愛情料理研究家 土岐山協子の 『食べることは生きること』を発信するブログ

愛情料理研究家の土岐山協子と申します。私は元々教職に就ておりました。その時に教育における母親の役割の重要性に気付き、日本の国力を上げかつ愛情に溢れた幸せな日本国を作るためには女性が愛情に溢れ、賢く美しくある必要があるのだという考えに至りました。


テーマ:
皆さんこんにちは
土岐山です(╹◡╹)

土岐山、おだしプロジェクトと称して
鰹節削り器を常日頃持ち歩き

タイミングを見計らって、見知らぬ人に鰹節を削ってもらうことをやり始めてはや三年(╹◡╹)

それっきりの行きずりの関係になる人、連絡先を交換したりFacebookで繋がったりして、その後うちに来てごはんと味噌汁の作り方を練習していくなんてことも、しばしば
その中には、当時女子高生なんかもわりとおりまして(╹◡╹)

そのうちの一人は、今都内の短大生
昨日メールがきて、友達が鰹節を削ってだしをとってみたいというから、何人かでプチワークショップをすることになりましたという連絡がきました(╹◡╹)

嬉しいなあ(╹◡╹)

土岐山は別に「鰹節毎日削らなきゃ日本人じゃねえ!」と言いたいわけではありませんし
化学調味料がこの世からなくなればいいなんてことも思っていません

ただ、食べ物を食べるという行為は
沢山のことに感謝をする儀式だと思っています

この食べ物が口に入るまでの、心や物語を食べるのが、「食事」というのだと思います

{7198AD5A-412B-43FD-8C67-69132E9ED512}

魚戸おさむ先生の描く、玄米先生

{A84E1B2C-4251-4895-A83D-3AE4653261DF}


食べ方は、生き方そのものです
食べなくては死んでしまうぐらい、食べ物というのは人間にとって大切
優先順位で行ったら、一番最初なのです
食べ物が命を作っているのですから

その優先順位がおかしなことになってきているために
心が平和じゃない人が今の世の中は沢山いるように感じます

いつも不満を抱えている人
愚痴をこぼす人
悲しみを感じている人
人を妬む人
他人を攻撃する人
陰で悪口を言う人

これらの行為をする人が人に好かれるわけはないので
人に好かれたかったら、これらの行為をしなければよいのですが
無意識にしてしまう人は
無意識に自分を痛めつけているわけです
わざわざ自分で自分を「人に嫌われる人」に作り上げているわけですからね

それは、自分を大切にしているとは言わない
自分を大切にするということは
自分の命をまず大切にすることです

自分のために美味しいお味噌汁、作っていますか?
自分のために、美味しいおだしをひいていますか?
自分のために、美味しいおだしをとる時間を作っていますか?

{7AA32BCF-92F2-457D-8FC8-D34F0D929199}

{B3FAFC8A-35D4-4872-9300-79BBC0344E18}

{D98202AB-473D-4A52-B9AA-04368A3719AE}

{12204829-B2F7-48E2-93C3-D6FC754C104C}

{093BF2B5-B272-4C5F-9EA6-95EBC2DFC7D0}


さて、この美味しそうなお弁当と

{8ED9F774-5B85-4311-8C7F-4A866EDF2F1C}

美味しそうな朝ごはんは

{856ABC21-3BE0-485C-A7A7-3626900A3981}

とある男性が作ったものです

この男性は、朝は食べない、昼、夜はほとんど外食、たまに奥様がつくる料理も美味しく感じないという生活を送っていました

鰹節削り器に興味を持ち、最初はただ楽しくて削っただけでしたが、食べてみてびっくりするほど削りたての鰹節が美味しいこと、お湯をかけただけであっという間におだしが出来上がること
それを毎日飲んでいたらなんだか身体の調子も良くなったということから

あらためて、食べ物と生き方の関係に気づいたと、土岐山に話してくれました

食べることを大切にすることは、自分自身を大切にすることだと気づいたのです

どんなに世間的に経済性を生む仕事をしても
その経済を生むために大学に通い、社会の一員になっても
その経済は、まず人間ありきなわけで
人間が心身ともに健康であってはじめて、経済性は生きてくるのです

だから、将来の経済を安定させる目的で大学に入るために塾だ、教材だということにお金をと時間をかけるあまりに、「食べること」をおろそかにすることは

家で言えば、基礎工事をせずに、二階を作って、素敵なカーテンや家具を揃えようと夢を見ているようなとものです
家具を実際搬入しようとしたら、家はペシャンコ
そりゃあそうですよ
土台がないんだから

日本人である土岐山の日々の身体をつくるものは、ごはんと味噌汁です

味噌汁を作るのが面倒だ、と思い始めたら、土岐山は人間として、日本人として終わりだなと思います

鰹節を削るのはたったの10秒
あとは鍋に入れるだけ

こんな簡単なことを面倒くさがるようになったら、もう生活自体が無理だよね(╹◡╹)

土岐山は、人生を生きる目的は次世代にバトンを渡すことだと思っています

それは、何千年も何百年もかけてご先祖様が残してくれた、おだし文化や発酵文化やお米文化という日本にしかない財産を、次世代にバトンタッチすること

別な国のバトンは、別な国の人が自国で渡せば良いわけで

土岐山は、そのバトンの種類を
「おだし」にしているだけ

おだしがないと和食は始まらない
全ての土台であると思っています

おだしという、最も身近なものに目を向けられない人が
どんなに外を向いたところで、最終的に土台のない人間性がペシャンコになるだけです

大切にするべきものは、見知らぬ人から流れ来る情報じゃない
自分自身の生き方です

生き方は食べ方
何を、どう食べるかです
食べるものを、どういう気持ちで選び、つくり、どういう気持ちで口に運ぶかは、全て自分の生き方です

おだしをとるということは、生きることの本質に気づくための最適なワークショップ

土岐山はそう思っておだしプロジェクトの活動を続けています


ところでその今短大生の女の子(╹◡╹)
以前私が見せたおだしワークショップのテキストを使いたいというので、メールで送りました

{2A12AAAC-F75A-456E-8220-C5C7735CB1BB}

{DC9D7D09-3119-4381-A5F1-37B80305E7C4}

2時間ぐらいして、彼女から返信が
「ありがとうございます。少しだけ書き直してもよろしいでしょうか」

いいとも(╹◡╹)
好きにしていいとも(╹◡╹)

だしをとるのって、本当に簡単で美味しい(╹◡╹)

まず、鰹節削り器買ってみて削ってみたらどうかいね(╹◡╹)

もし鰹節の味が自分に合わなくて、使わなくなったら
メルカリで売ったらいいんじゃないかい(╹◡╹)

とにかく、頭で考えないでなんでもやってみることですな(╹◡╹)
人生全てトライアンドエラー(╹◡╹)
エラーしたら、またトライ(╹◡╹)

さて、ショウガがうまく漬かったから
ご近所におすそ分けしてくるぞい(╹◡╹)

{46CAE10A-035B-44A4-AA32-7FD9682AD9EB}


それでは皆さま
良い土曜日をお過ごしくださいませ(╹◡╹)



土岐山拝
AD
いいね!した人  |  リブログ(3)

土岐山 協子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。