CAD/CAM冠

テーマ:

歯CAD/CAM冠歯

computer aided design/computer aided manufacturing

 

ハイブリッドレジンブロックを使用して製作するジャケット冠のこと歯

簡単に言うと、光学スキャナーと3Dプリンター(ミリングマシンという)を活用し歯科用のプラスチックを削り出して製作する被せ物です。

 


2014年4月より「CAD/CAM冠」として保険適用になりました。硬質レジンジャケット冠(HJC)より強度は勝り、全部金属冠(FMC)より美性に優れています。小臼歯単冠のみに使用できます。

 

更に

2017年12月1日第一大臼歯(前から6番目の歯)へのハイブリッドレジンCAD/CAM冠が保険収載されました歯

それに伴い、今までは金属アレルギーのある患者のみ保険算定可能だった大臼歯へのCAD/CAM冠が保険算定が認められるようになりました。歯

但し、上下顎両側の第二大臼歯(前から7番目の歯)が全て残存し、左右の咬合支持がある患者に対し、

 過度な咬合圧が加わらない場合等において下顎第一大臼歯(下の前から6番目)に使用する場合のみとゆう条件付きです歯

 

クラウン[CAD/CAM冠(保険)](写真株式会社シケン様より)

前歯にはCAD/CAM冠以前から硬質レジン全装冠という白い被せ物が存在します。強度や色調を考えるとCAD/CAM

冠よりこちらの方がオススメです可愛い歯♪オンナノコ♪

またCAD/CAM冠はインレー、つまり部分的な詰め物にはできません。あくまで歯に被せるものが対象基準です歯 

 

     CAD/CAM冠のデメリット

①被せ物がプラスチックなので強度的に??ですもやもや

プラスチックは歯科材料の中で一番強度的に弱い材料です。

CAD/CAM冠で使われているプラスチックはそれでも硬めのタイプですが、使っているうちに磨耗が生じます。

歯ぎしりや食いしばりが激しい方の場合はすぐにすり減ってしまうためCAD/CAM冠はお勧めできません。

また硬い歯ブラシで強くこするとCAD/CAM冠に傷がつきます。

正しい噛み合わせを構築するために小臼歯部にプラスチックの被せ物を入れることは慎重に考える必要があります。

 

②被せ物がプラスチックなので衛生的に??もやもや

プラスチックのデメリットとして吸水性、プラークの沈着率が挙げられます。

プラスチックは水を吸収するので将来的に汚れてしまったり、着色してしまうことが起こります。

また歯ブラシなどで傷ついたCAD/CAM冠の溝にはプラークがつきやすくなりますびっくり

二次むし歯にならないよう定期的な検診が必要ですラブラブ

 

③被せ物がよく外れるもやもや

CAD/CAM冠を保険治療で入れた患者様の予後を見ると、

通常の銀歯のかぶせに比べCAD/CAM冠の脱落率(外れる)が大きくなってます。

被せ物と歯の接着システムが重要な鍵になると考えられますチュー

しっかりした接着システムが必要ですえーん

 

 

お口の中の状態によって出来ない場合もあります歯4

ご興味ある方は一度院長にご相談ください歯

 

 
 
 

 

 
 
大阪市内 阿倍野区 阪南町 あべの 歯医者 歯科医院 デンタルクリニック ホワイトニング 審美 インプラント 矯正 根管治療 マイクロスコープ 歯科助手 歯科衛生士 スタッフブログ バリアフリー ファミリースペース
 

 

   あなたのとなりの歯医者さん♪   まつむら