先日もブログで取り上げた航空公園 パークタウン商店街。

この商店街、「ビストロ326」さんのように元気なお店もありますが、

全体的にはしばらく元気がない状況が続いています。

 

ここの物件は、吉岡里穂さんのCMで有名なUR都市再生機構。

このテナント営業部隊がどれだけ頑張るかだとは思うのですが、

商店街というスペースや大げさに考えれば“文化”というものをクリエイティブするのが、“商店街”だと思っています。

 

1企業に全てを担わせるのは、負担は重いかも知りませんが、企業としては、その分やりがいのある事業だと思って本気をだしてもらいたいと発破をかけたいと思っています。

 

シャッター店舗が、ポツリポツリと虫歯のような状況であれば、一店舗ずつ営業をかける必要がありますが、このシャッター街は逆にシャッターがうまい具合に並んでおり、まるで、優秀な地上げ屋が働いたかのごとく仕上げた状態です。

 

 

ここまでまとまっていると、大きめの企業がまとめてお店を出店することも可能かと思っています。

まとまってということは、全体をプロデュースすることも可能となり、

“街づくりそのもの”を自社だけで一気通貫を可能にするメリットがあるはずです。

 

僕が無邪気に希望(妄想?)するのは、このシャッター街を“古本屋街にできないか?”というアイデアです。

神田の古本街のように、各店舗で得意のジャンルがあり、

専門書・文学書、美術書、マンガ、児童書など、各店が専門店になってならんでいる。

そして、ゆっくり読書をするスペースやマニアが集う空間としてのカフェなど、

市だけでなく、県レベルでおもしろい古本屋街(商店街)になると妄想してニマニマしています。(#^^#)

 

とこなびスタッフ

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村