今週の出走予定 | 大馬主への道・・・・現在へっぽこ

大馬主への道・・・・現在へっぽこ

☆一口馬主生活はじまりです゚・*:.。. .。.:*・゜

今週も2頭出走予定です。

 

レッドベルディエス

 

最新の近況情報 (2021.06.16)

 Aコースを半周後、坂路にて併せ馬で追い切り。
坂路
レッドベルディエス 52.8-39.2-26.1-13.1 馬なり
イモータルフェイム 53.2-39.5-26.2-13.1 馬なり

鹿戸調教師「今回は阪神までの輸送を控えていることもあり、今日は坂路で馬なり調整でした。ベルディエスが先行し、ラストは今週デビュー予定の2歳馬に併せる形でしたが、変に力むところもなくいいリズムで走れていたと思いますし、最後まで余力残しでしたね。息遣いもしっかりしていて、稽古後も息の入りや歩様は問題ありません。予定通り今週のマーメイドSに幸英明騎手で出走します。ハンデ(53キロ)も予想通りでしたし、重賞のメンバーでも能力的にヒケは取らないはず。ここでタイトルを獲らせてあげたいですね」

 

ハンデも手ごろですし、状態もいいようです。あとは他馬との力関係になりますが、能力的にG3なら

通用してもいいはず・・・。頑張ってほしいですね。

 

アライバル

 

21/6/16  栗田厩舎

 

16日は美浦南Wコースで追い切りました(52秒0-38秒1-12秒2)。「先週までにある程度やれていますし、当該週は前に馬を置き、コントロール重視の追い切りを行っています。ウッドチップコースに入り全体で69秒の終い12秒ちょっとという時計を出していますが、やはり動きはいいですね。出し切っていないというか、あえて出させないようにセーブしながら動かしてあって、ちょっと頭は高めだけれども口を割ったりするわけでもなく我慢しながらメリハリの利いた走りができていますので、良い感じで来ていると思いますよ。あとは実戦へ行ってどうかということと、使った後がどうかといったところがポイントになってくるかと思いますが、良い感じでレースへ送り出せそうです」(栗田師)19日の東京競馬(2歳新馬・芝1600m)にルメール騎手で出走を予定しています。

 

いよいよデビューですね。時計も上々ですし、新馬戦決めてほしいですね。

 

近況です。

 

エンシェントアイル

 

21/6/16  NF早来

 

トレッドミルで軽めのキャンター調整を行い、週3日は坂路でハロン13~16秒のキャンター2本の調整を行っています。「坂路で速めの調教をコンスタントに取り入れていますが、脚元は安定しており順調ですね。このまま可能な限り馬体を馴染ませて移動につなげていきたいところです。馬体重は556キロです」(早来担当者)

 

時計はしっかり出してるようですから、移動するなら早めの移動を。

 

オーソクレース

 

21/6/15  NF天栄

 

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「トモ脚には細心の注意を払っていますが変わりはありませんし、他の部分でも悪い変化はありません。さすがに緩んでしまっているので乗り込みにはそれなりの時間をかける必要はあるものの、現時点では問題なく進め出せていると言えます。過度な負担にならないよう、現在は1日おきに乗るようにしています」(天栄担当者)

 

まぁ、状態は変わらんということで、秋に向けてしっかり進めてほしいですね。

 

サーブルオール

 

21/6/15  NF天栄

 

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「先週に続いて今週も坂路入りしています。正直に言うと、体の戻りはもうひとつです。体の張り、毛ヅヤともにもうひと息なので、動かしながら良化を待ちたいと思っています」(天栄担当者)

 

なかなか良化してこないですね。これからさらに気温も高くなるので心配ですね。

 

シーズンズギフト

 

21/6/15  NF天栄

 

トレッドミル調整か周回コースで軽めの調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「先週あたりから坂路入りし、じわりじわりと進め出しています。月曜日に黒岩調教師が来場されましたので状態を見ていただき、今後のことについても相談しました。特に前走ですが、ここまでのレースっぷりから考えても、今後は短い条件で走りを覚えさせていく必要があるのではないかということで1200m戦も視野に入れていくことになりました。早ければ福島あたりを見ながら状態をもとに改めて相談していく予定です」(天栄担当者)

 

ついに距離を短縮し続けて1200mへ・・・これで走りを覚えさすことになるのかわかりません。まぁ、前向

きさを出すってことかな?ちょっとバタバタですね。

 

セレシオン

 

21/6/15  NFしがらき

 

軽めの調整を行っています。「この中間も左前の状況は慎重に見ていますが、少し関節に炎症を起こしているような感じなので、必要な治療を行いつつ軽く動かしているところです。もともとじっくり進めていく予定でしたし、焦らずに状態を確認しながら進めていきます」(NFしがらき担当者)

 

まずは炎症をしっかり治して立て直してほしいです。「もともとじっくりやるつもり」なんて余計なコメントは

いらないからさ。

 

リアングロワール

 

2021/06/15

ムロタホーストレーニング
背腰の状態が良くなってきたため、先週末からは坂路調教を再開。今週からは軽めキャンターで4本乗っている。運動量を増やしてからも疲れが出ることはない。体調等が気になることもなく、順調に負荷を強めることができている。もうしばらくは今くらいのメニューで様子を見て、大丈夫そうなら更に本数を増やしていくことを検討中。「先週少し緩めたら、具合が良くなってきました。まずは2本で様子を見て、昨日からは4本に増やしていますが、今のところ耐えてくれています。お預かりした以上、なんとか競馬までいってほしい気持ちがありますからね。今週一杯を乗り越えてくれたら、来週からは更にペースを上げていくことも考えています」(担当者)

 

まぁ、今週みて進めるかどうかですが、またガタっとくるようなら終了ですかねぇ。

 

パンプイットアップ

 

2021/06/16

美浦トレセン
ダートコースで普通キャンターで調整。先週の追い切り後も反動は出ておらず、引き続きスムーズに動けている。明日、追い切り予定。今のところ、来週の東京(土)ダ1400に出走予定。

 

この厩舎数はそこそこ使ってくれるので、ありがたいですね。

 

アスタラグローリア

 

2021/06/15

トゥモローファーム
徐々にペースを上げ、現在は通常時に周回コースでハロン20秒ペースのキャンターを行い、週に2回の頻度で坂路でハロン16~17秒を上限としたキャンターで乗り込んでいる。トレセンから戻ってきた当初はいくらかテンションが上がり気味だったが、もうすっかり落ち着き、良い雰囲気で調教を行えている。しばらくは現在のメニューでしっかりと乗り込み、馬体の充実に努めていく。先週水曜日計測の馬体重は433kg。

 

もう少し体はほしいですね。

 

サリエラ

 

2021.06.15 所有馬情報

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週4回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1~2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m

担当者「体は依然として増えてきませんが、胸前やトモの筋肉が付いてきましたし、前回お伝えした時と同様に持ち前の心臓の強さは目を見張るものがありますね。リフレッシュを挟んだ後の1本目の坂路調教でも息遣いは良好ですし、このストロングポイントは今後も伸ばしていければと思います。その心臓の強さとは裏腹に、動きは多少非力さがあるものの、血統馬らしい素軽い走りを見せています。乗り手の感触も上々ですし、この中間はハロン15秒を切るところまで進めても、手応えには余裕があります。定期的に休みを入れて体を膨らませながら、今後も乗り進めていきます」馬体重419kg

 

こちらもなかなか体重が増えてきません。まぁ、おそらく秋デビューじゃないかと思うので、じっくり

やってもらうしかないですね。

 

レッドサイオン

 

21.06.16 : 美浦:藤沢和雄厩舎

乗り運動後、坂路下でダク、その後坂路1本。
坂路 58.4-43.2-28.5-14.4 馬なり

助手「今日もあまりペースは上げずに3ハロン43くらいで乗っています。大きな変化はありませんが、痛いところや不安な箇所もなく順調にきていますよ。体重はなかなか増えてはきませんが、暑くなってきても飼い葉は食べているので今くらいの馬体をキープできればというつもりで進めています。去勢しても穏やかになったとは言い難いですが、そろそろ体内バランスも取れてしっくりしてくる頃だとは思うので、気性面の変化が表れてくるといいですね。週末か来週までは同じくらいのペースで進めていくことになると思います」
※7月11日(日)福島1R・障害未勝利(芝2750m)を予定。

 

やっとこさ次のレースも決まりました。なんとか障害でも勝ちを決めてほしいですね。

 

レッドジャービス

 

21.06.15 : 社台ファーム

馬体重:492キロ
脚元をケアしながら、ハロン16~17秒ペースの坂路調教を週3本おこなっています。まだ、鞍上の指示に対して、素早く反応し切れていないところも見受けられますが、動きには柔らかさとしなやかさがあり、背中の感触も良好です。状態を見ながら徐々にペースを上げていく予定ですが、速い時計を出したときにどう変わってくるのか、期待も抱きながらトレーニングを進めていきます。

 

まぁ、ここまでは順調に進んできました。負荷が強くなってどうかはこれからですが、ボーンシスト

の影響がなければ、問題なく進めていってもらえると思うのですが。

 

レッドカロス

 

21.06.15 : 社台ファーム

馬体重:504キロ
坂路で3ハロン41秒の時計も出しましたが、右前脚の出に問題はなく、順調に調教が進められています。スピード感のある、バネの効いた走りが出来ていて、だいぶ持ち前の躍動感が戻ってきた印象も受けています。運動負荷を上げたことで、胸前、肩を中心に、筋肉の張りが増してきました。カリカリした面を見せず、気性が落ち着いている点も、好感を抱く材料となっています。

 

こちらももう移動させてもいいんじゃないかな?移動の話が全くでないのは何かあるのかとも

思ってしまいます。

 

この記事・写真はキャロットクラブ様、東京サラブレッドクラブ様、ユニオンOC様、

シルクホースクラブ様、YGGオーナズクラブ様より許可を得て転載しています。

この記事からすべての内容の転載を禁止します。