十勝でのんびりfishing

十勝でのんびりfishing

ブログの説明を入力します。

最近は7月中旬からアキアジ狙いの釣人が各浜で散見され、自分も今年は例年より早いスタートを切ったが暇があり過ぎると、意外に釣行回数が少なくなった?

そんな感じがする今日この頃です。

90cmの大物が釣れたとか、某所で爆釣しているとか、色々情報が入ってくると一寸焦ってますけど・・・・・?

 

 

昔から「お盆は殺生するものじゃない」と親に教え込まれ、8/12から8/15はどんなに釣れていても「じっと我慢の子」で通している。

そのせいなのか、家に籠りっきりですっかり体力が落ちたような気がする。

「いつでも釣りに行ける」というのは、結構これはこれで自分の気力にも宜しくないです。

 

さて、釣り仲間から誘いを受けて久し振りの釣行となったのだが、全然釣れそうもない雰囲気なので早々に見切りをつけて単独行を実践。

 

ここまで来たのだから、ウキルアー一本で勝負と決めて入釣したのがここ。

  以前から釣れるとは聞いていたが、実際に竿を振るのは初めての場所。

 

見ていると、結構いい型が上がっている。

釣れるポイントはほぼ1箇所に集中している感じ。

故に釣り人10人程がそこを目掛けてルアーを交差しながら投げ込んでいるので、キャストするタイミングが難しいこと。

幸いにもお祭り無し。

いつも思うのだが、それ以前に周りに声を掛けるなど、謙虚な姿勢で釣り場に入ることが肝要。

当たり前だが、それができない人って結構いるのが一寸寂しいね。

 

ここの魚の当たりはほとんど前当たりがないか、ほんの小さな当たりがコツンとあるか。

どちらにしても思いがけないタイミングで「ガツン」という感触で当たった瞬間に走られる楽しい釣り具合です。

 

一昨年に完全退職祝いに子供たちからプレゼントされた「名前入りオリジナルスペシャルロッド(鮭刀)」https://www.facebook.com/168397143318777/posts/862079193950565

と、同じく子供たちから今年の誕生日プレゼントでもらった「ストラディック5000XG」の初コラボでの成果です。

 

処理可能な匹数を揃えたところで終漁、来シーズンはここで楽しむのもいいかな?

 

前回と同じポイントで2回目にしてやっと初物ゲット。(72cmメス)

昨シーズン末からのバラシ癖が頭から離れず、「今回もまた?」なんてのは杞憂に終わりましたが・・・・

 

今年の魚体は去年と比べると一回り約10cm程大きいような気がします。

他人様の釣ったのを合わせて、見た数はまだ4匹ですが。

 

これから3カ月程、アキアジに専念する予定。

 

エサ代、燃料代が相当掛かります、大変です。(笑)

 

 

もう十勝の海サクラは終わってしまった。

絶対今年は2桁達成間違いなしと思っていたのだが、7月中旬までのビッグチャンス期間に1匹目、2匹目を波打ち際の取り込み寸前でバラシてしまうという何とも恥ずかしい失態を3回も犯してしまった。

フックが小さかったせいだ、早く取り替えておけば良かったと反省しても時すでに遅し。

そして15日以降は釣れる気配を全く感じられずにボーズの連続。

 

そして今日。

投げ釣り道具をタップリ車に積み込んでアキアジ狙い。

結果から言えば、釣れませんでした。

 

帰宅後、妻に「新鮮な良いエサを持って行けばよかった、去年の残りエサを持って行ったのが失敗だった」と何気なく呟いたのだが、返ってきた言葉は「何時も言い訳ばかりね」

 

言われなくても分っているのに痛いところを突かれてしまった(笑)

 

さて、エサは絶対にケチるもんじゃない。

どうせ釣れないと高をくくって去年の黄色くなったソーダカツオだけを持って行ったのだが、ウグイさえ見向きをしてくれない。

釣り場には見える範囲で100~200m間隔で釣り人4人。

ちょっと遠いけど、右隣の人の動きが変?

 

今年初めて見たアキアジということで、了承を得てパチリ

 

ついでに釣り上げて捨ててあったウグイを頂戴して望みをつなぐことにしたが・・・・・

 

1時間後、やっと竿先に微妙な動きが!?

 

52cmのマツカワ、これはこれで嬉しいのだが・・・・・

 

どうも消化不良で   キ が出てしまった次第。

 

 

帰り道。

来たときは気が付かなかったが、デカいクジラが漂着していた。

 

 

 

 

12~3m位だろうか?

風下に行くと、臭いこと臭いこと。