おすすめデンタルフロス

テーマ:

 

こんにちは~歯ブラシ 赤

歯科衛生士の増田です目ラブラブ

 

今回は私のおすすめのフロスについてご紹介します歯

 

 

①ルシェロフロス

.マイクロファイバー(極細繊維)を採用したフロスがプラークをしっかり除去し、しつこいプラークをかき取ります!

歯間に入れやすいワックスコーティングもしてあり、初めて使用される方や歯間の狭い方でもスムースにお使いいただけます。

ワックスはミントフレーバーで、フロスをした後の口内をスッキリ保ちます。ミントが苦手な方にはワックスなしタイプもあります。

ただ、少し引っかかりやすさがあるので、被せ物が多かったり、元々引っかかりやすいと感じる方は気をつけて頂いた方がいいですOK

 

ソース画像を表示

 

 

 

②eフロス

唾液に触れるとスポンジ状に膨らむエキスパンディングフロスを採用しています。

挿入時は歯間部へ入れやすく、歯面にも沿わせやすく、膨らんだ後は清掃面積が広がり絡めとるように効率的にプラークを除去します。

個人的にルシェロフロスより通しやすく初心者向けで、膨らむので歯と歯の間が広い人はおすすめです

フロアフロスよりかは除去率が低いような気もしますが、安価ですのでこまめに使って頂けますキラキラ

ソース画像を表示

 

 

 

③フロアフロス

384本の繊維がフワッと広がり、歯肉を傷つけることなく、歯周病予防に重要な歯肉縁下のプラークを除去します。

歯茎の中に入れても痛くないよう作られており、フロス研究第一人者もお墨付きだそうですハッ

最近導入した商品で、SNSでも人気のフロスです。

こちらも歯と歯の間が広い方向けで、他のフロスで痛い思いをして苦手意識がある方やゴッソリ取れる感を味わいたい方におすすめです。

除去率はとてもいいのですが、少し他のフロスよりかはお高めになっておりますグッ

ソース画像を表示

 

 

 

他にも柄のついてるタイプのフロスもありますが、今回は糸タイプをご紹介させていただきました。

まだまだ他にもたくさんデンタルフロスはありますので、ご自身に合っフロスを見つけてみてはいかがでしょうか?

 

 

大阪市内 阿倍野区 阪南町 あべの 歯医者 歯科医院 デンタルクリニック ホワイトニング 審美 インプラント 矯正 根管治療 マイクロスコープ 歯科助手 歯科衛生士 スタッフブログ バリアフリー ファミリースペース

 

 

あなたのとなりの歯医者さん♪