こんにちわ、最近骨盤調整ダイエットを始めた

札幌鍼灸整骨院ナチュラスタッフの山崎です!

 

最近暑い日が続き体調を崩している方が多いのではないでしょうか?

 

とくに熱中症

先日、7月上旬としては125年ぶりとなる4日連続の真夏日となり

札幌では過去に1892年の7月5日~10日の5日連続で真夏日となって以来125年ぶりの記録で、各地で熱中症が相次ぎました。

 

【熱中症とは】

高温多湿の環境に長時間いることで、

体の調節機能が正常に働かなることで

体内に熱がこもり

体温が異常に上昇する状態のことをいいます。

 

熱中症のサイン

・やたらと口が渇く

・立ちくらみ・めまいがする

・頭痛

・急な吐き気がある

・手足の痙攣が出る

・身体がだるくなる

・フラフラする

・異常に汗をかいたり、全くかかなくなる

・意識がなくなる・はっきりしなくなる

・爪を圧迫して白くしてもすぐにピンク色に戻らない

 

このような症状が出ると熱中症かもしれません

~熱中症の種類~

① 熱失神(Ⅰ度)

  原因:体温を逃がそうとして血管が広がり、その分の脳への血流が減る

  症状:意識障害・めまい・冷や汗

② 熱けいれん(Ⅰ度)

  原因:水分だけをとり塩分補給を怠ったために、血液塩分濃度が低下する

  症状:筋肉痛・足がつる・手足のけいれん

③ 熱疲労(Ⅱ度)

  原因:水分補給が足りていない

  症状:体の重だるさ・吐き気・頭痛・体温が上昇

④ 熱射病(Ⅲ度)

  原因:脱水症状の悪化

  症状:体温が40℃以上まで上昇・発汗停止・意識障害・全身の臓器障害

 

Ⅰ度の症状は現場での応急処置で対応できるものですが、Ⅱ度になると病院への搬送が必要とされます。Ⅲ度は入院して集中治療の必要があるほどの重症です。

 

熱中症はただ具合悪くなるだけの病気ではなく死に至る病気です

症状があまりひどくないものだと、軽い吐き気や頭痛、めまい、だるさ程度ですが、重症になると体温調節機能が働かなくなり、汗が出なくなります。そうなると細胞が破壊されて臓器が正常に働かなくなり死に至ることがあります。

 

~対処法~

おかしいと思ったらすぐに涼しい場所に移動して身体を冷やし、水分補給をしてください。 

そして休ませるときは頭よりも足を高くして休みましょう。

これから夏本番ですので熱中症に気を付けて北海道の短い夏を思いっきり楽しみましょう!

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
            骨盤矯正・美容鍼・整体・スポーツのケガ
            カイロ・交通事故(むち打ち)による施術

             札幌市白石区東札幌2条6丁目4−29
                    アップルコート白石1階
                     011−817−7733
                       鍼灸整骨院ナチュラ
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 

AD