キンジの自分軸哲学

キンジの自分軸哲学

~自分軸を掘り下げて、リアリティに、付加価値にデザインする為のブログ~

あなたは『自分軸』を磨いていますか?



それは『他人軸』じゃないですか??




どうも金山徳允(カナヤマ トクノブ)ことキンジです(^^)




『成幸者』とは、


まず『自分』


それから『他人』


それから『社会』を、


幸せに、豊かにする人達です。





このブログでは、その考えにのっとって、


まず最初の、


『自分』を満たす為に、

『自分軸』にフォーカスを当てて行きます。


私キンジの、

『自分軸=すばらしいと思った価値観』に沿って、

気付いた事、腑に落ちた事を中心に、ロジカルに発信して行きます。


自己啓発的な内容、

スピリチュアル的な内容も、

『自分軸』に沿って、リアリティ臨場感を出して発信して行きます。


また、


私の考えをまとめて、

『オリジナル』なコンテンツとして行きます。


自分自身の実体験を伴った気付きを、

ロジカルに発信して、

その文脈=コンテキストに存在する、抽象度の高い概念を表現します。



そのような、

『自分軸』の大元になるようなものを研究しつつ、

このブログを通じて、

価値観が近い仲間、

私に共感してくれる仲間を集めて、

お互いシェアしつつ、人生を楽しく豊かにして行きます。





なぁなぁの付き合いじゃなく、腐れ縁でもなく、


『自分軸』に沿った同志になりませんか?





あなたの気軽なコメント、

共感メッセージ、

気付きを得たコメントをお待ちしてしています(^^)





Pete LinforthによるPixabayからの画像

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

自分軸で生きて行く為には、

そもそもとして、

 

他人軸ってものが、必要不可欠でもあり、

またそもそもとして・・・・・・・、

 

自分、他人、ど〜こ〜じゃあ無く、

 

軸を持つって事自体が、大切な要素とはなるものではあります。

 

 

 

また、

だからこそ、

 

軸を保持して、役割を意識し、

そもそもとしての、

 

物事の機能性を踏まえた上、

もしくは、

機能性を踏まえて意識して行くからこそ、

 

そこに、

 

論理的思考が生まれる事によって、

 

その軸を中心として、

 

物事を、構造的、論理的に、

把握して行く事が可能になるのです。

 

 

 

それを指して、

 

全体像=ゲシュタルトを構築するとも言いますし、

 

構造理解を、可視化出来るようにするとも言いますね。

 

 

 

けれども、

 

その全体像=ゲシュタルトとか、

構造理解を可視化する為に、

 

文章化や、マインドマップのような、

図式化をしたとしても・・・・・・・、

 

その論理的、計算的に構造化された部分ってものは、

あくまでも、

 

その全体像=ゲシュタルトの骨組みの部分に過ぎなくて・・・・・・、

 

断っておきますが、

勿論、

 

その骨組みが存在しない事には、

その物事には、

そもそもとして、

 

発展性が見込めないものでもありますが、

 

その骨組みだけが全てじゃあ無いだろうし、

 

その骨組み=論理的部分だけを持って、

展開とか、発展して行こうって考えは、

勉強的な視点ではありますが・・・・・・、

 

これまたそもそもとして、

 

全ての行末を、

予め、知っているつもりとか、

 

実際に、知っている視野の元でしか成り立たない、

 

所謂、

 

逆算方式での、

解でもあり、答えの導き方とは言える事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

その方法論の、

問題点を挙げるとすれば、

 

それは、何よりも、

 

「ツマラナイ。」って事が、挙げられると同時に、

 

その、

 

常人なら、

 

「ツマラナイ。」の一言で済むはずの、

その方法論を、

 

実際に、マッチョに行っていける人っていうのは・・・・・・、

 

そもそもとして、

 

「追い込まれている人。」、

もしくは、

 

「多額の負債を抱えている人。」といった様な・・・・・・、

 

足下ばかりに、フォーカスが当たっている人とは言える事でしょうし、

 

その「在り方」でもあり、

「演技性」ってものは、

 

人に伝染病の如く、感染(うつ)って行くって事もまた、

大事な要素とはなる事でしょう。

 

 

 

 

それ即ち、

 

「ツマラナイ。」って思いが、

広まって行く可能性があるって事でもあり、

 

それによってどんどん・・・・・・、

 

世の中と言うよりかは・・・・・・、

 

世界自体が、どんどん、

 

「つまらなくなる。」って事を、

指し表してしまうのです・・・・・・・!!

 

 

 

 

要するに、

 

世界とか、世界観ってものは、

 

個人個人から、

本来なら、描いて行く事が可能なものではありますが・・・・・、

 

まぁ、

 

それはそれだけの、

 

条件でもあり、環境を整えて行く事が、

前提に来るものでもあり、

 

可能性は存在していたとしても、

そもそもとして、

 

誰それお構いなしに、

おいそれと、実現出来うるものでは無いことは、

確かなものでもあり、

 

まぁ、実際的には、

 

何処かのコミュニティとか、

仕事の仲間等とは、

 

近しい世界とか、近しい世界観を、

保持しているって言うのが、

所謂、

 

一般的な見解とはなるものではあります。

 

 

 

 

・・・・・・・・が、

それは勿論、

 

他人軸的世界でもあり、

他人軸的世界観ではありますが、

 

これまたそもそも論として、

 

人と共有するのは、

その他人軸世界でもあり、

他人軸世界観が相応しいものでしょうし、

 

自分軸ってものは、

 

他人軸世界が、

「ツマラナイ。」ものと見えてしまっている現状を、

如何にして、

 

ゲシュタルト崩壊させて、崩したり、

 

その「つなら無さ。」を、

勝手知ったる、

 

自分の好きな事、好ましい事に置き換えて、

エンターテイメント性や、芸術性を見出して、

 

自分自身の、モチベーション管理の為や、

 

セルフエフィカシー(自己効力感)を発揮して、

それをマネジメントする為にこそ、

必要となるものでもあり・・・・・・・、

 

いきなり、

自分軸を掲げて見たところで、

 

それは唯の、

自分勝手とか、

 

ただ遊んでいるだけに、

見えてしまうのもまた、

 

「当たり前。」な事ではあるのです。

 

 

 

また、

だからこそ、

 

「ツマラナイ。」上に、

「邪魔になる。」って事が、

おき得る訳でして・・・・・・・、

 

ちょっと頭が回る人なら、

 

護りの意識でもある、

自我でもあり、理性を働かす事によって、

 

他人軸世界でもあり、

他人軸世界観を、

自分自身に上手く取り込む事によって、

 

その、

一見、

 

「ツマラナイ。」とか、

「邪魔になる。」だけのものを、

 

ちゃんとした機能的価値として、

ブランディングするのもまた、

 

「当たり前。」なものとはなっている事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

即ち、

 

自分軸そのものを見てみると・・・・・・・、

 

そこには、

無敵どころか・・・・・・・、

 

紀元前の中国の、項羽と劉邦の時代のたとえでもある、

四面楚歌(しめんそか)の如く、

 

周りは敵だらけとなる事もまた、

一般的でもあり、

 

そこに、

 

大義名分でもある、他人軸ってものが、

存在しているのが、

「当たり前。」でもあり、

 

その大義名分を、保持しつつ、

 

キチンと、

 

大義がなくならない様に、

護り続けるからこそ、

 

その自分軸は、

「赦される。」ってだけでもあり・・・・・・・、

 

その自分軸が、

認められるって事自体が、

 

そもそもとして、

 

その保持している、

 

他人軸自体の、価値が良いとか、

 

その他人軸を共有する意志があるからこそ、

 

「認められる。」って事には、

なってくるのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

まぁ、

それもまた、

そもそもとして、

 

人からすれば、

 

その自分軸自体は、ど〜でも良いって思いも、

無きにしも非ずなのでしょうが・・・・・・・、

 

仕掛け側からすれば、

 

「そうは、問屋が卸さない。」って事なのでしょう・・・・・・・(苦笑)。

 

 

 

 

ガッチリと、

 

その他人軸と、

自分自身の自分軸を、

 

安易(やすやす)と、分離できないように・・・・・・、

がんじがらめに、

混ぜ合わせているのが、常でしょうし、

 

そうする事によって、

 

仕掛け側にとっても、

 

人間的な居場所を、確保するスペースが、

出来上がるってものではありますね・・・・・・・(笑)。

 

 

 

 

即ち、

 

自分軸で生きる為とは言いましたが・・・・・・・・、

 

実際的に言えば、

 

自分軸を、殺さないように、

延命させ続ける為には、

 

その自分軸を、

 

「如何にして、他人軸の中に混ぜ込ませるのか??」

って事も、大切な要素となるだろうし、

 

またそもそもとして、

 

いまここの、自分軸的な行動ってものは、

 

基本的には、

 

直ぐに死んでしまうような・・・・・・、

 

初心者がプレイする、

マリオブラザーズのマリオのような、死にゲー的でもあり・・・・・・・(笑)、

 

生まれては、直ぐ死んじゃって、

 

生まれては、直ぐ死んじゃってを、

繰り返し続けるものではあるのでしょう。

 

 

 

 

 

・・・・・・・が、

 

その直ぐ死んじゃうその時に、

 

厄介な事に、

 

他人軸を、

零戦特攻とか、爆破テロの如く、

見境無く巻き込んで、

一緒に、殺してしまう悪性をも、

持っている代物とも言えるのでしょうね・・・・・・・。

 

 

 

 

だからこそ、

 

自分、他人、ど〜こ〜は、

置いておいたとしても、

 

軸が大切でもあり、

 

その軸を保持して、

 

自分と他人を混ぜ合わせた上での、

機能的価値ってものを意識し、

 

その機能性を持ってして、

 

論理的かつ、構造的に、

その軸の行動を可視化する・・・・・・・・、

即ち、

 

文章化する、もしくは、構図化するって事が、

とてもとても、大切な要素とはなって行くものなのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

それは、

勿論、

 

上記で挙げた、

 

機能的価値を把握する事=行動の意図を、

意識に上がらせて、意識的に、理性的に行動する利点があり、

 

また、

決して、

 

行動的には、形には残らないような事、

もしくは、

 

行動的には、形には残って行かないような仕事であったとしても、

 

そのプロセスでもあり、

段取りといったような・・・・・・・、

 

実際には行ったけど、

目に見えては残らないし、解らない領域を、

 

世界観とか、芸術性、ゲーム性として、

応用・流用・活用する為にこそ、

役に立つ代物とはなるだろうし・・・・・・、

 

何よりも、

 

自分自身で、己の行動を振り返った上で、

頼もしい存在となりますし、

また、

 

未来視点としても、

 

他の何かに活用したり、

その細部の発展性を追求する事によって、

 

新たな楽しみの要素を、

増やして行く事にも、繋がる事でしょう・・・・・・・(^^)

 

 

 

 

まぁ、それもまた、

 

主観的世界、即ち、

自分の視点の為ではありますから・・・・・・・、

 

他人軸ってものもまた、

 

まともな理性のある人なら、

無視出来る存在じゃあ無いでしょうから、

 

その他人軸に自分軸を混ぜ合わせる

もしくは、

 

自分軸を、他人軸使用に、

カスタマイズするって試みが必要となり、

 

基本的見解としては、

 

他人軸の部分こそ、

強調する事により、

人にシェアするって事が、

 

大事manブラザーズバンドではありませんが・・・・・・(笑)、

 

「それが〜一番大事〜。」

 

って事なのでしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

・・・・・・・まぁ、

けれども、

 

その他人軸ってものもまた、

結局は、

 

機能的部分とはなるのでしょうが・・・・・・、

 

その機能的部分だけを、

視野においたとしても、

 

それもまた、

ただ単に、

 

「ツマラナイ。」ものと成り果てるだけに・・・・・・、

 

結果的には、

やっぱり、

 

色々、諸々、混ぜ合わせた上での、

がんじがらめの中の、

 

「確かな機能性。」となるのが、

なのでしょうな・・・・・・(苦笑)。

 

 

 

それは即ち、

 

「本質を見抜く。」って事が、

大事になり、

 

それに自信が無い人は、

そもそもとして、

 

本質を踏まえた上での、

表現方法とか、演技方法ってものを、

身に付けて、

そのレベルを高めて行く事の方が、

確実性があるのでしょうね。

 

 

 

 

「本質を見抜く。」とは言いましても、

それはそもそもとして、

 

現時点での、

 

把握でき得る構造でもあり、論理性を持ってしての、

本質でもあり、

 

それが全てに関連してくる、

真の意味での本質ではありません。

 

 

 

 

・・・・・・・・が、

その、

 

例え、過程であったとしても、

仮初の本質であったとしても、

 

その本質を探り、嗅ぎ取って行くプロセスを無しにして、

 

決して、

真の意味での本質には、辿り着くことは不可能であったとしても、

 

真の意味での本質に近づく=賢くなって行くって事、

もしくは、

 

魂のステージを高めて行く方法論ってものは、

他には存在しないのでは無いでしょうか・・・・・・・・??

 

 

 

 

・・・・・・・・まぁ、

中には、

 

魂のステージが低いままで、

実際のステージが高くなる人も、

存在するでしょうし、

 

そのような人は、

 

他人軸では無く、

 

他力本願で、そのようなステージに立っている、

羨ましいって言うよりかは・・・・・・・(笑)、

恵まれた人ではあるのでしょうが、

 

結局は、

 

本質から遠すぎる人達=バカと付き合うには、

 

みんなそれぞれ、

許容範囲ってものがあるでしょうし、

 

もっと言えば、

 

例えば・・・・・・、

 

専門性が違った上での、

バカは許せるだろうけど、

 

同じ専門性とは言いませんが、

 

共有すべき、他人軸でもあり、

共有すべき、機能性の上でのバカは、

もう、

 

スラムダンクの、

安西先生が三井君に言った名言の、

 

「諦めたら、そこで試合終了だよ。」

 

んでは無く!!、

 

「諦めなければ、試合終了。」では無いでしょうか・・・・・・・??

 

 

 

 

そのようなバカさ加減ってものは、

ある意味、

 

不治の病の如く・・・・・・、

回避は出来ても、治る事が無いものなのでしょう・・・・・・・。

 

 

 

 

だがしかし、

幸いなのは、

 

人は多様性なものでもあり、

 

尚且つ、

 

この世界は、

 

多くの人に溢れているものでもあり、

 

我が国日本では、

 

一期一会(いちごいちえ)って四字熟語の如く、

出会いと別れを大切にする風習もあり、

 

その機能性の為にこそ、

人を入れ替えたり、循環させるものではありますし、

 

構造的に、

骨組みの肝となる部分の、

機能性ってものは、

 

人任せにする方がオカシイものでもあり、

 

専門性を持って自分自身か、

もしくは、専門家に任せるのが常でしょうが、

 

まぁ、

 

有志として、個人に任せるのが、

 

相応しい在り方でもあり、

 

相応しい演技でもあり、

 

相応しい役割とはなる事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

yogesh moreによるPixabayからの画像

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

※前回予告した通り、

今回からまた改めて、

自分軸哲学を、リライト(再構築)して行こうと思いますので、

また改めて、よろしくお願いいたします。

 

 

 

自分軸と言いますと、

まぁ、

 

そもそもとして、

 

自分ってものが、自分自身では、

見えないものでもあり、

 

またそもそもとして、

 

自分ってものについて、

自分自身で語る事自体が、

 

ある種の、

 

タブー化されているが故の、

 

自分軸でもあり、他人軸であるとは、

言えるのでは無いでしょうか・・・・・・・??

 

 

 

 

即ち、

 

自分ってもの自体が、

 

自分自身では見えにくいものでもあり、

 

またまた、

 

自分ってものを、

自分自身で語るって事自体が、

そもそもとして、

 

タブー化されているものでもあるのですが・・・・・・、

 

そのタブー化されている原因として、

 

自分で語ると、

矛盾点ばかりが出てきてしまい、

 

そもそもとして、

 

自分を語っているつもりが・・・・・・・・、

その論点さえも、

無くなってきてしまうのが、

自分語りであるとも言える事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

だからが故に、

そこに必要となるのが、

 

媒介でもあり、

 

何か、軸となるような概念でもあり、

 

軸となるような、

経験が存在していてこそ、

 

そこに、

 

自分(じぶん)ってものを、

醸し出したり、

表現する事が、

可能になるものでもあるのです。

 

 

 

 

即ち、

 

そこに、軸となるものが存在してさえいれば、

 

それが自分軸か??

 

もしくは、

 

他人軸か??って問題さえ、

ど〜でも良い事なのかも知れませんし、

 

そもそもとして、

 

その表現している人ってものは、

自分であることが確かでありますし、

 

他人軸の場合においても、

 

人の言う事や、

人から教わった事柄を、

そのまんま、丸ごとコピーしない限りは、

 

そこには、

 

自分軸ってものが、

 

たとえ、片鱗であったとしても、

存在して行く事には、

なって行くものではある事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

また、

そもそもとして、

 

人から教わった事や、

人の言う事を、

そのまんま、丸ごとコピーするって行為は、

 

何か、

物事を始める際には、

 

一番最初の段階であるとは言えますが・・・・・・、

 

その上達のプロセスを経て行く為には、

結局は、

 

自分なりとか、自分でこそと言ったような・・・・・・、

 

ある種の、

 

勝手気ままな行為でありながらも、

 

試行錯誤しつつ、

間違いを繰り返しながらも、

自分自身に、そのスキルを、

馴染ませて行く行為ってものが、

必要不可欠なのでは無いでしょうか・・・・・・??

 

 

 

 

即ち、

 

その物事を、

府に落とすとか、

 

習慣付けて、

自分の血肉とするって事ではありますが、

 

それは確かに、

 

その行動を起こす前、

そのアクションを起こす前までは、

確かに、

 

他人軸視点であった、物事ではある事でしょう。

 

 

 

 

・・・・・・が、

 

それを行動に起こした瞬間から、

ある意味、

 

それは自分軸視点の、

始まりでもあり、

 

その他人軸の、

一つの区切り目までを、

とにかく、

 

自分軸として、再構築して行くって事を、

 

何かのスキルを学ぶ時とか、

何かのチャレンジとして、行動する時に、

我々は、

 

当たり前に行っているものではありますし、

 

そのサイクルの、繰り返しをしているものではありますね・・・・・・??

 

 

 

 

勿論、

それは、

 

人によっては、

 

その他人軸の一つの区切り目までを、

自分軸として、再構築して行くってプロセスを、

 

同時に、

何個もしている人も存在するだろうし・・・・・・、

 

いや、

 

「私はとにかく、これを自分のものにするんだ・・・・・・!!」と、

 

一つに特化した上で、

自分軸として、再構築して行く人もまた、

中には存在する事でしょう。

 

 

 

その2パターンのプロセスは、

結局は、

 

自分(じぶん)ってものが、

そもそもとして、

 

主観的視点でもあり、

 

自分自身からだと、

存在しないものだからこそ、

 

そのプロセスを経て、

 

視覚化でもあり、明確化して行くものでもあり・・・・・・・、

 

これまたそもそもとして、

 

「何故、自分を知る必要性があるか??」

と問われれば、

 

「自分を知っていれば、応用性・流用性が出来上がり易くなり、臨機応変さが身に付くからである。」

と、

 

答えることが可能ではあります。

 

 

 

・・・・・・し、

 

孫氏の兵法でも、

「敵を知り、己を知れば、百戦危からず。」

と言いますが・・・・・・・、

 

敵の事なんて、

そもそもとして、

 

あまり知る気が無い方が、

直接的な、暴力的な戦いには、

発展し辛い側面がありますが・・・・・・、

 

だからとは言っても、

 

その戦いにおいて、

 

やられっぱなしとか、

白旗を挙げてばかりの在り方も、

頂けないものでもあり・・・・・・・・、

 

自分自身の、在りたい自分とか、

セルフイメージを護った上で、

より良く、右肩上がりで、

生きて行く為には、

 

直接的な、暴力的な戦いを避けた上で、

 

自分自身の、

土俵となりうる軸、

即ち、

 

代理的な戦場において、

 

自分自身の、闘争心なり、

サバイバル的な己との戦いを、

繰り広げて行く事が、

 

望ましい在り方とはなる事でしょう・・・・・・・・・!!

 

 

 

 

要するに、

 

完全なる敗北ってものは、

そもそもとして、

 

死が近づいてくるものでも在りますから・・・・・・、

 

生きている人間には、

不可能なものでしょうし、

 

だからが故に、

 

たとえ、

 

代理の軸を用意した上であったとしても、

 

勝ち負けど〜こ〜よりも、

戦い続けるって事が、

 

より良く生きて行く為には、

必要不可欠な要素にはなってくるのでは無いでしょうか・・・・・・・・??

 

 

 

 

それは要するに、

 

完全なる敗北ってものは、

 

その物事だけの問題で済むものじゃあ無くて・・・・・・、

 

その他の物事にもまた、

応用・流用されてしまうのが、

でもあり、

 

だからが故に、

 

サバイバル的な、根源的な視野の元において、

 

敗北を、敗北だけで、

済ましてはいけないものだと言う事実を、

 

忘れてはいけないものとはなる事なのでしょうし、

 

だからこそ、

 

その、一見、敗北に見える物事からもまた、

 

良きにつけ悪きにつけ、

結果を俯瞰する事により、

 

「どういう事実が在ったか??」って事を、

読み取る事が、必要にはなってくるものなのでしょう。

 

 

 

その事実は、

 

その敗北という名の、

ある種の、

 

ラベル付けでもあり、カテゴライズが外される事により、

 

中庸なラベル付けでもあり、

中庸なカテゴライズがされる事にはなってくるものではありますね。

 

 

 

その中庸なラベル付けでもあり、

 

中庸なカテゴライズされた物事には、

少なくとも、

 

未来視点でもあり、

また別の軸としての、

可能性が見えてくるものではありますし、

 

その可能性は、

 

実際に、

行動に移す事によって、

たとえ、

 

他人軸からの再スタートであったとしても、

 

自分軸が構築されて行き、

自分軸が構築されて行く=上達して行くものでもあり、

自分自身の血肉となる事により、

 

スキルが身に付くとか、能率だけの視点だけでも無く、

 

そこに含まれて行くのは、

 

世界観とか、ゲーム性のようなものさえ、

自分自身の血肉となって行くものではある事でしょうよ・・・・・・。

 

 

 

 

話が少しズレた感がありますが、

続けます・・・・・(苦笑)。

 

 

 

 

自分軸も他人軸も、

結局は、

 

客観的な視点では無く、

主観的な視点ではある事でしょう。

 

 

 

・・・・・・が、

 

自分軸は、

自分自身の、本音でもあり、情緒的な視点でもあり、

 

他人軸は、

自分自身の、役割を演じる為の、演技的な視点であるとは言える事でしょう・・・・・・。

 

 

 

 

即ち、

 

役割を演じながらも、

そこに醸し出されるような、

 

本音でもあり、

 

そこに醸し出されるような、情緒的な部分が、

 

自分軸哲学として、構築されて行くものであるとも、

言えますね。

 

 

 

そこには、

 

自分軸、他人軸、

両方の視野がある事により、

 

主観的な視点から、俯瞰的な視点にまで、

視野を広げる事が、可能にはなってくるのです。

 

 

 

・・・・・・・し、

 

俯瞰的な視点でもあり、

俯瞰的な表現が存在しているからこそ、

 

人と共有がなされるものであるとも、

言える事でしょう。

 

 

 

主観的な視点でもあり、主観的な表現ってものは、

基本的に、

 

共有とか、共感が出来たところで・・・・・・、

 

そこに意義は存在していても、

意味自体は存在しない事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

即ち、

 

それは儀式的なものではありますが、

 

そこに見出す意味合いってものは、

人によって、様々な形態が存在していて当たり前でもあり、

 

その意味合いを共有する、

もしくは、

 

近づける為にこそ、

 

俯瞰的な視点があり、

俯瞰的な表現があり、

構造を、同じように構築して行く必要性が出てくるものとはなるのでしょうね。

 

 

 

 

またそれはハッキリ言えば、

 

そこまで構築するのであれば、

 

同じ意味合いを共有する必要性すら無く、

もしくは、

 

意味合い自体を、近づける必要性もまた、

無いものなのかも知れません。

 

 

 

ただ、

 

その俯瞰的な視点でもあり、

 

俯瞰的な表現でもあり、

 

構造自体を、自分自身の血肉とする=自分軸として、

再構築して、身に付けて行けば良いものでもあり、

 

その一番身近に感ずるであろう・・・・・・、

 

主観的な、動物的な共有でもあり、

共感ってものは、

 

色眼鏡をかけた上で、

行えば良いものでもあり、

 

それを切っ掛けとして、

 

自分自身の、俯瞰的な視点でもあり、

俯瞰的な表現でもあり、

構造自体を、構築していけば良いものでもあります。

 

 

 

 

即ち、

 

「芸の肥やしにする。」が如く、

 

自分自身の、

世界観や、ゲーム性や、

役割の演技に、

活用していけば、それで良いものなのかも知れませんね・・・・・(笑)。

 

 

 

 

・・・・・・・・が、

それでも結局は、

 

その主観的な視点の、

意味合いってものは、

 

やっぱりど〜でも良くて、

 

どちらかと言えば、

 

情緒的な、

「どのような感情が起こったか??」って部分の方が、

 

大切でもあり、

 

その感情を、納得が行くものにする為にこそ、

 

試行錯誤しつつも、

 

俯瞰的な視点でもあり、

 

俯瞰的な表現でもあり、

 

構造を構築して行く事には、

なってくるものなのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

し、

 

それに必要となるのは、

 

演技的、演奏的・・・・・、

もしくは、

 

ゲーム性のような、

 

芸術的、エンタメ的な視点でもあり、

 

もっと言えば、

 

芸術性、エンタメ性に繋がるようなスキルでもあり、

そのスキルの応用・流用性を持ってして行われた、

行動によって、

 

行動の履歴としての構造が、

構築されるものでもあり・・・・・・、

 

それ即ち、

 

経験によって、構造が構築されて行くって事なのでしょうね。

 

 

 

また、

それによって構築された構造ってものは、

結局は、

 

コンテンツ化しない事には、

可視化出来ないものとなり・・・・・・・、

 

その構造を、全部把握しているのは、

そもそもとして、

 

「全知全能感を持った、自分自身。」だけでもあり、

 

もっと素直に言えば、

 

自分自身でさえも、全部把握仕切れていないのが、

当たり前でもあり・・・・・・・(苦笑)、

 

その、

 

「全知全能感を持った、自分自身。」の概念のことを指して、

 

未来視点の自分自身でもあり、

真我とか言うのでしょうね。

 

 

 

まぁ、

その真我は、

 

自分の為には活用出来るでしょうが・・・・・・、

 

人には人の真我がまた、

存在しているものでしょうから、

 

その真我からの気付きは、

尚更、

 

言葉で表現ど〜こ〜では無く、

 

芸術的な、表現方法が、

必須にはなってくるだろうし・・・・・・、

 

その全知全能感がまた、

 

逆に言えば、

 

人の未来視点を侵害するとも言えますし、

 

それによって、

自分自身もまた、

 

誰かによって、未来視点を侵害される種まきともなってしまうだろうから・・・・・・・・、

尚更、

 

無闇に、

 

真我からのお告げとか、

人に言語化しないで、

 

それを「芸の肥やし。」として、

 

自分自身の芸術性を発揮して、

世界観やゲーム性の構築に、役立ててもらいたいですね・・・・・・。

 

 

 

その芸術性を見た上で、

 

インスパイアされるものが出てくるだろうし・・・・・・・、

 

その距離感は、

 

自分自身で、答えを導き出す為には、

適した距離感とはなるでしょうから。

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

John HainによるPixabayからの画像

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

2017年4月13日からかけて、

約5年間かけて、

リライトの試みを続けてきた自分軸哲学ですが、

また、

改めて、

最初の方から、リライト(再構築)して行こうと思います。

 

 

 

記事の順番等は、

基本的には、

そのまんま、順番通りで行こうとは思いますが・・・・・・、

 

もしかしたら、

 

順序を変えたり、

ブログでだけアップした記事のリライト(再構築)を、

織り交ぜたり・・・・・・、

はたまた、

 

新しい気付きの題名等を、

織り交ぜて行くかも知れませんが、

 

基本的には、

方向性だけ定めて、

細かい部分は臨機応変に、

変化させていきたいとは、思っております。

 

 

 

今後とも、

自分軸哲学という名の、

僕自身のゲーム性でもあり、世界観の構築に、

お付き合いいただけたら、

嬉しく存じます。

 

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

 

まず、自分自身ってものは、

 

自分からでは見えにくいものでもあり、

演技的でもあり、俯瞰的な視点を持つ事によって、

自分(じぶん)ってものが、

ぼんやりと見えてくるものではある事でしょう。

 

 

 

し、

 

その自分(じぶん)ってものもまた、

 

過去の自分でもあり、未来の自分ってものにもまた、

区分できるものではある事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

要するに、

 

自分(じぶん)ってものは、

 

未来視点の自分ってものが、

大切にはなってくるものではありますが・・・・・・、

 

その未来視点もまた、

 

過去に描いた未来視点ってものが、存在しているものでもあり・・・・・・、

 

過去にその場でもあり、同じような役割を果たした誰かが、

自分と重なって見える事により、

 

それ自体を、

 

未来視点の自分と、錯覚する事もまた、

存在するものではある事なのでしょうね・・・・・・・。

 

 

 

だからこそ、

 

それだけ複雑性が出てくると、

 

そこに必要になるのは、

ポイントとなる部分にはなってくるものではあります。

 

 

 

そこでのポイントとなるのは、

結局は、

 

歴史とか、過去の誰かの役割ど〜こ〜では無く、

 

自分自身の過去の、体験価値から見て、

「新しい経験を得る事が可能かどうか??」

って視点が、

 

大切にはなってくるものなのだと、

僕は思います。

 

 

 

即ち、

 

上記で言う、

新しい経験ってものは、

 

過去の体験価値を踏まえた上での、

その延長線上に存在する、

新しい展開方法とでも言いましょうか。

 

 

 

過去の体験価値を踏まえて、

その延長線上に、展開していくからこそ、

それを、

 

真新しい経験だと、認識する事が、

可能になるものでもあり、

 

全くの、

 

切り口だけが真新しい経験ってものは、

結局は、

 

何処かの過去の経験と、

結果的にリンクして行くのが当たり前でもあり、

 

新しく見えるように、

誤魔化されている、

 

もしくは、

 

自分自身が、無意識、意識的にも関わらずに、

誤魔化しているだけに過ぎないものでもあります。

 

 

 

だからこそ、

 

新しい経験を重ねているつもりが・・・・・・、

それがある種の、

 

ワンパターン化されているものと、

感じてしまって、

 

ただ単に、

 

新しい経験を重ねる=過去の繰り返しと、

意識の上ではなってしまうものでもある・・・・・・って事なのです。

 

 

 

 

この上記の流れは、

 

ある種の、

ゲーム性とも言えるものでもあり、

 

同じ環境・同じ人々を相手にする場合においては、

 

特に、

 

過去の体験価値から、展開力を、

行使する必要性が出てくるものではあるのです・・・・・・!!

 

 

 

 

 

・・・・・・が、

 

環境でもあり、相手にする人々を、

変化させてしまえば、

 

過去の体験価値から、展開力を行使するって行為自体が、

少々、やり過ぎ感が出てくるものでもあり、

 

その環境でもあり、人々に沿った上で、

過去の体験価値、

そのまんまを、

繰り返すくらいの変化の方が、

結局は、

 

真新しい経験となり、

 

自分自身でも、自分自身の成長を、

実感し易くなって行くものでもあるのです。

 

 

 

 

 

即ち、

 

日々の成長でもあり、日々の変化が必要な我々にとっては、

 

成長し過ぎたり、変化し過ぎたりする事自体が、

自分自身の実感を得難くなる側面もあり、

 

その実感が無くなってしまうと、

そこには虚無感とか、絶望感ってものが、

出てくるものでもあるのですし、

 

そもそもとして、

 

何の為に、

「日々の成長でもあり、日々の変化が必要か??」

と問われれば、

 

「生活習慣病のようにもなっている、大人の発達障害に対応する為。」

とは言えるものではあります。

 

 

 

 

この、

大人の発達障害ってものは、

結局は、

 

仕事や生活習慣において、

同じ事を繰り返すって行為自体、

ある意味、

 

我々にとっては、

欠かせないものであるのと同時に・・・・・・・、

 

それはある種の、

 

足下でもあり、原理原則の視点ではありますから、

 

そこに充実感とか、やりがいと言ったような、

上位的なステージの概念を、

混ぜ合わせて行く為には、

 

その同じ事を繰り返すサイクルに、

どうにかして、

 

世界観とか、ゲーム性のような視野を持ち込み、

 

足下ばかりにフォーカスを当てて、

攻撃的な展開性に陥らずに、

 

世界観とか、ゲーム性の為と言う風な、

ある種の、

 

幻想的な着地点を持ってして、

現実的な問題に、立ち向かって行こう・・・・・って試みの元の、

お話ではございます。

 

 

 

それは、

確かに、

 

世界観という風な、

 

エンターテイメント的でもあり、

芸術的でもあり、

 

ゲーム性という風な、

 

段取り的ではありますが、

ゲームの一貫ではある事でしょう。

 

 

 

 

・・・・・・・が、

それそのまんま、

 

エンターテイメントでもあり、芸術でもあり、

ゲームの場合も、

勿論、

ありますが、

 

僕自身の主観的視野の元においては、

 

この世の全てでもあり、

現実世界が全て、

それを通して見る事が可能なものでもあり、

 

その手元でもあり、

足下が、

移住食に関わっている場合か、

もしくは、

 

それに近しい場合において、

現実感がより増して、臨場感が、

誰にとっても感じ取り易くなる・・・・・・ってだけに過ぎないものではあるのでしょう・・・・・・・。

 

 

 

 

即ち、

 

足下に近ければ近い程、

臨場感が増すって事ではありますが・・・・・・・、

まぁ、

 

足下に近ければ近い程、

より、

 

暴力的な、戦場感ってものもまた、増すものでもあり、

 

そこに安心でもあり、

安寧を求めるのであれば、

 

例え、

 

ファンタジーでもあり、幻想の領域であったとしても、

その上位に位置する概念を掲げて、

 

盲信では無く、

 

現実的な行いを行使しながら、

その上位概念を、信仰する必要性があるものなのでしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

 

それによって少なくとも・・・・・・・、

 

自分ってものの、

魂のステージが高まる事により、

 

臨場感だけで、

動物的に動くだけのような・・・・・・、

セルフイメージの低い在り方から、開放されるものにはなる事でしょう。

 

 

 

 

・・・・・・・が、

やっぱり、

 

動き出しってものは、

我々も動物の仲間でありますから、

 

動物感が出るのが、

仕方がないものでもあり、

 

その方が、

 

飛び込み感のような、

勢いが出ると同時に、

 

飛び込み前の意識を、

忘れてしまわない事によって、

 

その成果でもあり、成長感を、

セルフマネジメントする為の、

 

とてもとても、

 

大切な切り札にはなるものなのでしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

 

 

即ち、

 

自分(じぶん)ってものは、

 

臨場感によって、

推し量るものでは無く、

 

未来視点=成長視点によって、

推し量る方が、より、健全的では無いでしょうか・・・・・・??

 

 

 

 

 

要するに、

 

臨場感過多ってものは、

結局は、

 

「緊急性がある事に、フォーカスが奪われている状態である。」

って事でもあり、

 

緊急性だけであれば、

 

演技的・構造的に、

簡単に作れてしまうものでもあり、

 

そこに、

 

緊急性だけじゃあ無く、重要度ってものが、

含まれていれば、

それはそのまんま、

 

即、

取りかかれば良いものとはなりますが・・・・・・、

 

その重要度ってものもまた、

 

普段から、

優遇でもあり、優先するような、

習慣付けが為されていない場合において、

 

「その緊急性に、重要度がついてくるか??」

って問題には、

いささか、疑問が残るものではありますね・・・・・。

 

 

 

 

まぁ、

ここで言う重要性ってものは、

 

自分自身にとっての重要性ってものでもあり、

 

客観性だけじゃあ、推し量る事が、

不可能な部類には入ってくるものなのでしょう。

 

 

 

 

 

・・・・・・・・が、

それが習慣となっていれば、

 

客観性でも、

認めざるを得ないものとはなっている事でしょうし、

 

逆に言えば、

 

臨場感ってものは、

後付けでもどうにでもなるものとも言えるだろうし、

 

臨場感ってものは、

その最初の飛び出しでもあり、

動物的な勢いによって、

出来上がって行くものとも言えますし、

 

それによって、

 

自分自身が重要度が高いと認識している物事に、

臨場感を盛り込んでいけるものと、

言えるのでしょうし、

 

自分自身で期限を決定してしまうって事もまた、

その物事に、

臨場感を盛り込んで行く術とはなるのでしょう。

 

 

 

 

だからこそ、

 

人の煽りで動くのでは無く、

 

自分自身のリーダーシップの元に、

 

自分自身、重要と思う物事を、

例え、一人からでも、

行動に移して、推し進めて行くものではあります。

 

 

 

 

 

・・・・・・・が、

 

その、

 

僕自身が、

重要度が高いと感じる物事ってものは、

 

衣食住に付随する物事、プラスアルファ、

世界観とゲーム性とは言えますし、

 

それによって、

 

臨場感によって、

行動プランを決定するのでは無く、

 

世界観とゲーム性によって、

行動プランを決定する事に、

成功しているつもりではあります。

 

 

 

 

まぁ、

結局は、

 

それによって、

 

最初の動き出しってものは、

いつも、

 

億劫でもあり、面倒くささが出てくるものではありますが・・・・・・・、

 

動き出す勢いと、

世界観とゲーム性のお陰様か、

 

尻上がりに、

 

モチベーションでもあり、

セルフエフィカシーでもあり、

臨場感さえも増して行く事によって、

動き易くはなって行くものではありますし・・・・・・・・、

 

逆に言えば、

 

最初の億劫さと、面倒くささのお陰様か??

 

動き出してからの煽りにも、

強くなった側面は、ありますね〜。

 

 

 

 

それって言うのも、

 

セルフマネジメントが出来る自信が付いたからでもあり、

 

自分自身の成長ってものの実感を、

「どれくらい保っている必要性があるか??」

って事を、

 

「過剰過ぎず、右肩上がりになっているか??」

って事を、

 

自分自身の納得を得て行く事で、

会得して行ったからではありますね・・・・・・(^^)

 

 

 

 

 

・・・・・・まぁ、

 

時には、

 

期間限定で、

過剰過ぎる成長を追求するのも良いのですが、

 

それは、

あくまでも、

 

期間限定でもあり、

 

その反動をやり過ごす為にも、

 

マイペースな、セルフマネジメントは欠かせないものとなるだろうし、

 

そのマイペースによって、

 

自分自身の世界観と、ゲーム性が保たれている事実と、

 

そのマイペースによって、

 

自分自身の人生ってものが、

紡ぎ上げられている事実を知ると、

 

多少の仕事だけの緊急性なんて、

ど〜でも良いって思えてきてしまうものでもあります。

 

 

 

 

ま、

 

お金は必要ではありますが、

 

自分自身の世界観とか、ゲーム性を蔑ろにしたような・・・・・・・、

「死に金。」は必要無いって事ですね。

 

 

 

 

それも結局は、

 

自分自身のスタイルとスタンスの問題ではあるので、

 

「死に金。」になるのも、

自分が悪いとも言えそうですが・・・・・・、

 

逆に言えば、

 

「だからこそ、対策する。」

って事なのです。

 

 

 

 

働き方=生活スタイルでもあり、

 

移住食に関連してくるものとも言えますから、

 

職場に飛び込んだからとは言っても、

 

自分(じぶん)ってものが、

大切な要素とはなるだろうし、

 

その自分(じぶん)ってものを、

軸として磨いて、

 

そこに、

 

攻略要素的なノウハウと、

充実度的なノウハウ

 

両方を蓄えておく必要性がある・・・・・・・って事なのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

より良いステージを目指す為には、

 

お金ってものは、

 

使い方が重要なものとはなる事でしょうが、

 

その使い方ってものは、

結局は、

 

稼ぎ方に、左右され易いものでもあり、

 

稼ぎ方に拘る事によって、

環境的に、使い方を変化させるのが、

有効な手段とはなるのでしょう。

 

 

 

 

即ち、

 

使い方から拘った場合においても、

 

稼ぎ方に、反映して行く事が、

望ましいものとはなりますね。

 

 

 

 

それは、

勿論、

 

一人からの仕事であれば、

 

そのまんま、

やり易いものとはなりますが・・・・・・、

 

グループ的な仕事の場合においては、

 

個人からの、主観の意識において、

変化でもあり、進化させて行く必要性がある事でしょう・・・・・!!

 

 

し、

 

その方が、効率的ではありますね。

 

 

 

その主観の意識でもあり、

個人からの意識ってものは、

要は、

 

自分軸でもあり、他人軸でもある事でしょう。

 

 

 

これは、

 

自分軸だけじゃあ成り立たないものでもあり、

逆に言えば、

 

他人軸だけの方が、

 

意識は無くとも、

自分軸が、確立しているって事が、

あり得るものなのです。

 

 

即ち、

 

演技的な視点とも言えますし、

役割的な視点とも言える事でしょう。

 

 

 

勿論、

両方とも、

 

主観的な意識ではありますから、

 

客観的とは少し、異なる視点かも知れませんが、

 

俯瞰的ではある事でしょうし、

 

結果的には、

 

客観的を、選別する意識となるのかも知れませんね。

 

 

 

 

批判を甘んじて受け入れる程には、

「何でもこい。」では御座いませんが・・・・・・(笑)、

 

少なくとも、

 

その客観的を、演じ易くする為の、

環境改善の努力は行いますよ・・・・・って事ですね。

 

 

 

 

また、

 

個人からの意識でもあり、主観からの意識だからこそ、

 

また別の誰かの意識も、

関連して行くものでもあり、

 

多数派的な、

 

環境的な人混み感のような・・・・・・・、

混乱だけを産むようなものとは、

また別物でもあり、

 

別枠にしておいた方が、良いものなのかも知れません。

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

何事も、成長しない事には、

成長を実感出来ない事には、

やって行く意味合い自体無い事ではありますね・・・・・・??

 

 

また、

 

成長の為、もしくは、

成長を実感する為には、

 

現状維持=習慣とする視点ってもののまた、

必要不可欠とはなりうる事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

即ち、

その為には、

 

何かを行動に移すって事と、

それをいち早く、習慣とするって事が、

重要な役割とはなって行くものではあります。

 

 

 

だからこそ、

そこには、

 

在る意味って視点と、

無い意味って視点が生まれるものではありますが・・・・・・・・、

 

それは結局は、

 

その行動自体を、

楽しんで行えるって事が、

重要な要素にもなり、

 

楽しんで行える=自分自身の心に響くって事自体が、

 

行動自体に意味合いを与え、

それによって、

 

長期的な視野の元にも、

その行動または、

その結果を踏まえて、

計画を立てて行く意識が芽生えると同時に、

 

それを、最優先的に、

実行して行く覚悟ってものもまた、

 

芽生えるものでもある事でしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

だからこそ、

ある意味と、無い意味ってものは、

 

ニコイチの両極の意識でもあり、

 

ある意味が存在するのであれば、

無い意味ってものもまた、

同時に存在しているのが、

当たり前ではありますし、

 

その両極を意識して、

 

情報を構築して行く事によって、

 

ひとまとまりのカオス=ゲシュタルト=全体像ってものが、

出来上がって行くものでもありますね・・・・・・??

 

 

 

 

また、

その為には、

 

ある意味=成長を促す視点、

もしくは、

 

成長を実感する視点を、

まず、

 

ハッタリ的に打ち出す・・・・・・即ち、

 

まず、

 

結論から語って、

その内容を構築して行く、

もしくは、

 

内容を補足して行くって事が、

求められるもんではあります。

 

 

 

 

ま、とは言いますが・・・・・・、

 

その内容を構築して行くって行為、

もしくは、

 

内容を補足して行く行為ってものにも、

所謂、

 

人道的な、流儀ってものも存在しているでしょうし、

 

その流儀の為にこそ、

 

無い意味=現状維持の視点ってものを、

段階的に踏まえながら、

ある意味=成長を促す視点ってものもまた、

段階的に踏まえて、推し進めて行く必要性があるものなのです。

 

 

 

 

それは、

 

そこにある種の、

面倒クササ・・・・・即ち、

 

手間隙がかかるからこそ、

 

そのある意味の視点にも、

価値観ってものが、宿って行くものでもあり・・・・・・、

 

その手間隙を端折ったり、

 

後々振り返った上で、

強引さだけが目立てば目立つ程、

 

そのある意味って視点には、

 

価値観が薄れてしまうもんでもあり、

 

逆に言えば、

 

そのある意味って視点が、

今現在の自分自身にとって、

「それでも価値がある。」って思える視点であればある程、

 

そのある意味にまた、

 

無い意味を補足して追加したり、

 

即ち、

 

その世界観でもあり、ゲーム性の、

より詳細な掘り下げを行って行くための、

モチベーションとはなって行くものではあるのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

上記で、

より詳細な掘り下げを行って行くとは言いましたが、

 

それは、

 

細部を掘り下げて行くだけでも無く、

 

枠組み自体を、

少しづつ、大きくして行くって事もまた、

その範疇に入ってくるものでもあり、

 

まぁ、

ある意味、

 

簡単に言えば、

 

情報量を多くして行くって事ではありますが・・・・・・、

 

だからとは言っても、

 

枠組み自体を、破壊してしまう事とは、

また、少し、

違った見解とはなって行くものではあります。

 

 

 

 

 

即ち、

 

枠組みってもの自体も、

 

いきなり、

大きくポジションをとるからこそ、

 

その枠組み自体が、

ある種の、

 

無い意味になってしまいガチでもあり、

 

それによって、

 

新しい企画のはずであった事自体が、

今までの繰り返しのような世界観にも、

見えてきてしまうものでもあり、

 

その本人の意識の上では、

ただ単に、

 

環境を変えた上で、

同じ事を繰り返す意識とはなってしまうものではあります。

 

 

 

 

それはそれで、

まぁ、

 

全くの同じ事を繰り返すって事とは、

意味合いが違ってくるものでもあり、

 

環境でもあり、関わる人を、

変化させた上での、

主観的な、同じ事の繰り返しってものは、

 

僕自身の言葉で言えば、

 

「同じゲーム性を繰り返す。」って事とも同義でもあり、

 

そこには確かに、

 

成長を促す視点と、成長を実感出来る視点ってものが、

生まれるものでもあり、

 

自分自身だけじゃあ、

大それた変化が出来ない我々にとっては、

 

良質な習慣とはなり得るものとはなっているのでしょう・・・・・!!

 

 

 

また、

 

上記はある種の、

理想論でもありますから、

 

そこに障害となるのは、

 

我々は、

習慣の生き物でもありますし、

環境に左右される生き物でもありますから、

 

環境を変える=自分自身さえも、

その環境によって、

影響を受ける事により、

 

同じゲーム性を繰り返すとは言ってみたところで、

 

その同じゲーム性の為の行動ってものを、

意識的に行って行かない限りは、

 

繰り返す事自体が、困難な状態にも、

陥ってしまうもんではありますね・・・・・・。

 

 

 

 

だからこそ、

 

軸として、

 

既に持ち合わせた習慣として、

 

同じゲーム性ってものを、

保持しておく必要性があり、

 

その応用・流用性を持ってして、

自分自身を促し、自分自身の成長の実感を、

繰り返すって事もまた、

 

望まれるものとはなる事でしょう。

 

 

 

 

・・・・・・と言うのも、

 

全くの真新しい、

0からの行動ってものは、

結局は、

 

自分自身の成長を実感する事自体が、

困難となりガチでもあり、

 

そこには、

 

一々、達成して行く為の、

タスクが存在していてこそ、

その進行具合を把握する事が、

可能になるものではありますが・・・・・・、

 

そのタスクを達成したからとは言っても、

それは、

 

そのタスクを管理している人にとっては、

進行でもあり、成長を実感出来る視点とはなる事でしょうが、

 

それをいち早く、

 

自分自身の視点とする為にも、

 

無い意味=現状維持の視点を、

そこに、踏まえて行く必要性も出てくる事とはなるのでしょう・・・・・!!

 

 

それの意味するところは、

 

新しい行動であったとしても、

いち早く、

 

自分自身の、過去の習慣でもあり、

過去の結果と、繋げて、関連させてしまうって事でもあり、

 

またそれは、

 

ある種の、思い込みでもあるって事実を、

「忘れてしまわない。」って事でもあります。

 

 

 

 

その思い込みを忘れないからこそ、

 

また、

繰り返すって事が、出来るものでもあり、

 

その思い込みを忘れないからこそ、

 

自己成長を、

 

一々、実感する事もまた、

可能にはなるもんなのです。

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・が、

 

そこに込められた意味合いを考察すると、

 

先行きが、不透明な、

情報過多な現代において、

 

本当の意味での、

一々、嘘付き扱いされない為の、

未来視点の構築の為には、

 

あまり、

 

先々まで、情報を構築して行く行為よりも・・・・・、

 

今見える、もしくは、

 

今保持している習慣によって、

 

先行きのカオス的な情報過多でもあり、

先行きに必ずしも存在するであろう・・・・・・・、

情報的な代理戦争において、

 

戦いであるにも関わらずに、

 

その戦いの渦中において、

自分自身を楽しませ、充実させる為にこそ、

ゲーム性でもあり、世界観を構築して行く為でもあるのです・・・・・・!!

 

 

 

今ここでもあり、

目に見える範疇での、

 

ゲーム性でもあり、世界観を構築する事により、

 

少なくとも、

 

誰かの言いなりのような、

奴隷的な意識ってものは、

薄れて行く事により、

 

自己責任が芽生えると同時に、

 

勝手知ったる失敗もまた、

繰り返す事とはなってしまう事でしょう・・・・・・・(苦笑)。

 

 

 

 

まぁ、

 

その勝手知ったる失敗が大事ではあるのですが、

 

それは、

 

自分自身の、世界観でもあり、

ゲーム性を構築する為にこそ、

大切な要素とはなるのですが、

 

人からの視点で言えば、

 

ただの失敗と見ておく方が、

無難ではある事でしょう。

 

 

 

即ち、

 

勝手知ったる失敗を繰り返すとは言っても、

 

その勝手知ったる失敗が、

大きくなっていけば行く程、

 

自分自身は、成長が無い奴だと、

実感してしまいガチとはなってしまう事でしょうから、

 

出来るだけ、

 

その勝手知ったる失敗を、

小さくして行く必要性があるのでしょうが、

 

その、

 

1を0に近づけて行く行為がまた、

 

限りなく0には近づく事にはなるでしょうが・・・・・・、

 

我々が、

 

完全なるロボットでは無く、

人である証明ともなるように、

 

生きてる限りは、

永遠に続いて行く行為ともなるだろうし、

 

結局は、

その、

 

1を0に近づけて行く行為ってものは、

 

自分自身の主観的なものでもあり、

ある意味、

 

自分自身の、納得を勝ち取れば良いものとはなって行くものなのでしょう。

 

 

 

それは個人の問題ではありますが、

 

キチンと、

手間隙を掛ける事によって、

 

納得を勝ち取れるものではありますが、

 

逆に言えば、

 

納得を勝ち取れていない問題ってものは、

 

自覚的じゃあ無く、

環境的に、

 

また、

繰り返すものとはなるものなのです。

 

 

 

 

だからこそ、

 

手間隙を掛けて、

プロセスを経る事により、

 

ある種の、

 

演じる意識の元に、

自分自身を、納得させて行くと同時に、

 

周りもまた、

 

納得させて行く事にはなるものではあります。

 

 

 

 

まぁ、

 

そこに必要となるのは、

 

説得では無く、

 

納得であるのは、

言うまでも無い事ですし、

 

説得は、

ある種の、

 

アンチ的な人に対する、

抑止力的行動ではありますが、

 

納得は、

 

自分自身の、心を整える行為とはなっている事でしょう。

 

 

 

 

 

別に、

 

アンチ的な人に、

この文章を、長々と、読んでもらいたいとは、

これっぽっちも思ってはいませんし、

 

どちらかと言えば、

 

早く、どっかに言って欲しいってくらいにしか、

思ってはいませんから、

 

あしからず・・・・・・(^^)

 

 

 

そのような人たちは、

 

自分自身で、心を整える行為=自己納得を得る手段に乏しいからこそ、

 

わざわざ、

 

アンチ的になれる場所に身を置いて、

 

わざわざ、

 

アンチ的な演技を、繰り返す習性を、

保持しているのでしょう。

 

 

 

まぁ、

 

それもある種の、

演技ではありますから、

 

ゲーム性でもあり、世界観が変化すれば、

 

アンチ的な演技を、

自己納得の為の演技に、

変化させる事も、可能にはなるのでしょうが・・・・・・・、

 

それは、

 

その本人の生い立ちでもあり、

 

過去の結果と固く結びつく問題であるだけに、

 

その本人のコミットを持ってして、

 

自分自身の意思を前面に出して、

解決してもらいたいものでもあり、

 

周りにとやかく言われて行うような・・・・・・・、

ダサいやり方じゃあ無く、

 

自分自身のリーダーシップによって、

行って行ってもらいもんではありますね・・・・・・??

 

 

 

 

・・・・・・・と言うのも、

 

自分自身のリーダーは、

 

周りじゃあ無く、

 

自分自身の内に、

おいて欲しいものでもあり、

 

周りの意見ってものは、

 

アドバイス的に聞いたり、

何かのヒント的に聞いたり・・・・・・etc、

 

即ち、

 

世界観の構築の為とか、ゲーム性の一環としてこそ、

取り入れて行く事が必要となり、

 

それを自分自身の、

 

演技的行動でもあり、

演じる表現を持ってして、

 

在り方から、

 

自分自身の世界観でもあり、

自分自身のゲーム性を、

構築して行ってもらいたいものではあります。

 

 

 

上記で、

演技的行動とか、演じる表現とは言いましたが、

 

全ての行動は、

 

その行動から構築する、

全体像=ゲシュタルト=カオスから見ると、

 

演技的に見えて行くものでもあり、

 

本気の行動は、

 

本気の演技をしているって意識の元に、

 

そう解釈しているものではあります。

 

 

 

し、

だからこそ、

 

その本気の演技ってものは、

 

確実に、

 

自分自身には、

影響力を発揮する側面はありますが、

 

誰も彼もが、

 

その本気の演技が、

心に響くものでは無いって認識を、

 

持ち合わせておけば、持ち合わせている程、

 

その人の、

演技力でもあり、

 

その人の、

表現力が高い事にも繋がり、

 

ひいては、

 

人間力ってものが、高いと言っても、

過言では無くなるものなのかも知れません・・・・・・・!!

 

 

 

 

ま、

だからとは言っても、

 

その為のプロセスの為に、

 

ただ単に、

 

アンチ的になるのもいただけないものでもあり・・・・・・・、

 

それならそれで、

 

個人から、何かを演じたり、

何かを表現して行くって行為が、

求められるものではありますね。

 

 

 

 

まとめとしては、

 

ある意味は、

 

成長を促す視点でもあり、

 

無い意味とは、

 

現状維持の視点ではありますが、

 

ある意味が無いと、

 

その人の充実度ってものが、

無いって証明にもなるものでもあり、

 

成長が無い人に見られガチではありますが・・・・・・、

 

無い意味の方が実は、

 

ステージが高い視点となっているのでは無いでしょうか・・・・・・??

 

 

 

 

まぁ、

だからとは言っても、

 

ステージが高いとは言っても、

 

そこに、

充実感を持って、関わって行く為には、

 

ある意味の視点が、

必須になってくるのは、

言うまでも無い事かも知れないですし、

 

充実感を感じる事が出来ないステージが高い人=危険人物ととった方が、

 

間違いが無い視点ではある事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

 

 

即ち、

 

奴隷的に関わる事しか、

出来なくなることを意味しますし、

 

だからこそ、

 

自分自身で、自分自身の手で、

 

充実感を保持した上で、

 

その応用・流用性に、

長けておく必要性があると。

 

 

 

そのような、

自分軸の習慣を持ってして、

 

ステージの高い人と関わることによって、

 

自分自身のステージを、

高める事が、可能にはなる事でしょうが・・・・・・、

 

ステージには、

 

実際のステージと、魂のステージってものが、

存在している事を、

覚えておきましょう。

 

 

 

ま、

実際のステージは、

 

環境的なステージでもあり、

 

魂のステージは、

主観的なものなのかも知れませんが、

 

魂だけじゃあ、

現実は、何の変化も起きないでしょうから、

 

環境的に、

 

ステージを高めて行く意識を持っておく方が良いでしょうし、

 

それは自分自身から始めておくに、

越した事は無いものとなるでしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

・・・・・・・と言うのも、

 

環境が変わる度に、

ステージの高低が、激しく変化する事によって、

 

精神的な安定感が、失われる事により、

情緒不安定になりガチでもあるからなのです。

 

 

 

 

大それた、

ステージの高さってものは、

そもそもとして、

 

我々、

一般人の、人生の充実度には、

必要じゃあ無いだろうし、

 

要は、

 

右肩上がりであれば良いのでしょうが、

 

足下ばかりを見ていては、

 

魂のステージ=ある意味の視点が、

欠如したり、

嘘扱いになってしまいガチでもあり、

 

言う事なす事、

 

「どちらでも良い人。」に、

なってしまいガチではある事でしょう・・・・・・・・。

 

 

 

 

勘違いしがちなのは、

 

「どちらでも良い。」とは言っても、

 

そこには、

 

葛藤や、迷いが存在しているものではありますが・・・・・・、

 

結果的に、

俯瞰してみれば、

 

「どちらでも大差は無い。」って事なのです。

 

 

 

それじゃあ、

 

その葛藤や迷い自体、

無駄な産物になりガチだろうし、

 

何よりも、

 

省エネじゃあ無いですよね・・・・・・??

 

 

 

自分自身の葛藤や、迷いを、

無駄にしない為にこそ、

 

ある意味=魂のステージを、

上向きにマネジメントして行く必要性が、

あるって事なのでしょうし、

 

それは結局は、

 

個人から環境を良くして行く事が、

求められるのです。

 

 

 

 

まぁ、

 

周りの環境から良くなって行けば、

逆に、

 

新しい環境でもあり、

新しい人達と、

関わる事自体が、億劫になりがちでもありますから、

 

尚更ではある事でしょう・・・・・!!

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

 

自分軸とは、

主観的、俯瞰的な視点を元に、

情報を構築していく手段でもあり、

 

そのプロセスのゲーム性の事でもあり、

そのプロセスを経ていく事により描いて行ける、

世界観の事を指し表すものではある事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

もう一方の、

他人軸とは、

 

結局は、

 

演技的、または、

演じる為に必要となる、

客観的な視点の事でもあり、

 

他人軸があるからこそ、

人を巻き込めるものともなるだろうし、

また、

 

人もそのゲーム性でもあり、世界観ってものに、

参加する手掛かりとなる事によって、

 

そのゲーム性、世界観に、参加し易くなるものではありますね・・・・・・??

 

 

 

 

即ち、

 

自分自身の、オリジナリティを発揮して、

自分でこそ、自分ならではの、

人生を送る為には、

 

自分軸ってものが、必要不可欠なものとなるだろうし、

 

また、

 

自分軸が明確に存在するからこそ、

 

自発的な、モチベーションでもあり、

自発的な、セルフエフィカシーを発揮する事によって、

 

行動していく事が、習慣になったり、

行動を続ける動機付けにもなったりもします。

 

 

 

もう一方の、

他人軸ってものは、

それもまた、

 

意図的に、明確にして行く事によって、

 

自分自身が、行動を推し進めて行く為の、

環境作りに役に立つ側面があるものではありますが・・・・・・、

 

だからとは言っても、

ある意味、

 

自分自身さえも、超えて行くって事が、

当たり前な概念でもあり、

 

誰か、特定の個人を、

 

その他人軸の大元と、決定付ける事にもまた、

具合が悪くなる側面もあり、

 

そもそもとして、

 

他人軸=環境ってもの自体は、

ある種の、

 

代理戦争における、戦場と言う風な、

 

定義付けが、必要となるものでもあり、

 

その戦場によって、

 

自分自身も勿論だろうし、

そこで関わる人達が、

 

モチベーションとか、セルフエフィカシーとか、

あまり、拘らないでも、

行動を推し進めて行けるようにする為にこそ、

 

存在するものでもあり、

 

それは多分に、

 

演技的でもあり、演じる事によって、

行動を推し進めるものでもありますが・・・・・・、

 

個人個人の領域にては、

 

自分軸として、

自発的なモチベーションや、

自発的なセルフエフィカシーを、

ある意味、

 

ミクロな領域から、展開して行く事もまた、

可能にはなってくるものでもある事でしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

 

まただからこそ、

一番最初は、

 

演技的、演じる行為によって、

スタートされた行動であったとしても、

 

ミクロの領域から展開された、

自分自身のゲーム性や、世界観が、

 

その、

最初の役割さえ超越する事によって、

 

最初の想定では決して、見えて居なかった、

表現されていなかったような役割を、

 

自分自身が、

ある意味、

 

演じる事になって行くものでもあるのです・・・・・・!!

 

 

 

 

まぁ、

だからとは言っても、

それは、

 

本人にとっては、

演じている意識さえも、

薄くなっているものでもあり・・・・・・・、

 

演技的と言うよりは、

もはや、

 

表現している、

 

もしくは、

 

その表現の数々を持ってして、

未来視点でもあり、未来の展望を、

創造していると言っても、

 

過言では無い筈です。

 

 

 

 

即ち、

 

演技的な視野の元においては、

 

環境ってものを、

余程、厳選して行かない事には、

 

その演技力ってものもまた、

たいした効果が期待出来ないものとなり・・・・・・・、

 

また新しい環境に飛び込んだり、

新しい事を始める度に、

 

まず、環境を整えると言ったような、

 

マネジメント能力が必要不可欠となり、

 

新しい環境や、新しい物事を始める度に、

不満足な状態を、創造してしまう事にもなりガチではある事でしょう・・・・・・。

 

 

 

これは結局は、

 

不満足がいけないとか、悪いとかでは無く、

 

自分自身の、納得が失われる状態が、

危険であるとも言えますし・・・・・・、

 

自分自身の、納得が失われるって状態が、

 

自分自身の手によって、

 

自分自身が、望まない未来視点や、

望まない未来展開を、行っていると、

同義であるという・・・・・・、

 

シビアな現実を知っておくに越した事は無いでしょう・・・・・・・。

 

 

 

 

だからこそ、

たとえ、

 

ミクロな視野においてでも、

 

自分自身の納得ってものは、

自分自身で、勝ち取っておく必要性があるとも言えますし、

 

その納得を足がかりとして、

 

他人軸による、

客観的な、演技的な行動でもあり、

演じるって行為に、

 

責任を持って、取り掛かる事もまた、

可能になって行くものでもあるのです・・・・・・・!!

 

 

 

 

また、

 

他人軸的な、

客観的、演技的な行動でもあり、

演じるって行為は、

そもそもとして、

 

環境という名の、

小道具的な要素があってこそ、

その最大限の効果を、発揮する事が可能にはなるものでしょう。

 

 

 

 

だからこそ、

 

場所もそうだろうし、

 

自分自身が身に着けるものや、

使う道具・・・・・・etc、

 

即ち、

 

ゲームのRPG(ロールプレイング)で言えば、

装備を整えるって事が、

 

その影響力を強める為には、

必須とはなるでしょうが・・・・・・・、

 

それよりも前に、

まず、

 

自分軸を明確に確立する事が、

大事にもなり、

 

上記で言う、

 

装備を整える行為は、

まず、

 

自分の装備を整える事から、

始めるのが良いのでしょうね。

 

 

 

 

即ち、

 

個人的な視点で言えば、

例え、

 

他人軸であったとしても、

 

自分の装備の良し悪しによって、

その演じる行為に、

影響があるものともなり・・・・・・、

 

逆に言えば、

 

自分軸の、とっかかりを探すような、

自分探しをしている状態であるのであれば、

 

あまり、

 

最初から、良い装備をする必要性なんて無いとも言えますが、

 

最初から、そこそこ良い装備をするからこそ、

 

それが、

 

自分軸として、確立し易くなるって側面も、

無きにしも非ずなのです。

 

 

 

 

勿論、

 

実際の影響力=ステージを高める為には、

自分自身の環境を、

満遍なく、質を高める必要性があるのでしょうが・・・・・・・、

 

そんな事は、

 

お金が有り余っている、

資産家にしか出来ないものでもあり、

 

最高の環境ってものは、

結局は、

 

夢幻の如くのものと、

見なす方が、現実的でもあり、

 

我々、一般人としては、

 

どこかに特化した上で、

装備の質を高めて行って、それを軸とした上で、

 

その他の装備にも、

 

そのノウハウを、

応用・流用する方が良いものではある事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

それによって、

少なくとも、

 

その特化された装備を使用する分野においては、

ステージが高まる事を意味し、

 

それによって、

 

自分自身の、人生の展望でもあり、方向性を、

マネジメントして行く事が、

可能になるってもんなのです。

 

 

 

 

また、

それを人にも提供する事が可能になると・・・・・・、

 

逆に、

 

自分自身の、ステージ自体が、

左程高く無い分野においては、

 

自分自身と同じように、

 

視点でもあり、視野自体を、

人に提供している人からの影響力を受け取る事によって、

 

自分自身の内に、

 

アドバイザー的な視点や、質問ってものが、

生まれてくる事にもなります。

 

 

 

 

まぁ、

それはそのまんま、

 

自分自身が使用して行くには、

ちと、

 

敷居が高い傾向があるものとはなりますが・・・・・・・、

 

それはそれで、

 

「ブランド品はその見解。」と言う風な、

 

環境が完成化されてこそ、

まともに使用可能な視点や、質問と言う風に、

把握しておいて、

 

自分は自分で、

 

それよりかは質は落とす事にはなっても、

 

また新しい可能性を、

追求していけばよろしいものとなるだろうし、

 

自分自身の趣向や好みの組み合わせによる、

一つの芸術性の表現の形として、

 

アドバイスを受け取った上で、

自分軸を発揮していけば良いものとはなる事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

それは決して、

 

ブランドに、戦いを挑む行為では無く、

 

ブランドと棲み分ける事によって、

 

自分を殺さずに、価値を創発して行く手段とは、

なって行くものなのでしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

 

即ち、

 

価値提供をする為に、

 

最高峰の価値を、体現する必要性なんて無いでしょうし、

 

それはそれで、

 

大御所でもあり、先行者と言う名の、

ブランドが、確立されている事でしょう・・・・・・・・。

 

 

 

 

だからこそ、

 

自分でこそ、自分ならではの、

芸術性を体現する事によって、

 

同じか、近しい、

芸術性の趣味趣向の仲間に向けて、

自分自身が、提供出来うるものを、

提供すれば良いものだろうし、

 

それは結局は、

 

過去の自分自身でもあり、

 

過去の自分自身が、喜びそうなもの

もしくは、

 

過去の自分自身には、無理矢理にでも、

提供したいものを、

提供していけば良い事なのでしょうね・・・・・・・。

 

 

 

 

まぁ、

上記で、

無理矢理とは言いましたが・・・・・・・、

 

結局は、

 

ゲーム性とか、世界観に巻き込むって行為は、

 

騙し騙し、

乗せて行くって事とも同義ではある事でしょう・・・・・・・・・。

 

 

 

 

ま、けれども、

 

それはゲーム性でもあり、世界観でもありますから、

 

始まってしまえば、

 

その面白みとか、醍醐味ってものは、

僕自身が責任を持って、保証するものでもありますから、

 

その視点を詰めれば詰める程、

 

やらない意味合いが、無くなってくるものでもあり・・・・・・・、

 

そこで合わない=過去の僕自身と、敵対関係の人に、

関係性が近づいてしまうものともなる事でしょう。

 

 

 

 

まぁ、

 

敵対関係とは言いましたが、

あくまでも、

 

代理戦争的な意味合いでもあり、

 

今の僕自身とは、案外、上手くやれるかも知れませんが・・・・・・・、

 

その人はその人で、

また別枠の、

 

自分軸による、

世界観やゲーム性を、

紡ぎ上げてもらう必要が、出てくるものとはなるでしょうし、

 

それは、

上手くやれてるじゃあ無くて、

 

ビジネスライクだからこそ、

風波が立ちづらいだけではある事でしょうね。

 

 

 

 

ビジネスライクな関係性ってものは、

日常的な必需品等の買い物には、

便利でもありますし、

 

ある種の、

省エネではありますが・・・・、

 

それは結局は、

 

気に食わなかったら、

代わりは、いくらでもあるものでしょうし、

 

気に食わなかっても、

一々、文句も言わない事でしょう。

 

 

 

ただ単に、

店を変えるだけですね。

 

 

 

が、

それもまた、

 

代理戦争的に、

 

自分でこそ、自分ならではを確立させる為には、

ある方が捗る要素になり、

 

その視点を持つ事によって、

どんどん、

 

過去の自分に必要な要素が、

浮き彫りになって行く事により、

 

なお一層、

 

過去の自分を、乗していけるような、

ゲーム性、世界観の構築に、

繋がって行くものとはなるでしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

即ち、

 

過去の自分と、近しい在り方の人にとっても、

 

そのゲーム性や世界観は、

嬉しいものでありつつも、

 

無視しづらい要素にも、

溢れるものとなれば、

これ幸いではあります。

 

 

 

 

 

その為には、

 

自分軸を確立する事と、

他人軸による演技力を高める事、

両翼の要素が必要とはなりますが、

 

結局は、

 

無闇に、

環境を大きく定義する事よりも・・・・・・、

 

最小単位でもある、

 

自分自身でもあり、自分自身の装備から、

環境を整えるって事が、

にはなるだろうし、

 

それによって、

 

自分自身の見どころが、進化する事によって、

 

一期一会の出会いもまた、

進化して行く事にはなってくるものなのでしょう・・・・・・・。

 

 

 

 

まとめとしては、

 

本気の行動であっても、

演技の行動であっても、

どちらにしても、

 

その俯瞰的な視野ってものは、

出来上がって行くものでもあり・・・・・・・、

 

そのどちらの場合においても、

 

「必死のパッチ。」の状態ってものは、

創造する事が可能になるものではあります。

 

 

 

 

 

・・・・・・・が、

 

主観的に言えば、

 

本気の行動の方が、

強いようにも見えない事もありませんが、

 

ステージが高まれば高まる程、

 

環境が良くなればなるほど、

それは演技的に見えやすくなる、

 

即ち、

 

人に与える影響力が、

高まり、広がって行きやすくなるものなのでしょう。

 

 

 

し、

 

そこに演技的に、参加しやすくなって行くものでもある事なのです。

 

 

 

だからこそ、

 

無闇に、環境だけを良くしないって事もまた、

必要となるでしょうが・・・・・・、

 

それには、

特化された環境、

 

即ち、

 

自分軸でもあり、特化された装備ってものがあってこそ、

それでも自分自身の納得を得る事が、

可能にはなって行くのですし、

 

本気の行動は、

少なくとも、

 

自分個人にとっては、モチベーションとはなるだろうし、

 

まずは、

 

その本気ではありますが・・・・・・、

前提的な演技を、

 

人に影響力を発揮する為にも、

 

最小限の環境=装備を整える事が、

最優先課題とはなって行くものなのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

またそのような、

 

装備=環境が、低過ぎれば低過ぎる程、

人に与える影響力が低い=妄想として、

見られガチとなり、

 

自分=自分軸が無いように見られガチになり、

どんどん、発言権を失う事にもなってしまいます・・・・・・・。

 

 

 

 

明確な良い影響力が目立てば目立つ程、

人は、関わるメリットを見出しやすくなるだろうし、

 

その演技に、参加しやすくなるものだろうし、

また、

 

その努力を怠っているからこそ、

 

人からの意見もまた、

 

妄想とか、勘違いとして、

聞きがちになる事により・・・・・・、

 

どんどん、アイデンティティを、

失ってしまうのです・・・・・・。

 

 

 

 

人付き合いが、

全て、

 

演技だとは言い切りませんが、

少なくとも、

 

ゲーム性とか、世界観の共有としては、

見ておいた方が良いものなのでしょうね。

 

 

 

 

まぁ、

 

ゲーム性とか、世界観の共有とは言いましたが、

 

それもまた、

 

お互いが描いているゲーム性とか、

世界観がありきで、

 

そこに、例え、部分でもあり、ミクロな領域であったとしても、

共有出来うる部分が存在しているって事でもあり、

 

全てが全て、

そのまんま共有出来るものじゃあ無いだろうし、

 

それは、

視点から、

 

カオス=全体性が失われる事により、

 

そのゲーム性や世界観自体が、

ツマラナイモノになりガチとなり、

 

人によっては、

それを指して、

 

発達障害とか言いかねないので、

注意が必要でしょう・・・・・・・。

 

 

 

 

それが一部分の概念だけであれば、

別に問題は無いでしょうが、

 

そのような、

 

ツマラナイモノを広める行為自体が、

 

僕個人の見解で言えば、

 

人の成長を止める人にも見えるし、

世界をどんどん、ツマラナイモノにしている行為にも見えるし、

 

それによって、結果的に、

 

暴力的な戦場を、待ち望んでいる在り方にも、

見えない事も無い・・・・・・・って写りガチではありますね。

 

 

 

 

 

それは本当、

 

一人だけでひっそり行って貰いたいもんです。

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

何か・・・・・・と言うか、

誰かをコントロールする時、

 

人は、とにかく、

 

煽ったり、

言葉で命令したりするものではありますが、

 

もっと言えば、

 

その「コントロールをした。」事実も勿論、

大事な事にはなるのでしょうが・・・・・・、

 

それ以上に、

 

その「コントロールをした。」と言う、

ポジショニングってものが、

大切な要素には、なってくるものなのでしょう・・・・・・。

 

 

 

即ち、

 

そのポジショニングの為には、

 

嘘か本当かさえも、

実は、

どうでも良くて、

 

そのポジショニングの為に、

 

そのコントロールしたい人を、

ダメ出しすれば良いものでもあり、

 

ダメ出しと同時に、

 

コントロールしたい方向性に、

言動によって、ポジショニングすれば良いものとはなる事でしょうね。

 

 

 

 

まぁ、

けれども、

 

そのコントロールをする

もしくは、

 

コントロールのポジションを取るって行為は、

それが、既に、

 

そのコントロールする相手を、

 

自分自身では、ロクな判断が出来ない人と、

決めつける行為ともなり、

 

それは巡り巡って、

 

反感を買う事も勿論な事でしょうが、

 

それは巡り巡って、

 

自分自身もまた、

同じような扱いでもあり、報いを受ける、

負の循環とはなってしまうものなのでしょうね・・・・・・・。

 

 

 

ま、

そのような人達って言うのは、

 

元々、

 

そのような扱いや、報いを受けているからこそ、

人をコントロールしたがる性質を、

持ち合わせているのでしょう。

 

 

 

 

そこには、

 

コーチングマインドが無いとも言えますし、

 

コーチングマインドが無い=自分自身の行く末を、

自分じゃあ手が届かない何かに、

丸投げしている状態であるとは言えますし、

 

また、

 

そこで重要になってくるのは、

 

自分自身を、セルフコーチングするとか、

 

自分自身の行く末に、

 

責任を持てるだけの、

言動のマネジメントをするってこととはなってくるものなのでしょう・・・・・・!!

 

 

 

要するに、

 

何も、「コントロールする。」って事自体が、

ダメとか、決してしてはいけないとか、

言うつもりはありませんが・・・・・・、

 

コントロールをするのであれば、

 

キチンと枠組みを決定した上で、

 

それなりの事例と専門性を持ってして、

人をコントロールする必要性がある・・・・・・って事なのでしょうね。

 

 

 

 

また、

上記のような、

 

人を兎にも角にも、

コントロールする必要性があるのは、

 

緊急的なシチュエーションであるでしょうし、

それはまぁ、

 

現場仕事等の場合だと、

 

その緊急性ですらも、

作って用意する事も、可能になるものだろうし、

 

それが、

元々、作り物であればある程、

 

コントロールしたい人の、

粗探しでは無く、

 

コントロールしたい人の粗を、

 

クリエイティブに、その現場で創造する、

って事が、行われるものではありますね・・・・・・(^^;)

 

 

 

 

まぁ、そりゃあ、

 

責任問題を、別の誰かに丸投げの状態であれば、

それでも、現場は回るだろうでしょうが・・・・・・、

 

それでも、

 

自己責任とか、人生の主導権的な問題で言えば、

 

責任回避したところで、

 

自分自身の在り方とか、言動の責任を、

まず、自分自身が、

 

責任回避する事が、不可能にはなってくるものなのでしょうね。

 

 

 

 

即ち、

 

腰巾着とか、ヨイショが売りの、

営業スタイルの人達って言うのは、

 

結局は、

 

誰か、

 

特定の人物か、もしくは、

特定の概念ってものを、

憎むが故に、

 

その営業スタイルを保てる側面もあり、

 

ヨイショとか、おべっかを言うのは、

 

その本人の機嫌を取るって側面はありますが・・・・・・・、

 

その裏には、

 

その本人の機嫌を取ると同時に、

 

そのライバルを攻撃出来るって事が、

モチベーションになっているものではある事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

 

・・・・・・これは、

一見、

 

穿ったものの見方と見えるかも知れませんが、

 

僕自身、

ど〜〜〜考えても、

 

そのような、

 

他人軸営業スタイルの人が、

そのように写るものでもあり、

 

自分自身も真似した上で、

そう思った次第でもありますし、

 

それなら、

 

特定の誰かとか、

他人軸としてしまわないように、

 

自分軸営業スタイルとして、

特定の概念を、

信仰のように掲げる事を、オススメしたいものではあります。

 

 

 

 

そのヨイショとか、おべっかを言う相手が、

特定の人であるから、

 

その裏の、

 

攻撃する相手の目の前で、

アピールする必要性も出てくるものでしょうし、

 

この上記の姿勢が、

何処か・・・・・・・・、

 

目の前だけ、取り繕っている感じが、

拭えなくなるものでもあり・・・・・・、

 

普段から、

個人単位で、

 

言動に落とし込めている行為であれば、

 

そんな取り繕い感なんて、

必要無くなるものでもあり、

 

自然な在り方として、

相手にも受け取られるものとはなる事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

まぁ、

だからとは言っても、

それもまた、

 

特定の誰かとか、特定の概念を、

裏を言えば、攻撃してしまうって事も、

避けては通れない事実とはなる事でしょう。

 

 

 

 

即ち、

 

これは代理戦争でもありますから、

 

「裏を言えば、攻撃してしまう。」って事自体が、

より良い人間関係的には、

避けては通れないものとなり・・・・・・・、

 

ただ単に、

 

目の前の人だけと、

調和を実現したり、調和を目指したところで、

 

大きな概念で言えば、

 

「小さくまとまっているだけ。」となりガチだろうし・・・・・・、

 

大きな概念で言えば、

 

調和するって事自体が、

 

個人的な主観の領域だと、

カオス(混沌)でもあり、

混雑していたり、複雑化していたりする事もまた、

当たり前って考えた方が、

 

何かと、

 

精神衛生上、良いものとはなる事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

 

即ち、

 

人とより良い関係性を、

築いていく為には、

 

個人同士の、カオス(混沌)を、

何処かで、すり合わせる必要性が出てくるものですし、

 

決して、

 

そのどちらかのカオス(混沌)を、

もう一方が、

 

丸写しでもあり、丸呑みする事じゃあ無い事でしょう。

 

 

 

 

もっと言えば・・・・・・、

 

カオスとカオスをすり合わせるって事自体が、

摩擦を生むものでもあり、

 

そこには、

お互いの、

 

カオスとカオスの、棲み分けた、

生き場所ってものが、

必要不可欠となるだろうし、

 

その棲み分けの為にこそ、

 

上記のすり合わせってものが、

必要にはなってくるのです・・・・・・・!!

 

 

 

 

 

即ち、

 

一人だけじゃあ無く、

 

身内ネタ的に、

自己満足的に調和してしまう事は・・・・・・・、

 

大きな概念的に言えば、

 

邪魔になる側面もあり、

 

その調和を持って、

 

何かしら、攻撃する為の特定の人とか、

攻撃する為の、特定の概念ってものを、

外側の人に向けて、

アピールする事と、

同義とはなってくるのでしょうね。

 

 

 

 

要するに、

 

宿敵に、存在をアピールすることと、

同義になってくるだろうし・・・・・・・、

 

特定の敵ってものが、

居なかったとしても、

 

その特定の敵ってものが、

外側から、現れるって事もまた、

必然とはなるのでしょうね・・・・・・。

 

 

 

 

それを回避する事自体は、

はっきり言って、

不可能な問題なのかも知れませんが・・・・・・・、

 

その対策をする為にこそ、

 

仲間内、身内の間で、

キチンと、

 

代理戦争をする必要性があるし、

 

カオスとカオスを押し付ける事によって、

逆に、

 

すり合わせるって行為が、

必須にはなってくるだろうし、

 

カオスを押し付ける事によって、

結果的に、

 

仲間内、身内の間で、

「小さくまとまって、小さく調和している。」状態を、

打破する事により、

 

大きな概念で言う調和に、

備える在り方に、

 

巻き込んでいく事もまた、

可能にはなってくるものなのでしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

 

それは即ち、

 

「ありがた迷惑。」とか、

ど〜でも良いくらいに、

 

個人個人にとって、必要となるものだろうし、

 

個人個人にとって、

 

人として、より良いステージに生きて行く為には、

必須なものである事でしょう。

 

 

 

 

ま、けれども、

その調和が、

 

個人だけの領域であれば、

左程、問題視する必要性も無いことなのでしょうが、

 

そもそもとして、

 

人とコミュニケーションを取るって事自体が、

個人だけの領域で、

済む筈がないものでもあり・・・・・・・、

 

ま、結局は、

 

その、個人だけの調和ってもの自体も、

 

ひとまとまりのカオスを、

紡ぎ上げていく為のものと、

なる事なのでしょうね。

 

 

 

 

まとめてみると、

 

コントロールした方が、

 

もしくは、

 

コントロールのポジションを取った方が、

 

個人の主観的には、楽なのでしょう。

 

 

 

 

 

・・・・・・が、

願わくば、

 

そのコントロール、もしくは、

 

コントロールのポジション取りは、

 

安易な調和では無く、

 

複雑性でもあり、混雑感のある、

カオスな方に、コントロールした方が、

我が身の為でもありますが・・・・・・・、

 

そのカオスと、混乱の状態を、

分けておく事もまた、

 

重要な要素とはなる事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

 

即ち、

 

混乱にコントロールするって事自体が、

一種の、

 

「小さくまとまった調和。」の状態に、

コントロールするものでもあり、

 

そのコントロールでは、

 

外敵に対抗する為の、

アドバンテージを、失う事にもなり兼ねません・・・・・。

 

 

 

 

だからこそ、

 

カオス(混沌)にコントロールすべきでもあり、

 

そのカオスの全体像があれば、

 

外敵に対する、対抗策の、

下準備とはなる事でしょう。

 

 

 

 

まぁ、

だからとは言っても、

 

それも代理戦争であり、

 

直接的な、暴力的な戦いを回避して、

 

代理戦争とする責任を持って、

カオス(混沌)としていく必要性があるのでしょうが。

 

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

 

マーケティングと言いますと、

所謂、

 

布教する事とも同義ではありますが・・・・・・・、

 

基本的考えとしては、

 

インターネットがあり、

AIによるマッチングがありきな上で、

 

広告によって、自分自身に向かってターゲッティングされた、

USP(ユニーク・セリング・ユアポジション)を、

飼い慣らすとか、自分自身の為になるように、

カスタマイズして行く為にも、

必要となるものでもあり、

 

そこから更に、

 

自分自身が、人にセールスしたり、

 

おすすめしたいものを、マッチングして行く為にも、

必要となってくるものではある事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

・・・・・・が、

だからこそ言いますが、

 

そこには、セールスする為の商品がありきではある事でしょうが・・・・・・・、

 

・・・・・・とは言っても、

 

いきなりセールスしてみたところで、

あまり、

 

期待出来る成果を、上げる事自体が、

難しいものではあります。

 

 

 

即ち、

まずは、

 

セールスとか、商品云々ど〜こ〜よりも、

 

先決となるのが、

 

その商品とか、サービスを、

欲している人達だけを、

まず、

集めてしまってから、

 

そこで初めて、

 

セールスをしたり、プロダクトローンチをしたりする・・・・・・って言うのが、

所謂、

 

マーケティングの大枠にはなってくるものなのでしょうね。

 

 

 

 

けれども、

 

それだと、

そもそもとして、

 

セールスの為だけでもあり、お金稼ぎの為だけに、

人を集めて行く事にもなり・・・・・・、

 

そもそもとして、

 

そのコミュニティのようなものは、

 

人を先導して、煽って、

セールスするか、もしくは、

そこから去って貰う流れにはなってくるものなのでしょう・・・・・・。

 

 

 

即ち、

その、

 

前提的な、コミュニティのようなものは、

結局は、

 

全ての人を、

解散させる為に存在しているとも言え、

 

だからが故に、

 

極端な事例を持ってして、

セールスを成功した集まり、

即ち、

 

建前上、救う事が出来た人達と、

建前上、救う事が出来なかった人達・・・・・・、

または、

 

建前上、善であり、光の戦士もとい(笑)、

神に従う者達と、

 

建前上、悪でもあり、闇の戦士では無く(笑)、

悪魔の誘惑に屈した人達に、

 

選別して行くものでもあるのでしょう・・・・・・!!

 

 

 

まぁ、

 

そのどちらでも無い人っていうのも、

勿論、

 

そのコミュニティのようなものには、

含まれてくるのかも知れませんが、

 

基本的に、

 

そこでのやり取りってものは、

セールスが終了した時点で、

「終わる。」ものでもあり、

 

上記で挙げた、

 

善であり、光の戦士、

神に従う者達以外は、

 

解散するって考える方が、

正しくもあるだろうし、

 

またそもそもとして、

 

そのような人達は、

また別の、

 

コミュニティのようなものに、

招待されるものでもあるでしょうから、

 

セールスでもあり、プロダクトローンチが、

終了すれば、

そこはもう既に、

 

コミュニティたり得なくなってしまうもんなのでしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

即ち、

 

上記のやり取りってものを、

俯瞰的に、単純化してみれば、

 

セールスする為の戦場でもあり、

 

だからが故に、

 

そこで使われる、

言葉自体も、

 

見た目的には、ビジネスライクな風に、

綺麗に飾っている側面はありますが、

 

その言葉でもあり、

概念に籠もったエネルギーってものには、

 

代理戦争的に見れば、

殺意ってものが、籠もっていて当たり前な状態ともなってしまうものなのです。

 

 

 

だからこそ、

 

マーケティング(布教)ってものを、

 

唯の、

セールスの為の、人の選別でもあり、

 

人をリストとして見て、

「商品を効率良く売りつけるだけの、都合の良い選別をするだけの作業としない。」

って事もまた、

 

何かと重要な要素とはなって行く事でしょう・・・・・・。

 

 

 

・・・・・・・と言うのも、

これまたそもそもとして、

 

そのマーケティングを行う、

仕掛け側も、勿論でありますし、

そのマーケティングでターゲッティングされた、

仕掛けられ側も、

 

同じように、

 

肉体を持って、血の通った人間であるからなのです。

 

 

 

即ち、

それによって、

 

商品が売れる、売れないに関わらずに、

 

人を集めて、関わった上での、

縁気でもあり、エネルギーの循環ってものの方が何かと、

 

お金が儲かる、儲からないに関わらずに、

 

人そのものに与える影響が、

大きくもあり、力強いものでもあるからなのです。

 

 

 

だからこそ、

 

マーケティング(布教)ってものは、

第一に、

 

自己責任として、

そのマーケティング(布教)って行為自体を、

無駄にしない為でもあり、

 

そのマーケティング(布教)って行為自体を、

そもそもとして、

 

マイナスとしない為にこそ、

 

自分自身の居場所でもあり、

「在りたい自分。」を基準として、

そのマーケティング(布教)ってものを、

行って行く必要性がある・・・・・・って事なのです・・・・・!!

 

 

 

 

そのようにして行った、

マーケティング(布教)ってものは、

そもそもとして、

 

そこにマッチングする商品ってものが、

最初は見当も付かないって事自体が、

当たり前でもあり、

 

これまたそもそもとして、

 

そのマーケティング(布教)の、

信仰を高める為の、自己投資となる行為や、

自己投資となりうる商品は、

 

己で見つけて、勝手に投資することともなって行くものなのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

即ち、

それは、

 

投資すればする程、

 

信仰が高まる=充実感や、やりがいが高まり、

生きやすくなって行くものでもありますから・・・・・・・、

 

投資しない意味が、解りかねるものとはなるのでしょうが・・・・・・、

 

それを、

 

具体的な商品でもあり、具体的なサービスに結びつける事自体が、

そもそもとして、

 

セールスや、プロダクトローンチの手順とはなるでしょうが・・・・・・、

 

具体的な商品でもあり、具体的なサービスってものは、

 

信仰心を高める意味合いで言えば、

 

それを推奨する対象自体をも、

選んでしまう側面もまた、

あり得る事なのでしょうね。

 

 

 

だからこそ、

 

そのマーケッターと、

受け手側との関係性ってものが、

重要な要素とはなりますが・・・・・・、

 

その関係性が良好な部類であれば、

 

そこに必要な商品でもあり、サービスってもの自体もまた、

 

あらゆる可能性から、考慮して行く必要性があり、

 

商品やサービスがありきでのやり取りってものは、

そもそもとして、

 

そこに集める人達自体を、

予め、決定しているものではありますが・・・・・・、

 

そのような、

 

ご都合主義な人って言うのは、

本来なら存在していないものでもあり・・・・・・・、

 

相手の欲望を刺激して、

 

ご都合主義を、演じて貰うような流れとは、

ならざるを得ないものなのでしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

また、

これは結局は、

 

直接的に、セールスや、

サービスの提供自体に、

関わっていない人であっても、

 

そもそもとして、

 

そんな事はお構いなしに、

 

広告による、AIによる、USP(セリング・ユア・ポジション)による、

ターゲッティングの目は、

あなた自身に向かっているものとなりますから・・・・・・・、

 

自分自身が購入する商品や、

自分自身が手間暇を掛けて、時間を費やした物事には、

 

あなた自身が、

信仰を掛けて、

 

マーケティング(布教)する必要性があるものと・・・・・、

なっているのです。

 

 

 

まぁ、だからとは言っても、

 

もしくは、

だからこそ、

 

人に単純に、お勧めするって行為は、

避けた方が無難とはなるでしょうし、

 

自分自身で、自分自身の信仰を、

護る事が、肝要とはなる事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

ま、

 

同じ商品でもあり、同じサービスを受けたからとは言っても、

それで、

 

同じ信仰を持っているとは、

一概にはならない側面もあり、

 

どちらかと言えば・・・・・・、

 

同じ商品でもあり、同じサービスを受けたならば、

「また違った、信仰を持って貰う。」

って事が、

 

基本的な流れでもあり、

 

もし、

同じような、

 

もしくは、

 

近しい信仰を持ちたいのであれば、

 

そもそもとして、

 

全然別物の商品でもあり、

全然別物のサービスを持ってして、

「信仰を再構築する。」って行為が、

必要不可欠なものとは、なって行くのでしょうね・・・・・・。

 

 

 

そうやって、

信仰を掲げて、

 

マーケティング(布教)する事によって、

 

商品でもあり、サービスと言う風な、

 

枠自体を超越して、

普遍性をもたらす事が、可能にはなりますし、

 

同じ商品でもあり、同じサービスを使って、

 

自分軸という名の、信仰を掲げて、

マーケティング(布教)する為には、

 

どちらにせよ、

 

再構築=1から作り直すって行為が、

必須にはなってくるものなのでしょうし・・・・・・、

 

そこをコピーで済ますと、

 

自分で自分の首を絞めるが如く・・・・・・・、

 

やりがいや充実感では無く、

 

義務感と、分離不安による行動基準となり、

 

自分一人で、続ける意味合いすら無くなり・・・・・・、

 

ただ単に、

 

「生き辛さ。」の象徴と化すので、

注意が必要ではありますが・・・・・・・・、

 

そんな人はそもそもとして、

 

「言っても無駄。」な場合が多いでしょうから、

 

尚更、

 

自分自身の、信仰の保護に目を向けて、

 

「在り方。」でもあり、

行動を持ってして、主張でもあり、

表現する方が良いものとはなるのです・・・・・・・!!

 

 

 

 

ま、勿論、

 

それ以外の、

 

信仰を、キチンと保持している人は、

 

見習うべき商品や、見習うべきサービスを、

その信仰を踏まえた上で使ったり、

身に付けている様を見て、

自分自身でも試してみるって事が、

必要となるものでもあり、

 

その試みによって、

また、

 

自分自身の、信仰心ってものを、

強化して行く事が可能でもあり、

 

自分自身の、現実的なステージ自体を、

高めて行く行為とも、なって行くものなのでしょうね・・・・・・(^^)

 

 

 

 

また、

 

これまた逆に言えば・・・・・・・、

 

同じような信仰を持っている訳でも無いのに、

商品、サービスの趣向が合わない人とは、

まぁ・・・・・・・、

 

代理戦争の、戦場以外には、なり得ない関係性とはなって行く・・・・・とは、

補足しておきましょう。

 

 

 

 

ま、

結局は、

 

どんな人との関係性も、

 

突き詰めて言えば、

代理戦争とは言えるものではありますが・・・・・・・。

 

 

 

上記のような人とは、

 

あまり、関わりたく無いどころか・・・・・・、

つい、

 

攻撃的にならざるを得ないでしょうが・・・・・、

 

まぁ、それでも、

 

代理戦争ではありますから(笑)。

 

 

 

直接的な、

 

暴力的な戦いは行いませんが・・・・・・、

 

信仰的な戦いは、お構い無しとはなる事でしょうし、

 

そのような、

 

信仰的な、代理戦争ってものこそが、

 

結局は、

 

「普遍的。」って事なのでしょうね。

 

 

 

まぁ、

 

信仰的でも、

そのまんまの、

 

IQが低い領域での暴力的な戦いは、

 

普遍的は普遍的でも、

 

社会悪という名の普遍的とはなっちゃうのでしょうが・・・・・・・(^^;)

 

 

 

あくまでも、

 

代理的な戦いでもあり、

 

芸術性でもあり、世界観でもあり、ゲーム性と言ったような・・・・・・・、

 

主観的でもあり、俯瞰的な視野での戦いでもあり、

 

これを、

他人軸でもあり、

 

客観的な戦いにするからこそ、

暴力的な、戦いになっちゃうもんでもあり・・・・・・、

 

そもそもとして、

 

他人軸でもあり、

客観的な戦いってものは、

 

その決定権を持つのは他人でもあり、

 

その戦いの終着を決定するのもまた、

他人だからなのです・・・・・・・・!!

 

 

 

だからこそ、

 

その戦いの主導権を、

自分自身の手の内に持つ為に、

 

人の目を気にするよりも更に、

 

自分自身の目を、気にする必要性がありますし、

 

それは結局は、

 

自分は自分で見えないものでもありますから、

 

俯瞰的な視点を鍛えて、

 

より良い主観を保持して行くことともなり、

 

その為には、

 

環境もそうだろうし・・・・・・、

 

自分自身が、身に着けるものや、

自分自身の身近におく物ってものも、

侮れない影響力を、持っている事にも、

気付かざるを得ないものなのでしょうね。

 

 

 

 

またそれは、

 

自分と関係性がある、他者の物にも、

厳密に言えば、関係してくるものなのでしょうが・・・・・・・、

 

そこは、

 

自分と関わってくる人達の為にも、

 

自分自身で、自分自身の身近な物に、

責任と信仰を持って、対処して行く必要性が、

あるのでしょうね・・・・・・・。

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

どもども。

 

今年のおみくじは、

去年に引き続き中吉だった、

キンジです。

 

大吉、中吉、小吉、末吉ってあるんだから、

勘吉(こち亀)もあっても面白いと思う、

今日この頃ではありますね・・・・・・。(いらんか笑)

 

 

 

あ、

さてさて、

 

 

でわ早速、

本日の考察に入って参ろうと思います。

 

 

 

まず最初に、

 

スピリチュアルと言いますと、

目に見えない領域の事とは言いますが、

そもそもとして、

 

まず最初に、

 

目に見える領域を、

ど〜こ〜しないで、

目に見えない領域をど〜こ〜しようってのは、

頂けないスタンスではある事でしょう・・・・・・・・・。

 

 

 

即ち、

 

自分自身は、何もしないで、

棚からぼた餅の如く、

この世の中でもあり、世界自体を、

渡り歩いて行こう・・・・・・っていう風な、

一種の、

 

とんでも無い奴を、妄想してしまいガチではありますが、

 

まぁ、

そもそもとして、

 

御体満足な人であれば、

 

「何の行動も起こさない。」って事自体が、

とても難しいものでもありますから、

 

大前提として、

 

自分自身の行動を踏まえた上で、

さらに、

 

目に見えない領域を、上手く活用していければ良いという風な、

スタンスにて、

初めて、

 

そのスピリチュアル性ってものに、

意義ってものが、出来上がって行くものとはなるのでしょうね。

 

 

 

 

即ち、

 

自分自身が意図しようが、意図しまいがお構いなく、

 

そのスピリチュアル性ってものは、

 

自分自身の思い込みも含まれた上で、

 

主観的に言えば、

 

増幅されて、そこに、

法則性ってものが、存在している様に、

見えてくるものなんでしょうね。

 

 

 

まぁ、だからこそ、

上記で言った、

 

自分自身が意図しようが、意図しまいがお構いなくを、

全部、俯瞰的に見た上で、

 

「意図した。」

 

もしくは、

 

「意識的に行った。」と、認識する事で、

その法則に、真実味が出来上がるものとはなります。

 

 

 

 

・・・・・・・が、

とは言っても、

 

だからが故に、

そこに、

 

自我というか、自己ってものが、

含まれている実感を持つ為には、

キチンと、

 

意図的な行動を、

普段からとっておく必要性があるのです

 

 

 

 

まぁ、

だからこそ言いますが、

 

その意図的な行動習慣ってものは、

あまり、

 

大層な、大きな概念を掲げて、

行動を起こすのでは無く、

キチンと、

 

枠を制定して、絞った上での、

意図的な行動ってものが、

必須にはなるだろうし・・・・・・・、

 

その時点で既に、

 

行動マネジメントってものが、

始まっているととってもらっても、

差し支えない程ではある事でしょう・・・・・・・・!!

 

 

 

また、

それらを踏まえた上でも更に、

 

そのスピリチュアル性ってものが、

 

自分自身にとって、

 

活用しづらい側面があるのであれば、

そこから更に、

 

自分自身の環境を変化させる事が、

肝要とはなる事でしょうし・・・・・・・・、

 

もっと身近な、

手が届く範囲の事を言えば、

 

自分自身が身に着けるものや、

自分自身の身の回りに普段置いておく物や、

自分自身の趣味趣向を見渡して、

 

尚且つ、

 

その芸術性やゲーム性、

 

世界観に注目してみる事もまた、

忘れてはならない事とはなるのでしょうね。

 

 

 

 

要するに、

 

勿論、

 

身近な行動から始めるのは、

「当たり前。」だとしても、

 

要は、

 

その身近な行動は、

そもそもとして、

目に見えない領域、

 

即ち、

 

スピリチュアルな領域を、

補う為にこそ、役に立つ側面もありますし、

 

そのようにして、

 

無知な状態、

即ち、

 

情報量が少な過ぎて、混乱する状態を回避する為にこそ、

その絞った上での行動ってものが、

役に立ってくるものではあります。

 

 

 

 

し、

 

その身近な行動+、

 

自分自身が身に着けるもの、

自分自身の身の回りのもの、

自分自身の趣味趣向ってものが、

 

自分独自のカスタマイズされた、

情報の構築を、生み出すものとはなっている事なのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

即ち、

その為には、

 

勿論、

 

上記の、

自分自身が身に着けるもの、

自分自身の身の回りにおくもの、

自分自身の趣味趣向ってものを、

 

人の物真似では無く、

組み合わして、

 

全体像としては、

独自性=ユニーク性が存在していればいる程、

 

その人のクリエイティブ性は、

 

他ではあまり見かけないような・・・・・・、

レア感でもあり、面白味が出来上がって行く事とはなる事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

・・・・・・・が、

とは言っても、

 

そこに必須になってくるのは、

これまた、

 

芸術性のレベル如何とは、

なってくる事でしょうし、

 

そもそもとして、

 

レア感でもあり、面白みを感じるような、

カスタマイズされたセンスってものは、

 

芸術性が存在しない事には、

中々、

 

その領域まで、

人は感知することが、不可能なものとなるでしょうし・・・・・・・、

 

その魅力性とか、カリスマ性ってものは、

結局は、

 

その芸術性でもあり、世界観でもあり、

ゲーム性ってものが、

醸し出される事によって、

人に伝わるからこそ、

 

そのように定義されて行くものなのでしょうね。

 

 

まぁ、

その魅力性とか、カリスマ性とは言いましても、

 

それがそのまんま、

 

世間一般で言う、

モテに繋がるかどうかは、

定かでは無いものとなるだろうし・・・・・・・、

 

芸術性とか、世界観とか、ゲーム性が突出されて行けば、

どちらかと言えば・・・・・・・、

 

色物の類に入ってくるものとなるでしょうが、

 

色物扱いでありながら、

何故か、居心地の良さのような・・・・・・、

 

言葉ではあまり、

上手く表現しきれませんが(笑)、

 

どちらかと言えば、

 

モテよりももっと、

保守性が存在し、

更に、

 

展開性に優れたものとはなって行くものなのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

また、

そのような、

 

芸術性、世界観、ゲーム性を持ってして、

構築されたスピリチュアル性には、

 

それを広める事により、

少なくとも、

 

その芸術性、世界観、ゲーム性の発展でもあり、

繁栄を、望める代物ともなるでしょうから、

尚更、

 

自分自身の芸術性を、磨いて行く事が、

肝要とはなるのでしょう・・・・・!!

 

 

 

その為には、

 

人の世界観でもあり、

ゲーム性の出汁となっているであろう、

 

芸術性を、真似る事から始めるのが、

大切な事ではあります。

 

 

 

まぁ、

真似ると言うよりかは・・・・・、

 

身に付けたり、身近に置いたり、趣味趣向として取り入れる事によって、

 

そのまんま、

 

自分自身の、クリエイティブ性の一部として、

組み込んで行くって事ではあるのでしょうね。

 

 

 

それでこそ、

 

自分自身のクリエイティブ性でもあり、

オリジナリティってものを、

 

磨き上げることが可能になるものではありますが・・・・・・、

 

だからとは言っても、

そこに、

 

自分自身の意図ってものを、

確固として反映させる為には、

 

ペーペーでもあり、

早い内から、

 

自分自身の趣味趣向ってもの、

もしくは、

 

ポリシーってものを、構築して行く必要性もまた、

無くてはならないものとはなるでしょうが・・・・・・・、

 

だからとは言っても、

そこには、

キチンと、

 

PDCAサイクルが如く、

 

改善して行く領域でもあり、変化を付けて行く領域もまた、

用意しておかない事には、

 

人としての柔軟性ってものが、

欠如しかねないものとはなる事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

即ち、

 

むしろ、

 

ポリシーとか、趣味趣向ってものは、

コアな部分だけで良いとも言えるだろうし、

 

だからこそ、

 

自分自身の手の届く範囲から、

 

自分自身の行動を、コンパクトにマネジメントする必要性もあるし、

 

芸術性でもあり、世界観、ゲーム性ってものを、

 

構築して行くことが、

望ましいものではあるのでしょう・・・・・・!!

 

 

 

そうやって、

結局は、

 

完全には消えて無くならないであろう・・・・・・・、

 

自分自身の趣味趣向や、ポリシーとは反する、

芸術性でもあり、世界観、ゲーム性と、

 

永遠に続くであろう、

 

代理戦争を、繰り広げて行く事とはなるのでしょうが、

 

その代理戦争ってものは、

結局は、

 

芸術性でもあり、世界観でもあり、ゲーム性がモノを言うものでもあり、

 

そのレベルによって、

 

魂でもあり、現実的なステージってものが、

高まって行くことが、決定されて行くものなのでしょうね。

 

 

 

まぁけれども、

 

その芸術性でもあり、世界観でもあり、ゲーム性ってものは、

 

主観的なものでもあり、俯瞰的なものでもありますから、

 

自分自身の趣味趣向を磨き上げることによって、

少なくとも、

 

主観世界においては、

 

魂のステージを、

高め続ける事が、

身近な行動を持ってして、可能であるはずです・・・・・!!

 

 

 

そこから、

客観的でもあり、俯瞰的な、

 

芸術性を高めて行けば良いものでもあり、

 

いきなり、

客観性でもあり、俯瞰性を求めても、

手に負えないものとなるでしょうから、

 

まずは、

 

自分自身の魂のステージと言ったような、

 

器を磨き続けるって事が、

肝要とはなるのでしょうね。

 

 

 

それによって、

 

自分自身の影響力を発揮する、

意義とか、覚悟ってものが、

自然と備わって行くはずでしょうし、

 

それによって、

 

自分自身の行動による、

影響の結果ってものを、

 

自分自身が納得出来得るレベルで、

受け取る事が可能にはなるはずでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

それは結局は、

 

「人からは違うとは言われても、自分にとってはこうだ。」と、

言えるものともなり、

 

代理戦争においての、

 

闘争本能=生存本能=生きる活力となる事によって、

 

モチベーションとセルフエフィカシーとなって行くものとなる事なのでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

 

どちらかと言えば、

 

モチベーションは、

 

趣味趣向や、芸術性、世界観、ゲーム性の、

明らかな違いによって、

湧き起こるものとはなるでしょうが・・・・・・・、

 

セルフエフィカシーは、

 

実際に、

 

自分自身が、身近な行動として行った上で、

ムクムクと、湧き上がって行くものではある事でしょう。

 

 

 

それはある種の、

殺意的なものかも知れませんが・・・・・・・(苦笑)、

 

代理戦争であれば、

 

その殺意的なものも、

芸の肥やしでもあり、

 

芸術性でもあり、世界観でもあり、ゲーム性として、

昇華させる事で、

 

成仏させる事もまた、可能ではあります。

 

 

 

むしろ、

 

その殺意的なものを、否定して、

見てみない振りをした方が何かと、

 

殺人事件とかまでは、

中々、発展しないまでも、

 

暴力的な出来事として、

発展する可能性があるだけに・・・・・・、

 

代理戦争においては、

 

感情ってものは、全て、

表現する為に存在しているものとして、

理解しておく必要性もありますし、

 

その表現は、

出来れば、

 

自暴自棄な、消費行動じゃあ無くて、

 

エンタメなり、ゲームなり、芸術的な活動の方に向けた方が、

 

今後の、未来視点の為と、

なって行くでしょうし、

 

それを前提とした消費は、まぁ、

いいんじゃあ無いでしょうか・・・・・・・(笑)。

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

新年、明けましておめでとう御座います!!

 

今年も、自分軸哲学とキンジこと金山 徳允を、

よろしくお願い致します

 

 

 

・・・・・・・あ、

さて、

 

 

どもども。

 

キンジです。

 

 

 

自分のビジネスって言うのは、

勿論、

 

自分軸にての、

仕事でもあり、ビジネスの事を、

指し表すものではある事でしょう・・・・・・!!

 

 

 

だからこそ言いますが、

 

そこには、

勿論、

 

クライアントが存在する事にはなりますが・・・・・・、

 

そのクライアントって言うのは、

ただ単に、

 

仕掛けられ側だけを、指し表す訳ではありませんし、

 

仕掛け側、仕掛けられ側、

双方の立ち位置でもあり、視点が存在した上で、

 

そこには・・・・・・結局は、

 

上下関係の、上下共に、

含まれてくるが故に、

 

そのクライアントって言うのは、

 

自分軸で繋がったからこそ、

 

運命共同体とか、同志のような関係性に、

なって行くものとは言える事でしょう・・・・・・・。

 

 

 

 

が、

だからが故に、

 

その選別方法には、

 

それなりの、敷居ってものが、

必須になると同時に、

 

それなりの、納得感ってものもまた、

そこには必要不可欠とはなって行くものなのです。

 

 

 

 

それって言うのは、

 

その選別方法ってものが、

 

全ての測りになると言っても、

過言では無いのですが、

 

その測りは、結局は、

 

自分自身をまず、測りにかけて行く事が、

望ましいものとはなるものなのです・・・・・・!!

 

 

 

 

 

要するに、

 

「在りたい自分。」ってものに、

当てはまるものではありますが、

 

その、

 

「在りたい自分。」ってものを、

まず、体現する事によって、

 

今度は、

その、

 

「在りたい自分。」ってものと、

人との関係性の科学反応において、

 

そこには、

 

アート性でもあり、ゲーム性でもあり、

世界観における、

 

代理戦争のような、戦いが起こって行くものとはなる事でしょう

 

 

 

 

その「戦い。」は、

結局は、

 

「在りたい自分。」と言う、

 

表現における、

叩き台を持ってして、

 

他人との関係性でも在り、

他人の、

「在りたい自分。」との、

せめぎ合いの中で、

 

自己実現でもあり、自己超越ってものを、

模索して行く・・・・・・って事と、

 

結局は、

同意な事ではあるのでしょうね。

 

 

 

まただからこそ、

 

「在りたい自分。」ってものが、

存在しない事には、

中々、

 

自己実現とか、自己超越ってものが、

 

他人軸では無く、自分軸としてのイメージが、

湧き上がり難いものでもあり、

 

それは結果的に、

 

自分自身の習慣でもあり、

過去のコンテキストまで、幅広く展開していけるような・・・・・・・、

 

自分自身の血肉とは、

なって行かない側面もまた、

 

そこに存在しているであろう、問題意識とはなっている事ではありますね。

 

 

 

だからこそ、

 

他人軸では無く、自分軸であり、

 

そこに必要となってくるのは、

 

いきなり、

自己実現とか、自己超越では無く、

 

ただ単に、

 

素朴でもあり、今までの経験に、

必ず関連が必須になると同時に、

 

それが長く、尚且つ、深みが存在していればいる程、

より、権威付けが成されて行くであろう、

 

「在りたい自分。」なのですし、

 

「在りたい自分。」だから良いものとは、

言えるのでしょう・・・・・!!

 

 

 

 

それを持ってして、

結局は、

 

自分自身以外の他者が、

決して消え去って行かないであろう・・・・・・・、

 

この世の中でもあり、

現実を、

 

その他者と、関わるのであれば、

 

出来うる限りは、

より良い関係性を育んで、

 

命が尽き果てるまでは、

 

人生を、邁進して行きたいものではある事でしょう・・・・・・・!!

 

 

 

即ち、

 

他人軸も、自分軸も、

概念的に言えば、

同じものとも言えるだけに・・・・・・・、

 

そこには、

 

自分自身のコンテキスト(背景)でもあり、

別々の個人と言う意味での、

 

肉体的個別性を持ってして、

 

アート性でもあり、ゲーム性でもあり、

世界観のせめぎ合いによる、

代理戦争(たたかい)を、行う事により、

 

自分軸哲学を、構築して行くものではあります。

 

 

 

 

上記の事柄は、

結局は、

 

俯瞰して、人事として見たが故に、

 

他人軸も、自分軸も、

概念的に言えば、

 

「同じもの。」って言えるだけでもあり、

 

そこに、

 

当事者=表現者でもあり、プレイヤーとして参加した上では、

結局は、

 

他人軸も、自分軸も、

 

たとえ、

 

概念的に言っても同じなんて、

言ってられるもんじゃあ無いものとなるだろうし・・・・・・、

 

それでこそ、

 

代理戦争=闘争本能を、

正統に活用して行く術とはなって行くものなのですよ・・・・・・!!

 

 

 

 

要するに、

 

人が、個人視点に立ち返ると、

必ず付き纏う問題意識の一つとなるのが、

 

個人の闘争本能でもあり、

 

それは結局は、

 

突き詰めて行けば、

 

闘争本能=生存本能と言っても、

過言では無いだろうし・・・・・・、

 

だからが故に、

 

突き詰めて行けば、

 

闘争本能を無くしてしまう意識ってものは、

死に直結する方法論であると言っても、

 

ほぼほぼ、間違いが無いものとはなるのです。

 

 

 

 

・・・・・・・・が、

だからが故に、

 

そこには、

 

「覚悟。」ってものが、

必要となると同時に、

 

「覚悟。」だけじゃあ、

中々、

 

自ら、自殺する事さえも、

人間、出来るものじゃあ無い事でしょう。

 

 

 

 

即ち、

そこには、

 

死地に向かいながらも、長寿を全うする「在り方。」ってものが、

求められるものでもあり、

 

死地に向かうのであれば、

 

自らの意思で、向かう「在り方。」ってものが、

求められるものだと言う事です。

 

 

 

 

また、

 

死地に向かうだけでも無く、

 

死地を回避する為にもまた、

 

長寿を全うする「在り方。」ってものが、

求められるものでもあり、

 

その為には、

 

自分自身の死地ってものを、

自分自身で制定する必要があると同時に、

 

そこには、

ある程度の、臨機応変さ、

即ち、

 

応用性・流用性ってものが、

必要不可欠となるでしょうから、

 

あまり、

 

前のめり過ぎなスタンスってものは、

相応しくは無いものとも、

なって行くのでしょうね。

 

 

 

 

また、

だからが故に、

 

ボチボチするとか、程々にするって事が、

その裁量性の為には、必須となり、

 

その、

 

ボチボチするとか、程々にする為にこそ、

 

頭を働かせて、

最低限の能率性を、確保する方が、

 

何かと、都合が良いものとはなりますが、

 

長い人生、毎回毎回、

 

効率良く生きれるものじゃあ、無い事でしょう・・・・・・(笑)。

 

 

 

 

即ち、

たとえ、

 

ボチボチするとか、程々にするって意識の元であったとしても、

 

そこには、

あまり、

 

能率を意識する場合でも無い場面ってものにも、

 

誰しもが、

遭遇する可能性があるでしょうし・・・・・・・、

 

ある程度の年齢を経た、

 

大人になった我々にとっては、

 

誰しもが、

 

そのような機会に、巡り合っているのもまた、

必然ではあるのでしょうね。

 

 

 

 

けれども、

 

そこでの、

ボチボチするとか、程々にするって意識は、

結果的に、

 

自分自身の身を助ける、

裁量性を、

行動ベースにて、引き出してくれるものとなり、

 

ボチボチするとか、程々にするって意識であったとしても、

 

その行動自体は、

結果的に、

 

しんどい経験とか、逆境の経験とはなるでしょうが、

 

その、

しんどい経験値とか、逆境の経験値自体が、

結局は、

 

「自分自身の楽さ。」を、

生み出す代物とはなる事なのでしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

即ち、

 

その、

しんどい経験とか、逆境の経験ってものは、

結局は、

 

個人個人のものでもあり、

 

客観的に見た、しんどさよりかは・・・・・・・、

 

主観的に見た、しんどさの方が、

より、

 

「自分自身の楽さ。」を、

引き出して行くものとはなるのでしょうし、

 

客観的な、しんどさの表現ってものは、

結局は、

 

主観的な、しんどさの表現力が足らない状態とも言えるだろうし、

 

それはまた、

 

しんどさだけでも無く、

 

主観的な、表現力全般にも関わってくるものでもあり、

 

その表現力に必要になってくるのは、

 

アート性でもあり、ゲーム性でもあり、

世界観といった様な・・・・・・・・、

 

エンタメ的、または、芸術的な、

引き出しの多さでもあり、

 

表現してみた数によって、

その表現力ってものに、違いが出てくるものとはなるのでしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

要するに、

そこには、

 

「ポリシー。」ってものも、

必要とはなりますが、

 

その土台となるのは、

 

自分自身が、見たり聞いたり、身近に関わってきたであろう、

 

現実的な、芸術性でもあり、

 

現実的な、エンタメ性となって行くものなのでしょう。

 

 

 

 

即ち、

 

芸術性でもあり、エンタメ性の方にこそ、

 

勉強って意識が必要とも言えるだろうし、

 

そこは、

 

アート性とか、ゲーム性とか、

世界観といった様な、

 

あらゆる要素に、影響力を発揮してしまう領域であるが故に、

 

大人になった個人としては、

 

ある種の、保守性ってものもまた、

必要にはなってくるものではあります。

 

 

 

それは結果的に、

 

「ポリシー。」と呼ばれるものとはなるのでしょうが、

 

勿論、

 

「保守性。」ってものが、

第一にくると同時に、

 

その各々が、

 

自分自身の裁量を発揮して、

新しい領域を、開拓しても良いものとはなるだろうし、

 

僕自身を例にしても、

 

保守性は保守性でも、

 

具体的にしたり、細部まで詳細に見てみれば、

 

全く同じことを、繰り返す行為は、

避けて行く試みを持ってして、

 

「保守性。」とか、「ポリシー。」と、

認識している次第ではあります。

 

 

 

 

即ち、

大枠で言えば、

 

同じアート性でもあり、

同じゲーム性でもあり、

同じ世界観とは言えますが・・・・・・・・、

 

それを応用・流用した上では、

 

新しいアート性でもあり、

新しいゲーム性でもあり、

新しい世界観と認識出来うる、

 

自分自身の納得を引き出す為の、

 

細かい拘り=細かい変化を為すって事を、自分自身に課しているってわけですね。

 

 

 

 

まぁ、

上記で、

 

応用・流用とは言いましたが、

 

その応用・流用は、

既に、

 

当たり前の領域でもあり、

無為自然の領域にて、行われるものでもあり、

 

日々の経験を通した、

表現によって、

 

それは為されるものとはなっています。

 

 

 

また、

 

その保守的な、

エンタメ性でもあり、芸術性にて、

 

小さな変化を、意識的に行う事により、

 

そこから、

 

新たな充実感でもあり、新たな楽しさでもあり、

新たなやりがいとなりうる、しんどさを(苦笑)、

引き出す事が出来れば、

後は、

 

その応用・流用を持ってして、

 

それを意識的に行えば、

 

その影響力は、計り知れないものとなるだろうし、

 

上記の三つの概念は、

 

どれを持ってしても、

 

自分自身に、精神的豊さと言う名の実りを、

もたらす事にはなるでしょう・・・・・・・!!

 

 

 

それ即ち、

 

「自分のビジネスを構築するには、過去の上司の言葉を鵜呑みにしない事。」

なのです。

 

 

 

部分的、

または、

局所的には、

 

「人を真似る。」ってことは、

役に立つ側面はある事でしょう。

 

 

 

・・・・・・が、

 

「真似る。」って事は、

結局は、

 

そのエンタメ性でもあり、芸術性にて、

発揮する事が望ましいものでもあり、

 

また結局は、

ただ単に、

 

勉強的に真似るって行為は、

「なんか違う。」って思う次第でもありますし、

 

それを、

自分のビジネスとか、自分の仕事とか言ってみた所で、

 

代わりはいくらでもいるって不安もまた、

消える事は無いのでしょうし、

 

「それはそれで良い。」のでしょうね。

 

 

 

何よりも、

 

代わりが効く方が、

 

ビジネスとしては、発展し易く、

廃れ難いとも言えるでしょうけど、

 

自分自身の生命でもあり、

生き様でもあり、

行動如何を、

表現とした時、

 

それを芸術性とかゲーム性として、

考察して行くと、

 

そこには、

 

「生きがい。」とか、

「生きてる証。」とか、

「生きた証。」ってものを、欲するものでもありますし、

 

その為には、

 

エンタメ性とか、芸術性が、豊な方が、

何かと、強みってものが、出来上がるものでもありますし・・・・・・・、

 

そもそもとして、

 

そのエンタメ性とか、芸術性の、

代理戦争ってものは、

 

自分自身も、突き詰めて行けば、

望む側面がありますし、

 

情報過多な現代においては、

何の理由もなしに、

 

その代理戦争に、巻き込まれるのもまた、

「当たり前。」な状態であるとも言えます。

 

 

 

だからこそ、

 

それを本物の戦争にはしない試みってものが、

必須となると同時に、

 

自分自身の、生存本能=闘争本能にも、

戦いの場を用意して、

 

納得=自分自身との折り合いを、

付けて行く必要性もまた、

無きにしも非ずなのです・・・・・・・・!!

 

 

 

 

その代理戦争にこそ、

 

芸術性とか、エンタメ性ってものが、

相応しいものとなるでしょうし、

 

その納得度合いを持ってして、

 

個人的な、表現力の戦いを、

紡ぎ上げて行けばよろしいものなのでしょう・・・・・・!!

 

 

 

 

まぁ、

勿論、

 

その芸術性とか、エンタメ性の、

表現力の戦いには、

 

ゲーム性ってものもまた、

含まれるものとはなるのでしょうが。

 

 

 

 

それらを踏まえて、

実は、

 

過去に掘り下げておいた記事は、下記から・・・・・・・。

 

 

 

 

続きはこちら

 

 

 

 

応援、宜しくお願い致します(^^)


また違うんだけど、解るわぁ~(共感)ってなっちゃった方は、ポチッとな♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村