さて今剣の握りを気づきのままに稽古してみたが、握り方というより、その連動繋がりが面白かった。

考えて稽古するというより、自分の体の観察がとにかく面白い。

手の内を意識していたらそれが足指まで繋がり、動こうという起こりの気持ちよりすでに、動き終わっていた。

つまり、すでに剣を放っていた。

それにゆるみながら締まっている感覚がある。

これは何なのかと観察したら、私の場合は皮膚が軟らかくよく動いていた。
力が筋肉に集中してもパンプはするが、連動してるのですぐに軟らかくなる。

そんな観察をしながら動きを俯瞰していた。