昨年の7月以来書いていなかったハワイブログをしれっと再開させてみます(笑)

あと少しで終わるので、もう少しお付き合いください!


 

2016年 ハワイ一人旅 → 目次ページ

 


 

前回、アラモアナのアイランドファインバーガーでのハッピーアワーを楽しんだ記事で終わっていましたが、そのあとアラモアナで2時間ほどショッピング。

新しくできていた一角のラリンにてハンドクリームのお土産を。

三つ買ったのですが、お土産だから

「個別の袋下さい」

と言ったら断られた!笑

 

確かに割引品ではあったけどさ~あせる

 

「25ドル行かないと渡せません」と断られたんだけど、請求された額は27ドル。

行っとるやんけえー

税金ぬいて25ドルじゃなきゃダメだったのかな???

モヤモヤしながら店を出て、やっぱりここでも英語で

「25ドル行ってますけどダメなのん?」

が言えなかった私!悔しい~!!!

 

 

 

英語力の無さを嘆きながらアラモアナからワイキキへ戻り、夜のワイキキを探索してお部屋。


マルラニのパワーストーンも緩んでいたのを直してもらったり、少しパワーが弱っているストーンを交換したりしてリフレッシュしてもらいました音譜


最後の夜だから、色々紙類を捨てながら記念撮影など・・・(笑)

お部屋で飲んだビール瓶のふた。

無駄に可愛くてコレクションしたくなりますラブ

 

 

さて、この時間までは至ってフツーに過ごしておりましたが・・・

明日最後だし早めに寝るかと、0時ごろ床に就き、夜中の2時頃です。

 

 

突然スコールのような音が!

 

ハッと目覚めて、スコールにしてはやたら至近距離だなーと寝ぼけつつ外見ても、平穏な夜景。

 

???

 

 

これ、私の部屋じゃね???

 

急いで音のするバスルームの方へ行くと・・・

 

 

天井からおよそ2センチ四方の水が滝のように流れている。

しかもバスタブとトイレの間の床をめがけて。

 

見たことない大惨事に大慌て笑い泣き

 

すでにバスルームから、段差のない部屋のエリアまで水は浸食して来てました。

このお部屋、カーペットなのよ~!滝汗滝汗滝汗

 

 

 

とりあえずこちら深夜2時、バケーションレンタルのオーナーさんは日本にいるため恐らく22時。

連絡手段はPCメールなのでオンタイムで見てもらえる可能性はかなり低い。

と、とりあえずフロントに電話を・・・!

受話器を手に取り、「えーとフロントは、普通9とか0とか押せばつながるんだっけ???」

!!!

この部屋バケレンだからフロントに直接つながらないやんけ!!!笑

 

 

はい、この間5秒くらい。

 

そしてさらに5秒くらい考えて、

『私がここに居ても水を止められるわけではないんだから、とりあえずこの場を離れフロントに言いに行こう。』

という結論に←普通

 

 

深夜、頭がぼーっとしたまま、けれども相当慌てながら寝間着姿にパーカー羽織ってフロントに向かいました。

 

 

とりあえず、英単語も夜中に尽き普段よりさらに出てこないわけで、身振り手振りと分かる限りの英語で今の現状を伝えました。


そしてフロントの兄さんは

「僕今ここに一人だから、動けないんだ。あの警備員に行ってもらうから」

と言って、背の高い黒人のフロントガードマンに一緒に部屋に行くように指示。

 

ホテルの人とは言え、ここは海外、一人の部屋に招き入れるのは正直ちょっと怖かったですあせる

けどそんなこと言ってられる場合じゃないのでとりあえず見てもらう。

 

ちゃんとデジカメでバスルームの水が流れ出ている天井や、床の惨状を写真に撮ってくれて安心しました。

 

けどですね、

フロントの兄さんと違って、英語が滅茶苦茶わかりづらいのよ~笑い泣き

 

いや、逆にこの人はきっと普通で、フロントの兄さんは日本人の対応に慣れているからか、ゆっくりわかりやすい英語を使ってくれているんですよね。

部屋で一対一、しかも滝のように水が天井から流れ落ちるという緊迫した場面。

英語全くわかりましぇーん笑い泣き

 

なんとかわかったのは、

「きっと上の人がバスルームを使っていると思うから、それが終われば止まると思う」

「とりあえず、状況を下で確認してくるから待っていてくれ」

と言う事くらい。

 

私は

「とにかく水をせき止めるバスタオルをください!」

とお願い。

 

 

一旦、ガードマンの彼は出ていきました。

 

 

 アップしないとまた更新が間延びするので、一旦ここで続くにします!