冬の皮膚病 | 所沢市の内科・皮膚科 おうえんポリクリニック

所沢市の内科・皮膚科 おうえんポリクリニック

埼玉県所沢市で内科・皮膚科・美容皮膚科・形成外科・美容外科がひとつになった病院です。
所沢近隣での往診(訪問診療・在宅医療)・産業医もご相談下さい。


テーマ:

寒くなると一番目立つのが、皮脂欠病性湿疹です。

字の通り、本来しっとり潤っているはずの皮膚が乾燥して、湿疹病変を作ってくるとこの病名になります。

さらに進行すると、貨幣状湿疹(皮膚がはがれて組織液が浸みだし、多くはコインの形をした湿疹)も容易にできてしまいます。

皮膚が乾燥すると、本来あるべきバリア機能(保護する働き)が低くなり、それだけで痒みを感じやすくなります。この時点なら、多くは保湿剤だけで改善します。

しかし乾燥が続いて繰り返し掻いていると、湿疹病変ができてしまいます。

 

寒い時に暖かいお風呂でゆったりと過ごすのは楽しい風習ですが、洗い過ぎにご注意ください。

日本の冬は湿度がぐっと下がります。元々乾いている皮膚を、タオルと石鹸でゴシゴシこするのは危険です。

特に膝から下の下腿は乾燥しやすいので、優しく手で撫でる程度にして、入浴後には保湿剤を塗っていただくことをお勧めします。

 

◆その他皮膚に関するお悩みは

http://www.auen.jp/info/dermatology/

 

◆受付システムにつきましては

http://www.auen.jp/reservation.html

 

 

 

おうえんポリクリニックさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります