シングルピボットキャリパーブレーキ分解 | 東員自転車工房の作業日誌

東員自転車工房の作業日誌

自転車のパーツ取付、オーバーホールなど作業を募集してます。詳しくは東員自転車工房HP→http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


テーマ:
続けてブレーキを分解してみる。
写真見にくくてすいません。フラッシュ炊くと真っ白になってしまいやりにくいなあと思っていたら、マニュアルで感度下げればOKということにようやく気づいた。途中から急に見やすくなります笑。


バネを外してー、


ボルト類を取ればアームが外れる。
デュアルピボットブレーキはアームにネジが切ってあって分解しにくいがシングルピボットは簡単だ。
これはフロントだが、フォークの取り付け面が曲面になっているため曲面用ワッシャが付いている。

軸にスプリングの台座が固定してある。この台座には薄型レンチのスリットがあって、ここでセンターに合わせておいて反対側のナットをしめて固定するようになっている。
ワイヤ止め部やカムの状態も見る。カムのレバーはメッキが剥がれて無残だが触った感じは思いのほか頑丈でまだ大丈夫そうだ。


サビを落として元通りにする。

アームを磨いてあとは組むだけだが、どうもワッシャやナット類の順番が違うような気がする。


どれが正解かは分からないけど常識的に組んでみよう。


多分こうじゃないかな。スプリングの台座、軸、ボルトは固定。なのでトップのボルトは共締めでなくてはならない。この薄くて大きいナットととんがった六角レンチのボルトの組み合わせだと普通の12mmスパナと六角レンチで固定することができる。
アームは動くので、間にはワッシャがあるはずだ。間となる三箇所にはグリスを薄く塗ったワッシャを挟む。ちょうどアームがガタつかず滑らかに動くところでナットを締めあたりを調節する。


なかなか綺麗になった。ブレーキシューは、もうカートリッジが手に入らないだろうしこの際現代のものと交換した方がいいだろう。
リアも同様に掃除して完成だ。



東員自転車工房http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html



タロウ銀輪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス