キンジの自分軸哲学

キンジの自分軸哲学

~自分軸を掘り下げて、リアリティに、付加価値にデザインする為のブログ~

あなたは『自分軸』を磨いていますか?



それは『他人軸』じゃないですか??




どうも金山徳允(カナヤマ トクノブ)ことキンジです(^^)




『成幸者』とは、


まず『自分』


それから『他人』


それから『社会』を、


幸せに、豊かにする人達です。





このブログでは、その考えにのっとって、


まず最初の、


『自分』を満たす為に、

『自分軸』にフォーカスを当てて行きます。


私キンジの、

『自分軸=すばらしいと思った価値観』に沿って、

気付いた事、腑に落ちた事を中心に、ロジカルに発信して行きます。


自己啓発的な内容、

スピリチュアル的な内容も、

『自分軸』に沿って、リアリティ臨場感を出して発信して行きます。


また、


私の考えをまとめて、

『オリジナル』なコンテンツとして行きます。


自分自身の実体験を伴った気付きを、

ロジカルに発信して、

その文脈=コンテキストに存在する、抽象度の高い概念を表現します。



そのような、

『自分軸』の大元になるようなものを研究しつつ、

このブログを通じて、

価値観が近い仲間、

私に共感してくれる仲間を集めて、

お互いシェアしつつ、人生を楽しく豊かにして行きます。





なぁなぁの付き合いじゃなく、腐れ縁でもなく、


『自分軸』に沿った同志になりませんか?





あなたの気軽なコメント、

共感メッセージ、

気付きを得たコメントをお待ちしてしています(^^)





 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

 

自己実現って言いますと、

所謂、

 

成功の為、もしくは、

 

自己実現の為に、

我々は、成功を追い求めるものではある事でしょう。

 

 

 

が、

そもそもとして、

 

一般的に言われる成功ってものは、

結局は、

 

他人軸の状態でもあり、

客観的な視点の上での、成功であるとは言える事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

即ち、

そもそもとして、

我々は、

 

その、他人の真似でもある、

「成功って状態を、実現したいのか??どうか??」

 

自分自身でも、あまり、

よく解っていない状態であるのもまた、

普通である・・・・・・って事なのです。

 

 

 

 

しかし、

それでも、

 

成功って言葉でもあり、成功って概念に付随してくるであろう・・・・・・、

お金とか、豊さって概念で見れば、

 

誰しもが、

 

その度合いはともかくとしても、

欲しがり、求めるもんでもありますが・・・・・、

 

その度合いを考え見ると、

果たして、

 

誰しもが、

 

成功者のような、

多額のお金を運用したり、保持したり、

 

成功者のような、

大多数の人々の豊かさを追求したり、

 

もしくは、

 

自分自身と、より近しい人達に、

よりお金を集めたり、

多額のお金の運用の為の、

より重要なポジションを担ってもらったりとか・・・・・・etc、

 

思うかも知れませんが、

 

そこまで徹底して、

 

構造を構築して、完成仕切れる訳でも無い事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

 

即ち、

 

「まずは、自分自身の、手の届く範囲から始める。」

って事が、

所謂、

 

成功者一族とか、

成功者の身内同然の関係性以外の、

我々にとっては、

 

当たり前の状態ではあるのです・・・・・!!

 

 

 

・・・・・・・が、

だからこそ、

 

その自己実現ってものもまた、

 

手の届く範囲から行って行く事が、

望ましいものでもあり、

 

これまた、そもそもとして、

 

成りたい自分とか、成りたい自己ってものは、

あまり、自分自身でもよく解らなかったとしても、

 

在りたい自分とか、在りたい自己ってものは、

既に、

 

今までの人生経験の内に、

存在しているのでは無いでしょうか・・・・・・・??

 

 

 

 

まただからこそ、

 

その在りたい自分とか、在りたい自己ってものを、

何よりも先に、

追求して行く必要性があるものではありますが・・・・・・、

 

だからとは言っても、

 

同じ事を繰り返して、

 

在りたい自分とか、在りたい自己って宣言するのは、

どうなのでしょう・・・・・・??

 

 

 

少なくとも、

 

その、在りたい自分とか、在りたい自己って言うからには、

 

色んな物事に、

応用・流用できて初めて、

 

それが、

 

自分らしさとか、自分ならではだと、

言えるものでもあり、

 

人にも伝えたり、表現する事が、

可能になるものではありますし、

 

またそもそもとして、

それが、

 

本当の意味で、

 

自分自身の心に響く、

「在りたい自分であり、在りたい自己であるのか??」

って事を、

 

自分自身で、自問自答した上で、

満足と言うよりかは・・・・・・・、

 

納得を得て行く事が、必須でもあり、

 

その納得を得るプロセスそのものが、

 

在りたい自分であり、在りたい自己を、

まず、実現する為の、術ともなっているものではある事でしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

 

だからこそ、

そこには、

 

表現力ってものが、必要になるものでありますし、

 

繰り返し追求するためには、

 

ただ何とも無しに、同じ事を繰り返すのでは無く、

 

同じような事をするのであれば、

 

その同じような事に、

また新しい、0の領域を掘り返してみるといったような・・・・・・、

創意工夫が、求められるものでもあり、

 

そもそもとして、

 

その0の領域も、

同じ状態であれば、

 

それを繰り返す事自体が、

苦痛に感じてしまうものではある事でしょう・・・・・・・・。

 

 

 

 

まただからこそ、

 

あえて、

 

0の領域自体を、

繰り返すって事自体にも、

意味合いが出てくるものでもあり、

 

同じ0を繰り返す事によって、

自分自身に、新たな0の領域を、

追求しざるを得ない状況に、

追い込んでみるって事が、

 

意外と、大切な事ともなる事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

これは、

勿論、

 

その0に、飽きが存在しないのなら、

 

それはそれで、

素晴らしいものでもありますし、

 

それはそれで、

「どうぞ、繰り返し続けてください。」

って事にはなりますが・・・・・・、

 

そんなものは、一部の行動だけでもあり、

 

行動の全体像全てが全て、

そんな行動でもあり、そんな表現を継続していけるって方は、

そもそもとして、

 

その新たな、0の領域を、

追求する習慣が、

既に、身についている人達だけではあるのでしょうね。

 

 

 

 

それを目指して、

 

その0の領域を追求する行動を、

推し進める事にはなるのですが、

 

その為に、

まず、先決となるのは、

 

「自分自身の、過去の0の領域を、繰り返してみる。」

って行為とはなるでしょうし、

 

そこを持って、

 

自分軸=飽きがこない行動ってものを、

自分自身で、分析して行く事が、

肝要とはなる事なのでしょうね。

 

 

 

 

まぁだけど、

その、

 

現時点では、飽きがこないとは言っても・・・・・・・、

 

そのまんま、

 

同じ事を繰り返していて、

一生飽きがこない保証ってものは、

何処にも存在しないでしょうから・・・・・・・、

 

そこからまた、

 

新たな0の領域を、

 

少しだけでも良いから、

もしくは、

 

微細な部分からでも良いから、

 

追求して行く姿勢もまた、

何かと求められる事にはなるのでしょうし、

 

それによって、

また新たな、

 

飽きがこない行動でもあり、

飽きがこない表現ってものを、

発見する事が出来ると、

 

未来の行動習慣の展望に、

希望の明かりが、増えて行く事にも、

繋がるのでしょうよ・・・・・・。

 

 

 

 

また、

上記で、

 

0の行動とか、新しい0の領域とは表現していますが、

 

それって言うのは、

結局は、

 

行動とか、言動によって、

表現されるものでありながら、

自分自身の世界観とか、自分自身のゲーム性ってものを、

構築して行くものでもあり・・・・・・、

 

そもそもとして、

 

行動とか、言動ってものは、

 

構造的・俯瞰的に、

ひとまとまりのカオスとして、

把握して初めて、

 

そこに、

 

世界観とか、ゲーム性ってものが、

見えてくるものでもあり、

 

単発単発の、

短略的な視点からだと、

 

出来上がる世界観とか、ゲーム性ってものも、

質が低くなりガチとはなるでしょうね。

 

 

 

だからこそ、

キチンと、

 

人生のゴールを見据えて、

 

自分自身の死と向き合った上で、

 

壮大な全体像を、構築して行く必要性があるのですが・・・・・・、

 

その全体像は、勿論、

 

無い領域でもあり、0の領域もまた、

含まれている事自体が、

当たり前でもあり、

 

だからが故に、

 

ゴール視点であるとも言えるでしょうし、

 

現時点では、

まだまだ、

 

改善する余地があって当然だろうし、

 

現時点では、

まだまだ、

 

方向転換する余地さえも、

あって当然とはなるのでしょうね。

 

 

 

 

そのような、

 

一見カオスな状態であるにも関わらず、

 

0の領域を追求しつつも、

 

目の前の、

やるべき仕事や、やるべき趣味や、

やるべき行動を、

決断して行くって事が、

大事でもあり、

 

そのたとえ、

 

やるべき仕事でもあり、やるべき趣味趣向でもあり、

やるべき行動が、

たとえ、

 

他人軸ベースの行動であったとしても、

 

0の領域でもある、

遊びの部分でもあり、スペースの部分にて、

自分軸を発揮し、

 

自己実現という名の、

人生をかけた、アート性ってものを、

追求して行く・・・・・・って事なのでしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

その為の、

コミュニケーションってものは、

 

言葉だけでも無く、

 

行動をも踏まえた上での、

コミュニケーションとなり、

 

その0の領域ってものは、

結局は、

 

自分自身とのコミュニケーションとはなるのでしょうね。

 

 

 

 

いや、勿論、

 

独り言だけを、

自分自身とのコミュニケーションっていうのでは無いですよ・・・・・・??

 

 

 

人と向き合って、

発する言葉も勿論でしょうし、

 

顧客の事を考慮して、

する行動自体もまた、

 

その向き合う人や、

顧客と共に、

 

自分自身の本質的な部分もまた、

 

そのコミュニケーションに、参加しているのが、

当たり前でもあり、

 

自分自身とのコミュニケーションって言えば、

 

全ての言動でもあり、

全ての行動が、含まれて行くって事でもあり・・・・・・、

 

まぁ所謂、

 

「日頃の行い。」って事にはなってくるのでしょうね。

 

 

 

 

まぁけれども、

 

「日頃の行い。」ってだけを聞くと、

 

罪を追求し、罰を与えるだけの視点に、

陥りガチでもありますし・・・・・・・(苦笑)、

 

またそもそもとして、

 

聖人君子以外はみんな、

 

何かしら、

罪と罰を、背負っているのもまた、

人としては、当たり前でしょうし、

 

一見、聖人君子であったとしても、

 

それを前提に見た方が、

 

情報自体を、構築しやすい側面もあるだろうし、

 

聖人君子的な良さという風な・・・・・・、

 

価値観自体も、

それによって、明らかにはなって行くものなのでしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

 

まぁ、

結局は、

 

大多数の人々にとっては、

 

その、聖人君子的な良さってものも、

 

100点満点に近い人ど〜こ〜じゃあ無くて、

 

赤点を回避出来た、その数によって、

価値観ってものが、出来上がって行きそうではありますが・・・・・・・(笑)。

 

 

 

また、

 

学校で言えば、

内申点的なものとなるだろうし、

 

テストをクリアーしたからとは言っても、

 

それで、

 

「一気に上がるかどうか??」ってことは、

また別問題でもあり、

 

テストをクリアーしたならば、

 

「それをまぐれとか、ズルじゃあ無く、習慣としているか??」

って事が問われるものでもあり・・・・・・・、

 

そのテストもまた、

 

テストが明日あるとか、決まっているもんじゃあ無く、

 

抜き打ちテストってものが、

当たり前なのでもありつつも、

 

結局は、

 

自分自身とのコミュニケーションによって、

それも決定されて行くものでしょうから・・・・・・、

 

抜き打ちテストってものを、

自分自身が勝手に想定して、

 

勝手に追求して行くって事もまた、

 

必要な在り方となるでしょうから、

 

それによって、

 

自分自身の、人生の内申点を、

自分自身で採点し、

 

また、

それを踏まえて、

 

次の抜き打ちテストの問題を、

構築し続けて行く事とはなるのでしょうね。

 

 

 

 

まぁ勿論、

そのテストは、

 

僕自身の場合だと、

 

正確さとか、スピードとか如何よりも・・・・・・・、

 

アート性とか、世界観とか、ゲーム性が、

重要視されて行く事とはなるだろうし、

 

正確さとか、スピードとか如何は、

 

必要最低限、あれば良いものだろうし、

 

どちらかと言えば、

その、

 

正確さとか、スピードとか如何の、

 

遊びの部分でもあり、スペースの部分の方にこそ、

得点を稼ぐ、秘訣が存在しているって思う次第ではありますが。

 

 

 

 

まぁ、

あまりにも、

 

正確さとか、スピードが、欠如していても、

耐えきれなくなる性格ではありますが・・・・・・・(苦笑)、

 

それはそれで、

 

僕自身の趣向でもあり、

 

その本人が、

飽きがこないとか、耐えれるのであれば、

問題無いのでしょうが、

 

仕事であれば、

 

そこもまた、

 

ある一定水準は、

求められるものでもありますが・・・・・・、

 

その本人の、ゴールを視野に見据えた行動でもあり、

言動であれば、

 

そこにもまた、

 

僕自身には理解出来ないような、

アート性でもあり、世界観でもあり、ゲーム性ってものが、

構築されていっているのかもしれないですよね・・・・・・??

 

 

 

 

ま、

だからとは言っても、

 

僕自身は、僕自身の、

 

アート性でもあり、世界観でもあり、ゲーム性を追求する事が、

肝要でもあり、

 

即ち、

 

代理戦争的に、

 

在り方を掛けて、

戦いを挑む事には、なってくるのですが・・・・・・!!

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

空(くう)っていう概念があります。

 

 

所謂、

 

空(から)とか、虚構とか、

妄想っていう風な概念ではありますが・・・・・・・・、

 

そのって概念は、

例え、

 

意味が無いとは解っていても、

何かしら、意味合いが存在するものに、

付き纏ってくる概念でもあり、

 

そもそもとして、

 

世の中は、意味があるものだけで、

成り立っている訳では無い事でしょう・・・・・・・

 

 

 

 

・・・・・・・が、

だからとは言っても、

 

意味が無い=空(くう)の事柄ばかりに、

フォーカスを当てていても、

そこには、

 

何の生産性も、見えてこないばかりか・・・・・・、

 

せっかくの、計画していた事柄や、

せっかくの、予定にしていた事柄を、

 

見失って行ってしまうものではある事でしょう・・・・・(^^;)

 

 

 

 

 

要するに、

 

意味が無い=空(くう)の事柄ばかりに、

フォーカスを当てて行くって事自体が、

 

ある種の、

ゲシュタルト崩壊を、おこしてしまう事になってしまい、

 

全体像が把握しずらくなって行く側面が、

存在しているのです・・・・・・・!!

 

 

 

 

だからこそ、

 

意味が無い=空(くう)の事柄ってものは、

 

ちゃんと、意味合いが存在する事柄と、

ニコイチ、セットとして、

 

認識して、把握しておく必要性があるのです。

 

 

 

 

即ち、

 

そこに、一見、何の意味合いも存在しないような事柄にこそ、

 

自分自身の手足と頭を使って、

 

能動的に、行動として、

向き合う必要性が出てくるとも言えますし、

 

そうする事によって、

 

少なくとも、

 

自分自身の肉体=器を通した上で、

必要最低限の、意味合いってものを、

構築する事が、可能にはなるのです・・・・・!!

 

 

 

 

だから、

 

意味が無い=空(くう)な事柄を、

ただ単に、

 

見るだけとか、聴くだけとか、

受け身の姿勢で、受け取る事には、

意味が無いどころか・・・・・・・、

 

それによって、

確かに、

 

何かしらの、ゲシュタルト崩壊を、

引き起こされるって事実に、

注目してみましょう・・・・・・・。

 

 

 

 

まぁ、

 

上記の事柄は、勿論、

 

その受け手、個人個人の主観でもあり、

捉え方に、影響が出てくるものでもありますから、

 

何かしら、

 

その個人個人の責任において、

何かしらの行動に移すとか、

 

そもそもとして、

 

意味が解らないものや、意味合い自体が、

存在しないように感じるものを、

 

観ないようにしたり、

 

その場から離れたり、

 

フォーカス自体を外す工夫が、必要にはなってくるものなのでしょう。

 

 

 

 

そうやって、

 

意味合いが無い=空(くう)の概念に、

自分自身の行動を持ってして、

意味合いってものを、

用意する事によって、

 

そこで初めて、

 

抽象度ってものの、

高度を測れるようにはなってくるのではありますね。

 

 

 

 

その抽象度ってものではありますが・・・・・・・、

 

その高さってものは、

結局は、

 

その個人個人の、意味合いが存在するであろう・・・・・・、

その行動次第によって、

結局は、

 

主観的・俯瞰的に、決定してくるものとはなる事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

即ち、

 

決して、

 

個人だけの、妄想=空(くう)の状態では、

決定して行かないけれども、

 

客観的な視点・・・・・・、

即ち、

 

他人の影響を、受けて行くのは、

 

その行動に付随して行く、

他人の妄想=空(くう)とはなるのでは無いでしょうか・・・・・・・??

 

 

 

 

だからこそ、

 

その妄想=空(くう)には、

 

実体ってものが存在しない事には、

頼り甲斐が無いものとなってしまいガチでもあり、

 

お互いがお互いの、

 

行動をベースとした妄想でもあり、虚構によって、

お互いの抽象度を、補完し合うようには、

なっているのでしょう・・・・・!!

 

 

 

 

要するに、

 

妄想=空(くう)ってものは、

 

人との関わり合いにおいて、

無くてはならないものではあるのですが・・・・・・・・、

 

そもそもとして、

 

そこに、

実体が存在しない事には、

結果的に、

 

その場しのぎでもあり、

 

その場その場でしか、

役に立たない代物となってしまうだけに、

 

思考をごちゃ混ぜにしたり、

思考をリセットする為には、

役には立つ側面はあるものの・・・・・・・、

 

そこには、

奥深さが存在しないでしょうから、

 

物事を、専門立てて、

展開して行く事自体が、難しくなってしまうものとは、

なりガチではありますね・・・・・・・(^^;)

 

 

 

でもだからこそ、

 

コアコミュニティでもあり、

行動ベースの繋がりにおいての、

妄想、虚構=空(くう)には、

 

価値が存在するとも言えますが・・・・・・、

 

その価値ってものさえ、

キチンと、

 

自分自身の、妄想、虚構=空(くう)ってものを、

適切に踏まえているか??って所が、

となるだけに、

 

結局は、

 

具体的な繋がりだけの場合においては、

価値は確かに存在するのだけれども、

 

そこには、

 

あまり、

 

大層な、価値観ってものは、

宿って行かないのもまた、

一般的ではあるのでしょうね・・・・・・・。

 

 

 

 

即ち、

 

結果的には、

 

自分自身で、描いて行く必要性があるとも言えますし、

 

自分自身で、

 

未来の展望を、行動ベースで、

描く必要があるのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

それは勿論、

 

個人的な展望で良いものでしょうし・・・・・・・、

逆に、

 

コミュニティ単位においては、

 

統合された未来の展望なんて必要無いだろうし、

 

カオスな状態の方が何かと、

 

個人的な展望を、展開して行きやすくなるって事もまた、

忘れてはいけないものとはなる事でしょうね。

 

 

 

 

即ち、

そこにこそ、

 

妄想、虚構=空(くう)ってものの、

存在意義があるとも言えますし、

 

変に、

 

小さく纏まったコミュニティってものは、

 

個人的な世界観でもあり、

個人的なゲーム性においては、

 

「邪魔者以外の、何者でも無い。」って事を、

肝に命じておきましょう・・・・・・!!

 

 

 

 

まぁだからこそ、

 

規則が必要でもあり、

 

ルールが必要でもあり・・・・・・・・、

 

役割が必要でもあり、スキルも必要とはなりますし、

 

それによって、

 

行動で縛りを創る事によって、

 

個人個人の、主権でもあり、世界観でもあり、

ゲーム性を護る必要性があるとも言えますが・・・・・・、

 

それ自体も結局は、

 

スキル単位まで見ていけば、

 

その個人個人の、責任の範疇とは、

なってくるものなのでしょうね。

 

 

 

 

即ち、

 

コミュニティにおいては、

 

行動ベースで、ルールでもあり、縛りってものが、

必要となるだろうけど、

 

マインドセットとか、妄想とか、虚構ってものには、

自由度ってものが無いと、

 

そこには、

そもそもとしての、

 

その個人の居場所ってものが、存在しない事にはなる事でしょう・・・・・・。

 

 

 

また、

コミュニティってものは、

 

ある種の、

 

共同的な、未来の夢の産物の側面もあるだけに、

 

余計に、

 

変なマインドセットとか、妄想とか、虚構の、

押しつけはいらないものでもあるでしょうし、

 

行動の縛りが存在するような、

コアコミュニティならともかく、

 

普通のコミュニティなら、

 

カオスな状態でもあり、ごった返しているくらいの方が、

丁度良いものでもあり、

 

そこに、行動の縛りが必要であれば、

 

それを個人単位の行動として、

護るって意識が、必須にはなってくるものではありますね・・・・・・・??

 

 

 

 

護るものを護って、

 

カオスでもあり、ごった返しに、

参加すれば良いものでもあり、

 

それを、

 

統合するとか、まとめるって意識は、

 

禁止事項の共有とか、

犯罪防止の為以外には、

必要無いものでしょうし、

 

そもそもとして、

 

まとまり過ぎてるコミュニティには、

 

何か不自然なものでもあり、

不穏な空気を感じるのは、

僕だけでは無い筈でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

それは一歩間違えれば、

 

テロリスト集団ともなりかねない・・・・・って言えば、

 

言い過ぎかも知れませんが・・・・・・・(苦笑)、

 

少なくとも、

 

ちょい悪の、不良集団に見えるのは、

間違い無いものではありますね。

 

 

 

 

そんなに、

血の気が多くて、

暴れる場所が欲しければ、

自分達で戦い合えと。

 

 

 

 

まぁ、

 

その戦いにも、代理的な何かが存在しない事には、

警察のお世話に、なってしまう事でしょうが。

 

 

 

 

 

・・・・・・と言うのも、

結果的に、

 

変にまとまり過ぎている、

コミュニティってものが、

 

個人の世界観や、個人のゲーム性にとっては、

それだけ、

邪魔になる側面があるからなのですが。

 

 

 

 

だからこそ、

 

コミュニティってものは、

 

カオスな状態や、ごった返した状態で良いものでもあり、

 

自分自身の世界観や、ゲーム性のようなものが欲しければ、

 

個人個人の、行動ベースで、

好きに妄想、虚構=空(くう)を、

描けば良いものでもあり、

 

それを、

 

コミュニティベースとしては、

して行かない試みってものも、

必要にはなってくるだろうし・・・・・・・、

 

 

そもそもとして、

 

コミュニティベースの、

妄想、虚構=空(くう)ってものは、

 

他人軸でもあり、

 

結果的に、

 

個人ベースとして、

再構築して、描き直す事によって、

自分軸となりますから。

 

 

 

自分軸を、人と共有した場合において、

 

それは結果的に、

 

他人軸として、

自分軸を提供する事となり、

 

行動ベースで意味合いが存在し、

確かな実体が存在するものを、

妄想、虚構=空(くう)の状態にする事を意味し、

 

そこからまた、

 

その人の行動ベースによって、

確かな実体を創造してもらい、

その妄想、虚構=空(くう)に、

居場所を作って貰う・・・・・・って感じでしょうか。

 

 

 

 

まぁ、

 

その受け手の人が、

行動ベースに変換しなければ、

それは、

 

妄想、虚構=空(くう)の状態でもあり、

 

頼り無いもののままでもあり、

 

その場限りしか使えないものでもあり、

 

その場その場の、

思考をごちゃ混ぜしたり、

思考をリセットする用途とはなるでしょうが、

 

それだけの代物とはなるのでしょうね・・・・・・・・。

 

 

 

ま、

 

相性が大事とも言いますし、

 

その人次第でもあり、

 

その人のペースに馴染まなかったとも言えますし、

 

ちょっと上から言えば、

 

その人の、気付きでもあり、学びの機会を、

奪わなかったとも言えますし、

 

その人の、気付きでもあり、学びの、

タイミングでは無かったとも、

言えてしまえるのでしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

僕としては、

ゲーム性くらいが丁度良いものでもあり、

 

同じゲーム性を、

共有しきれなかったってくらいでイイのですが・・・・・・・(笑)。

 

 

 

全ての人と、

同じゲーム性を、共有出来るとは、

端から思っていませんが・・・・・・・、

 

だからが故に、

 

共有できそうな個人とは、

何とか普遍化でもあり、俯瞰化を試みて、

共有出来る可能性を、

模索したいのではありますが。

 

 

 

そこでも注意となるのは、

 

コミュニティ単位では、

機能しないものとなるだろうし、

 

コミュニティってものは、

 

カオスな状態でもあり、ごった返した状態にこそ、

意味合いや、意義ってものが、

存在するって事なのでしょうね。

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

KevinsphotosによるPixabayからの画像

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

 

スコトーマと言えば、

所謂、

盲点の事でありますが、

 

気付きを得るって事自体が、

アハ体験でもあり、

ある種の、

 

盲点から、新しい視点や、新しい概念を、

掘り起こされるものとなり、

 

その新しい視点や、新しい概念を活用する事によって、

 

過去との決別でもあり、

過去の繰り返しでは無く、

また、新しい世界観でもあり、

新しいゲーム性を持ってして、

現実を展開していったり、

 

色んな物事を、考察して行く事によって、

 

新しい経験値を、蓄えて行く事が、

可能になるものではある事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

・・・・・・・が、

だからとは言っても、

 

そこに必要となる、

新しい視点や、新しい概念、

即ち、

 

新しい世界観や、新しいゲーム性ってものは、

何も大層に、

 

全くの別世界に行くって事や、

全くの別ゲームをプレイするって事ではないと、

僕自身は、思う次第ではありますね・・・・・・・。

 

 

 

 

・・・・・・と言うのも、

 

全くの別世界や、完全別物のゲーム自体を、

プレイするとは言っても、

 

それをプレイしたり、展開して行くのに、

必要となるのは、

やっぱり、

 

使い慣れた、概念理解や、構造理解ありきで、

 

それをプレイしたり、展開して行く事に、

なりガチであるからなのです。

 

 

 

それって言うのは、

結局は、

 

世界観を描くとか、ゲーム性を展開するとか言っても、

 

そこに、最低限に必要となるのは、

能率性ではあるからなのです。

 

 

 

・・・・・・・が、

 

それを、能率特化の状態で行うって事自体もまた、

それはある種の、

 

スピードと正確さだけを追求してしまう代物となり、

逆に、

 

世界観とか、ゲーム性のようなものは、

確かに出来上がるのではあるでしょうが・・・・・・・、

 

そこに、

 

生きている自分自身の居場所が、

存在している保証が、無くなって行くものでもあるからなのですよ・・・・・・。

 

 

 

 

即ち、

 

スピードと正確さだけを追求してしまうと、

そこには、

 

自分ならでは、自分でこそと言う風な、

 

人間性ってものが、

欠如してくる側面があるからなのです。

 

 

 

まぁ、

そこにこそ、

居場所ってものが、存在するように、

感じる人々ってものも、

 

その人の在り方によっては、

存在している事でしょうが、

 

そこで確固たる、

 

自分でこそ、自分ならでは、

自分らしさを、

高々と、宣言出来るのは、

結局は、

 

オリンピック選手や、一流スポーツ選手のみとなるのもまた、

必然ではある事なのでしょう。

 

 

 

 

即ち、

所謂、

 

一般市民であり、幼少期から、

特殊な訓練を受け続けれるような、

特別な環境に居なかった我々としては、

 

そこに必要となるのは、

 

基本とする、最低限の能率性の型と、

後は、

 

アート性でもあり、ゲーム性のようなものとなるのが、

所謂、

 

一流の天才では無く、

 

凡人枠にカテゴラリーされているであろう我々には、

必須の項目とはなり得る事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

 

まぁだからとは言っても、

 

その能率性の特化だけを持ってして、

天才とは、定義しないのもまた、

普通でもあり、凡人的ではあるのでしょうが。

 

 

 

 

即ち、

 

能率性ってもの自体は、

 

環境や構造が存在しており、

 

その最低限のスキルを行使でき得る事が、

可能であれば、

 

その能率は、

 

時間をかければ、御体満足な人であれば、

誰でも出来るものとなるでしょうし、

そこに必要となるのは、

 

その最低限の能率スキルを行使する事によって、

 

アート性でもあり、ゲーム性のようなものを展開し、

各々の、裁量性を発揮する

もしくは、

 

裁量性を、育んで行く事に、

なってくるのでしょうね。

 

 

 

けれども、

ここで注意が必要となるのは、

 

勿論、

 

能率性に特化するって事は、

 

自分自身の限界を超えて行く事でもあり、

 

下手をすれば、

怪我をしたり、命の危険に晒される事になるものではありますが・・・・・・・、

 

アート性ってものも、

同じように、

 

それに特化してしまう事により、

 

怪我をしたり、命の危険に晒される事になるものだと言う見解が、

必要不可欠なものとはなる事でしょう・・・・・・。

 

 

 

 

だからが故に、

 

ボチボチペースで行える人とか、

マイペースで行える人って言うのも、

決して、

 

居場所があまり無いなんて事も無く、

 

その人のキャラクター性として、

 

役割分担にて、

 

色んな場所に、居場所ってものが、

存在しているものではあるのです。

 

 

 

 

まぁ、

 

上記で挙げた、

 

ボチボチペースとか、マイペースってものは、

結局は、

 

主観的、俯瞰的な判断でもあり、

 

誰しもにとってボチボチペースとか、

誰しもにとってマイペースってものは、

存在しない事でしょうし、

 

誰かのマイペースは、

また別の誰かにとっては、

 

ヌルく感じたり、

 

また別の誰かのマイペースは、

 

また別の誰かにとっては、

急いでるように感じたり・・・・・・・etc、

 

千差万別なものではあるでしょうから、

 

そこに共有が必要なのであれば、

 

必要最低限の、能率性の方にこそ、

共有が必要にはなってくるものなのでしょうね。

 

 

 

 

ま、だからとは言っても、

 

そのアート性でもあり、ゲーム性のようなものに、

 

より高度な、

 

自分でこそ、自分ならではを追求して行くと、

 

人を選別しざるを得なくなってくるものでしょうし、

 

それは結局は、

 

自分自身と近しい在り方の人達だけを、

選別する事にもなってくるものではありますね。

 

 

 

 

その選別されたコミュニティのようなものは、

結局は、

 

コアコミュニティとなりますね??

 

 

 

世間一般的なコミュニティってものは、

ただ単に、

 

人混みでもあり、

 

そこに点在する人々も、

在り方によって、選別された訳ではありませんから、

 

あらゆる在り方の人々が、

存在していて当たり前ではある事でしょう。

 

 

 

 

また、

上記のような、

 

在り方によって選別された人々による、

コアコミュニティってものは、

その、

 

能率性か、アート性によって、

 

似通った人々で、特化される事により、

その戦いが、激化して行く事にはなってくる事でもあるのです。

 

 

 

 

 

即ち、

そこは、

ある種の、

 

代理戦争的な、戦場となるのが常ではある事でしょうが、

 

役割分担する事によって、

それを、

 

本当の、暴力的な戦いにするのでは無く、

 

あくまでも、

 

代理的な戦いにする事が、

可能にはなって行くものではある事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

まただからこそ、

 

個人的な視点においては、

 

同じような在り方の人って言うのは、

注意が必要でもあり、

同じような在り方の人と、

 

同じような事をしていては、

 

そこに待っているのは、

結局は、

 

本当の、暴力的な戦いしか無いのです。

 

 

 

同じような在り方の人々と、

関係が密の場合においては、

 

必ず、違いを産むって事が、

 

その関係性の調和には、必須になり、

 

また逆に、

 

違いが存在するような在り方の人々と、

関係が密の場合においては、

 

必ず、最低限の能率性を共有する事によって、

 

共有事項を作っておき、

尚且つ、

 

アート性を持ってして、

 

そのアート性によって、

代理戦争を、展開していけば良いものとはなるのでしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

まぁ、

そのどちらの場合においても、

必要となるのは、

 

ゲーム性となるだろうし、

 

そのゲーム性が存在しなければ、

例え、

 

アート性だとしても、

 

「自分の意見でもあり、見解が正義であり、神である。」

 

と言う風な、

 

ある意味、

 

能率性よりも質(たち)が悪いような、

 

信仰の戦い=聖戦が、

展開されてしまい、

 

それは死ぬまで終わらないだけに、

要注意となってしまいガチではあるのでしょうね・・・・・・・(^^;)

 

 

 

 

即ち、

 

そのどちらの場合においても、

 

その戦いを、終結させる事ができ得るのは、

個人からの視点でもあり、

 

自分自身だけであると言う、

見解でもあり、

 

真の平和ってものもまた、

 

個人からの視点にこそ、存在しているものでありますから、

 

コミュニティ単位なら、

程々の平和で、充分でありますが、

 

逆に言えば、

 

真の平和を求めない代わりに・・・・・・・・・、

 

個人個人の平和を、侵害しない配慮ってものが、

求められるものとはなる事なのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

個人の平和が生きていれば、

 

コミュニティや、他人さえも、

変わりが効くって事ではありますが・・・・・・・・、

まぁ、

 

こう聞くと聞こえが悪いので言い換えますと・・・・・・(笑)、

 

その変わりが効く他人ってものは、

 

その個人の平和を侵害しないノウハウを持って、

変わりが効くものでもあり、

 

勿論、

 

そのノウハウの、オリジナルを提供者された人にとっても、

決して、

 

必要の無いノウハウでもあり、僕自身に、

なっているつもりなんて無くて、

 

むしろ、

 

進化でもあり、変化し続けているものではあるつもりです。

 

 

 

 

・・・・・・・が、

 

変わりが効いた時点で、

恐らく、

 

僕自身の追求、もしくは、その相手の追求自体が、

お互いの、個人の平和を、侵害したって事ではあるのでしょう。

 

 

 

 

それはそれで、

その当時も思っていましたが、

 

お互いが、独自に、追求し続ければ良いものでもあり、

 

ステージを突き抜ければ、

また、お互い、

 

歩みよる事も可能になるだろうし、

またまた、

 

そもそもとして、

 

変わりが効く相手がいるのであれば、

その人で良いとも、言えるものではある事なのです・・・・・!!

 

 

 

 

即ち、

 

執着を断ち切る為に、

距離を置く事もあるだろうし、

 

距離を置いて、自分の本質と向き合った上で、

結局は、

 

その執着と思っていたものが、

自分自身の一部だったと、

気付く事もあるのでしょうね。

 

 

 

 

まぁ、

自分自身の一部であれば、

 

変わりが効くのもまた、

当たり前ではあるでしょうが、

結局は、

 

それもまた、

 

同じような事を、

同じような在り方の人々と、

行っていたが故に、

自分自身の一部だと、気付く事が難しかったものでもあるだろうし、

 

逆に言えば、

 

在り方が違う人々と、

最低限の、能率を共有するという事が無く、

 

共有事項の少なさによって、

何処か、他人事のように、

物事を見ていたからこそ、

気付く=実感する事が、難しかったのではあるのでしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

・・・・・・・し、

 

在り方が遠い人と、

共有事項がなくなっていけば、

 

関係性が途絶える事もまた、

当然ではあるのでしょうね・・・・・・・(笑)。

 

 

 

 

まぁ結局は、

 

同じような在り方の人って言うのは、

自分自身の本質と向き合う何かってものが、

存在していれば、

あまり気にする必要性も無く、

逆に、

 

違う在り方の人と、

戯れたければ、

 

仕事やビジネスとして、

最低限の能率性を、共有していけば良いものなのでしょう。

 

 

 

 

それらを踏まえてまとめてみると、

 

同じような在り方でもあり、

 

違いが存在する在り方でもあり、

 

そのどちらの場合においても、

 

能率性に特化してしまい、

 

個人の平和を侵害しガチになると待っているのは、

暴力的な、戦争でもあり、戦いとなってしまう事でしょう・・・・・・。

 

 

 

 

だからが故に、

 

ゲーム性ってものが、

重要となり、

 

その追求してしまう平和ってものは、

 

個人の視点でもあり、見解の中にこそ、

存在しているって事を認め、

 

他人のせいにしないって事が、

重要にはなるのでしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

即ち、

 

コミュニティ単位で、

 

「自分と同じ平和を、求めない。」って事でもありますし、

 

そこにフォーカスを向けても、

 

「どない仕様も無い。」って事実を、

直視すると同時に、

 

「自分自身の平和。」ってものは、

意外と簡単という事実もまた、

知っておきましょう・・・・・・!!

 

 

 

 

それは、

結局は、

 

今ここの感情でもあり、行動によって、

出来上がるものでもあり、

 

またそれは、

 

個人視点でもあり、個人的な見解ではありますが、

 

過去では無く、未来の展望として、

活用でき得るものとなるでしょうから。

 

 

 

 

また、

 

スコトーマは、気付くとスコトーマだった事自体を忘れガチってことは、

結局は、

 

前向きに未来視点を展開する為には、

無くてはならない要素でもあり、

 

これもまた、逆に言えば、

 

展開したく無い、未来視点が存在すれば、

 

スコトーマとしておけば良いものとも、

言えるものなのでしょう・・・・・・・・。

 

 

 

 

即ち、

 

情報を展開しない、掘り下げないって事でもあり、

 

その代わりに、

 

自分自身の本質に向き合う為の、

自分軸としての、習慣を、

持ち合わせておけば良いものではあるのです。

 

 

 

 

まぁ、

ゲーム性と言いますか・・・・・・・、

 

ゲームで言えば、

 

ネタバレ=モチベーションを失うこととなり、

やる意味さえも、無くなってくるものでもありますから、

 

能率目的で、先行きを調べる変わりに、

 

自分でこそ、自分ならではの、

プレイスタイルを考察したり、

 

自分でこそ、自分ならではの、

プレイスタイルを、表現しながら、

そのプレイ自体を、堪能するって事とはなるでしょうし、

 

そこには、

結局は、

 

最低限の能率を無視していると、

 

プレイが行き詰まって、

途中退場となってしまうだけに、

肌感覚が重要とはなってきますから・・・・・・・(^^)

 

 

 

 

まぁ、

途中退場となって、

 

やり直すのもまた、その人とゲームの相性ではあるでしょうが・・・・・・、

 

それは自由であるでしょうし、

 

そもそもとして、

 

やり直しが多ければ多い程、

 

行動の経費が高く嵩み、

執着によって、

 

「やらされている感。」が、強くなってしまいますから、

 

注意が必要で、

 

どちらかと言えば、

 

省エネで動いていけるように、

やり直しを回避出来るように・・・・・・、

 

最低限の能率ってものを、

嗅ぎ分ける嗅覚ってものもまた、

重要な要素にはなってくるのでしょうね。

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

自分自身の才能とか、利点とか、

はたまた、長所ってものは、

案外、

 

自分自身では把握しづらいものではある事でしょう。

 

 

 

 

・・・・・・というのも、

自分自身で言っちゃうと、

押し付けがましく感じてしまう為に、

 

自分では自覚していたとしても、

それを、

 

自分ではボカしたり、隠したりする事によって、

 

人からの称賛を、

求めてしまうのは、

決して、

 

僕だけの習性では無いものではありますね・・・・・・??(笑)

 

 

 

 

即ち、

 

自分自身の、才能とか、利点とか、

長所ってものは、

 

自分で言う前提に立ってこそ初めて、

それを把握、自覚する事が、

可能になると、

 

定義することも可能なのです・・・・・・・!!

 

 

 

だからこそ、

 

まず、自分自身で、

それを展開して、構築して行く必要性があるのですが・・・・・・・、

 

まぁ、

 

その前の段階にて、

親しい人・・・・・・って言うよりかは、

 

何かしらの、

プロフェッショナルな人に、

それを聞く、もしくは、

見て貰う必要性もまた、

あることでしょう。

 

 

 

 

・・・・・と言うのも、

 

親しい人に聞いたり、見てもらったりするって事は、

どちらかと言えば、

 

その親しい人との、

関係性ありきでもあり、

 

今後も使って行くであろう、

コミュニケーションのゲーム性の一環として、

 

その意見自体を、聞く姿勢もまた、

大切になるからなのです。

 

 

 

勿論、

 

ゲーム性の一環でありますから、

 

その多い少ないに拘らずに、

 

一種の、オブラートに包み込んだ意見になる・・・・・・って事自体が、

 

当たり前でもあり、

 

そこに必要になるのは、

 

原理原則ではなく、

 

ゲーム性とか、エンターテイメント性の方になるものなのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

だからこそ、

 

何かしらの分野の、

プロフェッショナルな人って言うのが、

 

原理原則的な、正味の意見を聞くのには、

最適でもありますし、

 

そこには勿論、

 

守秘義務ってものも、付き纏ってくる問題とは、

なっているものではあります。

 

 

 

 

・・・・・・と言う、

前提がありきではありますが、

 

プロフェッショナルな人に意見を聞くって事は、

それ自体が、重要な要素となり、

 

占いでは無く、裏あり、根拠ありの意見を、

知る事となり、

勿論重要な事にはなりますが・・・・・・・・、

 

全てを全て、

 

何処かのプロに、

依存してしまうってのもまた、

 

芸が無いと言うか・・・・・・・・、

 

そもそもとして、

 

成長を、自覚していけない事と、

なってしまいガチなものとなる事でしょう・・・・・・。

 

 

 

だからが故に、

 

自分自身の専門性ってものを、

体系化して、スキルや知識として、

細分化してでも、

 

持ち合わせて行く必要性がある・・・・・・・って事なのです。

 

 

 

それは結局は、

 

情報リテラシーを、自主的に高めて行く、

唯一無二の手段となるだろうし、

 

それは結局は、

 

受け手でもあり、

情報をインプットする側が、

 

情報リテラシーでもあり、

 

情報セキュリティでもあり、

 

占いと裏ありを、選別出来うるようにならない事には、

 

決して、

 

他人任せの、お願い状態では、

 

結果的に、

 

自分自身の世界観でもあり、

ゲーム性ってものが、

より良くなって行くものじゃあ、無い事でしょう・・・・・・。

 

 

 

 

だからこそ、

 

自分自身の才能を、自覚する必要性が出てくるものでもあり、

 

その為には、

 

中庸、即ち、

普通の状態で、能力を発揮する必要性もまた、

出てくるものと、なってくるものではありますね。

 

 

 

 

けれども、

 

中庸、普通の状態ってものが、そもそもとして、どんな状態であるか??

って事を、

 

より掘り下げて、知っておく必要性がありますし・・・・・・、

もっと言えば、

 

自分自身の、中庸、普通の状態ってものを、

引き出す術ってものを、

持ち合わせておくによって、

 

より一層、

 

自分自身の才能を、自覚し易くなって行くものではある事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

それは結局は、

 

俯瞰の意識を持ち合わせながら、

目の前の、具体性のある物事に、

没頭する事で、

 

その才能の、特徴ってものを、

嫌でも、自覚せざるを得ないものとはなる事でしょう・・・・・・・(苦笑)。

 

 

 

勿論、

才能とか特徴とか言っても、

何も、

 

プラスだけの部分を見て、

それを才能とか、特徴って言うのでは、

片手落ちでもあり、

 

プラスとマイナス、両方を踏まえるからこそ、

それが才能たり得るものとなる・・・・・・って事でもある事でしょう。

 

 

 

だからこそ、

 

プラスの部分だけを、

特化して表現したり、

 

マイナスの部分だけを、

特化して表現したりするって言うのは、

 

一種の洗脳でもあり、

 

はたまた、

 

綺麗事にしか、聞こえてこない特徴もまた、

持ち合わせているが故に、

注意が必要となるものなのです・・・・・・・。

 

 

 

まぁだからこそ、

 

プラマイ0を、

目指す必要性がある・・・・・・って、

単純明快に言えば、

言えてしまうのでしょうが・・・・・・・、

 

そこに、展開力を発揮する為には、

 

プラスとマイナス、

どちらか片方に特化した上でさらに、

 

自分自身の納得を得るように、

掘り下げれる事もまた、

大切なこととはなるのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

即ち、

 

マイナスに特化であれば、

 

自分自身で、オブラートに包み込む必要性があると言えますし、

 

プラスに特化であれば、

 

自分自身で、人から欲しい意見を意識し、

 

その上で、ゲーム性でもあり、

世界観ってものを用意し、

展開して行く必要がある・・・・・・って事なのです。

 

 

 

 

要するに、

 

自分自身で、

特徴を把握して、

 

才能として、プレゼンテーションするとか、

才能として、ブランディングするといった風の、

イメージでしょうか。

 

 

 

勿論、だからとは言っても、

人からの意見ってものを、

全て、

 

キコエナイ振りをするって事じゃあ無いだろうし・・・・・・・(笑)、

 

人からの意見ってものを、

 

剥き出しの状態で、受け取るんじゃあ無くて、

 

受け入れる為の、

入り口でもあり、

 

受け入れる為の、

方向性の舵取りでもあり、

 

枠組みでもあり、

 

専門性ってものを、用意しておくって事ではありますね。

 

 

 

 

・・・・・・と言うのも、

結局は、

 

この情報過多な、

インターネット中心の世の中において、

 

占いが必要無いくらいに、

裏が無い情報ってものは、

氾濫しているものであるからなのです。

 

 

 

 

勿論、

 

その裏が無い情報ってものは、

 

自分自身の、能力不足や、

技術不足、環境不足って場合もまた、

あるけれども、

 

だからとは言っても、

 

そのような情報ってものは、

結局は、

 

端から、自分自身の手が届かない、

自分自身の影響力を発揮する余地が、

存在するかしないか・・・・・・曖昧な、

 

ギャンブル要素に溢れた、情報であると、

定義する事が可能にはなっている事でしょう・・・・・・・・。

 

 

 

 

だからが故に、

たとえ、

 

小さな事であったとしても、

 

自分自身の手の内に収まる、

自分自身の、エフィカシー(自己効力感)を発揮でき得る、

技術やスキルを通した、生の情報ってものを、

 

展開して、構築する術を、

持ち合わせて行く必要性があります。

 

 

 

それは、

ある一定のスキルを持ち合わせており、

 

習慣として、継続しているのであれば、

それは、

 

自分自身の、専門性でもあり、

プロフェッショナルだと言えるのでは無いでしょうか??

 

 

 

 

即ち、

 

自分軸として、

打ち立てる事が可能になるだろうし、

 

その生の情報ってものは、

 

血と汗や、努力と葛藤の結晶かも知れませんが・・・・・・・(苦笑)、

 

決して、

 

自分自身を、裏切る事は無いものと、

なって行く事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

即ち、

 

自分自身にとっては、

 

主観的、俯瞰的に観て、

裏が確実に存在する、生の情報となり、

 

それを軸として、

 

それを測りとして、

 

情報を、選別することもまた、

可能になる事なのです・・・・・・・!!

 

 

 

 

まぁ、

だからとは言っても、

 

それはあくまでも、

 

僕自身にとっての、

 

唯一無二の、自分軸とはなるでしょうから、

 

人に提供する場合においては、

オブラートも必要となるだろうし、

また、

 

何の専門軸で、語っているか??

って部分を、見抜く観察眼ってものもまた、

必須にはなってくるものなのでしょう。

 

 

 

 

上記の事柄もまた、

 

受け手でもあり、インプット側に求められる・・・・・・・って言うよりかは、

 

あった方が確実に、

 

情報の整理を、しやすくなって行くものではある事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

即ち、

 

変な占いのような情報に、

フォーカスを奪われて、

 

悶々とする必要性が省けてくる為、

 

時間とリソースを、有効的に、

自分自身が、興味があることや、

自分自身が、好きな事に、

使えるようになるって事ではありますね。

 

 

 

変な占いのような情報に、

フォーカスを奪われそうになったら、

 

何か、

 

小さな事であったとしても、

 

自分自身の手の内に収まる、

スキルや技術を発揮でき得るようなものに、

集中する事が、肝要とはなる事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

それを通す事によって、

少なくとも、

 

自分自身の特徴ってものを、

踏まえて、

 

その技術やスキルを、

展開して、構築して行かざるを得なくなる事でしょうから・・・・・・、

 

単純明快に言えば、

 

自分自身の肉体ってものを、

裏ありの専門性として、

 

行動として、表現する事が、

求められる事にはなる事でしょう。

 

 

 

 

それは勿論、

 

あなたでもあり、僕自身の色でもあり、

 

キャラクターでもあり・・・・・・、

 

もっと厳密に言ってしまえば、

 

あなたでもあり、僕自身の、

 

DNAでもあり、指紋のようなものと、

なって行くものなのです・・・・・・!!

 

 

 

 

勿論、だからこそ、

 

それは、どんな事にも応用流用可能ではありますが・・・・・・・、

 

そこに専門性が存在しなければ、

 

それは、

占いに過ぎないものとなるでしょうから、

 

専門性でもあり、専門技術でもあり、専門知識ありきでの、

自分軸だと言う認識が、

必要にはなるのです。

 

 

 

 

即ち、

 

自分軸とは、

 

占いと裏ありの両方の側面が存在しており、

 

そもそもとして、

 

プロフェッショナル性が存在しない事には、

そこには、

 

自分ってもの自体の定義もまた、

裏が存在しない状態と見るのもまた、

 

シビアではありますが、

 

情報リテラシー的には、

必要なものなのでしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

要するに、

 

軸でもあり、

専門性でもあり、技術・スキルありきでの、

自分でもあり、

 

それを統合した概念が、自分軸だ・・・・・・って事なのでしょう。

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

全体性と言いますと、

自己の本質とか、

ゲシュタルトとか言い換える事が出来るでしょうが、

それもまた、

 

人それぞれの解釈ではあるのでしょうね・・・・・・・。

 

 

 

 

・・・・・・が、

僕自身の見解で言いますと、

 

自己の本質ってものは、

結局は、

 

コア=中心では無くて、

全体性の方にあると言う見解で、

話を進めて行こうと思います。

 

 

 

全体性と言いましても、

 

全ての全体性、世界の全体性ってもの自体は、

個人の主観からの視点では、

決して、見る事が出来ないものではあるだろうし、

 

また、

それはそれで、

 

情報量が、膨大になり過ぎて、

結局は、

個人の意識で、把握しきれるものでは無いものではあるのでしょうね。

 

 

 

 

それを踏まえてみても、

結局は、

 

全体性とは言っても・・・・・・、

 

その全体性には、

 

前提的な、枠組みでもあり、

もしくは、

専門性のようなものがあってこそ、

 

そこに初めて、

全体性ってものが、出来上がるものではある事でしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

 

即ち、

 

その個人から見えた、全体性ってものに、

 

枠組みや、専門性ってものが、

明確に、見えなかったとしても、

 

そこに既に存在しているのは、

 

自分自身の自我意識でもあり、

肉体だと言う見解である・・・・・・・って事なのです。

 

 

 

まただからこそ、

その、

 

自分自身の自我意識でもあり、

肉体を踏まえていると言う、前提があるが故に、

 

その自分自身の、

過去の行動パターンや、趣味趣向、

もしくは、

 

過去に経験のある、分野を並べて行く事によって、

そこには、

 

あなたらしさ、あなたならではの、

枠組みとか、専門性ってものを、

発見する事が、可能になる事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

それらを踏まえた上で、

全体性は、出来上がって行くものではありますが・・・・・・・、

 

「その全体性を、信頼出来るかどうか??」

 

まず、自分自身が、

「その全体性を、信用出来るのか??」って問題が、

浮き上がってくるものではある事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

 

即ち、

 

己の専門性を、踏まえた上での全体性ってものが、

 

「果たして、人の役に立つのか??」

もしくは、

 

「自分自身にとって、好ましい未来の展望となりうるのか??」

って問題ではあります。

 

 

 

 

これは結局は・・・・・・、

その、

 

「自分自身の過去の経験を、信仰でき得るのか??」

って問題とも、言い換える事が可能ではあります。

 

 

 

 

だからこそ、

 

その過去の経験ってものは、

 

「圧倒的な結果を出した。」とかよりかは・・・・・・・・、

 

好きな事とか、

その時の楽しさとか、充実加減の方が、

何かと、

 

未来視点においては、

良好な物差しとなるものではあるのです・・・・・・・・!!

 

 

 

その物差しを持って、

結果をきちんと出したいのであれば、

 

その結果の、

 

ピンポイントの、専門性を持った、

プロフェッショナルな人を、見習えば良いだろうし、

 

対価を払って、習えば良いものではある事でしょう。

 

 

 

 

即ち、

 

物事って言うのは、

結局は、

 

楽しく、充実して、

続けれるからこそ、

結果を出す事が可能になるだろうし、

 

何よりも、

 

また、同じゲーム性でもあり、

同じ世界観を、繰り返したいって想いにも、

かられるものではあるのです。

 

 

だからこそ、

 

継続する、習慣とする行為が、

出来上がるものでもあり、

そもそもとして・・・・・・、

 

ギリギリの状況でもあり、

 

能率だけを駆使して、

100点満点を、取れたとしても、

 

「その100点満点を、また繰り返したいか??」

って問われると、

 

決してそうでは無いだろうと、

僕自身は、思う次第ではありますね・・・・・・・(^^;)

 

 

 

即ち、

 

その100点満点の、取り方にもよるとは思いますが・・・・・・・、

 

自分自身の、寿命を削る思い、

 

もしくは、

 

文字通り、死ぬ覚悟の元での、

100点満点の取り方って言うのは、

結局は、

 

ラッキーパンチに過ぎないものとなるだろうし、

 

今回は、無事にいけたとしても、

 

それを繰り返す事によって、

 

どこかの時点で、

本当の意味での、死が待っているのでは無いでしょうか・・・・・・・??

 

 

 

まぁ、

 

人間、何時かは、死に絶えるものではありますが・・・・・・(苦笑)、

 

100点満点の、能率に特化したやり方をするのであれば・・・・・・、

 

例え、80点であったとしても、

 

その取り組み方を創意工夫する事によって、

 

それを、

 

1回限りの、奇跡にするんじゃあ無くて、

 

その取り組みの、

試行回数自体を、

余裕を持たせつつ、増やして行く方が、

 

何かと、

 

幸福度ってものは、上がって行く気がします。

 

 

それは結局は、

 

結果に特化してみれば、

 

亀の歩みのようなものかも知れませんが・・・・・・・、

 

それに取り組む事自体に、

意義が出てくるものではある事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

まぁ、

 

100点主義の、完璧主義者から見れば、

 

その取り組みによって得る結果自体には、

 

意味合いなんて、存在しない事にも、

なりかねないものとは、なるのでしょうが。

 

 

 

 

 

即ち、

 

全体性で見れば、

 

ある種の、無意味な事であったとしても、

 

シチュエーションに特化し、

今こここの瞬間の視点に立てば、

そこには、

 

楽しさや、充実感が存在するし、

 

勿論、

 

苦行のような、努力が必要な部分も、

多数、出てくるものとはなる事でしょう。

 

 

 

 

・・・・・・・・が、

 

その苦行のようなシチュエーションってものは、

 

それが、ゲームのような、

 

やる事自体には、

あまり、意味合いも、意義自体も存在しないものであったとしても、

 

確実に、

 

自分自身の経験としては残るだろうし、

 

経験に残るって事は、

それは、

 

また、別のシチュエーションにおいて、

 

同じゲーム性を、繰り返す側面を、

持ち合わせているものと、なる事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

・・・・・・・こう聞くと、

なんだか、

 

何の意味合いも、意義自体も、

存在しない事を、

苦しみながらする事によって、

また、別のシチュエーションにおいても、

同じ苦しみも繰り返すなんて・・・・・・・、

 

この人ドMか、

頭ちょっとおかしいんじゃあ無いの??

・・・・・・・・って思うかも知れませんが・・・・・・(笑)。

 

 

 

 

その、

 

何の意味合いも、意義自体も、

存在しない事を、

苦しみながらする事によって、

 

「ある種の、楽が出来る。」って側面が、

あると思うのです。

 

 

何の意味合いも、意義自体も、

存在しないからこその、

 

自分自身の、スコトーマ(盲点)からの、

楽が出来る視点が、出来上がる側面がある・・・・・・って事なのです。

 

 

 

また、

そこに、

 

意味合いや、意義自体が、

明確に存在していれば、

それは、

 

ある種の、

 

ノルマでもあり、足下の部分に過ぎないものと、

なる事でしょう。

 

 

 

ノルマや足下ってものは、

勿論、

 

押さえておくのが、

当たり前とはなるのでしょうが・・・・・・・・、

 

そこだけを視野に入れても、

 

物事に、楽さってものが、出来上がって行かない事となる事でしょう・・・・・・。

 

 

 

 

即ち、

 

楽さってものが、出来上がるからこそ、

 

余裕が出来上がり、

 

物事の上達を、実感する事が、

可能になるものではあります。

 

 

 

 

・・・・・・・・が、

 

その楽さの為には、

 

努力や頑張りってものが、

必ず、必要不可欠なものとはなります。

 

 

 

 

だからこそ、

 

その努力や頑張りを、

求めるのではありますが・・・・・・・・・、

 

その努力や頑張りが、

 

ノルマや足下に存在する事自体が、

 

他人軸視点となる事により、

 

自分自身で、楽さを構築する視点が、

欠如してしまう側面があるのです。

 

 

 

だからこそ、

 

何の意味合いや、意義自体が存在しないような、

ゲーム性のようなものにこそ、

 

努力して、頑張る事により、

 

普遍性を持たせつつ、

楽さを引き出す事が可能になると同時に、

 

そのゲーム性自体が、

 

自分自身の好きな事の範疇にある事により、

 

より、充実感を持って、

 

やりがいを発揮して、努力したり、

頑張る事が、可能になるものでもあり、

また、

 

それを、別のシチュエーションにおいても、

 

繰り返したいって思いを、

育む事が、可能になるのです・・・・・・・!!

 

 

 

また、

 

そのような、ゲーム性でもあり、

専門性を持って、

枠組みを決めてみたり、

全体性を描く事によって、

 

その全体性を、

まず、自分自身が、

 

信頼する事が可能にはなるのです。

 

 

 

ま、

 

その全体性は、はっきり言いますと、

 

その本人の為の全体性でもあり、

 

他人が、その全体性を、

参考にする場合においては、

 

その全体性を描いた人は、

 

「何の枠組みでもあり、専門性を持ってして、その全体性を描いているのか??」

って事もまた、

 

同時に、知っておく必要性があるのですが。

 

 

 

結局は、

 

全体性ってものは、

 

その本人自体が、描いて行く必要性があるものですし、

 

人に聞く場合は、

 

枠組みや、専門性を絞った上での、

ノウハウ的なものとはなる事でしょう。

 

 

 

 

・・・・・・・し、

そもそもとして、

 

あまり、

 

日常生活で、全体性の把握ってものを、

必要とする場面自体が、

無いのが、常ではある事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

けれども、

 

それが存在するからこそ、

 

自分自身の舵取りを、

主体性を発揮して、とる実感を、

得る事が可能になるものではありますし、

 

物事を判断する時の、測りを得る事が、

可能になるものではありますね。

 

 

 

 

まとめてみると、

 

決して、

 

用意された仕事でもあり、

用意された、ゲーム性だけが、

自分自身の、努力や頑張りを、

発揮するものでは無い・・・・・・って事でもありますし、

 

その用意された仕事や、ゲーム性を踏まえた上で、

 

結局は、

 

自分自身の自我や、肉体や、

趣向に応じて、

 

自分自身のバランス配分による、

ゲーム性や、世界観ってものが、出来上がるものではあります。

 

 

 

そのように、

構造化、俯瞰化出来てこそ、

 

そのゲーム性や、世界観が、

 

他のシチュエーションにおいても、

繰り返されるって事が、理解可能にはなる事でしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

まただからこそ、

 

そのゲーム性や、世界観ってものが、

 

苦しみを伴うような、

努力や頑張りが存在する場合においては、

要注意となるものであり・・・・・・・、

 

その努力や頑張りに、報いる事が出来うるのは、

自分自身であると、意識を改める必要性が、

出てくるものではあるのです・・・・・・・!!

 

 

 

まぁ、

側から見れば、

 

勝手に努力したり、頑張って、

苦しんで、

 

その苦しんだ分、楽をする人・・・・・・・って見えるのでしょうね・・・・・・(笑)。

 

 

 

 

・・・・・・・・が、

少なくとも、

 

その努力や頑張り自体も、

 

目の前で行われるだけに、

自分自身も納得するだろうし、

 

人から見ても、

そう易々と、

 

虚仮(こけ)には出来ない説得力ってものも、

宿って行く事にはなるだろうし、

 

それ以外に、

行動をしながら、どう楽をするのかと・・・・・・・・。

 

 

 

下手をすると、

 

ただただ、

苦しむだけで、

「実際に死ぬ事だけが、楽。」

・・・・・みたいな世界観にも、陥ってしまう可能性も、

無きにしも非ずなので、

 

要注意ではありますね・・・・・・・・。

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

 

何かを教える人って言うのは、

教師でもあり、上司でもあり、

営業マンとかも、そうではありますね・・・・・・??

 

 

要するに、

何かを教える人って言うのは、

結局は、

ティーチングマインドを持っている人だとは言える事でしょう。

 

 

 

また、

ティーチングマインドって言うのは、

このような、

 

情報発信には、必須にはなってくるのでしょうが・・・・・・、

 

だからとは言っても、

そもそもとして、

 

教えてもらうだけだと、

人間、成長が無いものではあります。

 

 

 

例え、教えて貰ったとしても、

 

それを実践しなければ、

 

身に付くものでは無い事でしょうし、

 

またそもそもとして、

 

職人的、仕事的に言えば、

 

勿論、

 

解らない事を、

知っている人に、質問して、

教えを請う事も、大切な事にはなるのでしょうが・・・・・・・、

 

それ以上に、

 

出来る人のやり方を、

見て、聞いて、学びとる、

盗み取るって行為の方が、もっと、

大事な要素にはなってくるものではありますね・・・・・・??

 

 

 

 

出来る人のやり方を、

見て、聞いて、学びとる、

盗み取るって行為は、

結局は、

 

その、学びとる行為でもあり、

盗み取る行為を、

 

自分自身の引き出しの中から、

引き出す事が可能な状態でこそ、

成り立つ行為ではあります。

 

 

 

だからが故に、

そもそもとして・・・・・・、

 

自分自身の引き出しの中に、

その行為を構成する要素ってものが、

存在しない場合においては・・・・・・・、

 

また、

別の案に代替するか、

 

もしくは、

 

その足らない部分を、

事細かに、

 

手取り、足取り、

教えて貰う必要性があります

 

 

 

この、

 

手取り、足取り、

教えて貰うって事も、

言い換えてしまえば、

 

手取り、足取り、

盗み出すって、

言葉を変えれば、言えるものかも知れませんが・・・・・・・、

 

それだけ、

手間隙と、時間がかかるだけに、

 

その本人に、依頼して、

教えを請う方が、

何かと、余計な問題を、引き起こさないものとはなるでしょうね・・・・・・・(笑)

 

 

 

即ち、

上記のプロセスを経て、

 

結果的に、

 

「自分自身で、教えを再現する。」って事が、

生徒として、学びとるって事でもあり、

 

それが出来た上で、

始めて、

 

「人にも同じように、物事を教える。」事が、

可能になるものではあります。

 

 

 

まただからこそ、

 

その教え手である、

教師側の人って言うのは、

 

有利な立ち位置にあるものではありますし、

 

その生徒側だった人が、

その学びとったものを、

また別の人に教える場合においても、

結局は、

 

自分自身が、学び取れた範囲までしか、

人に教える事が、

不可能なものとはなってしまいガチではありますし、

 

それは結局は、

 

その元々の、

教え手である、

教師役の人を、

紹介すれば済む話にもなってしまい・・・・・・、

 

そもそもとして、

 

このような、

 

インターネット上の、

情報発信においては、

 

その情報自体に、意味も意義も無くなってしまうもんではありますね・・・・・・(^^;)

 

 

 

 

だからこそ、

そこで必要となってくるのが、

 

コーチングマインドってものになりますし、

 

コーチングマインドを持って、

オリジナルのコンテンツにして行く事が、

重要な要素とはなりうる事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

コーチングマインドを持って、

そもそもとして、

 

人に教えるのでは無く、

 

その人本人の内から、

答えを、自分自身で、導き出す手助けを、

する必要性があるのです。

 

 

 

その為には、

結局は、

 

個別個別の、

具体性がある答えってものを、

決して、

 

その本人には、伝えてはいけないものとなるだろうし、

 

具体性がある答えってものを、

 

良質な質問によって、

 

その本人に、導き出すように、

仕向けて行かないと、いけないものとはなる事でしょう。

 

 

 

またその為には、

 

その本人の答えを、

外部から、勝手に決めつけたりしない代わりに、

 

自分自身の具体性のある答えってものを、

確実に、用意出来うる必要性も、

出てくるものとはなる事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

まぁ即ち、

 

自分自身の在り方や、キャラクターを、

前面に出して、

 

「私はこう思いますが、あくまでも、個人的な見解です。」

 

と言ったような感じではありますね・・・・・・(笑)。

 

 

 

 

まぁだけど、

上記のような、

 

自分自身の、具体性のある答えってものも、

 

あまりにも、

一般的すぎる場合においては、

 

隠した方が、何かと、

質問の質自体が、高まって行くものと、

なるのかも知れないですね。

 

 

 

そうやって、

 

コーチングマインドを持って、

人に何かを教える、人から教えを請う事により、

 

結果的に、

 

人に教えれる、

オリジナルなコンテンツでもあり、

 

専門性ってものを、

持つ事が、可能になってくるものではあります。

 

 

 

勿論、

その専門性ってものは、

決して、

 

世間一般で言われるような、

専門性ってものとは、

また別物となるのが、普通ではありますし、

 

世間一般で言われるような専門性ってものには、

お金や利権が、直結してくるだけに、

それこそ、

 

大御所と呼ばれるような、

先行者の、一人勝ちのような、

世界観が、既に、

出来上がっているのが、当たり前だろうし、

 

「誰から教わりたいか??」と問われれば、

 

第一人者でもあり、オリジナルに近い人に、

近ければ、近い程、

その説得力も、増すものとなるのが、

普通ではありますね・・・・・・??

 

 

 

だからこそ、

 

自分でこそ、自分ならではの、

 

経験の棚卸しでもあり、経験の引き出しを組み合わせる事により、

 

より、オリジナリティの存在する、

専門性を持って、

 

人に、ティーチングマインドのみじゃあ無く、

 

コーチングマインド主体で、

教えるって事が、可能にはなってくるのです・・・・・・!!

 

 

 

 

それは結果的には、

 

コーチングマインド主体であれば・・・・・・・、

 

「人に教える。」のでは無く、

 

「人の可能性を引き出す。」行為ともなり、

 

勿論、

その為には、

 

それ相応の、

やりとりでもあり、

 

それ相応の、

コンテンツってものが、必要にはなってくるでしょうが・・・・・・、

 

その引き出した結果ってものは、

教師のものだけじゃあ無く、

 

その本人のものと、なって行くのが、

当たり前にはなってくるものではあるでしょうし、

 

その引き出した結果を持ってまた、

 

また別の、

 

人の可能性を、引き出す行為が、

ベイフォワードとなり、

 

素晴らしい価値観の、循環のスパイラルを、

生み出す事となり、

 

回り回って、

 

その関係者全員にとって、

良い縁気を、紡ぎ上げて行く事にはなって行くものではありますね・・・・・・(^^)

 

 

 

即ち、

それは、

 

例え、ゲーム性のようなものであったとしても、

 

コーチングマインドを踏まえる事により、

 

「人の可能性を、引き出す事が可能になる。」って事でもあり、

 

「人に教える引き出しが、増えて行く。」って事であると、

僕自身は、個人的に思う次第ではあります。

 

 

 

 

また、

 

コーチングマインドを踏まえたり、

ゲーム性として、

人と関わることにより、

 

そこに必要となるのは、

 

「自分自身の裁量を使う。」って事、

 

即ち、

 

「自分自身の頭を使う。」って事とはなる事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

それは結果的に、

 

生徒として、

自分自身が、学んで終わりとするのでは無く、

 

自動的に、自然的に、

 

人にも同じスタンスで関わる事により、

人にも教えたり、コーチングしたりするように、

心掛けて行くものとはなる事なのです・・・・・・!!

 

 

 

ティーチングマインド主体での、

人との関わり方ってものは、

結局は・・・・・・、

 

上下関係を作る為に、

特化してしまいガチでもあり、

 

その教師自体も、

 

「強大な、権力を背景にして、支配的になるか??」

 

もしくは、

 

反面教師となるのが、

とはなります。

 

 

 

・・・・・・なんだか、

 

折角、

 

手間隙かけて、教えているのに、

それはそれで、

腑に落ちないものがある事でしょう・・・・・・。

 

 

 

 

だからこそ、

まずは、

 

コーチングマインドを持ってして、

 

オリジナルのコンテンツを、

 

あくまでも、

 

ゲーム性として提供する事が、

肝要とはなるものなのでしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

ティーチングマインドが必要となるのは・・・・・・、

結局は、

 

その便宜に応じた、

部分・部分であり、

 

決して、

 

全体性とか、概要ってものには、

 

ティーチングマインドってものは、

必要無いものとなるだろうし・・・・・・・・、

 

そこに、

 

ティーチングマインドを持つって事自体が、

なんだか、

 

恐れ多いものとなるだろうし・・・・・・・、

 

神を冒涜した行為と、

感じられても、

なんら不思議はありません・・・・・・。

 

 

 

 

即ち、

 

全体性とか、概要とか、

人生という風な・・・・・・・・、

 

個人にとっては、

最大級に、大きな括りにおいて、

 

そこの教師を名乗って良いのは、

 

自分自身の内の神か、

 

もしくは、

 

悪魔と言っても良いものとなるでしょうし、

 

それこそ、

 

歴史に名だたる英雄とか、

誰もが認める、成功者だけが、

その資格を持つとは言えるでしょうが・・・・・・、

 

それでも言えるのは、

 

それは、

 

自分にとっては、自分自身の可能性としておいた方が、

 

何かと、

 

コーチングマインド的にも、

都合が良いものとはなる事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

だからこそ、

 

「何かを教える。」もしくは、

 

「何かを教わる。」時は、

 

その専門性を、明確にしておいた方が良いものではあります。

 

 

 

 

まぁ、

専門性って言うよりかは・・・・・・・、

 

その教わる事自体を、

 

概念として、明確に、把握しておいた方が良いって事でもあり、

 

その概念の専門家、

即ち、

 

「プロから、何かを教わる。」って事自体が、

重要にはなるものなのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

専門性と言うと、

そもそもとして、

 

オリジナルの可能性もありますし、

 

オリジナルであれば、

そこに、まず必要となってくるのは、

 

ティーチングマインドでは無く、

 

コーチングマインドであり、ゲーム性のようなものと、

なってくるものでしょうから。

 

 

 

 

まとめとしては、

 

生徒で終われば、

それはただの消費でもあり、

 

エンターテイメントの一環で、

終わるって事にもなりかねません

 

 

 

だからこそ、

 

人に教える事が可能になるとも、

言えるのかも知れませんが・・・・・・、

 

それは、

 

あなた自身が行う必要性が、

 

お金以外の理由で、あるのでしょうか・・・・・??

 

 

 

それよりも、

 

自分でこそ、自分ならでは、

即ち、

 

オリジナリティを発揮する為にも、

コーチングマインド主体に切り替えたり、

 

そもそもとして、

 

コーチングマインドで学びとる事により、

人に教えるど〜こ〜よりも先に、

 

人に提供でき得る、コンテンツを、

創造でき得るようになるのが、

先決なのでは無いでしょうか??

 

 

 

 

結果的には、

 

コーチングマインドを持った教師ってものは、

 

必要最低限を、ピンポイントで提供でき得る、

優れた教師となっているでしょうから。

 

 

 

 

まぁ、

 

それ以外の部分においては、

 

その本人が、勝手に引き出して行く事になるでしょうから、

 

結果的には、

 

「人を見る目を養う。」って事に、

繋がってくるものでもある事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

ま、

 

「人を見る目を養う。」とは言っても、

あくまでも、

 

僕個人の、経験則に則った、

僕自身の測りによる判断ではありますから、

 

「全ての人にとって、万能である。」

ハズがありませんが・・・・・・(苦笑)。

 

 

 

 

少なくとも、

 

僕自身の話でもあり、

コンテンツを、

 

納得を持って聞いたり、読み進めれる人にとっては、

 

「人を見る目を養える。」って事に、

繋がるものとはなるでしょうが・・・・・(^^)b

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

OpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

 

我々は、誰しもが、

無いもの尽くしが続いてしまうと、

つい、

 

ハッタリをかましてしまう存在ではあります。

 

 

 

 

・・・・・・が、

だからとは言っても、

 

ハッタリってものは、

結局は、

 

ただの嘘つきでもあり、

見栄を張りたいが為に、ハッタリをかますものではありますね・・・・・・??

 

 

 

 

 

けれども、

そのハッタリってものは、

結局は、

 

その場では、上手い事言って、

みんなの注目を集めたとしても、

結局は、

 

その足取りや、コンテキスト(背景)の情報を知ってしまう事により、

その嘘が暴かれてしまい

 

結果的に、

 

信用を失ってしまうものではあります・・・・・・。

 

 

 

 

 

まぁ、

だからとは言っても、

 

ハッタリとまでは言いませんが、

そのような、

 

グレーゾーンの領域が存在するからこそ、

我々には、

 

成長する余地が出来上がるものでもありますから・・・・・・、

 

見え見えの嘘であるハッタリはともかくとしても、

 

キチンと、

 

コンテキスト(背景)でもあり、

足元の情報が存在するであろう、

底上げってものには、

寛容であるべきではあります。

 

 

 

 

その底上げってものは、

結局は、

 

「応援する。」って事自体が、

寛容であるとも言えますし、

 

勿論、

だからとは言っても、

 

見え見えの嘘であるハッタリってものは、

キチンと、

 

排除したり、除外する必要性があるものとはなる事でしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

 

即ち、

 

足元でもあり、足跡でもあり、

キチンと、

 

活動って呼べるものが、存在しているものに対して、

 

わざわざ、

 

批判したり、嘘扱いする必要性なんて無くて、

むしろ、

 

気に触るのであれば、

 

目に付かないように、

情報統制すれば良いとも言えますし、

 

個人個人の、

情報リテラシーの問題にもなってきますから、

自己責任で、管理すれば良い代物とはなるのでしょうね。

 

 

 

 

また、

だからとは言っても、

 

自分自身の、

肉体が朽ち果てるまでの、

セルフエフィカシー(自己効力感)を、

良好に保つ事を、考えみれば、

 

自己成長って概念は、

決して、蔑ろには出来ない概念とはなる事でしょう・・・・・!!

 

 

 

 

自己成長ってものは、

 

自分自身の、軸となる趣味趣向や、

仕事の役割もそうなのでしょうが・・・・・・・、

 

ある程度成長した上では、

 

その成長率ってものは、

頭打ちになってしまうものとはなる事でしょう。

 

 

 

 

だからが故に、

 

人に何かを教えたり、

同じゲーム性の上で、関わったりする事によって、

 

まだまだ、

伸び代が存在する人達と、関わる事によって、

 

たとえ、

 

自分自身にとっては、

楽勝なレベルの物事であったとしても、

 

人の正味の成長に、関わり合う事によって、

自分自身もまた、

 

新たな切り口に気付いたり、

新たな視点に気付く事によって、

 

同じように、

 

成長を感じとる事が、可能になるものなのです・・・・・・・!!

 

 

 

 

即ち、

 

自分自身では、中々、

成長している実感を得る事が、

難しい分野であったとしても、

 

成長真っ盛りな人々と、

 

その成長している実感を得る事が、

難しい分野の、応用・流用を持ってして関わり合って、

 

コミュニケーションをとったり、

役割分担で関わる事によって、

 

結果的に、

 

自分自身も、成長していけるものでもある・・・・・って事なのです。

 

 

 

 

また結局は、

 

その軸となる分野ってものを、

よりハイレベルに、掘り下げて、追求して行く為には、

 

自分以外の人々の、

成長に関わるって事自体が、

避けては通れないものとなるだろうし、

だからこそ、

 

軸の応用・流用性ってものが、

大切な要素とはなる事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

・・・・・・・と言うのも、

結局は、

 

誰しもが、

 

「自分自身の経験を活用したい。」って想いを、

持っているからでもあり、

 

「今までの経験。」ってものを、

0であり、無かった事にした上での、

再スタートなんてものは、

 

まともに、

努力してきた人であればある程、

 

納得を得る事が、難しいものでもあります。

 

 

 

 

むしろそんなものよりも、

 

今までの経験を、

概念化してでも、軸とし、

 

その軸の応用・流用を持ってして、

今後も活動し、成長して行くって方が、

 

僕自身としては、

 

信頼出来る人物となるだろうし、

 

その軸の概念を聞けば、

 

その人を信頼し続ける、

指標でもあり、測りでもあり、

大義名分でさえも、

 

出来上がって行くものとはなる事でしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

ある程度の、

継続的な、信頼関係を築く為には、

 

そのようなものも、

勿論、

あった方が良いだろうし、

 

それが無ければ、

結局は、

 

目の前の物事の、共有でしか、

その信頼関係ってものを、

推し量る事が、不可能とはなるだろうし、

 

それって結局は・・・・・・、

 

「条件だけ合致すれば、誰でも良い。」

って事に、なってくるものなのでしょうね・・・・・・・・(^^;)

 

 

 

 

 

即ち、

 

自分でこそ、自分ならではに、

欠けるものとなるだろうけど・・・・・・・・・、

 

これまた逆に言えば、

 

自分でこそ、自分ならではを、

応用・流用出来うれば、

 

条件だけを、後出し的に、

 

ご都合的に、

 

選択する事も、可能になるだろうし・・・・・・、

 

もっと言えば、

 

自分でこそ、自分ならではが、

明確になればなるほど、

 

条件ってもの自体は、

妥協し易くなって行くものとはなりますね・・・・・・??

 

 

 

その為にこそ、

 

自分自身のコンテキスト(背景)でもあり、

過去の活動でもあり、

もっと言えば、

 

その個別個別の、スキルを掘り起こす事によって、

 

自分自身の軸ってものを、

自分自身で、定義する必要性も、

出てくるものなのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

勿論、

その定義ってものは、

 

自分自身の趣味趣向に則っている方が、

続けて行きやすいものでもあり、

 

長続きが見込めるって事実が、

それを、

 

応用・流用して行く流れを、生むものとはなるのでしょうし、

 

それは結果的に、

 

過去を、執着だけの代物とはしないで、

 

過去を活用する事により、

 

また新しい未来を、生み出すものとなって行く事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

また、

 

僕自身の持論ではありますが・・・・・・・、

 

正味の意味での、

新しい経験ってものは、

 

「決して、真新しい経験には、存在しない。」

って想いがあります。

 

 

 

これは、

ただ単に、

 

真新しい経験ってものは、

結果的に、

必ず、

 

過去の、何かしらの経験に、

関連するからでもあり・・・・・・・、

 

結果的に、

 

そのパターン性でもあり、

概念化した上での視点では、

 

過去の、何かしらの経験と、

同じ轍(てつ)を踏むものとなってしまいガチだからでもあります。

 

 

 

 

それならば、

 

過去の、何かしら、

趣味趣向に則った、経験から始めて、

それの応用・流用の展開が出来た時の方が、

 

結果的に、

 

自分自身の納得を得やすい、

 

プラスのイメージでもあり、

 

キチンと、価値観が存在しえる、

新しい経験として、

経験値を積む事が、可能になるものではあるでしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

 

 

・・・・・・・と言うのも、

これもまた、

 

新しい経験ってものが、

全てが全て、

 

プラスのイメージでもあり、

キチンと、価値観が存在しているか??って問題でもあり、

 

新しい経験=無限の可能性ってものは、

結局は、

 

プラスもマイナスも、0も含めた上で、

無限の可能性であるが故に、

 

ただ単に、

 

「飛び込む。」だけの行動を、

手放しで称賛したく無い想いから言うのではありますね・・・・・・・。

 

 

 

 

それこそまさに、

 

犯罪行為ですらも、

新しい経験となってしまうが故に、

 

我々は、

キチンと、

 

人に迷惑をかけずに、

プラスの価値観とイメージで、

 

巻き込んでいけるようにと、

 

軸を無理矢理にでも掘り起こして、

筋を通した言動を、

心がける必要性があるものなのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

またそれでこそ、

 

変な、犯罪まがいの、

新しい行動のせいで、

 

過去の大切な軸を、

自分自身で、否定する事を、

回避出来るようになり、

 

それによって、

 

自分自身の、神に対する信仰を、

失わずに済むものと、

なるのでしょうね。

 

 

 

 

まぁ、

上記で、

神とは言いましたが・・・・・・・、

 

その信仰の活動は、

単純に、

 

宗教活動だけじゃあ無くて・・・・・・、

 

スキルの磨き上げが可能な活動であれば、

どんな軸でも良いものとはなるでしょうが・・・・・・・、

 

人に迷惑をかけないって事と、

 

自分自身が、

その行為だけで、

充実出来るってものが、

相応しいものとはなるだろうし、

 

それでこそ、

 

その応用・流用を、

活用していきたいって想いにも、

かられるものとはなって行くのでしょうね・・・・・・(^^)

 

 

 

何にしても、

 

口先だけにしても、

 

それなりの結果を求めるのであれば、

結局は、

 

そのスキルを磨く行為が、

必須にはなるものではありますし、

 

スキルを磨き上げるからこそ、

 

簡単に、

人と代用出来なくなるものではあります。

 

 

 

 

・・・・・・・が、

 

仕事等の、

自分自身以外にも、

同じような役割が必要な物事の場合においては・・・・・、

逆に、

 

代用出来た方が、尚更、

都合が良いものとはなるでしょうが・・・・・・、

 

だからとは言っても、

 

「自分でこそ、自分ならでは。」って想いを、

スキルとして、

表現した場合においては、

 

そこには確かに、

 

自分自身としての、

 

僕自身としての、

 

居場所ってものが、出来上がって行くものとはなるのです・・・・・・・・!!

 

 

 

即ち、

 

仕事の場合においては、

 

「勝手に拘りを反映する。」って視点と、

 

「仕事のノルマは分けて考える。」って視点が、

必要となるだろうし、

 

その拘りってものは、

 

よりミクロに、

細分化出来た方が、尚、

 

あらゆる物事に、

応用・流用可能とはなるものではありますね。

 

 

 

 

「そのミクロの追求次第で、らしさをより、展開する。」

ってニュアンスではあります。

 

 

 

 

即ち、

 

シビアな仕事ど〜こ〜って言うよりかは・・・・・・・・、

 

仕事はそもそもとして、

 

毎回、余裕が出来るように、

勝手に拘りを持って、追求する事により、

自分自身を哭(こく)しながら行うって事でもあり、

 

また、

 

仕事のノルマってものは、

真っ先に、当たり前に押さえておき、

 

その上で、

 

自分自身の拘りを、追求する姿勢をとるって事でもありますね。

 

 

 

その拘りによる、

自分自身の居場所ってものが、

結果的に、

 

自分自身の余力でもあり、

自力を、引き出すものでもあり、

 

仕事の能率だけの効率化からは、

少々、遠退くかも知れませんが・・・・・・・、

 

結果的に、

 

自分自身と、関わる人々の、

成長を引き出す事とはなる事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

結局は、

 

AIとか自動化が発達したとしても、

 

人が提供し、人が享受するのが、

価値ってものの、本質ではあるでしょうから。

 

 

 

まぁ、

その内、

 

人は享受するだけともなりかねないものかも知れませんが・・・・・・、

 

それでも言えるのは、

 

人の成長に関わる為には、

提供するって視点、

 

もしくは、

 

何かしらの軸の、

応用・流用を持ってして、

人の成長に、関わるって視点は、

無くてはならないものではありますから。

 

 

 

そのような、

自己成長ってものがまた、

 

充実感をもたらし、

やりがいをもたらすものとはなる事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

 

まとめとしては、

 

ハッタリは、

ただ単に、

 

真新しい事を、宣言するだけではありますが、

 

底上げは、

 

過去の経験でもあり、

自分自身の、趣味趣向をかけて、

宣言するものとはなる事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

・・・・・・・ん、

・・・・・て事は、

 

別に、

 

誰も彼もに、宣言する必要性すらありませんね・・・・・・・(笑)。

 

 

 

自分自身で定義付けて、

 

信頼に足る人にだけ、

受け入れられたら、

それで良いものではありますね・・・・・・(^^)

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

Thanks for your Like • donations welcomeによるPixabayからの画像

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

 

何かを語る時って言うのは、

 

基本的に、

仕事の場合においては、

 

その具体性ってものが、

望まれるものでもありますし、

 

 

もっと言えば、

それが、

 

単純明快であればある程、

宜しい代物とはなる事ではあるのでしょう。

 

 

 

 

 

・・・・・・・が、

だからとは言っても、

 

その仕事自体が、

 

大きな、重要な役割を担うにしたがって、

その語る事って言うのは、

これまた基本的に、

 

実務でもあり、作業内容と、

報連相によって、共有する内容に、

 

単純明快さから言えば、

剥離してくるものでもあり、

 

実務でもあり、作業内容が、

複雑になればなるほど、

その語る内容ってものもまた、

複雑化していくものではある事なのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

それって言うのは、

結局は、

 

外部から簡単に、

具体的な内容を、見破られないようにする為でもあり、

 

また逆に、

 

外部から見られても、

ご都合が良いように、

コントロールする為でもあります。

 

 

 

 

それは結局は、

 

「怪しく見ていけば、何でも、怪しく考察していく事が可能である。」

とも言えますし、

 

「無い腹を探られる。」とも言いますし、

 

犯罪ど〜こ〜までは、

結局は、

 

その個人の責任の範疇でもあり、

 

中々、そこまでたどり着かないと、

僕自身は思いたいものではありますが・・・・・・・・、

 

無い腹を探られ続ければ、

結果的に、

 

その怪しさを実現する為の情報によって、

我々のマインドは、

苛まれるものでもありますし、

 

それを意図的に、

追い込む場合も、

 

世の中には、存在しているのもまた、

事実ではある事でしょう。

 

 

 

 

だからこそ、

それを回避する為にも、

 

自分自身に、取り込んでいく情報ってものを、

選別していく為にも、

 

何でもかんでも、

具体性・・・・・・・って言うよりかは、

 

単純明快に語らないって事の方が、

 

何かと、

 

自分自身の人生の舵取りでもあり、

運命の方向性の舵取りの為には、

必要にはなってくるものなのです。

 

 

 

 

即ち、

 

表現する事そのものに、

意味合いが既に、内包されているものでもあり、

 

その表現が、

言葉の場合は勿論のことではありますし、

 

その表現が、

行動の場合においても、

既に、

 

表現する事自体に、

意味合いが内包されているって認識を、

持つ事が、大事な事とはなるものなのです・・・・・・・!!

 

 

 

 

これは即ち、

 

言語化する場合において、

対外的に、ご都合的にを意識して、

表現する事にはなりますが・・・・・・・・、

 

その言語ってものは、

勿論、

 

その本人の行動と、

ニコイチとなるものでもあり・・・・・・・・、

 

その両面からのアプローチを持ってするからこそ、

その表現は、

 

安易に、単純明快にならずに、

展開していけるものではありますね・・・・・??

 

 

 

 

また、

これは、

 

行動だけを見れば、

その人本人の意図が、明確になるとも、

言われるものではありますが・・・・・・・、

 

そもそもとして、

我々は、

 

その人間性を保つ上では、

 

行動だけの判断では、

自分自身の自我意識でさえ、

正常な状態で、保つ事が、

困難になるとも言えますし、

 

それは結局は、

 

神か悪魔か、動物か、虫か、

植物か・・・・・・・etc、

 

何か、

 

言語を操れない、生命体のようにも、

捉えられても、おかしく無いものと、

なってしまうものではある事でしょう・・・・・・・・・。

 

 

 

 

だからこそ、

 

行動の前提、もしくは、

自分用としては、

 

単純明快な、

 

自分自身にとって、

ちょうど良いレベルの、

具体性を持った、情報を使う、

 

要するに、

 

「思考とする。」

 

「マインドセットとする。」ってことは、

大切にはなる事なのでしょうが・・・・・・・・・・、

それは、

 

外部から筒抜けであればあるほど、

何かと、

 

自分自身の行動を、阻害するように、

感じてしまうのもまた、

人間の自我ではある事でしょう。

 

 

 

だからこそ、

 

言語化ってものは、

大切なものとなるとも言えますし、

 

その言語化を持って、

 

行動とニコイチの上で、

思考の抽象度を、高めて行くものとなるだろうし、

 

その外部のご都合と、

自分自身のご都合ってものを、

両方踏まえていくからこそ、

 

その表現自体に、

 

意味合いでもあり、価値ってものが、

宿っていくものとはなるのでしょうね。

 

 

 

 

まぁ、

その方法論としては、

結局は、

 

応用・流用を活用して、

 

同じ事を繰り返すのでは無く、

 

同じパターン性を踏まえて、

また違った形を創造するからこそ、

 

それには活用する余地ってものが、

出来上がるものでもあり、

 

自分自身も、

正味の意味で、

 

同じ気持ちでもあり、

同じ感動を、繰り返す事が、

可能になるものでもありますし、

 

対外的に見ても、

 

同じようなご都合には、見える側面が、

存在しているものではあるのでしょうね。

 

 

 

 

また、

そもそもとして、

 

自分自身の主観的見解ってものは、

 

それを単純明快化すればこそ、

それと同じ思いを持った人が、

他にも多数存在するって事に、

なってくるものではありますが・・・・・・・・、

 

それを、

 

詳細まで言語化し、

 

自分自身の感情であり、

感性に沿って、

アート的な思いで、綴っていけば、

 

その同じ思いってものが、

 

マヤカシでもあり、勘違いに過ぎないって事もまた、

 

経験則的に、

何とは無しには理解可能なのでは無いでしょうか・・・・・・??

 

 

 

 

まぁ、これは、

 

絶望的、後悔的な視点にも見えるものなのかも知れませんが・・・・・・・・、

実は、

 

自分自身の、成長の可能性を見ていく為には、

欠かせない視点でもあり、

 

それを否定する事自体が、

 

「自分。」ってものを、

自分自身で、とるに足らない存在だと、

認定していく事にもなりかねないものではありますから・・・・・・・・、

 

少し、

頑張って、努力してでも、

 

その他人との違いってものを、

掘り起こす事を、推奨する次第でもありますし、

 

その頑張りと努力ってものは、

 

自分自身の、

モチベーション・・・・・・・・って言うよりかは、

 

セルフエフィカシー(自己効力感)として、

我が身を助ける役割と、

周りにも好循環として、機能する効果を、

期待でき得るものと、

なるものではありますね・・・・・(^^)

 

 

 

 

まぁ、

中には、

 

その周りにも好循環として、

機能する効果を、

 

自分自身の手柄として、

逆に、

 

文句を言ってくるような輩も、

存在するかも知れませんが・・・・・・(笑)、

 

それもまた、

 

その本人の手柄といえば、手柄ではありますし、

 

その周りにも好循環として、

機能する効果に、

再現性があり、

尚且つ、

 

我が身を助けている実感を確信する事が、

出来うれば、

 

「そんな奴は放っておけば良い。」とも言えますし、

 

「やかましいボケ。」くらいで、

 

放っておけば良いのでは無いでしょうか・・・・・・??

 

 

 

 

それならじゃあ、

 

「あなたが再現すれば良い。」ともなりますし、

 

そんな人に、

わざわざ、

構ってられる程には、

 

我々は、

時間の余裕が無いものでもありますし、

 

だからが故に、

 

その限られた時間でもあり、

リソースを、

 

真の意味で、自分自身にとって、

大切に活用する視点ってものが、

生まれるものではあるのでしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

 

まぁ、

これまた、

厳密に言えば、

 

詳細まで、

 

自分自身の思いに沿って、

描いて行った言語ってものは、

 

「全然違う。」ってものに、

落ち着くものではあるのでしょうが。

 

 

 

 

また、

 

現実的な物事って言うのは、

基本的には、

 

複雑化しているのが、

「当たり前。」なものでもあり、

 

それをそのまんまの抽象度で見ても、

 

全体像なんて、見えないのが普通ではあります。

 

 

 

 

だからこそ、

 

抽象化して、単純化する事によって、

 

自分自身の行動を踏まえた、

「やるべき事。」ってものが、

道筋として、見えてくるものではありますが・・・・・・・、

 

それを行うのは、

自分自身であり、

 

だからが故に、

 

個人個人が、

自分自身用の、

 

「抽象化して、単純化する方法論を持つ。」って事が、

肝要になり、

 

それを現実に当てはめて、

 

より明確な、具体性のある行動を、

行っていく事が、大切にはなるのでしょう。

 

 

 

 

・・・・・・・し、

そもそもとして、

 

その人その人によって、

 

丁度良い具体性ってものには、

違いが存在していて、当たり前なのものでもありますから、

 

自分自身で、

その抽象化した意識に、

 

丁度良い塩梅で、肉付けしていく必要性もまた、

出てくるものとはなるのでしょうね・・・・・・・。

 

 

 

 

また、

その抽象化した意識ってものは、

何も、

 

一つだけとは限らないものではありますが・・・・・・・、

 

だからとは言っても、

 

一つの局面でしか使えないものもまた、

あまり、

 

使い物にはならないものと、なってしまうものではありますね。

 

 

 

即ち、

 

応用・流用が可能であり、

尚且つ、

 

その例外にも対処可能な、

抽象意識ってものが、必要となるものでもありますが・・・・・・・、

 

全てを、自分自身で行う必要性なんて無くて、

 

自分自身が出来ない分野においては、

 

その言語だけで、

共有が図れるものがあれば良いとも言えますし、

 

言語だけのご都合の方が、

何かと、

 

対策を練って、

それを現実的に、

表現・実現していく事もまた、

容易にはなるだろうし、

 

それが無い場合においては、

 

その対策でもあり、

 

現実的に、表現・実現していく事自体が、

「都合が悪い。」って解釈をする方が、

何か、現実的ではある事なのでしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

・・・・・・・・し、

 

たとえ、

言語だけの共有であり、

表現であったとしても、

 

その本人自体に、

何か、専門性となるような、

軸が存在していれば、

 

その言語だけにも、

 

それだけの力が宿るものとはなるでしょうし、

 

言語だけの方が、

 

その本人が、決断でもあり、決定すると言う風な、

自己責任の視点から言えば、

 

これまた、

 

「都合が良い。」ものとはなって行くだろうし、

 

無理無く、

良い意見は良い意見として、

 

反映されるものと、なって行くものではありますね・・・・・・(^^)b

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

分離意識って言いますと、

所謂、

 

「自分だけ。」とか、

「自分勝手。」とか、

 

コミュニティ単位で見ると、

分離して見えるだけに、

 

分離意識とは呼ばれるものではある事でしょう。

 

 

 

またもう一方の、

調和意識って言いますと、

 

コミュニティ単位で見ると、

 

調和している状態を表すものでもあり、

 

「邪魔にならない。」とか、

 

「コミュニティの為に、貢献している。」という風な、

状態を表すものではあるものでしょう。

 

 

 

 

このそれぞれの意識ってものは、

結局は、

 

両方とも、存在しているのが、

当たり前の状態でもあり、

 

一見見ると、

 

「正義」とか、

「役割に徹している。」風にも捉えられがちな、

調和の意識ではありますが、

 

その状態だけでいるって事自体が、

ある種の、

 

「悟りを開いた状態。」であるとも言えますし、

 

そもそもとして、

厳密に言えば、

 

分離意識が存在しない事には、

そこには、

 

「自分らしさ。」とか、

「自分ならでは。」とか、

 

キャラクター性とか、

その人らしさってものが、存在しない事にもなり、

 

所謂、

 

人間らしさが、欠如した風にも、

見えてきてしまうもんではあるのです・・・・・・・・。

 

 

 

 

要するに、

何処かで、

 

分離意識を、表現する必要性があるとも言えますし、

 

何処かで、

 

分離意識が溢れ出てくる、

もしくは、

 

滲み出てくるものでもあるっていうのが、

結局は、

 

人間が行う際には、

「必要悪。」とも言えますし、

 

そこに、

 

人間性が表現されるものとも言えるのです・・・・・・・!!

 

 

 

 

即ち、

 

調和の意識だけであれば、

 

言い方が悪いかも知れませんが・・・・・・・・、

ある意味、

 

「替えが効く。」って事でもあり、

 

あまり、

 

個人の評価としては、

使っていける代物とは、なって行かない側面が、

存在するものでもあるのです。

 

 

 

だからこそ、

 

分離意識の方にこそ、

フォーカスを当てる必要性があるとも言えますが・・・・・・・、

 

 

まぁ、

 

調和意識ってものは、

基本的には、

 

意識に上がらないからこそ、

調和しているものとも言えますし、

 

もしその、

 

意識外に存在する、

 

要するに、

 

潜在意識と呼ばれる領域に、

 

身に危険を感じるような・・・・・・・・、

極度の分離の意識ってものが存在していて、

 

尚且つ、

 

それが近々、

分離意識でもある、自我意識、

即ち、

 

普通に言えば、

 

顕在意識や、もっと単純明快に言えば、

思考の領域に、降りてくるって事であれば・・・・・・、

 

何かしら、

その前兆として、

 

調和意識である、潜在意識では無く、

 

分離意識である、顕在意識にて、

先取り的に、読み取る事も、

可能になるもんではある事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

だからこそ、

 

調和の意識ってものは、

あまり、

 

意識する必要性が無いものとも言いますか・・・・・・・、

 

そもそもとして、

我々人間は、

 

危険を回避したり、克服したりしてきたからこそ、

進化したり、生き続けて、

血脈を受け継いできたものでもありますから、

 

どちらかと言えば、

 

調和の意識よりかは、

分離の意識の方に、

より重きをおいて、

 

活用する術を、発見したり、

応用・流用する事で、

進化させてきたものではあるのでしょうね。

 

 

 

 

即ち、

 

調和の意識ってものは、

 

「当たり前。」過ぎたり、

 

「普通。」過ぎたりするが故に、

 

目立たなく、地味なものであるが故に、

 

自分自身で、掘り起こさない限りは、

中々、

 

顕在化、即ち、

顕在意識、分離意識として、

認識する事が、困難なものでもあるのです・・・・・・!!

 

 

 

だからこそ、

 

その顕在化の為には、

 

「感謝。」の気持ちが大切になるとも言えますし、

 

「感謝。」の気持ちを、

掘り下げて行くと、

そこには、

 

自分自身にとって、

正味の意味合いで、

 

役に立った事の、機能性ってものもまた、

見えてくるものではあるのです。

 

 

 

 

その掘り下げて、

言語化してみた機能性ってものは、

結局は、

 

調和意識を、分離意識に変換する行為とも言えますし、

 

分離意識に変換するからこそ、

そこには、

 

「自分。」ってものが、存在する事にもなり、

「その人らしさ。」ってものもまた、

存在する事にはなるのでしょうね

 

 

 

また、

上記で、

 

分離意識を活用してきたからこそ、

我々は、

 

危険を回避したり、危険を克服し、

進化したり、生き続けて、

血脈を受け継いできたものとは言いましたが、

 

その分離意識ってものを、

そのまま活用するのもまた、

 

一種の、

 

心理的ブロックが、邪魔をするものとなりますから・・・・・・・、

必ず、

 

分離意識自体を、調和意識に変換するって行為もまた、

必須にはなってくるものなのでしょう・・・・・・!!

 

 

 

即ち、

 

抽象度を高めて、

 

単純化するって事にはなるのでしょうが・・・・・・・・・、

 

それが為されて初めて、

 

人と共有する事が、

容易になるものでもあり、

 

「自分だけのもの。」では、

無くなるものではあるのでしょうね。

 

 

 

 

まぁ、だからとは言っても、

それ自体を、

 

「目に見える領域におろしてくる。」

って事自体が、

結局は、

 

分離意識とする事でもあり、

顕在意識として、認識したり、

行動・言語によって、

表現する事でもありますから・・・・・・、

結局は、

 

その表現自体が、

厳密に言えば、

 

「その本人だけの代物である。」と、

 

区分でもあり、区別でもあり・・・・・・・、

場合によっちゃあ、

差別する事も、可能にはなるものではあるのです・・・・・・!!

 

 

 

 

上記で差別とは言いましたが、

その差別ってものは、

結局は、

 

分離意識での差別でもあり、

 

調和意識であれば、

「同じ事。」でありますが・・・・・・、

 

その個人個人の、

ご都合次第によって、

結果的に、

 

特定の特徴性の存在する人々を、

差別せざるを得ないって事自体も、

世の中には、存在するものではある事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

 

まぁ、

その差別ってものは、

裏を返せば、

 

「その人らしさ。」でもあり、

 

その人の、自我意識を、

担保している性質をも、

持ち合わせているものなのでしょうし、

 

また逆に言えば、

 

 

誰でも彼でも、

悪口を言うような・・・・・・、

差別が目立つ人の方よりも、

 

普段は、

聖人君子のようなイメージの人の方が、

 

その差別発言が、目立ってしまう側面があると同時に、

 

そこに追い討ちを掛けたい想いに、

駆られてしまう人々も、

世の中には、一定数、存在しているものではありますね・・・・・・・・(苦笑)。

 

 

 

 

まぁ、

その差別ってもの自体も結局は、

 

口先だけであれば、

それはそれで、

 

何かの糧とはなるものなのでしょうが・・・・・・・、

 

これまた逆に言えば、

 

ガチで、在り方から差別していた場合においては、

少なくとも、

 

そこ存在していた人間関係ってものは、

死滅してしまう事とも、

なってしまうものなのでしょうが・・・・・・・、

 

直接的な、

人間関係が死滅したとしても、

 

その関係性自体が、

縁気として、

 

これから先の、未来の関係性に、

自分自身が望む、望まないに関わらずに、

応用・流用されてしまうので、

 

そこには、注意が必要とはなる事でしょう。

 

 

 

 

即ち、

 

差別するつもりが無かっても、

差別した場合は、

 

口先だけにするのが吉でもあり、

 

逆に言えば、

 

差別するべき人を差別するって事も、

大事な事ではありますが・・・・・・・、

 

その差別するべき人ってものは、

結局は、

 

その本人の主観では、

恐らく・・・・・・・、

 

犯罪者か、極悪人の扱いには、

なっているものなのでしょう・・・・・・。

 

 

 

 

まぁある意味、

 

個人の見解であれば、

それも、

 

「仕方が無い。」ものではありますし、

 

それも昇華されて、

調和意識となっていれば、

たとえ、

 

世界が噛み合う事が無くとも、

 

両方とも、

調和している状態を、創造する事が、

可能にはなっているものでしょうが、

 

その個人的な差別を、

怠った場合だと、

 

どちらか片方を、

 

悪者でもあり、正義の使者とするための、

「聖戦。」が、終わりを告げる事なぞ、

無いものとはなるのでしょうね・・・・・・・(苦笑)。

 

 

 

 

即ち、

 

個人的な差別自体は、

ある意味、

 

らしさを出す為には、仕方が無いものでもあり、

 

それは分離意識ではありますが・・・・・・、

 

その分離意識は、

突き詰めて言えば、

 

自分自身の肉体でもあり、

 

そもそもとして、

 

我々は、

みんな、別の個体の人でありますから・・・・・・、

 

その肉体が存在する、

 

生きているが故に、

必ず出てくるであろう・・・・・・・、

 

闘争本能とか、活力的なものではあるのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

ま、

 

闘争本能とか、活力的なものと、

概念化すれば、

 

それは既に、

 

調和意識っぽいものと、

なってくるものでもあり、

 

そこから展開される言動ってものは、

それこそ、

 

人によって様々な、

分離の意識とは、なってくるものではありますね。

 

 

 

けれども、

 

それには結局は、

 

概念化と言う風な、

 

一種の、

言語の上での、

「悟り。」が為されるからこそ、

 

受け入れられるものでもあり、

 

個人の差別ってものを、

緩和する効果を、期待出来うるものでもありうるのです。

 

 

 

 

要するに、

まとめとしては、

 

分離意識と、調和意識は、

ニコイチだと言う事なのでしょうね。

 

 

 

両方が、両方を踏まえるからこそ、

場を乱さないで済むものなのだろうし、

 

聖人君子と言うのは、

結局は、

 

人々の、理想でもあるのでしょうが、

その理想は、

 

地に足を着ける、即ち、

分離意識が存在するからこそ、

実在化するものでもあり、

 

イメージだけ、虚像だけの聖人君子ってものは、

 

悪魔的存在でもあり、

魔王的存在にも、見えてくるものでもありますが、

 

それもまた、

 

イメージだけでもあり、虚像だけに過ぎないものでありますから・・・・・・、

 

尚更、

 

何のご都合の為に、

描いたのか、

 

疑問だけが付き纏うものとはなるのです・・・・・・・(^^;)

 

 

 

 

要するに、

 

人間用としてみれば、

 

「ダメだし。」をする為に、

ご都合的に使われる存在とも見れますし、

 

結果的に、

 

頑張りだけを強要する割には、

報われない構造を、構築しガチとなってしまうものなのでしょう。

 

 

 

 

まぁ、

その、

 

頑張りだけを強要する割には、

報われない構造を、

構築してしまっているのもまた、

 

自分自身であり、

 

主観の領域でもあり、

 

分離意識の領域で、

そう描いてしまっているからこそ、

そうなってしまうもんでもありますから・・・・・・・・、

 

その頑張った分を、

自分自身でまた、

 

分離意識を活用し、

楽を出来る構造に、再構築して行く必要性も出てくるのでしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

CJによるPixabayからの画像

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

 

「内面をデザインする。」とは言っても、

そもそもとして、

 

内面ってものは、目に見えないからこそ、

内面というものでもありますが・・・・・・・、

 

まぁ、だからとは言っても、

 

人間誰しもが、

 

大きな括りで言えば、

 

同じような概念でもあり、同じようなシチュエーションにおいて、

大体で言えば、

同じような感情を抱くものではある事でしょう。

 

 

 

 

けれども、

 

それを細分化して、

 

ディティールを細かく表現して行くことによって、

 

その人その人による、

所謂、

 

「経験の違い。」によって、

もしかしたら、

 

同じような概念でもあり、同じようなシチュエーションにおいても、

 

真逆の感情を、抱いたり、

真逆の反応をする事も、

 

勿論、

ある事ではありますね・・・・・・・??

 

 

 

即ち、

そのような、

ある意味、

 

細かい部分でもあり、

 

細分化された領域を、優先してフォーカスした場合において、

 

同じ同一人物であれば、

 

ちゃんと、意識的に、

行動を行っていない場合において、

 

勢いだけで動いてしまうような環境においては、

毎回、

 

同じ感情を抱いて、同じ反応を、

繰り返してしまうものではある事でしょう。

 

 

 

それを指して、

所謂、

 

心理的な反応とかいうのではあるのでしょうし、

 

勿論、

それを逆に、

 

大雑把な、大枠だけの概念でもあり、

領域だけにフォーカスを当てた場合においては、

 

そこで予想される感情の動きでもあり、

行動のパターンってものは、

 

それこそ、

 

多様化して行くものではある事なのでしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

 

 

即ち、

 

大枠だけの概念でもあり、

大枠だけの領域を持ってしてでは、

 

そこに関わる人々の、

 

感情の動きでもあり、行動のパターン性を、

読み切る事が、不可能だという事ですし、

 

逆に、

 

細分化された領域を、中心的に見たとしても、

 

そこで予想出来得るのは、

 

勝手知ったる自分自身の、

感情の動きでもあり、行動パターンと、

 

その自分自身と、近しい関係性の人の、

感情の動きと、行動パターンに過ぎないものとなるでしょうし・・・・・・・、

 

もっと突き詰めて言えば、

 

自分自身だけと言う認識を、

持っていても良いくらいではある事でしょうね。

 

 

 

 

要するに、

たとえ、

 

自分自身と近しい関係性の人であったとしても、

 

「勝手に決めつけて行かない。」って事が、

ここでは重要となるだろうし・・・・・、

 

もっと言えば、

たとえ、

 

近しい関係性の人であったとしても、

そこに、

 

自分自身で、決断する余地ってものを、

残しておく事が、

 

自分が逆の場合もそうでしょうし、

 

その近しい関係性の人にとっても、

 

自己成長して行く為には、

必要にはなってくるものなのです・・・・・・・!!

 

 

 

 

だからこそ、

 

内面ってものを、デザインする必要性があるとも言えますし、

 

そのデザインってものは、

勿論、

 

自分自身、個人の領域として、

デザインする事が、肝要ではあるのです。

 

 

 

 

まぁ、

そこに、

いきなり、

 

最近の流行ど〜たらを取り入れて、

 

今までの、

 

その近しい関係性の人にとって、

「らしく無いデザイン。」をしてしまうと、

 

もしかしたら、

 

その近しい関係性の人は、

「愛想を尽かす。」までは行かないかも知れませんが、

 

「今回は、やめておくわ。」ってくらいは、

言うかも知れませんし、

 

それはそれで、

 

今までの関係性次第とは、なってくるものなのでしょうね・・・・・・・。

 

 

 

 

けれども、

 

そのような、

ある種の、

 

中間距離でもあり、

中庸で接する事によって、

即ち、

 

他人軸では無く、自分軸として、

生きて行く実感を得る事が、可能になるのだろうし、

 

たとえ、

 

個人から決めたとしても、

 

逆に、

 

個人とか、仲間内だけでおわらさないで、

仲間を広く、集めて行く為の覚悟ってものも、

 

定まって行く事には、なってくるでしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

 

要するに、

 

個人から描くからこそ、

そこには、

 

身軽さってものが、出来上がるものでもあり・・・・・・、

 

まぁ、

だからとは言っても、

 

本当の意味で、

 

近しい関係性の人であり、

 

内面的な繋がりでもあり、

 

自分自身と、近しいバランス感覚でもあり、

 

自分自身と、近しい価値観を、

保持している相手であれば、

 

今までの積み重ねもあるでしょうから、

 

決して、

 

「いきなり裏切る。」ような未来には、

ならないものではあるでしょうし・・・・・・・・、

 

そんな未来が待ち受けている関係性ってものは、

そもそもとして、

 

その、

 

今までの積み重ね自体に、

 

その前兆ってものを、

ありありと、読み取る事が、可能ではある事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

 

・・・・・・・・が、

それ自体も結局は、

 

「内面をデザインする。」

即ち、

 

表現してみて初めて、

理解可能になるものでもあり、

 

もっと言えば、

 

「内面をデザインする。」って事自体を、

定期的に行って行く事によって、

 

自分自身の神でもあり、

 

自分自身のビジョンと、現実との、

折り合いを付けていくって事に、なってくるものなのでしょう。

 

 

 

 

そこに必要となるのは、

 

満足では無く、納得とはなるものでしょうし、

 

そういうスタンスで無い場合において、

 

満足ばかりを、追求する場合においては、

そこには、

 

「自分自身の傲慢さ。」ってものが、

隠れているものとは、

なってしまうのでしょうね・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

要するに、

 

満足=神の領域でもあり、

 

一時的な満足ってものを、

しては行けないとまでは言いませんが・・・・・・・、

 

満足を得れば、

 

その次に待っているのは、

 

その満足を返上する為の、納得を用意する事、

即ち、

 

納得を引き出すって事と、なるのです。

 

 

 

 

 

納得を得る事が出来れば、

 

人間、何時迄も、

満足していない事でしょうし、

 

その満足している状態ってものが、

何かと、

 

「危険を呼ぶもの。」でもあるのですし、

 

そもそもとして、

 

兵法的に言えば、

 

攻め時と、なってしまうものでもあり、

 

そのようなシチュエーションは、

 

歴史的に観ても、

なんぼでも出てくるものではある事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

 

まぁ、

だからとは言っても、

 

歴史に存在するからとは言っても、

 

その歴史自体が、

そもそもとして、

 

「現代でもあり、未来の我々にとって、有用性があるかどうか??」

って問題は、

 

いささか、疑問も残るものでもありますし、

また、

 

歴史そのものが、

そもそもとして、

 

それを描いた人々でもあり、

その当時の権力者達にとって、

都合が良い解釈と、されているのが、

 

当たり前ではあるでしょうから、

 

我々は、我々にとって、

 

都合が良い解釈を、用意していく必要性ってものも、

存在するのでしょう。

 

 

 

 

ま、その為に、

 

歴史的な解釈でもあり、

 

それを出汁とした、

ストーリーでもあり、世界観でもあり、ゲーム性・・・・・・・・、

即ち、

 

エンタメ的な要素を活用して、

 

自分でこそ、自分ならではのご都合を、

描いて行くって事もまた、

 

肝要にはなってくるものなのでしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

 

要するに、

 

「内面をデザインする。」とは言っても、

 

そこには、

やっぱり、

 

大枠的な概念でもあり、カンプ案のようなものが、

存在していた方が、

何かと、楽にもなるでしょうし、

 

そもそもとして、

 

それが有名であればある程、

 

人と共有しやすくなる・・・・・・って事ではありますが、

 

それを自分用とする場合においては、

 

好き勝手に、

 

細部のディティールを、

描いてしまう方が、良いものとなるし、

 

共有するのは、

そもそもとして、

 

その大枠的な要素からで良いけど、

 

その好き勝手に、ディティールを描いて行く事が出来た、

自分用を、気に入ってくれた人とは、

 

何かと、「馬が合う。」のもまた、

当たり前にはなるでしょうが・・・・・・・・・、

 

 

これまたそもそもとして、

 

それも突き詰めていけば、

その、

 

「馬が合う。」人用の、

「個人的な、内面のデザイン。」ってものは、

 

自分自身用のデザインとの違いってものを、

ある意味、

発掘してしまうもんでもあり・・・・・・・、

 

中々、悩ましい問題でありつつも、

 

自分軸に、立ち返らざるを得ない問題とは、

なってくるものなのでしょうね・・・・・・・。

 

 

 

 

まぁ、だからとは言っても、

 

それはある種の、

 

「贅沢な悩み。」でもあり、

 

中間距離でもあり、中庸に立ち返れば、

 

また1から、

加点方式で、

 

人との関係性を、構築していけるものとはなるのでしょうし、

 

加点方式でもあり、

 

100点を狙わないで、

平均点以上を踏まえるからこそ、

 

精神的にも、安定してられるって事でも、

あるのでしょうね。

 

 

 

100点狙いであれば、

 

基本的には、

 

減点方式になってしまい、

 

マイナスばかりに、気を煩わせる事には、

なってしまうものではあるでしょうから。

 

 

 

 

 

まぁ、

そもそもとして、

 

その数字で表現している100点ってものは、

 

現実的に言えば、

 

数字では無く、

 

何か、具体的な物事として、

表現されるものでもあり・・・・・・・、

 

そもそもとして、

 

自分自身の100点を、

 

抽象化ならともかく・・・・・・、

 

 

具体化出来る人なんて、

そ〜そ〜いませんでしょうし、

 

具体的なら、具体的で、

 

何か、危うさだけが、

悪目立ちするものとは、なってしまう事でしょう・・・・・・・(^^;)

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村