アメリカのACEというフィットネス組織をご存知ですか?

フィットネス業界のトレンド予測も行っているリーダー的存在の資格団体で、多くのパーソナルトレーナー・グループフィットネスインストラクター・健康コーチetcを有しています。

 


It starts with movement.

動きから始まる。

シンプルで力強いメッセージに深く共感します。

 


このACEが発表した「2019年フィットネス業界の予測」がとても興味深く、時代の流れが今また大きく変わろうとしているのを感じます。

 


私が担当するセミナーや養成コースで、ここ数年間ずっと言い続けてきたこととも重なり、今までやってきたこと&これからやっていきたいことへの小さな自信と大きな勇気をもらえたので、このブログでも一つずつご紹介していこうと思います。

 

 

「2019年フィットネス業界の予測」で掲げられている9つのトピック。

今日は、その一つ目。まずは記事の抜粋から。

 

1高強度インターバルトレーニングは進化し続ける

 

高強度インターバルトレーニングHIIT)は成果を出しているため、2019年も引き続き多くの熱心な支持者を誇ることだろう。HIITは長い間人気ので多くのバリエーションが現れるだろう。特にグループトレーニングと個人トレーニングの両方へのインターバルトレーニングが考えられるだろう

 

調査によれば、HIITに関しては、望ましい変化をもたらし得るのは、トレーニング期間ではなく、トレーニング強度である。HIITのやり過ぎは不要であるとフィットネスの顧客理解し始めていることは、良いニュースである。その結果、30分間の短時間HIITが益々人気になるだろう。さらに、グループフィットネスは、より幅広い種類のより短時間な高強度クラスを特徴とする傾向が強まるだろう。

 

アイオワ州ウェストデモインズ市にあるACE認定グループフィットネスインストラクターであるアンジー・アンダーソン氏は次のように言う。「私は自分のピラティスのクラスにHIITを取り入れていますが、会員はより短時間でより強度の高いトレーニングが大好きです。彼らは自分が短期間で多くのことをやり遂げていると本当に実感しています。」

 

 

ちなみに、私が昨年とても影響を受けて、食生活や住環境を見直すきっかけになったベストセラー『HEAD STRONG』にも、脳のミトコンドリアを増やす運動としてHIITが推奨されていました。

そして、やはり「すごくいいけど、週一回で充分だ。」とも書かれています。
【30分程度の高強度エクササイズを週に一度行うだけでも、体にも脳にも良い効果が得られる】
 
Sintex®︎『Cardio』に、高強度の有酸素エクササイズのラインナップを増やした理由にも通じます。

今後は高強度の『Cardio』とファンクショナルトレーニング『Reborn』を組み合わせたSintex®︎的HIITのお披露目も控えていますが…

木曜晩に六本木で行うSintex®︎『Cardio』は、どなたでもご参加いただけます。

背骨を充分に動かしながら行う有酸素エクササイズで、身体の芯から汗をかき、その後身体を緩ませるマットワークで至福の脱力を味わえるプログラム

難しい動きや難しい展開はありませんので、痩せたい方や体力をつけたい方、自分の力で芯からデトックスしたい方にお勧めです。
 
<日にち>
5/23・30(木)
6/27(木)
7/18・25(木)
 
<時間>
19:15〜20:40
 
<場所>
六本木 十五夜スタジオ
(六本木駅より徒歩約3分)
 
<専用予約サイト>
お得な1000円OFFクーポンを配布中
(お一人様1回限り)
 
 

株式会社アージュ
井上トキ子

 

【アージュ主催Sintex®レッスン&セミナー】

クービック予約システムから予約する