に、

その行動の、応用・流用性を持って、

人と関わる事ともなり得るでしょうし・・・・・、

 

その応用・流用性を持って、繋がりを持てた相手とは、

何かと、

 

応援する・応援される対象に、

なり易い性質を、もちガチだと言う事実をも、

差し表しているのでは無いでしょうか・・・・・・・??

 

 

 

だからこそ、

 

自分軸での行動自体は、

ある意味、

 

個人から行えるような行動ってものが、

相応しくもありつつも、

応用性・流用性する理由付けともなりつつも、

応用・流用し易い流れにも、なっていくでしょうって事なのですよ・・・・・・!!

 

 

 

まぁだから、

ある意味、

 

それ自体が、マネタイズ可能である必要性すら無くて、

その応用・流用性をもたらした何かによって、

マネタイズ自体は、行って行けば良いものではあるでしょうし・・・・・・、

 

お金の流れとは棲み分けるからこそ、

フラットに、

自分自身の正直なアウトプットもまた、

可能になるでしょうって事なのですが・・・・・・、

 

お金稼ぎの場合においては、

 

その各々が、

 

妥協出来得るレベルによって、

妥協が必要とも言えますし、

 

自分軸の、応用・流用性を持って、

自分自身を納得させながら、お金を稼いで行く事も、

容易になるとも言える事ではありますね・・・・・。

 

 

 

ま、ぶっちゃけて言ってしまえば・・・・・・、

 

お金を稼ぐ為には、

ある意味、

 

自分軸を犠牲にする必要もあるって事なのでしょうが・・・・・・、

 

だからこそ、

 

それを癒すことが可能なのもまた、

自分軸の行動となるでしょうって事でもありますし・・・・・、

 

お金を稼ぐ事自体は、

資本主義においては、

五体満足な誰しもにとって、

当たり前に必須の項目とはなるでしょうが・・・・・・、

 

それと同じくらい、

 

自分軸の行動ってものも、

必要となるって認識を持って置いた方が、

 

何かと、

 

「自分探し。」の旅に、出かけないですむ方法論だろうし、

自分自身の測りってものを、

鍛えて行く術とも、なっていくのでしょうね・・・・・・!!

 

 

 

ま、だからと言っても、

 

「自分探し。」の旅には出ないけれども、

自分軸の応用・流用性の旅には出ると言えば、

言葉遊びなのでしょうか・・・・・・・??(笑)

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げて置いた記事は、下記から・・・・・・。

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

※この記事は、2017/11/23の記事のリライトとなっております。

 

 

自分自身の立ち位置と言いますと、

 

まぁ、

 

世界ありきでもあり、

コミュニティありきでもあり、

環境ありきなのが、当たり前ではある事でしょう・・・・・・。

 

 

だからが故に、

 

別に、

 

「何も考えていなかった。」としても、

 

そこにはある意味、

 

立ち位置ってものが、存在する事が前提ではあります。

 

 

 

が、だからが故に、

 

「在りたい。」自分ってものの存在が、

顕著になると同時に・・・・・、

 

自分自身の欲望とも、向き合わざるを得なくなるものではありますね・・・・・。

 

 

 

そこで重要となるのは、

 

欲望自体は、ある意味、

 

自分自身の弱さとも言える部分でもありますし、

 

どちらかと言えば、

 

弱さを受け入れる事が、重要にはなるのでしょうが・・・・・・、

 

たとえ、弱さを受け入れるとしても、

物には限度があるとも言えますし、

 

弱さをただ単に、

 

そのまんま、「弱さ。」としてアウトプットするだけじゃあ、

 

なんの成長も見込めないどころか・・・・・、

 

受け取る人々にとっても、

なんだか、萎えてくるものが出てくるものでもありまして・・・・・、

 

ハッキリと言ってしまうと、

 

自分自身にとっても、世界にとっても、

人々にとっても、

悪影響しか出てこない産物となり果ててしまって、

 

どちらかと言えば、

 

暗黙知に追いやる事自体が、正義となる場合も、

 

世の中には、

無数の事例として、存在しているものでもあり得るのです・・・・・・!!

 

 

だからこそ、

 

そのような事例を踏まえた上でも、

 

「在りたい自分。」ってものを、

明確に打ち出す事が、望まれるものでもあるって事でしょうし、

 

たとえ、

誰かにとっての「在りたい自分。」ってものが、

明確に打ち出されていたとしても・・・・・、

 

その誰かの「在りたい自分。」ってものと、

 

自分自身にとっての「在りたい自分。」ってものを、

比較検証した上で、

 

結果的には、

 

自分自身にとっての「在りたい自分。」ってものを、

 

各々が、明確に打ち出していく事自体が、

 

何かと、

 

世界平和の為には、必要となるのだろうし・・・・・、

 

そもそもとして、

 

戦争や、争いを回避するのは、勿論な事なのでしょうが・・・・・、

 

その為には、

 

「在りたい自分。」を明確に打ち出していく

 

アウトプットによる表現でもあり、

エンターテイメントでもあり、

世界観でもあり、

ゲーム性の戦いってものを、

 

終わらしてしまっては、いけないものだと、

僕自身は、思う次第ではありますね・・・・・。

 

 

 

要するに、

 

その戦いにおいてこそ、

「自分自身の立ち位置。」ってものが、存在するのでもありますし、

 

その戦いを踏まえるからこそ、

 

「自分自身の弱さ。」に、向き合う事が可能となるだろうし・・・・・・、

 

「弱さ。」を「弱さ。」としてでは無く、

 

「在りたい自分。」との、せめぎ合いの中において、

 

自分自身の人間性でもあり、

アイデンティティでもあり、

「自分らしさ。」ってものを、表現する戦いと、

なっていくものだろうし、

 

その戦いの終わりを知るのは、

自分自身が死に絶えた後で、充分だろうって、

思う次第でもあるって事なのです。

 

 

 

要するに、

 

思考実験では無いですが・・・・・・、

試行錯誤は、常に必要となるものでしょうが・・・・・、

 

だからが故に、

 

「終わり。」ばかりに、とらわれる必要性も、

皆無となるって事でもありますし・・・・・、

 

試行錯誤の、今ここにこそ、

未来視点が存在しているとも、

思う次第だと言う事なのですよ・・・・・・!!

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・。

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

※この記事は、2017/11/15の記事のリライトとなっております。

 

 

起承転結って言うと、

物事の全体性を把握する為には、

適した概念の事ではある事でしょう・・・・・・・!!

 

 

と、言うのも、

 

全体像を全て、情報として把握するのは、

情報量として多すぎるし、

 

だからが故に、

 

ある意味、

 

簡易化された概要とか、全体像ってものが、

必要不可欠な要素となる事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

またまた、

だからが故に、

 

予め、決められているような、起承転結を踏まえて、

物事を企画・実行していく事が、

 

何かと、

 

全てが決定されているかのような・・・・・、出来レースでは無く、

 

リアルタイムで、ライブ感を出しながら、

物事を企画・実行していく為には、必要な要素ともなるだろうし、

 

逆に言えば、

 

全てが情報化されている状態だと、

それ自体を、

楽しんで、充実しながら行う事自体が難しいものでもあり、

 

何かと、

 

倦怠感とか、マンネリ感との戦いに陥ってしまうのもまた、

「仕方がない。」側面を、持ち合わせていると言う事でもあるのです・・・・・・(^^;)

 

 

 

だからが故に、

 

起承転結って概念が、大切な要素となるとは言う事ですが・・・・・・・、

 

それでも尚、

 

全体像とか、概要ってものが、

不要であるとは言い難いものでもありますし、

 

ある意味、

 

ちょうど良い抽象度レベルでの、

全体像とか、概要ってものが、存在している事が、

 

その行動を公開して、

視聴者視点でみる場合は勿論の事でしょうし、

それを企画・実行する立ち位置であったとしても、

何かと、

 

モチベーションの管理の役割を、果たす代物でもあるって事なのです・・・・・・!!

 

 

 

だからこそ、

 

起承転結がとても、大切な要素とはなるでしょうが・・・・・・、

 

そもそもとして、

 

起承転結を描く、

もしくは、

起承転結の肝を抑える為には、

 

そこにはある種の、

 

物語とか、システム的な構造とかが必要となるものでしょうし、

 

だからが故に、

 

その物語や、システム的なものの全体像を把握した上で、

改めて、

 

起承転結として、簡易化するような、

創意工夫ってものが、必要となるものでもあるのです・・・・・・!!

 

 

 

要するに、

 

情報量の多さを、調節するとも言えますし、

 

本当の意味での、

抑えて置くべき、肝の部分を優先すると同時に、

 

グレーゾーンに当たる部分においては、

 

その各々の、裁量性に委ねられると言ったような・・・・・、

 

所謂、

 

「遊び。」の部分を創造するとも言えますし、

「遊べる。」ように、創造するとも言えるものでもあるって事なのです・・・・・!!

 

 

 

まただからこそ、

 

プレゼンテーションとか、

コミュニケーションの場においても、

 

その「遊び。」の要素にこそ、

 

今ここの自分自身を表現出来る機会が存在するとも言えますし、

 

その「遊び。」の部分にこそ、

 

予定調和を踏まえた上での未来視点として、

 

新しい可能性を、追求出来る余地ってものが、存在しているとさえも、

言えてしまうものでもあるのです・・・・・(^^)

 

 

 

要するに、

 

全く真新しい未来なんて、必要無いかも知れませんが・・・・・・・、

 

それでも尚、

 

真新しい要素を求める事自体は、

 

決して、悪い事でも無く、

 

起承転結を踏まえた上での、「遊び。」の部分にて、

 

追求していけば良いものであると同時に、

 

予定調和の流れ自体も、

キチンと、

無視せずに再現していけば良いのでしょうね・・・・・・(^^)

 

 

 

またその方が、

 

何かと、

 

「胡散臭く。」なる事無く、

 

受け取る人にとっても、

その真新しい要素を、受け入れ易い流れになるって事は、

言うまでもない事かも知れませんね・・・・・。

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に、掘り下げておいた記事は下記から・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

※この記事は、2017/11/06の記事のリライトとなっております。

 

 

こう言うと、

元も子も無いとは思いますが・・・・・・、

 

そもそもとして、

 

「洗脳される必要性なんて、何処にも存在しない。」

って事が、

 

まず、言えてしまう事ではある事でしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

何故ならば、

 

洗脳=環境や流れに流されると、

同じ定義でもありますから、

 

その定義から考察すると、

 

誰しもが、

多かれ少なかれ、環境や状況から、洗脳されてしまうものだとも、

言えてしまう事でしょうし・・・・・・・、

 

またまた、

 

流れに流される=セルフエフィカシー(自己効力感)を、

失ってしまうって事にも、

当てはまってしまう事でしょう・・・・・・。

 

 

 

だからが故に、

 

自覚的に、洗脳する術を、

構築する必要性があるとも言えますし、

 

そこにこそ、自分軸をおいて貰いたいもんではある事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

要するに、

 

環境や状況如何にも関わらずに、応用・流用可能な何かってものが、

 

その為には、

 

必須の条件には、当てはまってくるものでしょうし・・・・・・、

 

それは、何も、

 

「仕事やビジネスの範疇に、含まれるもので無いといけない。」

って言う風な、

 

変な括り自体も、必要無いものだと言えてしまいます。

 

 

 

何故ならば、

 

仕事やビジネスの範疇に、収まってしまうって事は、

 

お金の論理で、全てが決定してしまう事を、

さし表す事でもあり、

 

お金の奴隷になりやすい側面を、

持ち合わせているからだとも、

言えてしまう事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

「お金の奴隷の何が悪い。」

と問われれば、

 

上記にあげた、

セルフエフィカシー(自己効力感)を、失ってしまう事と、

 

お金の大元ともなり得る、

価値の源泉たるものを、

 

他人軸に預けてしまう事が、問題であるとは言える事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

要するに、

 

結果的に、お金の奴隷になってしまう事により、

 

自分自身を、安く買い叩かれる事になってしまいガチでもあるでしょうし・・・・・・・、

 

そもそもとして、

 

自分自身とか、自分軸ってものを、

お金だけの測りに、乗せてしまってはいけないとも言えるだろうし・・・・・・、

 

例え、

 

お金だけの測りに乗ってしまったとしても、

 

それ自体が、

結局は、

 

自分自身か、その相手を、裏切る事自体が、前提のスタンスとなってしまう事自体もまた、

必然ではある事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

だからこそ、

 

お金の論理とは別枠として、

自分自身を、自覚的に洗脳する為の要素が必要となるとも言えますし、

 

その要素を持って、

 

仕事でもあり、ビジネスに向き合うって事自体に、

 

色々と、

付加的な価値が、宿っていくものではありますね・・・・・(^^)

 

 

 

また、

 

それらの要素を持ち合わせていたとしても、

 

そこに、

 

本当の意味での、応用性・流用性が存在していれば、

 

環境に洗脳されっぱなしでは無く、

環境に、キチンと適応する事が可能になるだろうし、

 

その為の、

 

自分自身の立ち位置でもあり、ポジションってものも、

 

便宜的に、企画して、創造する事が可能になるでしょうって事なのです。

 

 

 

まぁ、

 

そのポジションが、

仕事やビジネス的に、

上位のポジションとなるかはさて置き・・・・・・(笑)、

 

少なくとも、

 

自分軸に沿った、

世界観でもあり、ゲーム性を損なわずに、

 

その先の世界観でもあり、

その先のゲーム性を、

紡ぎあげて行く為の、糧となるような、

 

行動となる事自体には、

間違いが無いでしょうし、

 

それは結局は、

 

コミュニティ貢献という形で、

仕掛け側とか、仕掛けられ側を超越した、

自分自身の在り方に沿った、市場にとって、

何かと優位性を、構築していく行動となるでしょうって事なのです・・・・・・(^^)

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・。

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

※この記事は、2017/10/31の記事のリライトとなっております。

 

 

「求めよさらば与えられん。」って言う、

旧約聖書の、イエスキリストの言葉がありますが・・・・・、

 

勿論な事でしょうが、

 

ただ単に、

 

思考実験の元に、求めるだけじゃあ、

欲求不満に陥るだけではある事でしょう・・・・・・(苦笑)。

 

 

 

だからこそ、

 

求めるものを良く知る必要性があるとも言いますし・・・・・、

 

もっと言えば、

 

「自分自身を知る。」

「己を知る。」って事が、

 

何よりも、最優先にくるものでは無いでしょうか・・・・・・??

 

 

 

・・・・・って言うのも、

 

我々は、

 

自負出来るレベルまで、

「自分自身の事。」を知らないって事が、

 

ある意味、常でもあるでしょうし・・・・・・、

 

自分の事だからこそ、

 

「見ないフリ。」をしたい部分や、

「過剰にフォーカスする。」部分ってものが、

 

存在しているのが、当たり前ではあるでしょうから・・・・・・、

 

尚更、

 

それらの部分が、

 

存在している事が前提の上で、

「自分自身の事。」を知って、考察してゆき、

 

自分自身のバランス感覚の元に、

バランスを保って行く必要性もあるとも言えるのです・・・・・・・!!

 

 

 

そのベースがありきでこそ、

 

「求めるもの。」が腑に落ちるとも言えますし、

 

「求めるもの。」を得る為に、

相応しい在り方ってものも、見えてくるでしょうから・・・・・、

 

その在り方を体現するために、

頑張って、血を吐くような努力をするのでは無く・・・・・・(苦笑)、

 

楽しみながら、充実して、

 

その為の、

 

あらゆるアウトプットを、

邁進(まいしん)する事が、可能になるってものなのです・・・・・・・!!

 

 

 

また、だからこそ、

 

頑張って、血を吐くような努力をして、

手に入るものって言うのは・・・・・・、

 

あらかじめ想定していたものには、

程遠く感じるがために、

 

満足・納得出来ないばかりか、

 

そこからさらに、

 

「自分探し。」の道のりが続いてしまうもんではあるが故に、

 

「自分自身の事。」を知る事や、

「己を知る。」って事が、

 

どこまで行っても、大切な要素にはなってくるでしょうし・・・・・・、

 

そのベースを通してこそ、

 

「求めること。」自体に、

良い影響力を、発揮出来るものでもあり、

 

まさに、

 

その好循環によって、

 

頑張りでは無く、

世界観の構築や、ゲーム性を推し進めるように、

アウトプットをしていく事もまた、

可能になるものではあるのでしょう・・・・・・(^^)

 

 

 

だからが故に、

 

「求めよさらば与えられん。」は、

「与えよさらば与えられん。」と、

=になるものでもあり、

 

上記の二つの言葉を、

 

ただ単に、

 

字ずらだけコピーしているだけじゃあ、

 

何の意味合いも存在しないどころか・・・・・・、

マイナスの強制力が、働く代物でもあるので、

注意も必要だと言う事なのです・・・・・・(^^;)

 

 

 

まぁ、

 

キリスト教徒なら、

 

宗教上のアウトプットで、

そこに、

行動による意味合いでもあり、

何かしらの意義が、存在しているのでしょうが・・・・・・、

 

僕自身、

キリスト教徒ではありませんが、

 

他の分野にて、応用・流用する前提にての、話でもありますし、

 

僕自身、

 

「自分なり。」に、

自分の納得を勝ち取る為に、

 

アウトプットを繰り返した末の意見である事は、

言うまでもない事ではありますね・・・・・(^^)

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は下記から・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

※この記事は、2017/10/24の記事のリライトとなっております。

 

 

論理的思考と言いますと、

まぁ、

理路整然とした考え方の事を、

さし表すものではある事でしょう・・・・・・・。

 

 

が、

だからと言っても、

 

その論理ってものは、

枠組みが明確で無い限りでは、

論理として、あり得なくなるものでもあり、

 

枠組みが適当であればあるほど

その論理ってものは、

所謂、

 

無いと言う風な、

形骸化した論理となりうるものでもあるのです・・・・・・!!

 

 

 

また、

だからこそ、

 

枠組みを明確にする必要性が存在するとは言えますが・・・・・・、

枠組みを明確にするとは言っても、

 

決して、

 

自分自身の、思考実験の中だけで、明確にした論理ってものは、

 

勿論、

 

あまり意味が無いものでもあり、

 

要するに、

 

「自分自身の在り方。」

「自分自身の血肉。」を通して、

 

その枠組みを、制定でもあり、

明確化していく必要性がある事もまた、

言うまでもない事ではあるのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

要するに、

 

「自分自身の在り方。」でもあり、

「自分自身の血肉。」を通してこそ、

 

枠組みが適当な場合であったとしても、

 

自分自身の枠組みの上では、

 

確かな、論理性が存在する事を、さし表すものでもあり、

 

だからこそ、

 

多様性を無視した、

 

所謂、

 

「悟り。」のような状態では、

 

その論理には、

エンターテイメント性しか存在しなくて、

 

現実的に、

実践的に使う上では、

 

思ったような、同じような結果を得る事が、難しいのもまた、

「当たり前。」なものではあるのでしょう・・・・・・・。

 

 

が、

だからこそ、

 

全部、自分自身の枠組みを通して、

再構築する事が、望ましいものでもあり、

 

それでこそ、

 

お手本通りの結果は、得る事が出来ないものかもしれないとしても・・・・・・、

 

自分自身の納得を得る結果を、得る為には、

正しい道のりには、なってくるものではあるのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

そのような、

 

上記の前提を当たり前に踏まえてこそ、

 

論理的思考ってものが、役に立つものでもあり、

 

まぁ、

 

目の前だけの、小さな再現力を持つ為だけなら、

 

普通に、

 

論理ってものは、役に立つ側面は、

 

勿論、持ち合わせている事でしょうが・・・・・・、

 

大事になるのは、

抽象度を高めた上での、論理になるだろうと。

 

 

 

何よりも、

 

抽象度を高めた論理を、

保持している方が、

 

何かと、省エネにはなってくるだろうし、

 

自分自身の、持ち合わせているエネルギーでもあり、

モチベーションが入り込むスペースってものを、

 

目の前の、

今ここの現実の為に、使用可能になるのと同時に、

 

今ここだけじゃあ無くて、

今ここの自分自身から、

 

過去を踏まえた上での、

未来視点の自分自身に、アクセスする事により、

 

未来に繋がる、今ここと言う風な、

世界観でもあり、ゲーム性を、

楽しめるものではあるって事なのです・・・・・・・・!!

 

 

 

だからこそ、

 

未来視点ってものは、

勿論、大切なものではあるのですが・・・・・・、

 

それよりも大事になるのは、

 

過去のカスタマイズでもあり、

「自分自身の在り方。」でもあり、

「自分自身の血肉。」の方に、

なってくるものではあるって事なのです。

 

 

 

そのような、

 

未来の根っ子が明確でもあり、

自分自身が望む在り方と、ズレが少なければ、

 

その、

 

抽象度を高めた、論理的思考は、

確信と納得を得ながらも、

アウトプットを進めていく事が可能となり、

 

決して、

 

今ここだけのようなアウトプットにおいても、

 

無駄無く、

未来視点に関連させて、

自分自身の、セルフマネジメントを、

可能にしていくものでもありつつも、

 

自分自身だけだと、

手が届かない環境でもあり、状況においても、

 

全体性とはまた別の、

 

自分自身の世界観でもあり、

自分自身のゲーム性を、

先に進めて行くと言う風な、

 

自分ならではの未来視点を持って、

 

少なくとも、自分視点では、

 

「人生の主導権は、自分の手の内にある。」

 

もしくは、

 

「人生の主人公は、自分自身だ。」

と言う風な、

 

セルフエフィカシーを高い状態に保つ

 

もしくは、

 

セルフエフィカシーを、極度に失わない状態にて、

 

アウトプットを進める事が、可能になるって事なのです・・・・・・・(^^)

 

 

 

まぁ、

結局は、

 

普通にアウトプットすれば、

普通の結果は出るって事ではあるのですが・・・・・・・、

 

その普通にアウトプットし続けるって事の為に、

 

展開しておかないといけない、

論理ってものが、存在するって事でもありますし、

 

その、

普通の想定が、高くなればなるほど、

 

結果も高くなるのもまた、

「普通。」ではあるのでしょう・・・・・・!!

 

 

 

けれども、

 

上だけを見ていても、

足元だけを見ていても、

 

そのような在り方は、

体現出来きれないものではあるでしょうから・・・・・・・、

 

上下左右を含めた上での、枠組みってものが、

大切な要素とはなるでしょうし、

 

自分自身の望む未来像と、

ズレが存在する場合においては、

 

自分自身の、行動スタンスの改善でもあり、

自分自身の肉体改造ってものもまた、

 

必要となるものでもあり、

 

あまりにも、

ズレが大きな、過剰な欲ってものは、

 

結局は、

 

感謝が足らない状態でもあるのでしょうし・・・・・・、

 

まずは、何よりも、

 

肉体改造する事や、

自分自身の納得を得る為の、ノウハウを、

 

自分自身でこそ、

 

実験・検証した上で、

 

納得を得る為の対価ってものを、

省エネにしておく事が、望ましいものではあるって事でもあるのです・・・・・・・。

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は下記から・・・・・・・・。

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

※この記事は、2017/10/17の記事のリライトとなっております。

 

 

コミュニティって言いますと、

所謂、

ただ単に、人が集まっているだけでも、

ある意味、

一種のコミュニティとは呼べるものではある事でしょう・・・・・・。

 

 

 

何故ならば、

 

我々は、

機能的価値とか、環境の構造そのものにも、ある種の影響を受けるものでもあり、

 

だからこそ、

 

人が多く集まるだけでも、そこは、

コミュニティ足り得てくるものでもありますが・・・・・・、

 

だからと言っても、

 

「そのコミュニティに秩序が存在するか??」

 

もしくは、

 

「居心地が良いのか??」

って部分は、また、

 

別問題でもあり、

 

まぁ、

 

秩序だけであれば、

何も秩序が存在しないなんて事も、あり得なくて、

 

段々と、

 

声が大きな人達の主導によって、

 

そこには、

 

元々存在していたであろう、

機能的価値や、環境の構造によって、

秩序だけなら、直ぐに、出来上がっていくものではありますね・・・・・・。

 

 

 

が、だからと言っても、

 

二つ目にあげた、

 

「居心地が良いのか??」

って問題が、まだ、残っていますね???

 

 

 

その居心地の良さってものは、

 

また、

 

その、個人個人によって、

様々な形態をとるのでしょうし・・・・・・、

 

自分自身が、居心地が良くなる為に、

 

「人を巻き込む。」って性質をも、

持ち合わせているものでしょう・・・・・・・・。

 

 

 

が、

 

結局の所は、

 

「自分自身の在り方。」によって、

その、「居心地の良さ。」ってものが、

出来上がっていると言う事実を省みると・・・・・・、

 

個人だけでは、完結しないにも関わらずに、

個人を主体として、紡ぎあげていくものだと言う事も、

理解出来得るのでは無いでしょうか・・・・・・・???

 

 

 

要するに、

 

1からでは無く、0から始める事が、

前提にくるものでもあり、

 

0からだからこそ、

 

人を巻き込んでも、

 

少なくとも、

 

リソースの余裕を創発出来る事と、

自己責任の原則の、責任を持って貰うって事の、

 

二つの大切な要素を、包括出来得る事になるって事でもあるのです・・・・・・・・!!

 

 

 

ま、

 

1から始めるって事は、

 

ある種の、

 

洗脳教育そのものともなり得るものでしょうから・・・・・、

 

1から始めた人は、

その1の大元となる人の、

 

行動でもあり、指示を待つ「在り方。」となり、

 

自分自身の判断力に対する自信を、

どんどん放棄してしまう在り方となってしまうのもまた、

必然ではあるのでしょう・・・・・・・。

 

 

 

要するに、

 

所謂、

 

「情報弱者状態。」とは言えてしまうのでしょうが・・・・・・、

 

それが0であれば、

また、話は変わってくるものではあるのでしょうね・・・・・・(^^)

 

 

 

0には、何をかけても0ではあるでしょうが・・・・・・、

 

少なくとも、

 

0の領域からこそ、

世界観とか、ゲーム性ってものが、

出来上がっている事実を省みれば・・・・・・、

 

そのコミュニティってものは、

 

あらゆる、機能的価値や、

あらゆる、環境の構造に、応用・流用出来得る、

 

即ち、

キチンと、一つの0と言いますか・・・・・・・、

一つの世界として、

成り立つ側面が存在しうるって事でもあるのです・・・・・・・!!

 

 

 

だからこそ、

 

コミュニティってものは、

コンテンツありきでこそ、コミュニティ足り得るものであり、

 

そのコミュニティの規模の大きさ如何に関わらずに、

 

一つの0でもあり、

一つの世界ってものは、確かに存在し続けるものでもありつつも、

 

より深く関わる人が、増えれば増えるほど、

 

その世界自体が、

大きく、発展していく事をも、さし表しているのです・・・・・・・!!

 

 

 

要するに、

 

コンテンツとは、

世界観でもあり、ゲーム性でもあり、

世界そのものを、さし表すものに、なってくるのでしょうが・・・・・・・、

 

それは、僕自身が定義するよりも・・・・・、

 

あなた自身が、

このコンテンツを出汁にして、

自己責任として、

行動を持って、創発していけば良いものではあるのでしょうね・・・・・・(^^)

 

 

 

まぁ、ある意味、

 

そこまで責任は持てませんからね・・・・・・(苦笑)。

 

 

 

その代わりと言っちゃあ何ですが・・・・・・、

 

余力でもあり、何かを収める事が可能な、

スペースは用意するって事ではあるのですが・・・・・・・、

 

まぁ、

それ自体も、

 

循環させる事自体が、

「僕自身の為。」とは、言っておきましょう・・・・・・(笑)。

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・。

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村