今日の内容は

 

誰にでも分かりやすい自閉症のご紹介

 

びっくり「あ~空気読めないってこういう事か!」を

 

血の繋がらない親子、ジャリ(娘)とT氏(父)との

 

ふんわ~りしたやり取りで説明します

 

よろしくお付き合い下さい

 

 

 

私の夫T氏は自閉症で

 

時々、意味の分からない事をする

 

ニコある日

 

自分で風呂に入るのが面倒臭いT氏は野球を観ていた

 

ジャリは家庭科で、1時間お風呂に入らないだけで

 

どれだけガス代が無駄になるかという授業を受けて来たので

 

ジャリ)えー「T氏、早く風呂に入らないとガス代が勿体無いよ」

 

T氏)キョロキョロ「でも~野球が終わらないと入れないニャン」

 

ジャリ)えー「野球いつ終わるの?」

 

T氏)ニヤリ「後15分後かも知れないし、後1時間後かも知れない

 

野球は終わりが見えないニャン」

 

ジャリ)プンプン「も~グズグズしてないで、ちゃっちゃと風呂入りなよ

 

明日も会社の用事があるんでしょ?」

 

T氏)ニヤリ「ん~~いつか入るニャン」

 

ジャリ)ムキー「T氏!」

 

T氏)てへぺろ「クリスマスプレゼントあげないニャンよ?」

 

 

 

ここで?マークが一斉に飛ぶ

 

びっくりクリスマスプレゼントを貰えない子供は

 

親の言う事を聞かない子、悪い子であろうが

 

明らかにジャリは、ものぐさな親を風呂に入れと催促する

 

何の落ち度もない子である

 

けいこ)びっくり「T氏、用途が間違っとる」

 

ジャリ)ムキー「風呂に入れと催促する娘を脅そうなんて

 

T氏の両親に言いつけるよ!どっちが正しいか白黒つけるよ!」

 

T氏)ショボーン「だるいけど~分かった入るニャン」

 

 

 

ジャリを見ていると

 

普段の私が乗り移ったかのようである(笑)

 

ウインクそう、自閉症の人は自分と相手を見比べて

 

どちらが倫理として正しいか分からない部分があり

 

独自の見解を述べてしまうのだ

 

そんなT氏に向かってジャリは【父T氏の父親】という

 

正しく育てようと導く圧倒的な存在を出した訳である

 

娘は母に似て来る

 

照れハート自閉症の諭し方は……

 

公平な場で裁きを受けたとしても私は間違った事を言っていない

 

という証明が大事(笑)

 

*とくもり けいこ*

 

【アメブロで「とくもり」に質問する方法】

●テーマ「はじめに読んでね」内の記事「とくもり取説」をご参照下さい

 

【メッセージトランスレーション】

●お急ぎの方は有料カウンセリングをご利用ください

◎公式ウェブサイト↓各種予約方法からどうぞ

https://littlestar-mahounokotob

a.ssl-lolipop.jp/appointment.html 

◎各種お問い合わせは↓専用フォームからどうぞ

https://littlestar-mahounokotoba.ssl-lolipop.jp/contact.html

 

【とくもり電子書籍】

●Kindle版205円です('ー'*)よろしくお願いします

 

【おねだりボタン】

●見てくれた人が優しくポチっと押してくれたら嬉しいな~

アメンバー募集中 読者登録してね ペタしてね


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ