秋風が感じられる9月のはじめ、こうなると味覚は温かい方向に向かうのが本能というもの。

 

はい、僕は本能には忠実です。(^^)

 

 

オープン依頼人気の地元東所沢の「本格手打ち かんたろう」。

こちらは、池袋の名店「うちたてや」の流れをくむつけ汁うどんお店ですが、

今回は本能のまま、温かい味噌煮込みうどんを注文。

 

 

運ばれてきた味噌煮込みうどんは、

目の前でグツグツと見た目と、音でやや自虐的な食欲をそそられます。

 

たまご、白菜、ネギ、油揚げ、カマボコ、鳥肉、揚げ玉が入っています。

 

メニューにあるように、これだけ煮込んでいても味噌の塩辛さがありません。

具材からも旨味が出て、バランスが良く最後まで飲み干せます。

たしかに癖になりそうです。

 

自慢の太くて、固めのうどんは、この味噌味をキチンと受け止めています。

これが、細くで柔らかい麺だったら受け止められず、味噌が勝ってしまうでしょう。

 

この太くて、硬くて、重いうどんだからこその演出(偶然?)が“麺のおこげ”です。

重たい麺だから浮かずに、下に張り付きます。そのため、おこげが出来てしまうのです。

 

土鍋に張り付いたうどんを、レンゲでこそげ取る行為が楽しいのと、

その少しカリカリした香ばしいうどんは

なかなか食べる機会がないので新鮮です。

ここまで計算しているのか、偶然なのか....知りたいけど、そっとしておく方が良いですね。(^^)

 

 

演出といえば、このお店のメニューや看板デザインですが、奥様が書かれているとのこと。

とても味があってすてきですね。

 

このデザインにもさそわれて、また足を運ぶのだと思います。

 

とこなびスタッフ

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村