cervelo R3オーバーホール | 東員自転車工房の作業日誌

東員自転車工房の作業日誌

自転車のパーツ取付、オーバーホールなど作業を募集してます。詳しくは東員自転車工房HP→http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


テーマ:

フレーム:cervelo R3

コンポ:SRAM RED 10s

ホイール:WH-9000 C35

 

珍しいサーヴェロのオーバーホールです。

ブレーキのアジャスタボルトが折れてしまっている。

組付けてあれば取れることはないが、調節はできない。

アウター受けがボロボロになっているので削って部分塗装しておこう。

ブレーキケーブルのアウター受けはシマノは入れないがスラムは入れるんだったか、すぐ入るようだったら入れる。

チェーンの伸びはないので洗浄して再利用する。

パーツを取り外す。BB規格はJISだ。

仮付けしてもらってある3TのFUNDA PROフロントフォークのコラムをカットする。

マルチプレッシャーアンカーの上はみ出しが5.8mmもある。

切りたい場所の5.8mm下でカットする。

トップキャップが干渉するとフォークが固定できない。

干渉がないか確認するには、スペーサーが簡単に回らないことを見るといい。

フルカーボンフレームでヘッド、BBがアルミ埋め込みとなっている。

塗装がはげて腐食していたブレーキアウター受けは少し削り、ペンキで塗装した。

BBはセラミックベアリングのようだ。

ナスカグリスのハードタイプでグリスアップする。

ホイールはWH-9000 C35だ。

ニップルはインターナルではないが外側からでも回せるのでこちらの方が確実だろう。

10sなので1.85mmスペーサーとロースペーサーを入れる。

ケーブルはシマノのPTFEを用いた。

もう今は絶版で手に入らなくなった。

フロントブレーキキャリパー付近のケーブル取り回しが悩ましく、大きい三角の外側でワイヤの内側を通した。

バーテープを巻く。

 

完成しました。

 

東員自転車工房http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html

 

 

タロウ銀輪さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス