当時5歳半(キンダー)だったジュニアと英語の読みを練習しようと思い、今年の1月から使い始めたこの本

 

※画像はリンク先のAmazonからお借りしました。

 

 

アルファベットの名前と音をマスターしてからスタートしたかったので、キンダー後半の1月からのスタート!

 

本当は1日1レッスン終わらせて、3ヶ月ちょっとで終わらせる予定だったのですが、学校の宿題やセラピーの課題で忙しく、なかなかレッスンが進まず。。。

 

そんな中、3月後半からコロナの影響で休校となり、毎日のオンラインの課題+余裕があればレッスンをすること数ヶ月。

 

 

2020年7月6日、ついにレッスン100が終わりました〜!!

 

当初の予定から大幅に遅れましたが、何とか1年生になる前に終わったのでホッとしました。

 

肝心の英語の読みは、まずまず成長したと思います。

 

ジュニアもまだ完璧にスラスラ読めている訳ではないですが、ある程度読めるようになりました。

 

30年前とは学校の方針も変わっているので、ジョーダンがキンダーの時はこんなに読めなかったそうで、感心していました。

 

この本は、1レッスン約15〜20分で、段階を踏んでステップアップしていきます。

 

レッスン1は、「m ムー」「s スー」とひたすら言って終わります。笑

 

この本を使い始めた当初は、レッスン100の課題をジュニアと見て、「わぁー!100日後にはこんなに長い文章を読めるようになるんだね!楽しみだね!」とワクワクさせる作戦でモチベーションを上げていました。

 

ジュニアも少しずつ読めるようになっていることがわかるのか、この本は嫌がらず、むしろ早くレッスン始めようと催促されることもありました。

 

これは英語で書かれた本なので、週末などはジョーダンがレッスンすることもありました。

 

発音記号など、正直私にはわからないところもあり、ネイティブのジョーダンに見てもらえて助かりました。

 

ただ、この100レッスンで全てを網羅している訳ではないので、まだまだ読めない単語もあります。

 

例えば、学校でも習った「サイレントE」の法則を理解しておらず、

 

「bit(ビット)」は読めても、「 bite(バイト)」は読めません。。。

 

なので、今後はこのような文法(?)を少しずつ練習していこうと思います。

 

子供が少しずつ英語を読めるようになる過程を見るのは興味深いものでした。