昨日のシミの治療のつづきです。

 

一度BBLを照射して、シミはだいぶ減ったものの、まだシミは残っています。

 

 

そこで、3週間後以降に2度目の照射をするのですが、この方は1か月後に当てました。

 

 

また一段とシミが減っていますよね。

 

もう一度見てみましょう。

 

 

before

 

1回目照射直後

 

1週間後

 

2回目照射2週間後

 

かなり良くなっています。

 

ここから、残ったシミをどうするか。

 

3回目を当ててみるのもいいかもしれません。

 

照射しても、シミがもう取れなくなったらQスイッチの出番です。

(光治療でシミが取れなくなっても、肌のハリは出るし、毛穴も引き締まるし、美肌効果は得られます)

 

しかし、全部とれなくても、かなり薄くなったしもう十分、と満足される方もいらっしゃいます。

 

中には1回の照射だけで、大満足される方も。

 

取り切れないシミはQスイッチで取りましょうね、とお話していても、

「残っているシミも、薄くなったからもういいわー。こんなに顔が白くなって嬉しい~」

とおっしゃることが多くて。

 

でも、どうしても、残ったシミをとりたいと思った場合はQスイッチで取ることになります。

 

つづく

 

 

●BBL(心斎橋)、M22(梅田・心斎橋)、ルメッカ(京都)

顔全体 1回 40,000円  頬のみ 1回 30,000円(税抜)

※ 5回コースもあります。

 

いずれも光治療の1つで、シミや赤みの改善、肌のキメや透明感、毛穴の引き締めなどを目的にするマシンです。

シミに反応すると、マイクロクラストというカサブタができ、7日前後で自然に剥がれます。

カサブタのイメージはマスカラの粉がついているような感じ。

メイクで隠していただけますが、濃いシミやそばかすが多い場合、マイクロクラストの数も多くなりますから、少し目立つかもしれません。

シミに反応すると2~3時間は赤みとヒリヒリ感が生じます。

1週間のダウンタイムはありますが、お化粧も可能ですし、シミが取れてお肌が明るくなり、お肌のはりとキメが整う、と人気の高い治療法です。

治療間隔は3~5週間。3~5回の治療の後は、数カ月単位でのメンテナンスが理想的です。

 

 

チューリップキラキラよろしければクリックお願いしますキラキラチューリップ

 


美容皮膚科ランキング

 

にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ 
にほんブログ村

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

 

チューリップアップよろしければポチっとお願いしますアップチューリップ