競走結果 | 大馬主への道・・・・現在へっぽこ

大馬主への道・・・・現在へっぽこ

☆一口馬主生活はじまりです゚・*:.。. .。.:*・゜

先週の競走結果です。

 

ブラックアリエス

 

21/6/12  平田厩舎

 

12日の中京競馬ではまずまずのスタートも行き脚がつかず後方から。勝負どころから徐々に進出し、直線はジリジリ伸びて5着。「今日は東京競馬場に臨場のためモニターでレースを見ていましたが、前半の進み方は明らかに前2走より良くなっていますし、掲示板を確保してくれたのは良かったです。現地のスタッフによるとジョッキーは“スタート直後は砂を嫌がって行き脚がつきませんでしたが、3~4コーナーではハミを取ってくれて、直線外に上手く出せなかったものの内に切り替えてからもしっかり伸びてくれました”と話していたとのことです。目立つ時計は出ていなかったものの、普段の振る舞いや走り方など良化が見られていたので、ここからさらに良くなってくれればと思います」(平田師)去勢明けということもあり期待と不安が入り交じる一戦でしたが、後方からとはいえスムーズな追走に直線最後の伸びはこれまでには見られないものでしたし、確実に良い方向に向いていると思わせる内容でした。去勢の効果が出るまでには少し時間がかかると言いますし、馬の成長も考えると本当に良くなるのはこれからかもしれません。この後は馬体を確認してから検討します。

 

う~ん、掲示板に載ったし優先も取れたし、この馬としては上々なんでしょうけど・・・・。相変わらず

前進気勢に欠けますねぇ。鮫島も3コーナー手前からずっと追いどおしでお疲れさまでした。

せっかくですからこのまま続けて使ってほしいとは思いますが、さてどうなんでしょうね。

途中でやめずに最後まで走り切ったのは収穫ですかね。

 

ラレイナ

 

2021.06.14 レース結果

 6/12(土)札幌9R 3歳上1勝クラス〔D1,700m・14頭〕7着[2人気]

ブリンカー着用。マイナス12㎏での出走。まずまずのスタートから促していき、道中は中団前目に付けます。3,4コーナー中間辺りから鞍上の手が動き始めますが、直線では脚を伸ばすことが出来ず中団で流れ込んでいます。

木村哲也調教師「精神面に難しいところがありますし、元々そこまで飼い葉をガツガツと食べるタイプではないのですが、この中間もあまり飼い葉を食べてくれず、馬体重を減らしての出走となってしまいました。レースでもスタートからスッと進んで行かず、前走よりもタフな形になってしまいましたし、横山武史騎手も『あまり道中から手応えが良くなかった』と話していました。勝負どころで促しても逆に前とは離される格好となってしまいましたし、直線でも抵抗する場面を作れませんでした。前走のようにスムーズに運べれば良いのですが、調教からなかなか上手く走る方に気持ちを向かせることが出来ず、申し訳ございません。長距離輸送をこなしての競馬で一息入れてあげた方が良いでしょうし、レース後は直接ノーザンファーム早来へ放牧に出させていただいています」

 

結局一度使って放牧ですが、馬体の大幅減はいただけないなぁ・・・。道中も何回も顔を上げる

シーンもありましたし、輸送は良くないのかも。まぁ、一つは勝っているので距離や馬場を変えて

色々試してほしいですね。

 

この記事・写真はキャロットクラブ様、東京サラブレッドクラブ様、ユニオンOC様、

シルクホースクラブ様、YGGオーナズクラブ様より許可を得て転載しています。

この記事からすべての内容の転載を禁止します。