キンジの自分軸哲学

キンジの自分軸哲学

~自分軸を掘り下げて、リアリティに、付加価値にデザインする為のブログ~

あなたは『自分軸』を磨いていますか?



それは『他人軸』じゃないですか??




どうも金山徳允(カナヤマ トクノブ)ことキンジです(^^)




『成幸者』とは、


まず『自分』


それから『他人』


それから『社会』を、


幸せに、豊かにする人達です。





このブログでは、その考えにのっとって、


まず最初の、


『自分』を満たす為に、

『自分軸』にフォーカスを当てて行きます。


私キンジの、

『自分軸=すばらしいと思った価値観』に沿って、

気付いた事、腑に落ちた事を中心に、ロジカルに発信して行きます。


自己啓発的な内容、

スピリチュアル的な内容も、

『自分軸』に沿って、リアリティ臨場感を出して発信して行きます。


また、


私の考えをまとめて、

『オリジナル』なコンテンツとして行きます。


自分自身の実体験を伴った気付きを、

ロジカルに発信して、

その文脈=コンテキストに存在する、抽象度の高い概念を表現します。



そのような、

『自分軸』の大元になるようなものを研究しつつ、

このブログを通じて、

価値観が近い仲間、

私に共感してくれる仲間を集めて、

お互いシェアしつつ、人生を楽しく豊かにして行きます。





なぁなぁの付き合いじゃなく、腐れ縁でもなく、


『自分軸』に沿った同志になりませんか?





あなたの気軽なコメント、

共感メッセージ、

気付きを得たコメントをお待ちしてしています(^^)





 

 

どもども。

 

キンジです。

 

※この記事は、2018/3/04の記事のリライトとなっております。

 

 

面倒くさがりって言うと・・・・・・、

まぁ、所謂、

 

ちょっと枠組みが広すぎる概念でもあり、

 

誰しもが、

ある意味、

 

部分部分に特化して、フォーカスを当てて見ていくと、

「面倒くさがり。」な側面を、

持っているだろう・・・・・・って言うのが、

僕自身の持論ではありますね。

 

 

 

が、

そのように、

 

ある意味、

 

枠組みを広すぎると言えるほど、

とってしまうって言うのにも、

 

キチンと意義が存在していまして・・・・・・、

 

そのような、

ある種の、

 

「めんどくささ。」と言う風な、

誰しもに、フォーカスを変えていけば、

当てはまるような、マイナス要素の概念にこそ、

 

実は、

 

誰しもにとって、

 

何よりも、

 

「自分自身の為になる。」と言う風な、

利用価値ってものが、存在しているのだろう・・・・・・って言う、

 

持論を元にした、自分自身の考察結果から、

きているものではありますね・・・・・・。

 

 

 

それって言うのも、

結局は、

 

インターネットを使用した、

一人から行っていくような作業でもあり、

一人から行っていくような趣味に付随してくる、

 

モチベーション管理の為でもあり、

モチベーションの管理を、

自分自身で、自発的に行っていく為には、

 

何かと、この、

 

「面倒くさい。」って感情の、

処理の仕方でもあり、

 

利用方法について、

コレまたある意味、

 

誰しもにとって、

向き合わざるを得ない概念とも、なっていくものだからなのです・・・・・・!!

 

 

 

だからこそ、

 

「面倒くさい。」って感情を、

フラットにまで、持ち直す方法が必要となるでしょうし、

 

そのシチュエーションにおいては、

 

「面倒くさい。」って感情を、

 

別の枠組みにての、

 

「やりがい。」って言う風な、

プラスの感情に、書き換えて行く事が、

必要ともなっていくのではありますね・・・・・!!

 

 

 

まぁ勿論、

 

仕事仲間がそばにいた方が、

何かと、強制力が働く事によって、

 

「面倒くさい。」なんて言ってられる空気じゃ無くなって、

無理矢理仕事に取り掛かるって方針が、

求められるのでしょうが・・・・・・、

 

そのような、

 

「面倒くさい。」って感情を、

押し殺した経験ってものは、

 

何かと、後々、

 

面倒な項目に、関連していくものでもあり・・・・・・・、

 

だからが故に、

 

出来れば、

 

その感情が湧き起こった際に、

すぐに、迅速に、

フラットな状態まで持ち直すか、

 

もしくは、

 

別の枠組みにおいて、

「やりがい。」となり得るような行動に、

変換する事が、望ましいものではありますね。

 

 

 

まただからこそ、

その、

 

「面倒くさい。」って感情でもあり、

シチュエーションってものを分解して、

分析が必要になってくるものではあるのですが・・・・・・、

 

 

まぁ〜〜〜〜〜〜〜・・・・・・、

 

大概の、

「面倒くさい。」感情の原因の、大半をしめるものって言うのは、

 

大概が、

 

それ以上分解出来ない事柄に、付随してくるか、

 

もしくは、

 

それ以上分解出来ない事柄そのものには、

なってくるものではあるのです・・・・・・・!!

 

 

 

だから、その場合においては、

 

分解するのでは無く・・・・・・、

展開していく事が必要ともなり、

 

結局は、

 

その大小に関わらずに、

ひとまとまりの全体像(ゲシュタルト)から受け取る事になる、

イメージによって、

 

その、

 

「面倒くさい。」って感情が、存在しているのだ・・・・・と言う風な、

事実にも、気が付く事が出来得るのでは無いでしょうか・・・・・・??

 

 

 

だからこそ、

その、

 

大小には関わらず、

ひとまず横においた上で、

 

ひとまとまりの全体像(ゲシュタルト)を、

再構築していく必要性があると言う事なのです・・・・・・・!!

 

 

 

まぁ、上記では、

 

大小とは言いましたが・・・・・・・、

 

所詮、個人の領域から始める事ではありますから・・・・・・、

 

ある意味、

 

そこまで大層な、

全体像(ゲシュタルト)を、構築する必要性なんて、

何処にも無いどころか・・・・・・・、

 

行動ベースで考察していけば、

 

最小単位である、

自分自身の責任を、まず、

ハッキリさせる事が、

何よりも、優先的にくるだろうし・・・・・、

 

その責任がハッキリすれば、

 

自ずと、

 

責任を持つべき人達ってものも、

明瞭には、なっていくものではあるのです。

 

 

 

まぁ、だからこそ、

 

決して、全ての人々を、

包括する事なんて出来ないだろうし・・・・・・・、

 

そこまで万能感が存在するものには、

 

必ずしもと言って良いほど、

 

「胡散臭さ。」が付き纏うのもまた、

 

人の世につきものだろうし、

 

だからこそ、

 

少なくとも、

 

自分自身をも含めた上での、

「多様性。」って概念が、必須となると同時に、

 

その多様性によって、

適材適所を、作り出すのが望まれるのでしょうが・・・・・・・、

 

僕自身としては、

 

仕事のスキルや、能力如何によって、

適材適所を作り出すのは、

 

あくまでも、

 

結果論にすぎなくて、

 

それよりも、

 

「趣味趣向。」もしくは、

「自我の傾向。」によって、

 

多様性を作り出し、

 

相性の良い作業でもあり、

相性の良い人々同志が連携して、

 

「面倒くささ。」を、

「やりがい。」に変化させる事が可能になれば、

 

仕事のスキルや、能力如何ってものは、

 

後付けでも、

環境さえ整えていけば、付いてくるものだろうし・・・・・・、

 

もっと言えば、

 

仕事のスキルや、能力如何の視点よりももっと、

そちらの視野の方が、

何かと、

 

人間的なコアコミュニティの為には、

大切な要素になるだろう・・・・・と、

言う事ではありますね・・・・・・(^^)

 

 

 

だからこそ、

 

足下になってくるであろう・・・・・・、

仕事のスキルや、能力如何の問題は、

「当たり前。」の感覚において、

 

必要最低限身に付けていけば良い代物だろうし、

 

上記で言った、

 

人間的な、コアコミュニティが創発されていれば・・・・・・、

 

自ずと、

 

協力し合って、

 

工夫し合って、

 

仕事の適材適所・・・・・って言うよりは、

 

コアコミュニティの適材適所ってものが、

出来上がっていくものだろう・・・・・・って事でもあるのです。

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

※この記事は、2018/2/24の記事のリライトとなっております。

 

 

まず前提にくる断りでもありますが・・・・・・、

 

何も、

 

「恩着せがましい人の心理を知る。」とは言っても、

 

本当の意味で、

恩がある人の事を、蔑ろにする訳では無いって事でありますね・・・・・・。

 

 

 

要するに、

 

現代のような、

情報過多でもあり、

多様性に溢れかえった世の中だと、

中々、

 

長期的な恩と言う風な関係性になるのが、

難しくもあるものでは無いでしょうか・・・・・・??

 

 

 

 

要するに、

 

だからこそ、

 

短期的な恩にフォーカスを当てて見ると、

 

そのような対象に当たる人達に、

一々、

 

恩人とか、恩とか言う風な、

概念を使用する事自体が、

ある意味、

 

「大層」な事となり、

 

段々と、

 

感謝とか、恩を意識すればするほど、

重たい関係性になりガチで、

 

横繋がりの関係性としては、

どちらからとは断言しませんが・・・・・・、

 

疎遠になりガチだと言うのも、

薄々気付いているのではありませんか・・・・・??

 

 

 

 

勿論、

 

明らかに、立ち位置が高い立場の人を、

相手にする場合においては、

 

感謝とか、恩とかを、意識する事によって、

 

その組織でもあり、コミュニティに対する想いとも取れる事により、

 

あまり問題は無いどころか・・・・・・、

 

明らかに、立ち位置が高い立場の人に対しては、

 

よっぽど、近しい関係性で無い限りは、

 

感謝とか、恩等を、意識する関係性である方が、

 

何かと、

 

「無難。」にはなってくるものではあるのでしょう・・・・・・!!

 

 

 

が、だからこそ、

 

それ以外の人々とか、

初めて繋がる人達に対しては、

 

「恩着せがましい。」って意識を持つ事が、

大事になるでしょう・・・・・って事でもあるのです。

 

 

 

何故ならば、

 

「恩着せがましい。」って聞くと、

 

少々、

 

初対面にしては、失礼に当たる想いなのかも知れませんが・・・・・・、

 

だからが故に、

 

感謝とか、恩を感じる機会を、

主観的に、増やす役割を担う事も可能だと言う事なのです・・・・・・・!!

 

 

 

 

・・・・・・っと言うのも、

結局は、

 

自分自身の立ち位置ってものが、

明らかに、高まっている人達にとっては、

 

「そんなものは不要だ。」って思う方も、

中には存在しているのでしょうが・・・・・・・、

 

普通の一般的な立ち位置の人たちにとっては、

何かと、

 

感謝とか、恩を意識する事によって、

 

勿論、

 

心の感受性が高まる効果は見込めるものではあるのでしょうが・・・・・・・、

 

横の繋がりから浮いてしまって、

孤立してしまうケースがあるからなのです・・・・・・・。

 

 

 

だからこそ、

 

感謝とか、恩を、素直に受け取る、

 

もしくは、

 

素直に感じとる、享受する為には、

 

感謝とか、恩の前段階でもある、

 

「恩着せがましい。」って想いが、

 

逆に、大切な要素となり得るのではあるのです・・・・・・!!

 

 

 

また、

 

感謝とか、恩、そのまんまの意識であれば、

 

限られた、「選ばれしもの。」にしか、

感じる事が出来ないものではありますが・・・・・、

 

「恩着せがましい。」だと、

 

ほぼほぼ、

全ての人に、

 

その想いを、描く事が可能なもんでもあるのです・・・・・・!!

それがイイかワルイかは、とりあえず横に置いておいて・・・・・(笑)

 

 

 

また、

 

「恩着せがましい。」と言う風な、

 

一見、

ネガティブワードだからこそ、

 

感謝や、恩や、お陰様と言う風な・・・・・・、

正味の意味での想いを、

 

自分自身から、引き出す事も可能になるって事なのですが・・・・・・・、

 

それでも言えるのは、

 

無理矢理、

感謝や、恩や、お陰様って想いを、

描く必要性なんて無くて、

 

あくまでも、

 

自分自身の、心の受容度でもあり、

感受性によって、

素直な、素朴な想いを感じ取って、

 

言動によって表現するって事が、

 

結局は、

 

その想いを感じた相手にとって、

 

一番の、「恩返し。」とはなるのでは無いでしょうか・・・・・・・??

 

 

 

 

が、

 

ここでも注意が必要なのは・・・・・・、

 

その言動そのものが、

その相手にとって、

納得を得る言動であるかと言う風な保証が、

何処にも存在しないって事ではありますね・・・・・・・(苦笑)。

 

 

 

 

要するに、

 

その感謝や、恩や、お陰様の精神を、

 

別に、

 

ギブアンドテイク風に、

その相手に返しても良いのでしょうが・・・・・・、

 

それよりも、

 

また別の相手でもあり、

 

それによって得た学びを、

自分自身が相対する全ての人を対象として、

返す・・・・・・と言うよりは、

 

自発的に与える精神によって、

 

何よりも、

 

循環を優先するって事が、

 

何かと、

 

その相手でもあり、自分自身でもあり、

世界の為にもなるものでもあり、

 

その言動でもあり、

良い循環のスパイラルを、

途切れないようにしていく術とは、

なっていくものなのでしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に、掘り下げておいた記事は下記から・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

※この記事は、2018/2/14の記事のリライトとなっております。

 

 

って言うと・・・・・・、

所謂、

筋もの=ヤクザ的な発想をする人も、

中には存在しているとは思いますので、

 

最初に断っておきますが・・・・・・・・、

 

ここでのって言うのは、

 

一貫性を持って、ある一定の枠組みまで、

言動を持って表現する事によって、

人々に対して、宣言するもしくは、

背中を見せる事によって、

「筋を通す。」って事には、当てはまってくるものではあるでしょう・・・・・・!!

 

 

 

要するに、

 

「筋を通す。」って事は、

大きく見れば、

 

何事も、筋を通さない事には、

成し遂げる事が、出来ない事を、

差し表す訳ではありますが・・・・・・、

 

そもそもとして、

 

人は、自分一人だけで生きている訳じゃあ無いだろうし、

自分自身の自覚出来ている世界だけが、

この世界全てを、表す訳ではありません

 

 

 

だからこそ、

 

ここでは特に、

 

「自覚的に、筋を通す。」って事に、

フォーカスを当てていきたいとは思いますが・・・・・・、

 

上記で言ったような、

 

多様性でもあり、別の視点からみた世界でもあり、

 

もう一つの、

 

俯瞰的視点から見た、

構造的な世界からの影響がある事をも考慮しつつも、

 

あえて、

自覚的な、

 

「自分自身の世界観に、筋を通す。」

って事について、語って行こうとは思いますが・・・・・・・・、

 

そうすると、

 

まぁ〜〜〜〜〜〜大抵の場合において、

 

普通にビジネスや、仕事に取り掛かりながら、

生活をしている我々にとっては、

 

「如何に、筋を通す事の難しさ。」ってものも、

なんとは無しに、見えてくるものでは無いのでしょうか・・・・・・・??

 

 

 

 

要するに、

 

大抵の場合においては、

 

マクロ的な、大きな構造的な視点、

即ち、

 

俯瞰的な視野においては、

「筋を通す。」って事は、わかり易くもあるのですが・・・・・・、

 

そもそもとして、

 

そのような、

大き過ぎる視野においては、

 

何よりも、

 

「わかりやすい結果。」ってものが、

必要不可欠な要素となり、

結局は、

 

大きな結果が出る=筋が通るともなってしまいガチで、

 

あまり、

 

個人の領域においては、

その、「筋を通す。」って事自体に、

フォーカスを当てる事自体が、

得策では無くなってくるものだろうし・・・・・、

 

それは突き詰めて言えば、

 

運とか縁気とか、

占いの領域になってしまうものでもあるでしょうが・・・・・・・、

 

だからと言っても、

 

何もアクションを起こさない場合においては、

その、運とか縁気とか、

占いの領域の、土俵に立つ事さえかなわないってもんでも、

ある事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

だからが故に、

 

個人の領域から見た、

 

小さな意味での、

「自分自身の言動に、筋を通す。」って事が、

 

何よりも、

 

運とか縁気とか、

占いの領域の、土俵に立つ為には、

必要な要素となるものではあるのですが・・・・・・・・、

 

大きな視野から見た、

俯瞰的な「筋を通す。」って事は、

 

何も、

 

大きな良い結果だけの事を、

差し表す訳じゃあ無いだろうし・・・・・・・、

 

大きな視野だけに、

 

マイナスの結果の方も、

 

途方もないくらい、

大きなマイナス要素と、関連していく事も、

あり得る訳ではありますね・・・・・・(^^;)

 

 

 

 

だからこそ、

 

小さく始める=行動を持って始める=言葉から始めるって事が、

 

どちらかと言えば・・・・・・、

 

大きなプラスを追い求めるよりも先に、

「大きなマイナスを如何に回避するか??」

って言う風な、

 

自己マネジメントの視点の元に、

必要となると同時に、

 

その言動を持ってして、

自分自身でもあり、自分自身の立ち位置・・・・・・って言うよりは、

方向性ってものの、

微差の領域からの舵取りってものが、何かと、

 

自分自身の主観的世界でもあり、

ゲーム性のようなものを、

活用していく術とはなっていくものではあるのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

・・・・・・って言うのも、

結局は、

 

充実感とか、楽しさってものは、

自分自身の主観的視点から、

出来上がっているものでもありますから・・・・・・、

 

ただ単に、

 

機械的とか、環境に流されっぱなしの状態だと、

 

色々、

問題も出てくるものでしょうし・・・・・・・、

 

下手をすれば、

 

心の病気にもなりかねないでしょうし、

 

もしくは、

 

環境や誰かに、依存しっぱなしの人生に、

なってしまう可能性も、

無きにしも非ずではありますね・・・・・・・。

 

 

 

まぁ、

 

その環境や誰かが、

盤石な体制であったり、

 

もしくは、

ある意味、

 

それくらいコミット出来得る人物たる、

自分自身の関係性と言う意味での、

信頼性でもあり、交流実績が存在していれば、

 

問題は無い人も、中にはいるのでしょうが・・・・・・・、

 

僕個人の見解としては、

 

それでも、

 

この多様性な世界では、

ある種の、突発的な出来事によって、

その環境でもあり、その信頼たる誰かとも、

関係性自体が、

 

「壊れない保証は無い。」って言う風な、

思いも、拭い切れるものではありません・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

だからが故に、

 

その環境でもあり、その信頼たる誰かとの、

関係性が壊れたとしても、

 

その経験を活用して、

新たな環境でもあり、関係性ってものを、

構築する為の準備・・・・・・・って言うよりは、

 

構築が捗る下準備ってものを、

用意しておく事に、越した事は無いどころか・・・・・・、

 

それを持って、

 

自分自身の充実感や、楽しさをベースとした、

「安心。」ってものを享受する方が、

 

結果的に、

 

何事も、

 

過度に心配性になる必要性すらなく、

等身大の自分として、

向き合っていく事も、可能になるもんではある事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

要するに、

 

言動と言う意味での、

日々の結果が、

必須となってくるものでしょうが・・・・・・・、

 

まぁ、

 

このような、

 

ブログ等の情報発信ってものは、

言語化とタイピングによる行動ってものが、

ニコイチセットになっているだけに、

余計に、能率も上がる代物ではあるのでしょうね・・・・・・・(^^)

 

 

 

 

勿論、

 

行動の方が、何かと、

自分自身に与える影響力が、大きくもあり、

 

もっと言えば、

 

行動の積み重ね=小さな結果の方が、

有事の際には、頼みにしやすい側面も持っているでしょうし・・・・・、

 

それを頼みに、

結果的に、

 

言語でもあり、マインドの方も構築する方が、

 

何かと、

 

自分自身の主観的視点においての、

「筋を通す。」って事の、

効率性も上がるでしょう・・・・・・って事なのです。

 

 

 

まぁ、

 

そのサイクルに慣れている人にとっては、

言語からでも、行動からでも、

結果的には変わらないものなのかも知れませんが・・・・・・・、

 

僕個人の見解としては、

 

行動の方が、自分自身に与える影響力ってものが、

強いものでもありつつ、

 

言語化を意識する事によって、

 

大きなマイナスの回避の微調整も可能になるだろうでしょうけど・・・・・・、

 

結果的には、

 

人と共有する為には、

言語化ってものは、避けては通れないものかと。

 

 

 

 

まぁ、

 

自分だけで済ますような行動には、

言語化自体、必要無いものかも知れませんが・・・・・・、

 

それ自体にも、

 

代用となる言語化が、必要不可欠となると言う事も、

解っちゃいるだろうけど・・・・・・、

追記しておきますね・・・・・・。

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に、掘り下げておいた記事は下記から・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

※この記事は、2018/2/06の記事のリライトとなっております。

 

 

テレビとか、いつも同じような発信ばかり見ていると、

忘れがちになってしまいガチなものではありますが・・・・・・、

 

人には多様性ってものが存在しているって事を、

忘れてしまってはいけません・・・・・!!

 

 

 

何故ならば、

 

言葉とか行動ってものは、

人と共有する為にあるものとも、

定義出来ない事も無いものなのでしょうが・・・・・、

 

そのそれぞれの、

 

育つ過程で育まれた、人の個体差や、

もっと言えば、

 

専門性や、普段からの習慣によって、

同じ言葉の定義である場合なら特に

「厳密な違い。」と言う名の、

多様性に、ぶち当たってくるものだろうし・・・・・、

 

だからこそ、

 

その各々が、

掘り下げて、自問自答して考察する・・・・・、

って言う風な、

 

その各々にとっての、

 

厳密な情報を展開して、

一つの小さなゲシュタルト(全体像)を、構築する必要性があるとも、

言えてしまう事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

だからが故に、

 

一見、

 

同じような情報であったとしても・・・・・・・、

 

自分なり、自分でこその、

フィルターを通した情報が、出来上がるとも言えるのでしょうが・・・・・・・、

 

その情報ってものも、結局は、

 

手足を使った

 

たとえ、

 

小手先からの行動であったとしても、

自分自身の、アウトプット=行動を持ってして、

紡ぎ上げて行く事こそが、

 

結局は、

 

自分自身の納得を得ると同時に、

 

人にも同じように、

 

納得を得るプロセスを経て、

言語や映像や音声として、共有する事が可能になる代物とは、

なっていくものではあるのでしょうね・・・・・・。

 

 

 

まぁだからこそ、

 

最終的には、

 

その受け手の在り方でもあり、

スタンスに委ねられるとも言えるのでしょうが・・・・・・・、

 

それは逆手に取れば、

 

発信側が、

どのような、酷い情報を提供しても、

責任回避してしまう恐れも出てくるもんではありますが・・・・・・・、

 

これの解決策としては、

 

インプットよりも、アウトプットの方が、

自分自身に与える影響力ってものが、

優れているものでもあり、

 

自分自身の主観世界ってものは、

紛れもなく、

 

自分自身のアウトプットによって、

構築でもあり、再構築されるものだとは、

言えてしまうのでしょうね・・・・・・。

 

 

 

まぁだからこそ、

 

多様性に紛れる事によって、責任回避が出来得るって事には、

変わりは無いのでしょうが・・・・・・、

 

少なくとも、

 

自分自身の、この世にただ一つの、

肉体には責任を持つ事によって、

 

「責任回避もアホらしくなる。」ような情報にこそ、

 

自分軸として、責任を引き受けて

尚且つ、

 

自分自身の専門性として、

ブラッシュアップしていくのが、

 

何かと、

 

自己成長でもあり、自分自身の納得を、

勝ち取っていく術とは、

なっていくのでは無いでしょうか・・・・・・・??

 

 

 

まぁ、だからと言っても、

 

多様性に紛れて、責任回避するって事を、禁じるって事では無いのですが・・・・・・。

 

 

 

少なくとも、

 

あまりにも、酷い責任回避ってものを、

丸ごと人事とする為には、

 

誰しもにとって、

必要不可欠なものでもあるでしょうし・・・・・・・、

 

そもそもとして、

 

その責任回避自体が、

無自覚でもあり、自分自身のメンタルブロックのスコトーマ(盲点)に隠れてしまっている場合も、

無きにしも非ずでしょうから。

 

 

 

だからこそ、

 

アウトプット=行動を持って、

距離感を保つって事も、

重要な要素となると同時に、

 

それによって、

 

自分自身のフォーカスでもあり、エネルギーのリソースを、

「自分の好きな事。」や、

「自分の納得を得やすい事。」に向けれるように、

 

自己マネジメントする事が、

 

何かと、

 

この、

多様性に溢れた世界を、前向きに捉えて、

 

その多様性の中で、

自分でこそ、自分ならではの世界観でもあり、

ゲーム性を紡ぎ上げながら、邁進する術と、なっていくのでは無いでしょうか・・・・・・??

 

 

 

それが要するに、

 

多様性を受け入れて、

尚且つ、

人と共に歩むってことには、

なってくるのでしょうが・・・・・・・、

 

その為にはまず、

 

人と共有する為の、

言語化や、行動ってものに、

長けておく必要性があるとも言えますし・・・・・・・、

 

コミュニケーション能力を高めておくとも言えますし・・・・・・、

 

共感力を高めておくとも言えるだろうし・・・・・・・、

 

またまた、

 

人の行動や言語を、

自分自身の在り方やスタンスに沿って、カスタマイズする

 

もしくは、

 

自分自身のアート性を持って、

自分でこそ、自分ならではの表現に、

再構築する能力ってものが、

必要不可欠とはなってくるものでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

まぁ、

 

人と全く同じ共有をすること自体に、

何の抵抗もでない人や、

 

人と全く同じ共有をすること自体が、

「自分自身の納得を得る術。」と言う人にとっては、

 

ある意味、

 

そのまんま、トレースすればよろしいのでしょうが・・・・・・、

 

それって言うのも、

結局は、

 

そのトレースする側の人の、在り方やスタンスの問題でもあり、

そのトレースされる側の人の、在り方やスタンスの問題でもあり・・・・・、

 

その相性によっては、誰しもに、

 

そのような人が、

この世の何処かには、

存在しているのでしょうが・・・・・・、

 

そもそもとして、

 

この世は多様性に溢れているものでしょうから、

 

それだけの世界観でもあり、

それだけのゲーム性だけじゃあ、

 

この多様性に溢れた世界を、

渡り歩いていく為には、

不完全だと言うことでしょうし・・・・・・・、

 

何よりも、

 

ある程度の、

渡り歩いていく為の、

移動力ってものがあったほうが、

 

人生の楽しみも増えるだろうし、

 

それによってまた、

 

自分自身の納得を、得やすい行動でもあり、表現を、

構築することが、可能になるもんでもあるのでしょうね・・・・・・・!!

 

 

 

ここまで、

 

納得、納得と言ってきましたが・・・・・・、

その納得には、

たとえ、

 

人との違いに、フォーカスを当てるような、

行動でもあり、言葉であったとしても、

調和がつきものだと言う事も、

 

一応、

追記しておきましょう。

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

※この記事は、2018/1/29の記事のリライトとなっております。

 

 

セルフエフィカシーと言いますと、

要は、

「やりがい。」とか、

「充実感。」といった類の概念の事でもありますし・・・・・、

 

結果的に、

モチベーションに繋がっていく概念の事ではある事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

また、

 

人生の主人公を目指すって事は・・・・・・・、

 

実は、

 

それ自体を目指す、体現する事自体が、

所謂、

 

ある種の、アート性を追求して、

体現していく事に、他ならないものでもある事なのです・・・・・・!!

 

 

 

・・・・・・っと言うのも、

 

結局は、

 

みんながみんな、

公共の場や、公衆の面前で、

誰も彼もが、主人公づらをする事を、

ちょっと想像してもらいたいのですが・・・・・・(苦笑)、

 

 

まぁ、

 

その中に混ざって見れば、

客観的に観て、

 

「うざく感じる。」のもまた、

 

人の自我の習性であるとも言いますし・・・・・・、

 

これだけ、

 

多種多様な人々で、

構成されている、社会の中で、

 

人とのまともな関係性を、構築していく為には、

 

逆に言えば、

 

いぶし銀となりうるような、

黒子な役割を、キチンと体現出来ているような人の方が、

 

何かと、

 

人との良い関係性を、築き上げ易いってのも、

何かと、理解可能なのでは無いでしょうか・・・・・・・??

 

 

 

 

要するに、

 

その為には、

 

陰徳となりうる行動ってものが、

必要となるものではあるのでしょうが・・・・・・・、

 

 

まぁ〜〜〜〜〜〜〜、

 

陰徳とか、言葉では言いましても、

中々、

 

自分自身の、根源的な欲求を持ち合わせている、

我々には、

 

いきなり陰徳と、結果的になり得る行動って言うのは、

 

あまり、

 

自分自身で意識しては、

とって行きづらいものでもあるのでは無いでしょうか・・・・・・・??

 

 

 

だからこそ、

そのような、

 

ベースとなりうる、

自分自身の、根源的な欲求を満たしながらも、

自分自身のゲーム性でもあり、

世界観でもあり、

アート性を持ってして、

 

 

少なくとも、

 

自分自身の主観的な領域においては、

「人生の主人公たる。」必要性も、

何かと出てくるもんでもありますし・・・・・・、

 

それでこそ、

 

ただの綺麗事のような、

無茶振りの自己犠牲をする必要性無く、

 

人々にとって、

結果的に、

 

陰徳となる可能性が出てくる行動を、

とっていく事が、可能になると言う風な・・・・・・、

算段である次第ではありますね・・・・・・・(^^)

 

 

 

だからこそ、

 

「人生の主人公。」を、目指す必要性が出ると同時に、

 

そのプロセスにおいて、

 

自分自身のアート性とか、

セキュリティ性を高める必要性が出てくるものでもありますし、

 

そのプロセスにおいて、

 

ギブアンドテイクを超えた、

ギブアンドギブたり得る結果を、

紡ぎ上げる事が可能となり、

 

それによって、

良い循環が起こるとも言えますし・・・・・・・、

 

良い循環を、

何よりも、

自分自身が、信じる事が可能となり、

 

これもまた、良い意味で、

受け取る事もまた、

可能になっていくものではあるのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

まぁ、

多分に、

 

「自分自身が提供出来得たものが、因果応報の如く、循環する。」と、

 

大きく言えば、

言えるものではあるのでしょうが・・・・・・・、

 

それもまた、

 

逆に言えば、

 

循環してくるものが、

自分自身の主観的視点から観て、

解りきっているようなものには、

 

段々と、

 

自分自身に慢心の心が出てくるのか・・・・・・、

 

単純に、

 

飽きが出てくるのか・・・・・・・・、

 

あまり、単純に、

 

感謝出来なくなってしまうのもまた、

 

我々人の、

習性の一部では無いでしょうか・・・・・・??

 

 

 

 

要するに、

 

そこに、

ゲーム性でもあり、アート性が必要となるとも言えるだろうし・・・・・、

 

自分的には、耐えがたいような解釈を、

せざるを得ないような循環があったとしても、

 

主観的な、主人公視点においては、

 

別の解釈に、書き換える事も可能だろうし・・・・・・、

 

結果や、構造が同じであれば、

 

自分自身の、主観的視点であれば、

どんな解釈をしても、構わないとも言えるだろうし・・・・・・、

 

その解釈に、不味い部分が存在していれば、

 

結果的に、

 

その不味い部分も、因果応報なごとく、循環する事によって、

 

結局は、

 

「自分自身のペース配分。」によって、

成長でもあり、乗り越えていく事には、

なっていくものでは、あるのでしょうね・・・・・・。

 

 

 

まただからこそ、

 

自分自身の、主観的視点において、

「人生の主人公となろう。」って事ではあるのですが・・・・・・・、

 

そこのアート性でもあり、ゲーム性のようなものの、

レベルが低ければ、

 

あまり、

 

人にとって、陰徳となり得る行動には、

 

特に、

 

始めたての人々の場合においては、

ならないものだろうし、

 

だからこそ、

 

そこからの、モチベーションには、

最初は期待せずに、

 

主人公たる世界観でもあり、

ゲーム性でもあり、

アート性の方に、フォーカスを絞って、

 

行動していく方が、

 

何かと、

 

小さな結果を、継続して出していく、

エネルギー源とは、なっていくものではあるのでしょうね・・・・・(^^)

 

 

 

まぁ、簡単に言えば、

 

同じ結果でもあり、

同じ運を引き寄せる為にも、

 

その役割分担でもあり、

その人のキャラクター性によって、

 

視点は無限数存在しているものでもありますから・・・・・・、

 

まずは、

 

等身大での大きさでの、

 

マクロで言えば、

小さな結果を出す事を、心がけて、

 

その小さな結果を持って、

大きな結果でもあり、

運気を引き寄せる事が、大事になっていく・・・・・・・、

って言う事ですね・・・・・・!!

 

 

 

要するに、

 

「結果が結果を呼ぶ。」って事ですね。

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・。

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

※この記事は、2018/1/21の記事のリライトとなっております。

 

 

初めに断っておきますが・・・・・・・、

何も、

影響力のある人を志すとは言っても、

誰も彼もが、

何かしらの、グループリーダーを目指すものでは無いって事ではありますね・・・・・・。

 

 

 

要するに、

 

グループリーダーには、

それなりの、役割と責任が、のしかかってくるものでもあり、

 

ある意味、

 

その役割自体が、

仕事でもあり、ビジネスでもあり、

お金の循環ありきの問題ではある事でしょうし・・・・・・、

 

何よりも、

 

グループリーダーってものは、

一人いれば、事足りる側面があると同時に、

 

それ以外の人々を、蔑ろに出来得る理由にも、なりかねないものでは、

ある事でしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

 

だからこそ、

 

少なくとも、

 

自分自身の、人生の方向性の舵取りをする上での、

自分軸リーダーを、目指す必要性があるとも言えますし・・・・・・、

 

自分軸リーダーであれば、

 

誰しもにとって、必要となると同時に、

 

目指す事自体にも、

 

あまり、弊害ってものが、出てこない代物ではある事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

また、だからが故に、

 

自分自身の行動ってものを、

自分自身で蔑ろにしない配慮ってものが、

何よりも、優先すべき問題であると同時に、

 

その為には、

 

言語化が大切なのは、

 

まず、

 

自分自身が把握する上でも、

言うまでも無い事なのでしょうが・・・・・・・、

 

それ以上に、

 

行動によるアファメーションでもあり、

行動による、

コミットの力ってものを、

 

日々、実感すると同時に、

 

その行動の意味付けってものも、

勿論、

 

大切な要素にはなり得るのですが・・・・・・、

 

意味付けど〜こ〜よりも、

さらに突っ込んで、

 

ゲーム性とか、世界観を、構築する為の、部品の一部として、

 

自分自身の行動を、俯瞰していく必要も、

出てくるものでも、あり得るのです・・・・・・!!

 

 

 

また、

それによって、

 

このような、ブログ等で発信する事によって、

 

結果的に、

 

同じような、自分軸の仲間ってものが、

増えていくものではあるでしょうが・・・・・・・、

 

結局は、

 

その仲間達って言うのは、

自分自身の表現でもあり、アウトプットを、

楽しんでいる様を、

 

生暖かく、見守ってくれる仲間達と、

なっていくものではあるのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

だからこそ、

 

自分自身のアウトプットのタイピングにも、

エネルギーが流れ込んでくるものでもあり、

 

それによって、

少なくとも、

 

タイピングによるアウトプットによる、

言語化は、捗っていくものでもありますから・・・・・・・、

 

後は、

 

そこで構築した、

マインドセットなり、

ゲーム性なり、

世界観ってものを、

 

実際に、

 

自分自身が、リアルの行動に踏まえる事によって、

 

ネットの世界とリアルの世界を、

少なくとも、

 

自分軸の中では、繋げてしまう事が、

可能になっていくものでもあるのでしょうね・・・・・・・(^^)

 

 

 

 

まぁ、

僕自身、

 

このブログを始める前から、

リアルの仕事や生活において、

自己啓発の勉強をしながら、

行動に意味付けをするって事自体は、

 

何かと、習慣にはなっていましたから・・・・・・、

 

その学んだ、自己啓発通りの意味付けが、

自分自身の行動に付けられていたかは、さておき・・・・・・・、

 

自分ならではの意味付けや、言語化ってものは、

当たり前の習慣にはなっていましたし、

 

それが他人の納得を得る答えになっていたかも、さておき・・・・・・・、

 

少なくとも、

 

自分自身の納得を得る=行動する為の、モチベーションの源泉となっていた事自体は、

事実ではありますね・・・・・・・(笑)。

 

 

 

 

まぁ、要するに、

 

自分自身の納得を得る事自体は、

 

決して、

 

そのまんまでは、

 

人の同意はともかくとして・・・・・・、

人の答えには成り難かった、

事実を、申している訳ではありますが・・・・・・、

 

だからと言っても、

その、

 

自分自身の納得を度外視する事もまた、

自分自身のモチベーション管理としては、

認識が甘いとなるのもまた、

 

経験則によって、

府に落ちている次第ではありますね・・・・・・・。

 

 

 

 

だからが故に、

 

納得をベースとして、

調和の在り方を目指すスタンスとなりうる訳でもあり、

 

その納得自体は、

自分自身の行動でもあり、

マインドセットでもあり、

ゲーム性でもあり、

世界観でもあり・・・・・・・、

 

 

結局は、

 

行動する場さえあれば、

 

勿論、

 

人と関わっていくものではありますが・・・・・・、

 

自己完結出来てしまうものだと言っても、

過言ではありませんが・・・・・・・、

 

そこに、運がついて来れば

結果的に、

 

成果とは、繋がっていく代物ではあるのでしょうね・・・・・・・(^^)

 

 

 

 

まぁ、

多分に、

 

「お陰様。」の精神ではあるのですが・・・・・・、

その「お陰様。」を引き出す為の結果は、

 

何かと、

 

自己完結的に、行う必要性があるものとは、

なっている事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

※この記事は、2018/1/13の記事のリライトとなっております。

 

 

シュールに表現すると言いますと、

物事に、安易な答えを出さない為には、

必須となってくる表現方法とも言いますし・・・・・・、

 

また、

 

何でもかんでも、安易に答えらしきものを、

具体化する事には、

何かと、執着が生まれるものではある事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

と言うのも、

 

世の中、出たとこ勝負をかける際(大抵の物事の、スタート地点とも言える。)には、

 

大抵の場合、

安易な答えを出す事や、

もしくは、

 

安易な答えだと、人から判断される場合において、

 

色々と、

 

本来なら、

背負わなくても良い責任を、背負わざるを得なくなる場面も、

多々存在している事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

勿論、

だからと言っても、

 

責任問題を、全て放棄する事自体が、

 

情報過多な現代においては、

無理ゲーな部類には、入ってくるものでしょうから・・・・・・、

 

何かしらの責任ってものを、

自覚的に背負う事自体が、

 

結果的には、

 

自分自身で責任を選ぶ事によって、

 

逆に、

 

無責任でいれる領域ってものを、

作り出す事にも、当てはまってくるものでしょうし、

 

そもそもとして、

 

自分自身の肉体自体、この世に一つだけのものでもありますから・・・・・・、

 

それを踏まえた上での、

 

責任の選択ってものを、

行動でもあり、アウトプットによって、

行うのが、望ましいものでもありますが・・・・・、

 

勿論、

それらを踏まえた上であれば、

 

言語化ってものが必要となるものでもあり、

その言語化と、行動と、自分自身の在り方によって、

 

責任を選択する事が、望ましいものとはなってくるものでしょう・・・・・・!!

 

 

 

・・・・・となると、

結局は、

 

シュールな表現方法とか、

シュールな解釈方法等に、

長けてくる必要性が出てくるってもんではある事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

要するに、

 

結果的、もしくは、

 

肉体的、在り方的に言えば、

 

全ての責任放棄なんて、

到底出来っこ無いものではありますから・・・・・、

 

それらを踏まえた上で、

 

責任を選択する、もしくは、

責任を放棄するって事が、

 

何よりも、

「自分自身の納得を得る。」為には、

必須となってくるのです・・・・・・・!!

 

 

 

勿論、

 

「自分自身の納得を得る。」為には、

 

人との関係性をも考慮して、

責任問題に取り掛かっていく事は、

言うまでも無い事ではあるのでしょうが・・・・・・・、

 

意外にも、

 

人からの納得を得る事自体は、

容易く済んだ時に限って・・・・・・・、

 

自分自身の納得を得る敷居が高いケースって言うのも、

 

世の中には存在しているって事でもありますし・・・・・・、

 

また逆に言えば、

 

人の納得って問題自体が結局は、

 

その人自身の問題でもありますから、

 

自分自身の納得を得る問題に、

フルコミットして、問題無しとも言えますし、

 

だからと言っても、

 

その、

自分自身の納得に、

同意を求めてはいけないってのもまた、

 

何かと、

 

この世の中の原理原則のような気がしてならない、

今日この頃ではありますね・・・・・・・(笑)。

 

 

 

まぁ、

 

自分自身が納得出来うれば、

万事OKではあるのですが・・・・・・・、

 

出来うれば、

 

そのプロセスにおいて、

人との関係性が出来上がっていけば、

これ幸いかなと。

 

 

 

って事が、

結局は、

 

構造的に見た、シュールな表現方法でもあり、

構造的に見た、シュールな解釈となるのだろうと、

僕自身は、思う次第ではありますが・・・・・・・、

 

だからこそ、

 

調和の関係性に落ち着く事自体は、

 

自分自身と人との間に、

違いってものは存在しないのでしょうが・・・・・・、

 

その意図でもあり、

納得の正解の形には、

勿論、

 

近い形ってものは、無数に存在していても、

大差でもあり、格差が存在していて、

当たり前なものでもありますから・・・・・・、

 

尚更、

 

そこの価値観の擦り合わせを、

討論する事自体が、

「終わりの無い戦争。」を行う事と、

同義でもありますから・・・・・・・、

 

そこにはお互いが、

 

世界観でもあり、ゲーム性を考慮する必要性があると同時に、

 

自分自身の納得を得る為の、

型でもあり、場ってものを保持していて、

 

一人前の大人とは、

言えてしまうものでしょうし・・・・・・、

 

それらを前提として、

 

コミュニケーションでもあり、人付き合いをしていくのもまた、

当たり前な感覚ではあるのでしょうね・・・・・・!!

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に、掘り下げておいた記事は下記から・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

※この記事は、2018/1/04の記事のリライトとなっております。

 

 

何事も、我がままに行うだけじゃあ、

人の理解を得る事が難しいものではあるのでしょうが・・・・・・、

そもそもとして、

 

「みんなの為。」という風な、

フワッとした表現で、

自分自身の損得を語るのは、いかがなものでしょう・・・・・・??

 

 

 

勿論、

 

常識とか、共通認識という風なものは、

ルールを制定する上では、大切な要素にはなるでしょうが・・・・・・・、

 

その常識とか、共通認識という風なものは、

大抵の場合において、

 

破ってはいけない項目に、該当する代物とはなっているのが、

世の常ではある事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

勿論、

 

破ってはいけない=足下の部分には、

当てはまってきますから、

 

それを護るって事自体が、

その集まりでもあり、コミュニティに存在する、

 

もしくは、

 

棲息する為には、必要な要素にはなってくるのでしょうが・・・・・・、

 

だからが故に、

 

足下ばかりに、フォーカスが当たっている集団ってものは、

 

あまり、

 

コミュニティとしては、

良いコミュニティとは言えないばかりか・・・・・・、

ただの烏合の集とか、人混みと言っても、

憚りは無いのでは無いでしょうか・・・・・・・??

 

 

 

 

要するに、

 

そこに人が存在して、

尚且つ、

 

生活していく為には、

 

お金も勿論、必要なのは、

言うまでも無い事なのでしょうが・・・・・・、

 

そのような、

足下ばかりを見ないでもすむような配慮ってものが、

何よりも大切な要素とはなっていく事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

が、

だからと言っても、

 

厳密に、考察していけばいくほど、

自問自答すればするほど、

 

そのような、

足下を見ないでも、

当たり前に、等身大で、

常識とか、社会通念とか、共通認識を護っていく為には、

 

結局は、

個人個人の領域にて、

主観から描く世界観でもあり、ゲーム性を、

自分自身に最適化された答えを、

自分自身で、用意していく事自体が、

肝要な要素になってくるものでもあるのです・・・・・・!!

 

 

 

だからこそ、

 

「天上天下唯我独尊。」の概念が、

必要な要素にもなってくるのだろうし・・・・・・、

 

そもそもとして、

 

お釈迦様だから、成り立ったって側面は、

 

勿論、

十充分にあるものでしょうが・・・・・・、

 

個人個人の領域でもある、

主観的な世界観でもあり、ゲーム性ってものを、

鍛えていく

 

もしくは、

 

そのアート性を磨いていく訓練ってものを、

諦めてしまう理由には、ならないものではあるでしょう!!・・・・・・って事なのです。

 

 

 

要するに、

 

常識とか、共通認識と言う風なものは、

 

それそのままの、

 

具体性だけの案では、

風通しが悪くなるだけの産物でもありますが・・・・・・、

 

まぁ、勿論、

 

安心出来る要素にもなっているのが、

ではあるでしょうから、

 

尚更、

 

それらを当たり前に踏まえる、

 

もしくは、

 

実行した上での、

主観的な世界観でもあり、ゲーム性の方こそが、

 

人にコミュニケーションとして伝える為には、必要となるものだろうし、

 

それを受け取った人がまた、

同じように、

 

自分自身にとっての最適解を、

導き出す為の、手助けとなるだろうし、

 

その最適解自体もどんどん、

 

更新でもあり、進化させ続けていけば良い代物とはなるのでしょうね・・・・・・(^^)

 

 

 

まぁ、その上でも、

やっぱり、

 

人のやる事ではあるでしょうから・・・・・・、

 

ミスをして、

常識や、社会通念や、共通認識を破ってしまう事は、

 

勿論、

 

あるかも知れませんが・・・・・、

 

だからと言っても、

 

足下ばかりに、とらわれる必要性なんて、

存在しないでしょうし、

 

そのペナルティに対する、罰則のようなもの自体は必要でも、

 

罰則を受けた後まで、

ネチネチと、引きずる事自体が、

 

結局は、

 

そのコミュニティに、

集まる人の質を、決定付けてしまう事にも、

 

なりかねないので、注意が必要であるとは言える事でしょう・・・・・!!

 

 

 

まぁ、

人間ですから、

 

ネチネチなってしまうのも、

仕方がない場合もあるのでしょうが・・・・・・、

 

だからが故に、

 

そのネチネチ自体も、

自分自身の主観的な、

世界観でもあり、ゲーム性として取り込んでいくのが、

何かと、

良い循環になっていくでしょう!!・・・・・・・って事でもあるのです。

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に、既に掘り下げておいた記事は下記から・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

※この記事は、2017/12/26の記事のリライトとなっております。

 

 

過去の経験を活かすとは言いましても、

何も、

同じ事を繰り返す事を、手放しで賞賛せよ。」とは、

いっている訳ではございません

 

 

 

が、

だからと言っても、

 

過去の出来事ってものは、決して、

無くなってしまうもんでも無い事でしょう・・・・・・。

 

 

 

だからが故に、

 

過去の出来事の捉え方ってものを、

自分自身の納得を得る方向性に書き換える、

 

もしくは、

 

納得を得た捉え方ってものを保持する、

 

自分自身の自己責任として、

守り続ける心構えってものが、

必要となるでしょうって事でもあるのです・・・・・・!!

 

 

 

要するに、

 

過去の出来事自体は、

書き換える事が出来ないが故に、

 

我々は、

新しく行動していく方向性ってものに、

ある種の、縛りってものが、

存在している事でしょう・・・・・・。

 

 

 

が、

 

その縛りってものは、

 

勿論、

 

器でもある肉体や、

自我のパターン性によって、

 

決定している側面があるが故に、

 

縛りであると同時に、

安心出来うる領域でもある、

コンフォートゾーンってものを、創造しているものではある事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

だからが故に、

 

そのコンフォートゾーンを意識に上げてきて、

尚且つ、

 

そのコンフォートゾーンから、

飛び出すと言うよりは・・・・・・、

 

はみ出す事自体が、大切な要素となり、

 

そのコンフォートゾーンを保持しつつ、

はみ出す行為自体が、

 

自分自身にとっての、

微差の変化の領域となる事で、

 

結果的に、

 

未来視点でもあり、未来の展望としては、

大差の現実を、受け取ることが、

可能になるでしょう・・・・・・って事だと言う事なのです。

 

 

 

またまた、

 

過去の出来事ってものは、

自分自身の納得を得た経験であれば、

 

それはそのまんま、権威付る事自体が、

 

何かと、

同じような経験を持った方達にとっても、

力強くもあり、

勇気を奮い立たせてくれるものとはなる事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

だからが故に、

 

過去の出来事そのものと言うよりは・・・・・、

自分自身の納得を得る事が出来た経験ってものを、

 

まず、自分自身が守っていく必要性があると同時に、

 

少なくとも、

 

それを蔑ろにするって事自体が、

自分自身の主観的な、

人生の主導権を、手放してしまっていると言うくらいの、

認識を持っておいた方が、

 

何かと、

 

不要な自問自答でもあり、

自虐的な評価を、回避する為には、

必須になるでしょう・・・・・・って事なのです。

 

 

 

けれども、

世の中は、

 

情報的に見ても、

流動的でもありますから、

 

何かと、

 

上記のような、保守的でもあるスタンスってものは、

 

自分自身がルールとして、

保持しない限りは、中々、

 

流されがちになる傾向があるものでもありますね・・・・・・??

 

 

 

だからこそ、

 

その納得を得た経験を保持する、

もしくは、

 

その納得を得たコンフォートゾーンを保持しながら、

そのコンフォートゾーンからはみ出して行く為には、

 

その模範となりうる経験ってものを分析して、

 

行動に落とし込んだ上で、

 

自分でこそ、自分ならではの、

アート的な答えを、

便宜に応じて、用意していく心構えってものも、

必要となるものでしょう・・・・・!!

 

 

 

アート的ではありますから、

決して、

 

「解りやすい答え」ってものは、

そこには該当する事が無いものでしょうし、

 

「解りやすい答え」ってものは、

人々の、指標としては存在していても、

 

決して、

 

個人単位での答えには、ならないって事を、

忘れてはいけないものではあるのでしょう・・・・・・。

 

 

 

要するに、

 

人間のする事を、

大まかな概念的に見れば、

何かしらの結果を出す為には、

誰しもが、同じような行動を、

とっていくようには見えますが・・・・・・、

 

個人単位の、細かい行動まで、

自分自身で分析して、見ていく事が可能であれば、

 

そこには、

行動から描いていける、

ある種の、アート性ってものが存在するでしょうし、

 

それによって、

 

自分自身の内に存在する「答え」ってものが、

 

決して、

 

人と同じを目指す必要性すら無くなる事により、

 

自分自身のアイデンティティの追求を、諦める事無く、

 

役割分担の世界観によって、

他の人と協力し合って、コミュニティを形成出来うるであろうって事でもあるのです・・・・・・!!

 

 

 

 

まぁ、そう言うのも、

 

僕自身が、

グループワークってものを、

苦手としている為でもありますが・・・・・・、

 

だからと言っても、

 

一人で出来うるだろう事柄を、

あえて、二人でするって言うのは、

 

まぁ、

 

ゲームとしては、

楽しめるものではあるでしょうが・・・・・(笑)、

 

能率的に見ても、アイデンティティの追求的に見ても、

能率が悪くなる代物ではあるでしょう・・・・・・。

 

 

 

 

要するに、

 

そのような場合においても、

 

僕自身の主観的には、

棲み分けの個人個人の、

役割分担として、捉えた方が、

 

何かと意義が存在すると同時に、

「楽しみが増える」事に、繋がりやすいって事ですね・・・・・・!!

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に、掘り下げておいた記事は下記から・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

自宅のルーターがぶっ壊れて、

2〜3日ネットが繋がらなかった、

キンジです。

 

かれこれ、17年くらい持ったので、充分役割はこなしてくれましたが・・・・・(笑)

 

 

※この記事は、2017/12/19の記事のリライトとなっております。

 

 

 

パラダイムシフトって聞くと、

一種の、魅惑の響きがある言葉ではありますね・・・・・(笑)。

 

 

 

まぁだからこそ、

 

パラダイムシフトって聞くと、

ちょっと警戒してかかった方が良いだろうし、

 

だからが故に、

疑いを持ってかかった方が良い言葉とはなってくるものでしょう・・・・・・!!

 

 

 

・・・・・って言うのも、

 

自分軸を持っている前提で言いますと、

答えは自分自身の内に存在するのもまた、

前提にくる事ではありますから・・・・・、

 

その答えを、人から提示される場合には、

充分、注意してかかっておいて、

 

ほぼほぼ、間違いが無いと、

僕自身は思う次第だからではありますね・・・・・。

 

 

 

要するに、

 

パラダイムシフトと、

言葉とか、概念で言うのは、簡単ではありますが、

 

本当の意味での、

在り方としての、パラダイムシフトってものが体現出来るのであれば、

 

別にそこには、

 

パラダイムシフトという言葉でもあり、

概念自体も、

実は、必要無い部類には入ってくるだろうし・・・・・・、

 

自分自身の内観にて、享受できうれば、

良い代物になってくるだろうってものでしょうし・・・・・、

 

もっと言えば、

 

自分自身で誠実に、

そのパラダイムシフトを、大切に扱う為には、

 

オイソレと、

解りやすい、単純な言語化は、なさない方が何かと、

 

そのパラダイムシフトを、

人生の軸として、

何よりも自分自身が、大事に扱わざるを得なくなるって事も、

理解可能なのでは無いでしょうか・・・・・・??

 

 

 

それらを踏まえた上でさらに、

 

あえて、言語化してみると言う企みもまた、

そのパラダイムシフトを、

大切に扱う行為となるだろうし・・・・・、

 

その為には、

 

構造的に、深堀していけるような、

展開力や、語彙力(ごいりょく)ってものも、

必要となるものだろうし・・・・・・、

 

その為には、

 

そのパラダイムシフトが起こった分野を把握して、

自分なりに展開していける事は、勿論必要なのでしょうが・・・・・・、

 

そこだけで満足するのでは無く、

 

別の分野にて、応用・流用する企みが、

必要となると同時に、

その先の理解度でもあり、

その先に続く、ゲーム性を展開していく為にも、

必須の項目とはなってくるものではあるのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

要するに、

 

意識の進化と言うと、

少し、大層には聞こえるかも知れませんが・・・・・、

 

言語化してみると結果的には、

 

そうとしか、言いようが無い経験ってものが、

何かと、人生には起こるものではあるでしょう・・・・・・。

 

 

 

その経験は、

 

所謂、

 

その経験以前の前提では、

決して、たどり着く事が無かった経験でもあるでしょうし・・・・・、

 

もしかしたら、

 

避けては通れなかった経験なのかも知れません・・・・・・!!

 

 

 

だからこそ、

 

前向きに、

 

右肩上がりに、

 

人生のステージを、死ぬまで駆け上がっていく前提でありますと、

 

そのパラダイムシフトにおいて、

それ以前の、過去の経験自体の、捉え方に変化が起こると言う、

メカニズムとはなってくるだろうし・・・・・、

 

もっと言えば、

 

そのパラダイムシフトにおいて、

0ラインでもあり、スタート地点でもあり、

リセットボタンが再定義される事により、

 

それ以前の経験自体は、

意識的に使う事自体が、あまり必要とされない事にはなるでしょうが・・・・・、

 

 

まぁ、

 

結果的には、無かった事には出来ないでしょうから(笑)、

 

その応用でもあり、流用性を、

活用する流れとはなっていくのでしょうし、

 

になってくればまた、

 

0からスタートする、リセットボタンを押して、

何度でも、再スタートすれば良いのでしょうね・・・・・(笑)。

 

 

 

 

まぁ、それでも言えるのは、

 

自分の主観的に言えば、

0からスタートの繰り返しには見えるのでしょうが・・・・・・、

 

結果的には、

 

その0に、積み上がっていくものが出てくるだろうし、

その積み上がりを実感する事自体が、

「自分自身の成長。」を感じる事となり、

 

結果的に、

 

自分自身の納得を得やすくなり、

チャレンジ出来うる事でもあり、

こなせる事柄が、幅広く、深くなる事になっていくのでしょうが・・・・・。

 

 

 

結局は、

 

満足はいらないだろうし、

 

もっと言えば、

 

他の分野にて、

そのパラダイムシフトが起こった分野の、

応用・流用を、実践しない事=自己満足して、悦に入っている状態とは、

言えてしまうのでしょうね・・・・・・(^^;)

 

 

 

まぁだからと言っても、

 

そのパラダイムシフトが起こった分野自体を、

捨てろって事じゃあ、無いとは思う次第ですが・・・・・・・。

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・。

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村