フロスの重要性!

テーマ:

歯科衛生士の米田です歯

 

今回はフロスについて話したいとおもいますOK乙女のトキメキ

普段歯磨きの際に歯ブラシだけでお掃除している方が大半だと思いますビックリマーク

なかなかフロスを使う機会やきっかけってないのではないでしょうか!!目

 

実は歯ブラシを一生懸命しても約5割しか汚れって落ちないと言われていますびっくり!!

歯の面や歯と歯茎のきわはお掃除できても歯と歯の間のお掃除までが行き届かないんですガーン

 

歯は歯と歯の間から傷んでいきますえーん

歯と歯の間にたまる食べカスはプラーク(歯垢)となり虫歯・歯周病・口臭の原因になりますアセアセ

歯ブラシでは約半分しか落とせないと言われているのでフロスのってとても重要なんですビックリマークびっくり

 

歯と歯の間の汚れを取り除くことで、虫歯の発生率は著しく低下します音譜目

 

 

フロスにも様々な種類があります乙女のトキメキ

デンタルフロス(歯間を清掃する歯科用糸)といわれる指で糸を巻くタイプの清掃が効果的ですが、フロスをホルダーにはめてあるものは使い方が簡単で便利ですニコニコ

今回はこちらの使い方を紹介します歯 

 

【使用方法】

歯と歯の間にフロスを前後させながら挿入していき、上下に動かします。

歯と歯肉の間のポケットまでフロスを入り込ませてプラークを取り、同時に歯肉のマッサージをしましょう。

フロスを抜く時もゆっくりと横にスライドさせながら抜いて下さい。

※新しい歯間を清掃する場合は、糸部分を水で軽くこすって洗うか汚れをふき取ってから清掃しましょう。

  汚れが付いたまま別の部位を清掃することで汚い部分を再びポケット内に入れてしまうことになるので要注意!!!

 

フロスはたまにではなく習慣的に使うことが大切です!

まずは始めやすいタイプのフロスから慣れていくとよいでしょう歯 

 

大阪市内 阿倍野区 阪南町 あべの 歯医者 歯科医院 デンタルクリニック ホワイトニング 審美 インプラント 矯正 根管治療 マイクロスコープ 歯科助手 歯科衛生士 スタッフブログ バリアフリー ファミリースペース
 

 

   あなたのとなりの歯医者さん♪