309. 口腔調味ができる日本人に生まれてよかった「カラマノリ ミルストーン 」 | ~ステップファミリー、12歳差姉妹の子育て~

~ステップファミリー、12歳差姉妹の子育て~

シングルマザーから再婚し、
前夫との間にできた中1長女と
現夫との間にできた1歳次女のステップファミリーです。


テーマ:
昨日は日光出張だった主人。
社長とふたりきりの出張だったもので、夕ご飯までご一緒していたようです。
 
主人は22時前に(ほろ酔い加減で)「おみやげだよー」と言って帰ってきました。
その言い方だと日光土産だと思うじゃないですか!?
 
取り出した袋はどうみてもコンビニで、中に入っていたのはスーパーでも売られているお馴染みのアーモンドチョコ!
 
それはそれで美味しいから別にいいのですが、なんだかちょっとイラっとしました。
ーーー多分それは、今日は主人が飲み会だからですね。
記憶をどこかに落とすくらい飲まなきゃいいけど、と思います。
 

 
「カラマノリ ミルストーン 」の話
 
お世話になっている方のお宅に夫婦でお邪魔したとき、極上のオリーブオイルをご馳走してもらいました。
オリーブオイルとパンというシンプルさながら、奥深さを感じ、感動したことを覚えています。
それから我が家には欠かせないものになったオリーブオイル。
この度縁あって、味わい深いエクストラバージンオリーブオイル「カラマノリ ミルストーン」が届きました。
 
オリーブオイルは3500年以上前から存在していて、その発祥はギリシャと言われています。
カラマノリ ミルストーン」はそんなギリシャのオリーブオイル産地カラマタ地方にあるコリファシ村のオリーブだけで作られています。
 
そこで栽培されているのが数百年の時を生き抜いたオリーブで、世界最高品質と言われるコロネイキ種と呼ばれるもの。
この品種は最も酸化しにくく、栄養価も風味も劣化が非常に少ないから、長く楽しむことができます。
 
IMG_20171009_134831077.jpg
近代化が進み機械で収穫することが多い中、「カラマノリ ミルストーン 」を作る農園は先祖代々続く手摘み、そして昔ながらの製法で作られています。
決して量産はできないものですが、「一滴一滴がギリシャ神話の神が宿る雫のよう」とも言われているそうです。
 
カラマノリ ミルストーン 」は職人さんの思いが込められているので、綺麗な若草色をしていて、幸せな気分にさせる芳醇な香りもしてきます。
(詳しい情報は「カラマノリ ミルストーン」http://www.millstone.jp/item/0l00/をご覧くださいませ)
 
カラマノリ ミルストーン」はエキストラバージンオイル。
オリーブを絞ったオイルなので、その風味を味わうべく、まずはパンにかけてみることに。
ちなみにこのパンは、ホームベーカリーで焼いたもので、粉はリスドォル。
焼いたままのものと、オーブントースターでローストしたものの2種を用意しましたよ。
 
パンの種類によっては「オリーブオイル+塩」でいただくことも多いかと思うのですが、「カラマノリ ミルストーン」はこれだけでもう充分。
癖も少なく、バランスがとてもいいので、いっぱい浸してパンを食べたくなるほど、口の中がとても至福。
オリーブオイルだけど、ほのかに甘いんですよ!
それがまぁ、可愛らしい!!
 
「美味しいオーリーブオイルってこういうものを言うんだな」と思うほどです。
ローストしたパンだと染み込みが甘いので、そのままの(ちょっと塩っ気のある)パンがオススメです。
 
そして贅沢にも「カラマノリ ミルストーン」をドレッシングに使ってみることに。
 
「ナスのマスタードドレッシングサラダ」です。
このレシピだとオリーブオイルが大さじ5も必要なので、これだと「カラマノリ ミルストーン」がなくなってしまう勢いーーー結局半量ブレンドしました。
ブレンドする前と後とでは、オリーブオイルの透明感が違うといいますか、澄んだサラダになったことが不思議。
オイルがお水になったようーーーという表現は大げさですが、そのくらい野菜とのなじみがよく、もりもりたくさんあったサラダがいつのまにかなくなるくらい、食欲を満たしてくれました。
 
さらにオリーブオイルといったらド定番の「カプレーゼ」。
フルーツミニトマトとカマンベールチーズ(定番はモッツァレラかと思うのですが、わたしはこっちの方がコクがあって好きなんです)と、自家採りバジル、そして「カラマノリ ミルストーン」と岩塩というシンプルで目分量なレシピです。
 
これがまぁ美味しいんですよ!
なんなんですかね、トマトとオリーブオイルはデザートにもなりますよねこれ!!
オリーブオイルは「ドルチェのソースにもなり得る」みたいな気分にさせられます。
 
そして最後に、お水の代わりにトマトジューズを加えて焼いたパンと、モッツァレラチーズ、木熟ミニトマト、自家採りバジルで作った「パンカプレーゼ」。
もちろん「カラマノリ ミルストーン」をてろんとかけました。
 
この組み合わせも至福すぎる!!
朝ごはんで出したのですが、「パンが多くて食べきれないよー」という朝が弱い娘さんも、目の色を変えて全部平らげていました。
もうたまらないですね、パンとチーズとオリーブオイル!!
口腔調味ができる日本人に生まれてよかったとしみじみ思います。
 
こんなに幸せになるオリーブオイルは初めてです。
カラマノリ ミルストーン」と出会って良かった!
 
「カラマノリ ミルストーン 」

http://www.millstone.jp/item/0l00/

 

 

 

昨日からの気候とは一転して、10度以上気温が下回るという、寒暖差が激しい今日。

滅多に体調を崩さない娘さんが風邪を引いたようで、咳き込んでおります。

ただ平熱なので、マスクをして学校へ行かせました。

 

今度は地区音楽祭の校内選考会が2週間後に迫っていて、そこでソロを歌う娘さん。

それまでに治るといいけどーーーと、思います。

 

 

みおりさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス