2018年6月22日(金)くもりのち晴れ

 昨日は夏至。これから少しずつ日が短くなって行くと思うと少し切なくなる。

 朝、おばあちゃんに会いに行くともう一仕事終えていて、もう昼かと思っていた。


 最近、おばあちゃんは草取りがしんどいのと父と母が手伝ってくれないと、愚痴っぽくなっていたのだが、、、今日はとうとう泣いていた。数日前から「泣きたくなってきた」とよく言っていた。

 わたしはそんなとき気を紛らわせるしかできず、おばあちゃんをちょっと笑わせるくらいしかできない。

  おばあちゃんも自分を哀れんで泣いていたところもあったので、泣きたいなら泣いたらすっきりすると見守っていた。

 

 その後、気をとり直したおばあちゃんと畑の作業を終えた。冷たいお茶と水を持って、小休止には成っている苺を摘んだ。



 ハウスのキャベツはもう収穫できそうだ。