今日からブログはじめます!



ブログをはじめるにあたり、何を書こうか考えた末、私の人生の半分以上を過ごしている、ニューヨークに渡った最初の日のことを書こうと思います。


私は、19歳で単身ニューヨークに渡りました。


荷物はスーツケース1つ。
お守りは祖父からのお手紙。


ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港に降り立った日のことは、日が経つのと比例して微笑ましい思い出に変わっています。


でも、あの日の気持ちはずっと忘れられないでしょう。

話を戻します。


ニューヨークで暮らせる!

私は、心にありったけの希望と、これでもかというくらいの期待を詰め込んで日本を旅立ちました。


もともと私は「超」がつくほどの天然であり、まわりが呆れるほどの楽観主義。


「どんな楽しいことが待っているのだろう」


「英語はできないけど、お友達たくさんつくっちゃうぞ」

「私もューヨーカーの仲間入り!!」

、、、と、ニューヨークで暮らせることが嬉しくて、出発前夜は興奮して一睡もできませんでした。

まだその時はこれから起こる壮絶な
「ニューヨーク生活」との戦いがはじまるなんて1ミリも思っていませんでしたから、、、。


「そうぜつ」なんて大げさだな、と思う人もいるかもしれませんが、私の感じた率直な気持ちです。



成田空港から飛行機に乗り14時間、



空港に降り立った私は「独特の雰囲気」に圧倒されて呑み込まれそうになりました。



「ん?何かが変」

「ここはニューヨーク?」



説明が難しいのですが、どんよりしていて、殺気さえ感じる緊張感。

みなが早歩きで笑顔がない。

でも、先述したように私は超楽観主義、「ま、いっか」と、自分の心に湧いた胸騒ぎを無理やり蹴散らし、税関を通り、いざ、摩天楼と呼ばれるマンハッタンへ。

そこからが大変でした。

ニューヨークに知り合いのいない私は事前に調べた通り、タクシー乗り場へ。

今から思うとなんて無謀なのだろうと、思い返すだけでも怖くなりますが、「ニューヨーク」のことも「イエローキャブ」のこともよく理解していなかったのですから、仕方がないといえば仕方がないのです。

「イエローキャブ」は日本のタクシーと同様、自動ドアで、親切な運転手さんが笑顔で迎えてくれると疑っていませんでした。

想像ができなかった、といった方が適当かもしれません。


乗り込んだイエローキャブのドライバーは英語圏にもかかわらず英語が通じない、読めない、、私と全く目を合わさない、しかも今まで見たこともあったこともない人種の方、、。

空港から1時間で到着するはずが、2時間経ってもたどり着いていない。

銃をつきつけられちゃうのかな?
信号で止まったら逃げ切れるかな?、、と、生きた心地がしませんでした。

後からわかったことですが、当時のイエローキャブのドライバーは中東からの移民が多く、英語が話せなくてもありつける仕事のひとつだったのです。


空港から3時間以上かかったのは遠回りをされていたから。

遠回りしすぎでしょ!!

そう、私はずべてにおいて想像を超えた街、ニューヨークに着いてしまったのです。

まさに、ウエルカム・トウ・ニューヨーク!でした。

続きは次回に!