インターネットが普及し、デジタル化が進み、紙の需要も減りながら、

確実に、複写伝票も減っていくんだと思いますが、

以外と複写伝票は、いまだに新規作成されるお客様多数いらっしゃいます。

 

当社は、昨今はメモ帳印刷を初めノベルティなどへの対応も幅広く行っていますが、

 

本来は、産業用印刷物をメインに取扱い、名刺、封筒、パンフレット、伝票、シールなどの

印刷物を総合的に扱ってきています。

 

現在も、大分市内を中心に、全国の企業様・店舗様向けに、中小企業から一部上場している大企業まで

はば広く伝票印刷を対応しています。

 

既存のお客様からは、新規にこんな伝票を作りたいという希望がきたります。

 

それは、これまでパソコンで作っていた書類を、お客様と会社で保管したいからなど

どうしても、同じ書類を双方で保管する必要があるケースが出てくるからだと思います。

 

複写伝票だと、1枚目と2枚目、もしくは3枚目以降など、全てに同じ情報を転記でき、

筆跡も同じものが残るため、改変する事が不可能になります。

 

また、お客様とその場で記載する事で、その場で書類を渡したり、サインを頂いたりなど

臨機応変に対応が可能なのもメリットの一つだと思います。

 

最近も、とあるハウスメーカー様より、「打合せ議事録」のご用命を頂きましたが、

 

この「打合せ議事録」も、家という高額な商品に対して、しっかりとお客様と担当者が

 

打合せた内容を書留めて、それを双方で保管できれば、意思の擦れ違いが無くなり、

 

事後のトラブルを回避する事が出来ます。

 

メールなどで文面をやり取りする事で、打ち合わせの情報は残ると思いますが、

お互いにその場で議事録を手元に残す事で、間違いの無い進行が出来るのではないでしょうか。

 

得丸デザイン印刷では、

オリジナルの複写伝票に対応しておりますので、

お気軽にお問合せ下さい。

 

https://www.td-print.jp