2006-02-26 17:59:59

優勝!

テーマ:ブログ

おめでとう!

本日ヴェルディJY新人戦優勝しました!

対するはFC東京深川です


前半は雨の芝グランドということでなかなかボールも落ち着かず、何度もピンチに陥りました

しかしなんとか持ちこたえて後半途中、児玉のシュートで1-0!

このまま逃げ切るかと思われた試合終了直前、FC選手のドリブルをディフェンスが中途半端なプレーでとめきれず失点

ドリブルも素晴らしかったですが、それにしても責任感のないプレーは許せません!

結局勝負は延長戦に持ち越されました


延長戦では皆が「勝ちたい!」という気持ちを前面に押し出してプレーしていました

最後の最後で牛尾がドリブルでペナルティエリアに持ち込み絶妙なクロス

中で後半途中から出場した高木(俊)がヘディングシュート

ポストに当たって跳ね返ったボールを児玉がシュートでゴール!

延長戦は非常にいいゲームでした


彼らとのLast公式戦をいい形で締めくくれて私も嬉しさ倍増です!

これからも頑張って、いい選手になれよ!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-02-19 23:14:47

病み上がり

テーマ:ブログ

ごぶさたしています

久しぶりのブログ書き込みで非常に緊張しています

先々週からの体調不良でパソコンを見るのも辛い状態でした

はじまりは先々週の金曜日

練習後から徐々に身体に異変を感じていました

翌日から腹痛と筋肉痛(特に腰)に襲われ不安感倍増!

しかし熱を測ったら気持ちで負ける!と思い、自分をだましていました

ところが翌日夜中にかなりの寒気と痛みが発生!

現状確認したところ38.6度と結構な熱

38度までは我慢できることを自負している私はありったけの寝間着をきて終日寝込んでおりました

そして驚異的な回復をみせて火曜日には復帰!

ところが・・・

土曜日早朝に腹痛のため寝られず、しかしその後軽快!

よっしゃ問題ないと思いきや翌週の月曜朝にまたもや軽い腹痛と腰痛

熱を測ると37.9度

いままで体調不良がぶり返すといった経験がない私は異常を感じ病院へ

そこで「なんでもっと早く来ないの!盲腸っぽいよ!」といわれ愕然!!!

別になめていたわけじゃないんですが、朝から仕事があったもんで・・・と訳の分からない言い訳

遊んでけがして私にしかられている子ども達の気持ちが何となく分かりました

どうしようもないこともあるんですよね~

救急で大病院にいき検査云々の結果盲腸ではなさそうとのこと

しかし検査のときに腹を押されてからだんだん激痛が増幅!何とかしてくれ!

とりあえず点滴を打って様子を見ましょうと軽く言われ、なすがままに・・・

家に帰りましたが、それからが大変でした!

気合でうどんをスーパーに買いに行き、とりあえず食べる

その後とてつもない寒気と悪寒に包まれて今冬最大のピンチを感じました

熱を測ると39.4度!

このまま、俺はどうなるんだ!?

と1人で絶叫(むしろ半笑いするしかない状態)しながらとりあえず何もする気になれないのでひたすら寝る

こういうときの1人ってかなり堪えますね~

夜10時になっても全く下がる気配がないので病院に電話して解熱剤を飲む許可を戴く

おかげで何とか夜中には38度まで下がって一安心・・・

火曜日はさすがに皆にうつしても悪いので仕事を休ませていただきました

そういえば病気で仕事休むのってこの10年間で2度目だと、ふと思い出しました

最初は確か23歳のとき、肺に穴が開いた時でした

このときもかなり笑える話なんですよね~

それはまた明日にでも続編で紹介します!

とにかく今は完全復帰!やっとブログも更新する元気が沸いてきました!

そして今日はジュニアが府中招待優勝!!!

楽しいゲームを展開してくれて、非常に私も楽しんでみていました!

やったね!!


ちなみに私の病気はインフルエンザではありませんので周りの皆様ご心配なく!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-02-03 09:46:46

潮の満ち干と月

テーマ:ブログ

娘が生まれたときに、満月の夜に生まれる出産が多いという話をしました

その理由のひとつを昨日知りました!

解剖学者、故三木成夫氏の考えです


それは脊椎動物が海から陸に上陸する、3億6千万年前の進化の過程までさかのぼるようです

元来海に生息していた動物が海から陸に上がる際、出来るだけ生存の可能性を高めなくてはなりません

そのためには敵が少ないほうが良いのです

当時海には敵が多くいても、陸には殆ど敵になるような生物はいません

そのため出来るだけ海から遠ざかり、陸に近いところで出産する必要があったのです

それが満月=満潮の日の出産だったのです


「人間は満潮時に生まれ、干潮時に死んでゆく」

出産とは反対に、自分のなきがらを陸に生きる仲間への養分として与えるために、海水が最も海側に戻る干潮時に死んでゆくのです


ちなみに脊椎動物の「海からの上陸」は1億年かけて成し遂げられたそうです。

初めての経験で、非常に生命力を問われた海と陸の間の「渚の時間」

この渚の時間を、胎児はお腹の中で繰り返し、母親はつわりとして子どもと一緒に苦しみを味わっているのだとか


生物と自然の関わりは非常に奥深いですね~

いいね!した人  |  リブログ(0)