2010-01-07 17:39:57

子宮頚癌ワクチンを導入

テーマ:医院

日本で年間 3,000 人以上の女性が亡くなっている子宮頚癌を予防するワクチンが、やっと厚労省薬事食品衛生審議会薬事分科会で承認されました。


この癌は ヒトパピローマウイルス ( HPV; human papillomavirus ) が主な原因とされています。

感染前のワクチン接種によって HPV の感染予防が期待できます。

女性にとっては朗報ですが、費用も含め解決すべき課題も残されています。

 

子宮頚癌は世界で年間 30 万人近くが死亡しています。

30 代後半 - 40 代に多い癌ですが、最近は感染原因である性交渉の低年齢化などが影響し、若年患者が増加しています。  


ワクチンによる予防手段があるため「予防できる癌」と言われています。

その面では胃癌発症予防におけるピロリ菌の除菌治療に通ずるものを感じています。

なお、このワクチンの有効性は 20 年近くも続くとのことです。


初交前の 12 歳の女児全員が接種すれば、頚癌罹患率を 70% 以上も減らせるそうです。

さらにこの癌による死亡者も 70% 以上減ると言いますから、すばらしいワクチンです。


当院では年末に、グラクソ・スミスクライン社の「サーバリックス」を採用し、早速、私の娘に打ちました。

1 ヶ月後と 6 ヶ月後に追加接種の必要があり、計 3 回打つことになります。

まず最初の 2 回の接種で、ほぼ 100% の被接種者で抗体が陽性となり、3 回目の接種後には抗体価がさらに上昇(=ブースター効果)します。


難点は、(私の娘によると)接種部位の疼痛がかなり残ることです。

これはもしかしたら私の娘だけかもしれませんが、そういった報告も散見されます。


メリットとデメリットを天秤にかけて冷静に考えても、やはり有効なワクチンと思います。

ただ私はあくまで内科医ですので、婦人科や小児科 Dr. の意見も参考にしつつ、一般の方々に適切な情報提供を心がける所存です。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

1 ■ちょっとした暇でもヤれる♪


明るい未来を信じよう♪
暗い日常は自ら切り開くモンだぜ?
http://-ecwkld.plistfa.info/

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。